皆様 こんにちはビックリマークらんちゃんです音譜

聞いて下さ~~~~~~い!!!!

急展開すぎて、動揺しまくりのことがおこりましたガーン

 

image

 

こちらの絵本

出版できることになりました~~~~クラッカークラッカークラッカー

皆様のお手元にお届けできますよ!!!!!!

嬉しすぎますラブラブ

 

すでに一般販売価格も決まってます。

 

¥5,000ウシシ

 

 

てなわけはないじゃないですか!!!

手ごろに購入していただける金額です。(やったあ~)

後日発表しますねウインク

絵本のサイズは、A5となり実物より小さめな本にはなりますが、いつもそばにおいてもらいたいからむしろ「いいね~グッド!」なサイズかと。

 

とにかく急展開過ぎて、動揺しまくってますあせるあせる

だってね、クラウドファンディングのこととか、助成金のこととかいろいろ考えてて・・・。

でも、どれも現実的ではない気がしていたの。しっくりこない汗
だって想像以上にお金がかかるんだもん。

 

今の状態で進めていっても、届けたい人のお手元には届かない。そう思えてならない。

届けたい「あなた」の手に届けるためには、どうしたら…。

 

そこに救世主が現れました!!!!

いしだえほん さん
 

北海道 札幌市にある会社さんです。
どんな本を出しているか??

そんなことは全く知らないまま、とにかく思いよとどけ~~~~!!!って感じですよ。
 

頭でいろいろ考えちゃうとね、動けなくなるわけです。

出版にあたり、既定の枚数や、サイズがありましたがそこには当てはまらない。

でも、ダメもとで問い合わせしてみたんです。

そしたら、翌日にお返事をいただくことができまして…。

詳しく教えてほしいとのこと。

 

!!

 

そう来たら、くわ~~~~~~~~~しく書きまくりますよ。

途中、長々とすみませんと書きながらも、まだ続ける (笑笑)

似顔絵師のタニカワみおさんとの出会いから、1冊の絵本のみが私の手元に届くはずが、データーまでいただけたこと。
想いが同じ方々の手から手へのリレーの中で生まれたならば、きっと必要としてくれる人の手に届くと信じている。という気持ち・・・。

 

商用出版するにあたって書いた、企画書もどきも添付して、絵本のデータをアップアップ祈るような気持でメール送信。

これが、金曜日の出来事。

そして週明けの本日の午後。

メールを開くと「いしだえほん」さんからのメールが来てる。
 

Subject:絵本作家輩出プロジェクト申し込みについて

 

えっ??

もう???

 

何か不備があった??

追加の問い合わせ??? (かなりビビってるあせる

 

弊社の「絵本作家輩出プロジェクト」の規定でよろしければ、ぜひご協力させていただきたいと考えております。

 

??? 

えっ?

はっ??

 

え”~~~~~っ叫び

 

なんていうメールがきたもんだ。

 

えっ??

ホント?

本気にしていいの??

まじで??

 

メールを返そうと思い書き始めましたが、でんわだ~~~~!と、電話してみました。

確認したいこともあったのでウシシ

 

 

 

いや~

ホントらしいです汗

 

 

皆様

とりあえず 

まずはご報告させていただきます。
この本が、必要な人のお手元に届くかどうか?

これからは、皆様のお力をお借りすることになります。

 

書店に並ぶ本ではなく、Amazon等でご購入いただくことになりそう。
詳しくはまたお知らせします。

みなさ~ん

よろしくおねがいいたします!!!

 

 

 

 

 

 

 

さ皆さま こんにちはビックリマークらんちゃんです音譜

本日こちらがとどきましたぁー!


神奈川県の
《視覚障がいのある子どもと保護者の会》
つばさの会が発売しているマスキングテープ


ずーっと気になっていたのに、注文するタイミングを失いそのままに…

中には点字で書かれたメッセージが入っていました。
何年振りかに点字を読んでみました。

あなたと つながる 
ことが できて 
うれしい です。
ありがとー。

説明書の裏に点字一覧が載ってることに、読み終わって気づくおーっ!
でも、読めて良かったわ。
もう10年?いやいや、もっと点字を読んでいなかった。
我が家は、息子くんがかなり早くからPCを使っいましたし、盲学校にいると親が点字を読めなくても困らないわけであせるあせる

このマステ
ネットで見た時に、わぁー! すご〜いラブラブって思っていたの。
そしたらネットニュース等々でとりあげられて、話題に上がりましたよね。
つばさの会のように人数がいると、こんなこともできるのねーってウシシ

なぜこれが私の手元に届いたのか?

前日まで開催していた個展に、なんと!
神奈川県から視覚障がい児を育てるお母さんが来てくださったんです。
なんと、片道3時間以上かけてあんな山の上の何もない場所まで叫び

びっくりしたなんてもんじゃなかったんですけど。

来てくれたことは、前回も書きましたよね!
それがきっかけで、わざわざ送ってくださったと言う訳です。 ありがとございます!
このマスキングテープについてはこちらに詳しく載ってまぁーす。⇨⭐️

さてさて、その個展には、最終的に170名を超えるお客様が来てくださいました。
あんな山の上まで、雪大丈夫?なんて言いながらもそれだけ多くの方に来ていただけたことに、心から感謝しています爆笑
ほぼ全てのお客様が、こちらでもお知らせしている絵本を読んで下さいまして、購入を希望してくださる方も数多くいてくださり、とても嬉しかったですラブラブ



・プレゼントしたい人がいる。
・子育ては終わったけど、身近においておきたいわ。
・読んでほしい人の顔が浮かんできます。

そんな声が聞こえる中、意外と多かった声に
・娘に読ませたい! がありました。

まだ1冊しかないこと
商用出版の壁が厚かったこと等々をお話ししながら、出版できることを祈ってください!ってお伝えしていました。


この絵本の種が芽を出した🌱時からずっと、「同じ想いの方々の手によって、世に出てほしい!」と願っていました。

そんな中、あんな人やこんな人に読んでほしい!
そのためには…って考えた先に「商用出版」があったわけですが、商用ですから「想い」はいらないわけです汗
必要なことは、売れるか?売れないか?
ですよねーあせるあせる

商用が無理ってなったとき、気がつきました!
なるほどねグッド!

だって最初に私が宣言しちゃったんだもの。
同じ想いの方々の手によって、世に出てほしい!」って。
商用にはそんな気持ちは関係ないんだものね!

一方で、名古屋等々遠方から来てくださった方の想いがバトンをつないでくれまして、本日はなんと!群馬県から「何か協力できることはないか??」と言う熱い想いを持った方が、らんちゃんを訪ねてきてくださいましたガーン

え"ーっ???
ぐっ 群馬県から叫び

それならばと、初めて出版する際にかかる費用の見積もりを1社に出していただきました。

お願いしたのは、バーチャル工房 山梨さん
障がいを持った方が働く企業ですウシシ

私が目指す出版の形にはぴったりの会社さんじゃないか?って。
以前に友人から、バーチャル工房さんでも出版のお手伝いができるよって聞いていたことを思いだしまして…。


何冊作ればいいのか?まーったく検討がつきませんあせるあせる
大量の在庫を抱えるのは苦しいし、負担が重いなら出版なんかしなくてもいい〜。
だって私、有名になりたいわけでもお金目的でもないんだもの。そーんなに危険な橋を渡る必要はなーい!

だから…
これくらい??

見積もりは…

きゃー たかーい!!!
びっくりだぁー。
見本の1冊を増刷したら?って聞いたら、¥5000以上かかるって聞いていて、そんな絵本は売れないよー。って思っていたけれど、何千冊とか何万冊ってならないとお手頃価格?には到底ならないらしい。
何千、何万冊の在庫をもつ???
嫌ダァ〜。無理だよあせる

うーむ
現実は思っている以上に厳しいのね〜おーっ!
自費出版の道、やっぱりきつーい。

現実を知ったらクラクラしてきてBig睡魔に襲われてしまったらんちゃんでした汗汗

あ"ーっ
どうしたら?
クラウドファンディングを立ち上げる予定ではいるけれど、現実を知るってほーんと必要なことですね。
目標金額設定、高くしないと無理だよねー。
どうする?
どうする?
もう一度よく考えよう。
うんうん 大事グッド!
更なる救世主現れてー!!

本の中には、後から続く新米ママさんたちに当てたメッセージが込められています。
きっと光を感じてもらえるって信じてるの。


だから、なんとか出版したい!

がんばれビックリマーク らんちゃん音譜
と言うわけで、途中経過をお伝えして行きたいと思います。
らんちゃんの心が折れないようにビックリマーク
みなさーん 応援してくださ〜いラブラブ

まだまだどうなるか?
まーったくわかりません。
たくさんの方達が笑顔になるために、この絵本がしあわせのバトンとなりますように!
皆さま こんばんは!らんちゃんです音譜
甲府駅近く、旧山梨県庁跡地に、山梨近代人物館という施設があります。
建物自体が美しく、私は行くと必ず写真を撮ってしまうのですが、建物内はよく刑事ドラマの撮影等につかわれていますウシシ
そんな近代人物館では、山梨にゆかりのある人物か50人の功績を楽しく知る事ができます。
50人の中の一人として、山梨県の盲学校(訓盲院)初代校長 塚原 等さんがいます。

日本で初めて盲ろう児教育を手がけた学校の校長先生。
とはいえ、私もしらないことだらけなんですが…

2/3に近代人物館にて、塚原 等さんのことについてのお話があるそうです。


あいにく私は個展中のため参加することができませんが、盲ろう教育についてのお話も聞けるかな?
ぜひぜひ足を運んでみてくださいませー。

絵本のこと

テーマ:
皆さま こんばんはビックリマークらんちゃんです音譜

らんちゃん ただ今個展7日目です。


北杜市長坂町にあります「おいでやギャラリー」にて
電車でも長坂駅から歩いてすぐなので、アクセスはいギャラリーです。とはいえ、長坂ですのでかなりいなか、かなり寒い。


北駒ケ岳と富士山が綺麗に見える素敵な町です。

昨日はなんと、私に会うために横浜からお客様がきてくれました。
息子くんが小学生の頃から知っていてくれる方。
この私でさえ、脱帽するほど情報収集もかんぺきですし、気になったところには必ず行って確かめる素晴らしいお母様。
らんどまーくのさくらんぼ狩にも🍒初回からパーフェクトに参加してくださっていました。

今回は初めて単身でガーン
お子様方は学校ですからね!
もう、びっくりです。

久しぶりに視覚障がい児を取り巻く環境の変化やら、今のお子さんの現状やらをお聞きして、時代の変化を再確認。

さらに2極化が進んでいるんだなぁーとおもいながら、聞いていたのでした。

知的はやや軽度、でも学年相当の学習は厳しいお子さんの進路について。
小さな頃からの地道な積み重ねによって、わずかながらでも積み上げはできている。でも、その程度のことができても、行けて就労B。
もはや就労Bなら、そんな積み重ねはなくてもいける。でも、生きていくうえで、積み重ねは無駄ではないし… 受け皿問題。
そんな話をあつくかたりあいながら…



先日紹介した絵本。
会場内で、皆さんによんでいただいているのですが、皆さんが言ってくださることは…

「これを買いたい。」

障害の有無にかかわらず、沢山のお母様がたからお声をいただき、嬉しく思っています。

必要としている人の手元に届けるためには、商用出版は必須。と思い、知人をとおして進めていた事が白紙に戻ったので、今度は流れに任せてみようと思い、作品展の中で写真等も自由に撮ってもらっています。
SNSにもアップられたりして、それをみたいときてくださる方もいらっしゃいます。
また、どうしたら出版できるのかを考えてくれる人が現れたり爆笑
ありがたいです。

見せたい人がいる。
娘に読ませたい
自分のための1冊にしたい!
色入れな感想とともに寄せられる声に、がんばろうと思うのです。

会場にいると、なぜか自己開示をしたくなるようで、実は今…なーんて話をし始める方が多く、私は聞き役、応援役📣に徹する毎日。

きてよかったウシシ
そう言いながら会場を後にされる皆様をみていると、障がいの有無に関係なく、それぞれがそれぞれの課題に取り組んで、頑張っているんだなぁー。とおもうのです。

2/4まで開催しています。
ぜひ会いに来てください。




おしらせ〜

テーマ:
皆さま こんばんはビックリマーク らんちゃんです音譜

ほーんとにありがとうございます。
嬉しいです。
その反面、いつもごめんなさい🙏って思っています。

何がって?

ブログの更新を皆さんが待っていてくれていることを、身にしみて感じているのに、なかなか更新できずあせるあせる

私がお仕事のために、ほぼ毎日のように書いているブログより、たまーーーに更新するこちらのブログの方が、ずーっと閲覧数が多いの。
なんとビックリマーク
更新していない日でもですガーン
個人的にはかなり凹みますがあせる でも、このブログは絶対に無くせないとおもうのでした。

以前ヤフーで毎日更新していたブログ、なーんで消しちゃったんでしょう。
赤裸々に毎日のことが綴ってあったのに…。
今考えてみたら、お宝だったよなぁー。っておもいます。だって、子育て中のリアルな一喜一憂がつづられていたのですから。


我が家は自営業をしておりますが、今は毎日会社に行ってやるような内容は手放しまして…。
子供の手が離れたと同時に、お仕事も無くなり時間的に余裕ができたんです。
逆ならねーおーっ!

ですが、そのおかげで私は現在自分でいくつかのお仕事をしています。
そのひとつに「着付師」があるのですが、先日の成人式の時に、講師仲間が息子くんと仲良くしてくれていた子のママであることが判明!

びーっくりしましたよー。
親子共々、息子のことをちょーリスペクトしてくださっていたようで、お話を聞いて思わず涙がでそうでした。

小学生のころに、学校間交流に行っていた時に、よく遊んでくれていたようなんです。

もうねー、うちの息子は、らんちゃんの息子くんのことがだーい好きでねー。から始まって…。

運動会の話等々、私以上にママさんの記憶が半端ないあせるあせる
この学年で、息子くんのことを知らない子はいないし、お母さん達も絶対にみんな知ってるからグッド!ってガーン

そうなんだぁー。
一年前にしっていたら…

実は成人式に息子くん、行きたかったみたいなの。
小学校のお友達に会いたくて。
ツイッターとか、Facebookとかで知ってる子がいないか?探していたの。でも、見つけられなくて…。
結果、成人式にはいかなかったんだよね。って話をしたら、とても残念がってくれまして…。
同窓会にも一緒に行けたのにねー。みんな喜んだと思うよー。ってえーん

もうね
その言葉だけで泣けますよ笑い泣き
息子くんにその話をしたら、その子の事を覚えていまして、まじかぁー。残念だったなぁー。と…

10年経ってこんな事があるんですねー。
こっちに帰ってくるときは教えてね!仲間達、集めるからグッド!って。

本当に嬉しかった。

我が家は、かなり異例の交流の形をとっていました。
一年生の時の目標は、一年ごとに交流日を増やしていき、6年生になったら盲学校に登校した後、毎日交流校に移動してそこですごすチョキって言っていたんですガーン

それまでの先輩方の交流の仕方といえば、週1回 音楽の時間のみ。
そんな感じだったのに、毎週1日半は交流校に行くがベースで、プールの時間は毎時間行くとか、運動会の前には、運動会の練習は全部参加する。
遠足や、林間学校も一緒に行きましたし。
修学旅行は、息子の希望で同じ日程に合わせていき、部分的に合流するなんていうワガママな形で、ご一緒させてもらったのでした。
何故そうしたか?
全てが一緒だと、わからない場所(見えないから)もコースにあるし、2泊3日大人数で行動すると、精神的な疲労が激しいと本人が判断したから。

そこまで密に過ごさせてもらったからこその、決断だったんです。
交流校も、気持ちよく承諾してくださいました。
本当によくしていただきましたね! 今思い返してみても。

もちろん、途中様々な事情で、全く交流に行けなくなった時期もありました。
そんな時は、私もイライラしたり、なんでいかせてくれないんですかぁー。って噛み付いてみたり(笑)もしましたよ。

でも、交流の形を全く違うモノにしたのが、当時の我が家だったんです。
その後も、うちの息子ほど交流に行けたお子さんはいないかもしれませんね!きっと。

中学では、なかなか交流に行くということは厳しくなりましたが、交流校の試験問題をいただき、その試験問題に挑戦させつもらい、だいたいどのあたりの順位にいるのかを把握してほしい!と希望をだしたり、業者テストを受けさせたり…。

まぁまぁ、色々希望をだし叶えてもらいましたねー。
普通校の中学生と混じって、英語の暗唱大会やら、高窓宮杯にエントリーしてみたり。
数学検定や、英検をとりいれてもらったのも、うちの子からでしたねウシシ
 
今思えば、教育ママってかんじですが、我が家の狙いは、「結果」ではなく「経験」でした。
普通校の子供たちが経験する事を経験させて、学年相当というものを感じながら日々をおくらせたかった。

だって、学部内にたった1人しかいないんですから、学年相当の学習をする生徒。
息子のペースに合わせてくれる学習の仕方じゃ、先が思いやられるじゃないですかガーン

我が家が、筑波大学附属視覚特別支援学校の進学を、高校からにしたわけは、ここにあったんです。
同世代の健常児を意識しながら、中学校時代を過ごさせる事。
のちに必ず健常者の中で生きる事になるのですから、早いうちから意識できた方がよくないですか???

附属にいれてしまったら、視覚障がい者社会で生きていくわけですからね!
それは高校からでいいんじゃない??って、話し合ってきめたのでした。

あれ?
なんでこんな話になってるのかしら??

今日は、らんちゃん ただ今チャレンジ中の事があるんですよウシシって事をお知らせしようと思っていたのに。

実はね!
わたくしらんちゃん
皆さんに笑顔になってもらいたいと、心から願っているんです。

そのために何が出来るだろう?って考えてて。
息子くんが20歳になった記念に1冊の本をつくりました。

なんと絵本ですビックリマーク

そこに至る経緯を話すと、終わらなくなりましので日を改めますが、商用出版目指していましたが、やっぱり壁は厚く、高かったあせるあせる

進めていたお話がこの度、白紙に戻りましたぁーガーン
がーっかり でしたが、そのおかげで違う動きになりそうな…。

どうなるか全くわからないけど、絶対世にでるグッド!って思っているんです。
思いが同じ人達の手から手に渡り、必ず必要な人達の元に届く事になってるって確信しています。

だからみなさん、待っててくださいね。
必ずお手元にお届けしますから。
そのために、この先皆さんのお力をお貸しくださいビックリマークとお願いする事もあるかもしれません。
その時は、どうぞお力添えをお願いします。

必ず出るとみなさんも強く願っていて頂けたら嬉しいです。




これが☝️実際の本です。

私が書いた文章と背景に、似顔絵師さんが絵をつけてくれました。

新米ママさんへのエールを込めた1冊です。
現在は、まだ1冊しかありません。
ですから、私の描いている絵の作品展でしか見ることができません。
昨年もたくさんの方に見ていただき、嬉しいお声や涙をいただきました。

まもなく個展がはじまります。
1/25 から2/4まで初個展を開催。
こちらのブログでは、私の個人的なことはあまりふれてきませんでしたが、今はこの方法でしか、絵本を見て頂くことができません。
もし、絵本や私に興味を持ってくださる方がいらっしゃいましたら、是非足をお運びくださいませ。

私に出来ることがあれば嬉しいですニコニコ
詳しくはHPをご覧くださいませ⇨⭐️