紅茶専門店ティークラブ

紅茶専門店ティークラブ

ティークラブは、産地をブレンドしないピュアな紅茶を 最も美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶ファンのための紅茶専門店です。


テーマ:


ティークラブの紅茶を飲んだお客さまのリアルな紅茶を紹介します。

ブログでフレッシュアップルティーの作り方を見て、是非したい!と思って購入。

その際、量を沢山作りたかったので、メールで相談しましたが、丁寧にご回答くださいました。

りんごと洋梨をそれぞれやってみましたが、今の時期は洋梨の方が甘く香り高かったので、ラフランスティーの方が美味しかったです。

でもアップルティーもりんご最盛期になったら、またチャレンジしたいと思います。ありがとうございました。

ibeさま・50代・女性・東京都




紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌が書きました。


ティークラブは、産地をブレンドしないピュアな紅茶を 最も美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。

テーマ:


突然ですが、次のようなことを思ったことはありませんか?

  • 美味しい紅茶が飲みたい

  • 近所に専門店がなく、紅茶が買えない

  • 紅茶はたくさんの種類があるから、どれを選べばよいか分からない

  • ティーバッグだからなのか、本当に美味しいと思ったことがない

  • いろいろな紅茶を飲んだけど、味の違いがよく分からない

  • 自分の好みの紅茶が見つからない

  • リーフティーを買いたいけど、いれ方が心配で買うのを躊躇ってしまう

  • 紅茶のお店にはフレーバーティーが多いけど、シンプルでベーシックな紅茶が好き

  • ティーバッグじゃなくて、紅茶の葉っぱで紅茶をいれてみたい


一つでも当て嵌まるのなら、ティークラブの紅茶を試してみてください。

なぜなら、同じような人から「自分好みの紅茶が見つかりました」「紅茶の美味しさに目覚めました」「習った通りにいれたら簡単に美味しい紅茶がいれられました」などの声をいただいているからです。

そうは言っても、「紅茶は嗜好品」飲んでみなければ分かりません。

「質が良いか悪いか」とか「値段が高いか安いか」ではなく「好みに合うか」ですからね。


【紅茶お試しセット・初回限定】を用意しました。


お試しセットを飲んだお客さまの声をご覧ください



YULIさま・岐阜県・20代・女性
紅茶3種にポットにスプーンもついてこの価格なら間違いなく買いです!
お茶の淹れ方もわかりやすくて助かりました♪




フォーマルハウトさま・千葉県・30代・男性
一人用且つ透明なポットが欲しくて購入。
ジャンピングの発生により視覚も楽しめ満足しています。
たまに沸騰が足りなくて茶葉が浮いたままだったり、逆に沸騰させすぎて茶葉が沈んだままなのもまた一興。
付属のティーメジャーはデザインが中々良いです。
0.1g単位のクッキングスケールを持っているので実用性は二の次、一種の飾りとして役立っています。
茶葉も3種各5回分あり色々楽しめます、個人的にはストレートが好きなのでダージリンが入っていれば…といったところですが。 (※現代はダージリンも入っています)
価格も手頃なので、興味がある人は是非試して紅茶を好きになって欲しいです。




みみさま・神奈川県・40代・女性
シャンピングポット、茶葉用スプーン、茶葉4種入っており、丁寧な、説明書ありで、すぐに、使用でき、満足感しております。
ダージリンは、ピュアダージリンとあり、ファーストフラッシュなのかな?と、思いましたら、お味は、セカンドフラッシュに、近いような。
他の茶葉も楽しみです。(*^_^*)




3時の母さま・富山県・50代・女性
寒くなり、“紅茶が飲みたい!!”だけで注文、、ティーパックでしか入れたことなかったので半信半疑でした。が、本物って、これなんだ!と感動してしまいました。
評価が5でなかったのは、味をしめた子どもたちが次々使い込んでしまい私まで順番が回ってこなかったことからです。




わたなべさま・神奈川県・60代・男性
ジャンピングポットについてネット検索しているうちに御社のHPに行きつき、初回限定お試しセットを取り寄せました。
コーヒーと違って紅茶は難しいという先入観があったのですが、購入して正解。
現在、病気療養中ですが、毎朝、丁寧に淹れた紅茶を飲んで気分よく一日のスタートを切っています。好みの茶葉を少しでも増やしたいなと思っています。


たくさんの人から喜びの声をいただいている当店の紅茶を試してみてはいかがですか?

紅茶お試しセット・初回限定はこちら≫




紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌が書きました。



ティークラブは、産地をブレンドしないピュアな紅茶を 最も美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。


テーマ:


甘~い癒しの香りが魅力のカモミールチャイ。

温かくても、冷たくしても美味。一年を通して飲んでいただきたいヘルシーなミルクティーです。

カモミールチャイの材料と道具など






カモミールチャイの作り方



Step1.鍋に牛乳、水を入れ加熱する


ミルクパンなどの小さめの手鍋に牛乳と水を入れ加熱する

火力は強火でも中火でも構わないが、沸騰すると噴きこぼれるので、沸騰させないように注意する

Step2.アッサム茶葉、カモミールを加える


沸騰直前に火を弱め、アッサム茶葉、カモミールを加える



ブクブクと沸かないような火加減で「2分」程度煮出す


ブクブクと沸かないようにバースプーンなどでかき混ぜながら2分程度煮出す

噴き上がるような火力では強過ぎる。混ぜないでいるとまったく水面が動かないような火力では弱過ぎる。多少ブクブクし、混ぜれば噴かないくらいがちょうど良い加減

茶葉を入れた直後は、牛乳の白~ちょっぴりベージュがかったくらい。少しずつ紅茶のエキスが抽出され色が濃くなる。美味しそうなミルクティーブラウンになったら抽出終了



Step4.茶葉・カモミールを濾しでき上がり


茶葉・カモミールを茶漉しで濾してでき上がり

はちみつを加えるとより一層美味しくなる



アイスミルクティー&常温ミルクティー


アイスにする場合は、はちみつを加え溶かしてから、容器ごと冷水に着けて外側から冷やす。

常温になったら「常温ティー」春と秋におすすめ。冷たいドリンクが苦手な人は夏にもGood。

冷たくなったら、氷を入れたグラスに注げばアイスミルクティー。または、常温程度まで冷えたら冷蔵庫で冷やす。冷蔵庫で冷やせば氷ナシのアイスティーも◎

温かくても、冷たくしても香りが良く美味。一年を通して飲んでいただきたいのですが、特に季節の変わり目の疲れたカラダの癒しにどうぞ…。

夏の疲れが出やすい今の季節におすすめです。




紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌が書きました。

ティークラブは、産地をブレンドしないピュアな紅茶を 最も美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。


テーマ:


ティークラブの紅茶を飲んだお客さまのリアルな紅茶を紹介します。

紅茶大好きさま・女性・神奈川県



お試しセットやアイスセパレートティーのグッズを頼みました神奈川県の「紅茶大好き」と申します。

丁寧な淹れ方の説明書がありましたので、すぐにセパレートティーを作ることができました。

美しい二層ができ大大大成功で、そしてとても美味しくて感激致しました。

美味しくて止まらないので一気にぐびぐび飲んでしまいました。

子供たちにも大好評で“作って作って!”と言われ、白みつの消費量がすごいです。アッサム、濃厚で渋みなくとても美味しいですね。

濃厚アイスミルクティーはお勧めのアッサム+アールグレーで作ったのですがこちらも香良くそして濃厚。美味しくてうっとりです。

ティークラブさまの紅茶に癒される毎日です。

これも丁寧な淹れ方の説明や美味しい茶葉を送って頂いたティークラブさまのおかげです。
ダージリンとディンブラは、まだなのですがこちらもとても楽しみです。

またお願いしたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。




紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌が書きました。

ティークラブは、産地をブレンドしないピュアな紅茶を 最も美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。


テーマ:

本日(2018年8月1日)時事通信社に下記のようなニュースが出ていました。

ミルクティー論争、ついに決着?=「牛乳は後入れ」が圧勝―英調査

【ロンドン時事】ティーカップに牛乳を注ぐのは紅茶よりも先か後か―。

 英国の伝統的な習慣「アフタヌーン・ティー」に欠かせないミルクティーをめぐり、英国を長年二分してきた論争に決着がついたようだ。最新の世論調査で「牛乳は後に入れる」派が大勢を占めた。

 調査会社ユーガブの世論調査によると、79%が「牛乳は後に入れる」と回答。先に牛乳を注ぐ人の割合は20%にとどまった。

 年代別に見ると、65歳以上では「牛乳は後」が68%だったが、若くなるほど高くなり、18~24歳では96%に達した。

 英文学を代表する作家ジョージ・オーウェルは1946年に発表したエッセーで、どちらが先かを「最も議論を呼ぶ論点の一つ」と指摘し、「紅茶を先に入れた方が、牛乳の量を調節できる」と主張。これに対し、英王立化学協会はオーウェル生誕100周年の2003年に声明で「牛乳が先だ。リッチで魅力的な色を楽しめる」と反論していた。

 調査では英国人の紅茶好きも鮮明になった。58%が毎日飲み、1割超は1日に5杯以上飲むと回答した。調査は7月24~25日、英国の18歳以上の男女1595人を対象に実施した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000009-jij-eurp 時事通信社:ミルクティー論争、ついに決着?=「牛乳は後入れ」が圧勝―英調査より引用


いやはや、まだこんな論争をしているんですね(笑)

それだけ「紅茶が好き」ってことでしょう。

そして、毎回、データや研究結果が紹介されますが「どっちが美味しい」という話題がない・・。少しはあったりしますが、美味しさで結論は出さないんですね。

そして、こういう話は、結論を出さないが“粋”なのだと思います。

だから、「堀内さん知らないんですか!英王立化学協会が結論出したんですよ!牛乳が先ですよ!」とか「時事通信社が結論を発表しました!牛乳は後入れです!」などと言わないでくださいね。

結論ではありませんからね…

というか、結論なんていらない。

飲んだ人が美味しいと感じる飲み方をすればいいんです。

ですが、、
「紅茶が先のほうが自然だし、理にかなっている」
「飲み比べると、ほとんどの人が紅茶が先、紅茶が後の味の違いを感じない」と、当店では一貫して伝えています。


紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌が書きました。

ティークラブは、産地をブレンドしないピュアな紅茶を 最も美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。


テーマ:


先月販売を開始したダージリンファーストフラッシュ
おかげさまで好評をいただいております。

ファーストフラッシュの特長は、何といっても芳醇な香り。

白い花のような可憐で華やかな香り

果実のような甘酸っぱい香り

ミントのような爽快な香り

茶の甘く香ばしい香り

出汁のような旨味を感じる香り

青みと旨味が合わさり、青のりのニュアンスもほんのりと感じる…


そして、旨味が多く、ほんのりと渋みがあり、甘く香ばしく、ほのかに酸味を感じる‥。複雑な味わい。


ファーストフラッシュの特長の「香り」「旨味」を楽しめる水出し紅茶は、いかがでしょうか?



ファーストフラッシュの水出し紅茶の作り方



【作り方】
  1. ガラス製ティーポット300cc用に、茶葉の6gを入れ、水を注ぐ

  2. 常温で1時間
    冷蔵庫で5時間以上 置く

  3. 茶葉を濾して完成


冷蔵庫で抽出



香りが飛んだり、香り移りを防ぐため、冷蔵庫で抽出時する場合には、ティーポットにラップをする。

冷蔵庫で抽出する場合は、時間がかかるので、前日の夜に作り、朝飲む。

朝作り、昼~午後に飲むのがおすすめ。

しっかりと冷えているので、氷なしでOK.

冷蔵庫抽出は、香りが良い。渋みがなく、甘みの強い優しい味わい。


常温で抽出



ティーポットに茶葉を入れ、水を注ぐ
暑過ぎない室温で1時間くらい抽出

室温なので、長時間置かない。


常温抽出の常温ティーは、香り味わい共に豊か。

冷蔵庫抽出より渋み旨味を感じる。

常温の温度帯が美味しさを広げていると思う。

ファーストフラッシュは、温かい状態はもちろん美味しいのですが、ぬるくなってからが味わいが広がる。

はじめから常温に作るもアリ。

他の茶葉は、熱湯抽出のアイスティーをおすすめしていますが、ファーストフラッシュは、水出し紅茶もアリ。

もちろん、ホットティーがファーストとチョイスですが、水出し、特に冷え過ぎていない水出しはなかなかの味わいです。

Pick up






紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌が書きました。

ティークラブは、産地をブレンドしないピュアな紅茶を 最も美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。


テーマ:


コクがあるけど、渋みがないミルクティーに向く紅茶は?『アッサムCTC』です。

アッサムCTC紅茶は、紅茶の味が濃く、力強く深みがありながら、渋みや癖が少ない茶葉。

濃い目にいれてたっぷりのミルクを加えれば、「コクがあるけど、渋みがないミルクティー」を飲むことができます。

同じアッサムでも、「ホールリーフ(フルリーフ)=大き目の茶葉のタイプ」は、味わいが繊細なので、CTCに比べるとコクがありません。決して、悪くはないのですが、CTC紅茶のほうがより一層コクのある味わい深いミルクティーができます。

ウバやディンブラもミルクティーに向きますが、アッサムCTCに比べると「渋みの効いたミルクティー」になります。

ウバやディンブラのミルクティーは、華やかな香りがあり、ほど良いコクがあり、ほど良く渋みの効いた「大人なミルクティー」。美味しい。好みの差ですが、コクがあり、渋みがないミルクティーならアッサムCTCです。

★アッサムCTC紅茶はこちら≫



より一層美味しいミルクティーにする紅茶のいれ方


アッサムCTC紅茶のミルクティーをより一層美味しくする紅茶のいれ方
  • 基本通りの正しい紅茶のいれ方をする
  • 茶葉を増やして紅茶を濃くいれる
  • ミルクをたっぷり加える


基本通りの正しい紅茶のいれ方をする


紅茶をキチンといれるのは、わざわざ言うまでもありませんが、念のため入れました。

紅茶のいれ方の手順やコツなどは基本通りにする。

Point【茶葉の分量は2倍にする】

茶葉を増やして紅茶を濃くいれる


ストレートティーの濃さの紅茶にミルクを加えるのも悪くはありませんが、コクのあるミルクティーにはなりません。アッサリしたライトなミルクティーです。

アッサムCTC紅茶を使い【茶葉を2倍】にした濃い紅茶をいれることで、コクがある紅茶になり、コクがあるミルクティーになります。

ミルクをたっぷり加える


濃くいれた紅茶にミルクをたっぷり加える。

紅茶の分量の半分~1/3くらいは加えてください。多くの人が思っている量よりも多いです。

紅茶100cc:ミルク50~60cc
紅茶120cc:ミルク30~40cc など

ミルクが少ないと紅茶が強すぎてまろやかさに欠ける。牛乳のミルキーさや甘みが出ない。

ストレートティーにミルクを入れる時の倍くらいは入れてください。

ミルクはほんのり温める


ミルクをたっぷりと加えるので、紅茶が冷める。ミルクは、人肌程度(お風呂の温度くらい)まで温めてください。

冷たい牛乳を加えて紅茶がぬるくなっても良いという人は、温めなくても構いません。特に夏場は…。

夏以外は、一口目からぬるい紅茶は嬉しくないと思うので、ミルクは温めてください。

ただし、沸かさない。人肌程度まで。

紅茶がぬるくならない程度でOK。ミルクを加えて熱々にする必要はありません。

なお、ストレートティーの濃さの紅茶に少ないミルクを加える場合は、温めなくてもOK。

★アッサムCTC紅茶は、こちら≫



紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌が書きました。

ティークラブは、産地をブレンドしないピュアな紅茶を 最も美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。



テーマ:


アイスティー作りのポイント


  • 良質の茶葉を使う 
  • 熱湯抽出 
  • 紅茶を濃くいれて、蒸らし時間は短くする
  • 茶葉と湯量の比率で【1.5倍の濃さ】通常4g→6g 
  • 蒸らし時間は【70%程度】通常3分→2分 
  • ティーポットを大小2つ使い、アイスティーベースを作る

アイスティーベースとは?

氷を入れたグラスに注ぐ前の常温程度まで冷やした紅茶のことを当店ではアイスティーベースと呼んでいます。

良質な茶葉ティーポットを2つ使い、アイスティーベースを作れば失敗なくアイスティーができる

絶品!コクのあるアイスミルクティーの作り方はこちら≫

アイスティーの材料と道具(2グラス分)


  • 茶葉(どの茶葉でもOK.中でもディンブラ、アールグレイがおすすめ)・・・6g 
  • 湯・・・300cc
  • 氷・・・適量 
  • ティーポット(大小2つ)←ポイント 
  • 茶漉し/・バースプーン/・タイマー/・カラフェ 

アイスティーの作り方 Step1~Step5


Step1=基本通りの手順、ポイントでホットティーを作る


基本のホットティーのいれ方で、紅茶をいれる
ただし、茶葉を1.5倍にし、蒸らし時間は2分にする



Step2=氷を入れた別のポットに茶葉を濾し、移し替える


蒸らし終わったら、氷を入れた別のポットに茶葉を濾しながら移し替える。

茶漉しを使って一気に移す。
ガラス製ティーポットの茶漉しは湯の抜けが遅いので、別の茶漉しを使う。

ポットのサイズは、紅茶をいれたティーポットより大きめにする。



Step3=素早くかき混ぜ一気に冷やす


素早くかき混ぜ、一気に冷やす。

手でティーポットの側面をさわりながらかき混ぜ、常温程度まで冷えたら終了。冷やし過ぎない。

この段階でキンキンに冷やす必要はありません。とはいえ、ぬるいのはNG.常温は人肌より低いのでやや冷たくなったらOK



Step4=冷えたら素早く氷を抜き、アイスティーベースの完成


粗熱が取れ、ほんのり冷たくなったら、すぐに氷を抜きながら保存容器に移し替える。

「アイスティーベース」の完成。

いつまでもかき混ぜて氷を溶かすと薄まるから×
氷を全部溶かすのではなく、ほんのり冷えたら、すぐに氷を抜く。

また、冷やし過ぎると濁りの原因になる。キンキンに冷やさない。



Step5=氷をいれたグラスに注ぎアイスティーの完成


氷をいれたグラスにアイスティーベースを注げば、アイスティーの完成。

アイスティーベースを作れば、ベーシックなアイスティーもアレンジアイスティーも簡単。



このレシピでアイスティーを作ると2杯分できます。飲まなかった分は、暑くない室温で2~3時間保存できます。※冷蔵庫に入れない

飲む時に氷を入れてお召し上がりください。

ストレートアイスティー向き


このレシピで作ったアイスティーは、ストレートティー向きです。

ミルクを加えてアイスミルクティーにするのは、悪くはないのですがちょっと弱い。

なぜなら、紅茶が普通の濃さ(やや軽いくらい)だからです。

ホットミルクティーのことを考えて欲しいのですが、美味しいミルクティーは、「濃いめの紅茶にたっぷりのミルク」です。普通の濃さの紅茶にミルクを入れるとライトなやや水っぽいミルクティーになります。

アイスティーも同じこと。普通の濃さのアイスティーにミルクを入れると紅茶のコクもミルクのコクも弱くボンヤリとしたアイスミルクティーになります。紅茶の味がボヤけ水っぽく感じるはずです。

「濃いめアイスティーを作ればよいのでは?」と考えるかもしれません。

考え方は、正解。しかし、アイスティーは、濃くすると濁ります。だから、このレシピよりも濃いアイスティーを作るのは至難の業なのです。

結論として、このレシピ通りに作りストレートアイスティーで飲む。または、ライトなのは承知してアイスミルクティーにしてください。

コクのあるアイスミルクティーを飲みたい人はこちらをご覧ください≫



常温ティーのすすめ


アイスティーベースを“氷を入れない”グラスに注ぎ、冷やさずそのまま飲む「常温ティー」。

冷たい飲み物は苦手だけど、熱い紅茶は飲みたくない人(時)におすすめ。

実は、良質な茶葉だから常温でも美味しい。“熱々”と“冷え冷え”は、熱いものを飲んだ満足感、冷たいものを飲んだ満足感が優先したります。そこそこの味でも何となく満足したりするものです。

しかし、中途半端な温度の飲み物は、味や香りがハッキリ伝わるから品質の差が出やすい。常温ティー、紅茶好きな人にこそお勧めしたいです。



紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌が書きました。

ティークラブは、産地をブレンドしないピュアな紅茶を 最も美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。




テーマ:


ティークラブの紅茶を飲んだお客様の声を紹介します。

アッサムCTC紅茶100g詰替パックアールグレイティー80g詰替パック をお求めいただきました。

アールグレイの美味しさに感激です!
飲みすぎないように気をつけないといけないほど気に入りました。
この季節は煮出しミルクティが我が家の定番ですが、アッサムもミルクとのバランスが絶妙です。
リクエストが頻繁で大変ですが...
NYさま女性


紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌が書きました。

ティークラブは、産地をブレンドしないピュアな紅茶を もっとも美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。



テーマ:

ティークラブの紅茶を飲んだお客様の声を紹介します。

商品というのは中のモノだけでなく、情報も含めてのものだと考えます。

今回の場合はモノ=茶葉、情報=包装のラベル(表裏)といえます。

特に裏面のラベルには商品の名称・内容量・有効期限などが書かれていますので、情報として欠かせないものです。

今回電話でもメールでも「中身はピュアダージリンの可能性が大」と言われていますが、「モノが合っているので大丈夫」と言われているような気がしてしまい残念に思います。

今後該当物を見るたびに残念な気持ちを思い出してしまいそうなので、勝手ながら返送させていただきます。

商品ラベルを張り間違えるミスのため返品をいただきました。

当店に100%の落ち度があるにもかかわらず、「中身があっているから大丈夫」という甘い対応をして、お客さまの気分を害してしまいました。

過去にも似たようなミスが何度かあったのですが、「正しい商品を送ります。今回の商品は差し上げますから飲んでください。」という対応で済ませていたのは、大いに反省すべきことです。お客さまの好意に甘えておりました。

そもそも『茶葉だけを売るのではなく、情報を含めて販売する』のが当店の基本姿勢。「茶葉があっているからいいでしょう」というのは、最もやってはいけないことでした。お客さまの好意に甘え、慢心しておりました。

大いに反省しました。

以後このようなことがないよう気持ちを引き締め、お客さまの喜んでいただけるよう努力いたします。

紅茶専門店ティークラブ堀内芳昌


ティークラブは、産地をブレンドしないピュアな紅茶を もっとも美味しいいれ方で飲んでみたい そんな純粋な紅茶好きのための紅茶専門店です。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス