早稲田大学水泳部競泳部門 いにしゃるとーく

WUSTの日常を日々更新してます!!






早稲田大学水泳部に入るには

  • 11Oct
    • 第97回日本学生選手権最終日結果報告の画像

      第97回日本学生選手権最終日結果報告

      皆さん、こんにちは3年のAさのです!!最終日となる4日目の結果報告をさせていただきます。男子400m IM4年 高野 大祐4-27-09 Best!! 28位2年 田丸 敬也4-21-63 12位4年、高野は最後となるレースを見事ベストで締めくくりました!!レースのみならず練習時からチームを牽引し、優しく明るい性格で周りの人々を巻き込んできた男のラストスイムは、とてもとっても素晴らしいものでありました👏🏻2年田丸も得点を獲得し、個人メドレー陣の得点獲得に大きく貢献してくれました!!!100m自由形女子2年 今牧 まりあ57-04 13位惜しくも決勝は逃してしまったものの、彼女は女子スプリント陣のエースとして個人のみならずリレーにおいても奮闘し、非常に頼もしい存在でありました!!更なる飛躍に期待です✨男子4年 伊東 隼汰49-91 4位 決勝進出!!2年 須田 悠介50-40 17位2年 田中 大寛50-34 13位伊東は見事決勝に進出!!!須田、田中は惜しくも決勝入りは逃したものの、3人ともこの4日間にわたってWUSTの自由形を支える素晴らしい活躍をしてくれました☄️男子100m 背泳ぎ2年 米山 毅56-09 14位1年 村上 賢之慎56-38 Best!! 21位1年、村上は200mに続きまたしてもベストを更新!!!今大会で飛躍した選手の1人です!!来年は更なる活躍に期待しましょう👌🏼2年米山は決勝入りは逃したものの、しっかりと得点を獲得し、バック陣の得点獲得に大きな貢献を収めてくれました👏🏻女子200m 平泳ぎ3年 浅羽栞2-28-11 3位 決勝進出!3年 斎藤千紘2-32-73 13位 Best!!3年 松浦優美奈2-35-45 26位3年浅羽は順当に決勝へ進出!!!斎藤も 100mに続きベストを更新し、好調ぶりを伺わせました!!!👌🏼松浦は惜しくも得点獲得は逃してしまいましたが、来年のインカレでは活躍してくれるに違いありません🗽男子200m 平泳ぎ4年 大﨑威久馬2-11-28 4位 決勝進出!3年 平河楓2-11-25 3位 決勝進出!3年 白石崇大2-14-82 26位男子は大﨑と平河が揃って決勝に進出!!!白石は惜しい結果となりましたが、来年のこの舞台での活躍に期待です!!🔥女子800m FR8-12-10 4位 決勝進出!!牧野 2-01-77佐藤 2-02-93松本 2-02-95小原 2-04-45男子800m FR7-25-24 6位 決勝進出!!長牛 1-50-55 Best!!田中 1-48-56古畑 1-52-03伊東 1-54-10800mフリーリレーは男女ともに無事決勝に進出いたしました!決勝男子100m自由形4年 伊東隼汰50-00 6位伊東の個人ラストレースは50-00で6位でフィニッシュ!!1年生時から4年間にわたって大活躍し、その姿はまさにWUST自由形陣の大黒柱。常に頼りになる存在でありました👏🏻女子200m平泳ぎ3年 浅羽 栞2-27-76 4位浅羽の決勝レースは4位でのフィニッシュという形になりました!次のシーズンからはWUST女子陣のエースとして引き続きチームを牽引してくれる存在になってくれるでしょう!!男子200m平泳ぎ4年 大﨑 威久馬2-10-88 4位3年 平河 楓2-10-94 5位4年大﨑はしっかりと予選からタイムを上げ、ラストレースを4位でフィニッシュ!レース後は3年平河と抱擁を交わしました😭文を書く私の涙腺が緩みます。そして平河は大崎の意思を受け継ぎ、これからも平泳ぎ陣を牽引してくれるでしょう🤝女子800mFR8-04-95 2位!!🥈牧野 1-59-77佐藤 2-01-89松本 2-00-35小原 2-02-94今大会女子のラストレースとなった8継は4選手とも素晴らしいパフォーマンスをし見事に🥈を獲得!!!本当に本当に素晴らしいレースでした。特に最終泳者の1年小原はプレッシャーのかかるアンカーでありましたが、自己記録から大幅にタイムを縮める泳ぎを見せ、大活躍してくれました👏🏻7-20-67 5位!長牛 1-50-29 Best!!田中 1-47-73伊東 1-50-38古畑 1-52-27そして今大会の最終競技となった男子8継。第一泳者の長牛はしっかりとベストで継ぎ、第二泳者の田中は素晴らしいタイムで泳いでくれました👏🏻第三泳者、第四泳者を務めた伊東、古畑はともにこれがラストレース。しっかりと最後のタスキをつなぎ、6位でフィニッシュ!!!大会を締めくくりました。最終得点◎得点(女子)全競技終了時一位  神奈川大学 361点二位 日本大学 294.5点三位 日本体育大学 273点四位 東洋大学 270点五位 法政大学 249点六位 早稲田大学 245点七位 中京大学 227.5点八位 近畿大学 178.5点九位 筑波大学 169.5点十位 明治大学 147.5点◎得点(男子)全競技終了時一位 日本大学 491.5点二位 近畿大学 316.5点三位 明治大学 300.5点四位 中央大学 299点五位 早稲田大学 293点六位 東洋大学 180.5点七位 慶應義塾大学 154.5点八位 中京大学 151点九位 山梨学院大学 103点九位 日本体育大学 85点最終得点は以上の結果となりました!!!今大会にて4年生は引退となります。選手も勿論そうですが櫻内、清家は4年間チームの柱としてマネージャーを務め、田中は選手としても活躍しながら、4年時途中からはマネージャーとなり新たな頼もしい柱として様々な面からチームを支えました🗽これからはそれぞれの道を歩み始める彼らの新たな道が素晴らしいものになることを願うとともに、この結果報告を終わらせていただきます🙏🏻最後にはなりますが、皆様、沢山のご声援誠にありがとうございました🙇🏻‍♂️応援してくださる方々の存在なしに私たちの活躍を語ることはできません。新シーズンスタート後も皆さまの暖かいご声援の程、よろしくお願い致します🤲🏻ではまた。DARE

  • 09Oct
    • 第97回日本学生選手権3日目結果報告の画像

      第97回日本学生選手権3日目結果報告

      みなさまこんにちは。3年のAさのです!昨日に引き続き、インカレの結果報告をさせていただきます!予選200m自由形女子1年 小原天寧2-04-70 15位初出場ながら見事得点を獲得!!チームに貴重な点数を持ち帰りました。更なる成長に期待ですね!男子4年 伊東 隼汰1-50-27 Best!! 9位3年 簑田 圭太1-53-43 36位2年 田中 大寛1-48-81 1位 決勝進出!!田中は順当に一位で予選を突破しましたが、伊東は惜しくも9位、簑田は悔しい結果となりました。しかしながら両者共に明日のレースに期待です!!100mバタフライ男子3年 峯野 友輔54-55 28位1年 山本 拓武53-92 Best!! 18位1年山本は惜しくも16位入りは逃してしまいましたが、ベストを大きく更新する好記録を出し、チームに勢いをもたらしました!👏🏻200m個人メドレー女子4年 牧野 紘子2-15-84 3位 決勝進出!!1年 松本 信歩2-16-09 5位 決勝進出!!牧野、松本が順当に決勝へと駒を進めました♟️男子髙野 2-03-37 Best!! 20位田丸 2-01-35 Best!! 7位 決勝進出!!長牛 2-01-57 Best!! 9位出場者全員がベスト記録を更新することができました👌🏼そして田丸は決勝に進出!男子1500m自由形タイム決勝3年 武井凜太郎15-43-00 15位悔しい結果とはなりましたが最後まで諦めずに泳いでくれました💨400mメドレーリレー女子4-08-21 6位 松本 1-03-26浅羽 1-08-33牧野 59-48今牧 57-144選手とも連戦状況ですが、順当に決勝に進出できました👌🏼男子3-40-07 5位 決勝進出!!米山 56-24大崎 1-00-38峯野 53-91須田 49-54かなりの接戦となりましたが無事に決勝進出を決めました!決勝男子200m自由形2年 田中 大寛1-48-81 3位最後まで行方がわからない接戦の中、3位となりました🥉明日もレースが続くので活躍に期待です👀200m 個人メドレー女子4年 牧野 紘子2-13-35 5位3年 松本 信歩2-11-43 1位 Best!!1年松本が見事に優勝!!!!!最初に奪ったリードを一度も譲らず、素晴らしいレース展開で戦いを制しました👏🏻🏆今大会WUST初の優勝です!牧野は5位にランクイン。最終日もレースが続くため、最後までWUSTを引っ張ってもらいたいです!!!男子2年 田丸 敬也 2-01-58 8位ハイレベルな戦いとなり8位でフィニッシュ。しかしながら予選、決勝ともに好タイムで泳ぎました👏🏻💨女子800m自由形タイム決勝佐藤 8-37-37 3位🥉長い戦いの中、3位🥉を獲得しました。連戦が続きますが明日のリレーでも引き続き活躍に期待です!男子1500m自由形4年 古畑 海生15-24-98 6位こちらも15分にわたる長い戦いの中、6位にランクイン。得点を獲得しました✅メドレーリレー女子4-05-59 5位松本 1-02-57浅羽 1-08-44牧野 58-03今牧 55-55予選からそれぞれタイムを上げ、5位にランクインしました!!最終日でも4人の奮闘に期待が高まります🔥男子3-38-02 5位米山 55-75 Best!!平河 59-79田中 53-86伊東 48-62第一泳者の米山はベストで泳ぎ、チームにいい勢いで引き継ぎ、最終順位は5着となりました。連覇とはならなかったものの、男子に関しても明日の奮闘に期待です🔥🔥🔥総合順位、、、👀女子一位  神奈川大学 253点二位 日本大学 220.5点三位 日本体育大学 194点四位 早稲田大学 188点五位 東洋大学 177点六位 法政大学 164点七位 近畿大学 132点八位 中京大学 127点九位 筑波大学 121点十位 明治大学 100.5点男子一位 日本大学 336.5点二位 近畿大学 245点三位 早稲田大学 211.5点四位 中央大学 210点五位 明治大学 175点六位 中京大学 130点七位 東洋大学 114.5点八位 慶應義塾大学 88点九位 山梨学院大学 70点十位 筑波大学 62点最終日となる明日のレースにて得点を量産してくれることを期待しましょう💨🗽DARE

  • 08Oct
    • 第97回日本学生選手権1日目,2日目結果報告の画像

      第97回日本学生選手権1日目,2日目結果報告

      第97回日本学生選手権1日目、2日目の競技結果をお伝えします。みなさまこんにちは。3年のAさのです。昨日から東京都辰巳国際水泳場にて第97回日本学生選手権が開催されています!!!コロナウイルスの影響により、いくつもの試練を乗り越えながらここまでたどり着くことになったWUST。ついにシーズンの集大成となるインカレを迎え、選手、サポート、マネージャーの奮闘が期待されます!!!そして本日は2日目までの結果を報告させていただきます👀1日目予選50m 自由形女子1年 松本信歩25-94 11位2年 今牧まりあ25-85 7位 決勝進出!!男子2年 須田悠介22-96 12位3年 今野太介22-77 4位 決勝進出!!4年 村上雅弥22-81 6位 決勝進出!!決勝50m自由形女子2年 今牧まりあ25-40 Best!! 6位男子3年 今野太介22-51 Best!! 3位🥉4年 村上雅弥22-54 Best!! 4位決勝進出者は3人ともベストを更新👏🏻女子は今牧が見事ベストを更新し6位に。男子はこの種目にて個人のレースはラストとなった主将は最後をベストで締めくくる事ができました!そして、3年今野はベスト更新、そして、堂々の3位!!!約20秒間の接戦の中から見事銅メダルを勝ち取りこのガッツポーズ👌🏼 レース後は互いを称え合い握手を交わしました🤝素晴らしい瞬間です!2日目予選400m 自由形女子1年 小原天寧4-21-68 19位4年 佐藤千夏4-13-95 2位タイ 決勝進出!!男子1年 長牛太佑3-53-34 Best!! 9位4年 古畑海生3-54-40 Best!! 13位女子は佐藤が決勝に進出、初めてのインカレとなった1年小原は決勝進出は逃したものの、200m自由形で奮闘してくれるでしょう!男子は2人ともベストを更新することができましたが、惜しくも決勝進出は逃しました、、、しかしながら好調具合が伺えるレースとなり、明日からの活躍に期待がかかります!!女子200mバタフライ4年 牧野紘子2-11-04 4位 決勝進出!!4年女子主将の牧野が順当に駒を進めました!男子200背泳ぎ2年 米山 毅1-59-68 2位 決勝進出!!1年 村上賢之慎2-01-48 Best!! 12位2年米山は好タイムで見事決勝に駒を進めました。1年村上は決勝には届かなかったものの、なんと2秒以上もベストを更新し見事なインカレデビューを飾りました!!!100m平泳ぎ女子浅羽 栞1-08-52 3位 決勝進出!!斎藤 千紘1-09-68 Best!! 5位 決勝進出!!浅羽は3位で、斎藤はベストを更新し、見事両者共に決勝に進出致しました!男子大崎 威久馬1-00-28 Best!! 2位 決勝進出!!平河 楓1-00-51 5位 決勝進出!!白石 崇大1-02-83 36位男子は4年大﨑が見事ベストを更新し2位で、3年平河も順当に5位で決勝に進出!!3年白石は4日目の200m平泳ぎでの活躍に期待です!4x100Frリレー女子3-46-52 4位 決勝進出!!牧野 55-71松本 56-23今牧 56-90佐藤 57-68男子3-20-02 4位 決勝進出!!田中 49-87伊東 49-46須田 50-16村上 50-53男女とも見事決勝に進出!主将の4年村上はこのレースがラストレースとなりました👏🏻決勝女子400m自由形4年佐藤 千夏4-12-07 4位惜しくもメダルは逃してしまいましたが、800m自由形での活躍に期待です🙏🏻女子200m バタフライ4年 牧野 紘子2-09-04 3位3位となり🥉を獲得しました!明日からの更なる活躍に拍車がかかります!!男子200m背泳ぎ2年米山 毅2-00-77 5位惜しくも表彰台は逃してしまいましたが、明日からもリレー、100m背泳ぎと種目が続くので引き続き奮闘してくれる事でしょう!!100m平泳ぎ女子3年 浅羽 栞1-08-06 Best!! 3位🥉3年 斎藤 千紘1-09-42 Best!! 5位浅羽は見事ベスト更新、そして🥉を獲得!!斎藤も予選からさらにタイムを上げ、再びベストを更新する事ができました!!!🎊男子4年 大崎 威久馬1-01-14 8位3年 平河 楓1-00-39 3位🥉4年大崎が8位、3年平河は見事🥉を獲得。しかしながらKOの2人にワンツーフィニッシュを許しましたので、200m平泳ぎでは大﨑、平河、白石の3人でインカレにて行われる"早慶戦"のリベンジを果たしてくれることを願いましょう🙏🏻💨4×100mフリーリレー女子3-45-13 5位牧野 55-55松本 55-23今牧 56-78佐藤 57-57表彰台には届かなかったものの、予選からはしっかりとタイムを上げ5位に。4選手とも引き続き明日、明後日とレースが続きますので、期待がかかります!!男子3-18-24 3位今野 50-75須田 49-77田中 48-78伊東 48-94前日の50m自由形🥉の今野から始まりエースの伊東で終える展開となり、🥉を獲得しました!須田、田中、伊東は明日からも引き続きレースが続きますので、是非とも奮闘してもらいたいですね!!!🔥2日目終了時点での総合順位です◎得点(女子)一位 日本大学 134.5点二位 神奈川大学 123点三位 早稲田大学 108点四位 法政大学 107点五位 日本体育大学 89点六位 中京大学 87点七位 近畿大学 74.5点八位 東洋大学 67点九位 筑波大学 55点十位 明治大学 49点◎得点(男子)一位 日本大学 162点二位 近畿大学 135点三位 中央大学 126点四位 早稲田大学 125.5点五位 明治大学 92.5点六位 中京大学 63点七位 慶應義塾大学 56点八位 東洋大学 53.5点九位 同志社大学 48点十位 日本体育大学 37点折り返し地点となりましたが、依然として接戦が続いており、明日からもしのぎを削る戦いが繰り広げられることが予想されますが、WUSTの選手たちが更なる活躍をし、素晴らしいパフォーマンスをしてくれることを願いましょう🤲🏻DARE

  • 06Oct
    • 第97回 日本学生選手権水泳競技大会の画像

      第97回 日本学生選手権水泳競技大会

      いにしゃりあんの皆様!!!!ご無沙汰しております。Sさきです。4年生のブログ、スタッフのブログに続いて私なんぞが書いていいものか…。大変恐縮ではありますが、本日はこの場をお借りして第97回日本学生選手権水泳競技大会の告知をさせていただきます!期日:10/7(木)〜10/10(日)場所:東京辰巳国際水泳場タイムテーブルは以下の通りです。出場選手紹介⁡◯1年生小原天音  200m / 400m 自由形川口栞奈  4×100m メドレーリレー長牛太佑  200m 個人メドレー / 400m 自由形松本信歩  50m 自由形 / 200m 個人メドレー村上健之慎 100m / 200m 背泳ぎ山本拓武  100m バタフライ⁡⁡◯2年生今牧まりあ 50m / 100m 自由形菅野遼   4×200m フリーリレー須田悠介  50m / 100m 自由形田中大寛  100m / 200m 自由形田丸敬也  200m / 400m 個人メドレー米山毅   100m / 200m 背泳ぎ⁡⁡◯3年生浅羽栞   100m / 200m 平泳ぎ今野太介  50m 自由形斎藤千紘  100m / 200m 平泳ぎ白石崇大  100m / 200m 平泳ぎ武井凜太郎 1500m 自由形平河楓   100m / 200m 平泳ぎ松浦優美奈 200m 平泳ぎ峯野友輔  100m バタフライ簑田圭太  200m 自由形⁡⁡◯4年生伊東隼汰  100m / 200m 自由形大﨑威久馬 100m / 200m 平泳ぎ佐藤千夏  400m / 800m 自由形髙野大祐  200m / 400m 個人メドレー古畑海生  400m / 1500m 自由形牧野紘子  200m バタフライ / 200m 個人メドレー村上雅弥  50m 自由形そしてマネージャー!!ついにこの時期がやってきました。今年度もコロナウイルスの影響により無観客での開催となってしまいましたが、YouTube、AbemaTV(決勝のみ)などでライブ配信されますので応援の程よろしくお願い致します!!📺📣1日目第97回 日本学生選手権水泳競技大会 競泳競技 1日目 予選東京・東京辰巳国際水泳場で開催される第97回 日本学生選手権水泳競技大会 競泳競技1日目 予選の模様をお送り致しますーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー10/7(木)午後5時~ インカレ水泳 初日 決勝  CSテレ朝チャンネル2、ABEMAにて生中継10/8(金)...youtu.be2日目第97回 日本学生選手権水泳競技大会 競泳競技 2日目 予選東京・東京辰巳国際水泳場で開催される第97回 日本学生選手権水泳競技大会 競泳競技2日目 予選の模様をお送り致しますーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー10/8(金)午後4時~ インカレ水泳 2日目 決勝 CSテレ朝チャンネル2、ABEMAにて生中継10/9(土)...youtu.be3日目第97回 日本学生選手権水泳競技大会 競泳競技 3日目 予選東京・東京辰巳国際水泳場で開催される第97回 日本学生選手権水泳競技大会 競泳競技3日目 予選の模様をお送り致しますーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー10/9(土)午後4時~ インカレ水泳 3日目 決勝 CSテレ朝チャンネル2、ABEMAにて生中継10/10(日...youtu.be4日目第97回 日本学生選手権水泳競技大会 競泳競技 4日目 予選東京・東京辰巳国際水泳場で開催される第97回 日本学生選手権水泳競技大会 競泳競技4日目 予選の模様をお送り致しますーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー10/10(日)午後4時~ インカレ水泳 最終日 決勝 CSテレ朝チャンネル2、ABEMAにて生中継10/10...youtu.be約1年間チームスローガン"DARE"を掲げ、この試合に向けて精進して参りました。選手一人一人が自分自身の課題と向き合いながら取り組んできたことを遺憾無く発揮する姿をライブ配信で見届けていただけると幸いです。恐らくこのブログを読んでいる方々はWUSTの活躍に期待している、WUSTに応援したい選手がいる、そんな風に思ってくれていることと存じます。間違いなく今年も早稲田は強いです。試合結果等も随時更新する予定ですので、InstagramやTwitterも見てください👀#日本学生選手権水泳競技大会

  • 05Oct
    • WWWWの画像

      WWWW

      W:WasedaW:WorldW:WideW:笑1年ぶりOくのです。最初にお断りいたしますが、やや長文です。2021シーズンの今、インカレをあと僅かに控えています。まずもって、今年度のインカレにおきましては、これまでの大会参加と同様に感染対策を始めとして、様々な準備をしてくださった関係者の方々に改めて感謝申し上げます。また、保護者の皆様におかれましては、昨今の不安な社会情勢の中で大学水泳部の活動に対しまして、多大なるご理解と温かいご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。1.セルフコーチング4月以降思うところあって、自分に何かを課してみようと思い、減量に着手しました。推移は画像の通り。1つの目盛りが1Kgですので、現在-12Kgです。個人情報のため、数値は伏せます。コーチング分野で再度学んだことの中に「目標設定はSMARTに」があります。それぞれの頭文字をとっており、これに当てはめるとS:Specific(具体的に)減量M:Measurable(測定可能)食事、有酸素運動(距離、時間)、基礎代謝向上(筋力、反復回数)A:Action-oriented(行動をイメージして)ジョグ5km、ベンチプレス10RMx3setで筋肥大R:Realistic(現実的)目標は-10KT:Timed(時期を区切る)東京オリンピックが終わるまでに。なんとか達成できました。これにより、インカレに向けて私自身整いました!残り数日テーパーして臨みます!インカレで久しぶりお会いする方は、きっと私のシルエットの変化を感じることでしょう。笑 インカレを前にしたコーチングで考えるとこの中でもS(具体的に)が落ち着いて意識できているかが大切かと感じます。チームに貢献したい=どのように?楽しみたい=何を対象に?コミュニケーションを図る=どのような取り組みで?という具体的な行動にまで落とし込めるようにできればいいんじゃないかな。2.インカレに向けて今年もコロナ禍において。予定されていた試合に出場できなかったり、試合自体が中止になったりと、計画通りにならなかったことの影響は少なからずありました。しかし、その都度計画を随時見直し、その時にできることは何かを考え、起こっている状況にいかに対応するという課題でありました。それは想定していた中期計画の通りには必ずしも進められない現実があり、すぐさま決断し、今後いかに実行に移すかという課題でもあったと思います。料理に例えれば、レシピ通りには調理が進まなくとも、工夫しながら最終的にはレシピと同じ出来映えにするということでしょうか。今年のインカレに向けては、できるだけレース感を維持すること、現在の状況・環境の中で自分の実力をどのくらい向上できるかをトライしてきました。その結果、ここに至るまでの間に出場したレースではベスト率50%以上の試合が複数あり、自チームながら驚異的な数字を叩き出していると思います。困難な局面を迎えた時に、新しいアイデアや知恵が出せるように、また新鮮な気持ちで取り組めるような発想の転換がなされてきた成果であると思うので、是非自信に変えてしてほしいと思います。 また、このような経験が今後の人生にも活かせるようになるはずです。3.コーチングについてインカレ本番まであと僅かに迫っていますが、最近の私のキーワードは「1%」です。元は、サッカー選手のレジェンドこと三浦和良選手の言葉に起因しています。(高校生時代にブラジル留学をめぐって監督から「人間100%はないが、お前は99%は無理だ」と言われたときに、三浦知良選手が言った言葉)「1%あるんですね。じゃあ僕はその1%を信じます。」1日1%の成長、レースであと1%の踏ん張り、テクニックを1%でも改善できるかなどなど、あと少しでも何かできることはないかレース直前まで粘り強く取り組みたいという意志です。なんともいい感じの言霊ですね。競泳は個人競技ではありますが、普段のトレーニング、コーチと選手の関係を考えても他者との関係性は必ずあります。どのようにやり取りするかで成果は変わってくると感じます。ということで、他者から学ぶのは良いことですが、その矢印は自分に対してなので←(内向き)です。その矢印を他者やチームに向けて→(外向き)が増えるように皆で意識して、双方向の矢印(⇄)が多く飛び交うように良い雰囲気作りも大切にできればと思います。 私の担当するグループでは4年生のO﨑がその雰囲気作りの中心にいてくれて、連動して3年以下の選手もいい感じに過ごせています!やるなO﨑!Aんなのボケもいい味出してる。 また、コロナ禍を通して、心に余裕を持つことの重要性も再認識しました。 トレーニングやコーチングも重要ですが、少しだけ心に余裕を持つことで、いろんなものが見えてくるのだと思います。具体的な行動(S)としては、プールサイドのゴミを拾うとか、挨拶とか「ありがとう」を伝えることとかですかね。完璧にできているとは言えませんが、できるだけ私自身もチームも→が増えるように心がけています。この共に創る感が今年のチームの良さではないかと感じます。インカレが目前に迫っていて、レースの結果やパフォーマンスが気になるところです。しかしながら、レースはその瞬間ではあるけれども、人生のスケールはもっと長く、大きく続いているので、その過程の中で、その瞬間にどのように取り組むのか、インカレに向けて燃えていけるか?これも人生におけるチャレンジであると感じています。特に4年生はインカレでは選手もマネも持てるものを全部出して、やり切ってほしいと思うし、ここまでの経験が自分の人生において貴重なものであったと思える時は必ず来ると信じています。この先安心して会合できるような状況になったら、「2021年のインカレはこうだったよな〜」と語り合える(飲める)日を待ち望んでいます。4.スポーツ感閑話休題東京オリパラが終わり、メディアを通じて我が国だけではなく諸外国の選手、コーチ、チームの取り組みやパフォーマンスを目にすることが多くありました。単に競技の結果(勝敗やメダル)だけでなく、東京オリパラが新たなスポーツ感やスポーツの価値を再確認・再認識した機会になったと感じています。それが今後のスポーツ活動にも大きく影響を及ぼすと感じています。オリンピックの教育的価値として(IOC,2021、JOC,2018)・フェアプレイ・努力から得られる喜び・体と頭と心のバランス・向上心・他者への敬意が挙げられています。東京オリパラで上記のことを感じた場面は非常に多かったと思いますが、私たちはこれらを今後どのように発展させていくかという新たなフェーズのスタートにもなるでしょう。また、東京オリンピックでは大学での事前キャンプを受け入れしたイタリアチームの躍進も心に残る出来事だったと思います。学内バブルを構築していたため、ほぼ接点はありませんでしたが、世界的希望の視野で応援することができたと感じています。一方で、競技の場面では、メダルや順位が目標になっていたのだとしたら、どう考えるか。メダルも言わば順位です。順位は他者と自分との差異を意味するので、具体的に(S)どのような記録で泳ぎたいかを加味して、そのためにはどのような体力の見積もりをして、テクニックを安定してレースの瞬間に発揮するかが課題となるのではと感じました。これはレースの場(オリンピック、インカレ)に限らず、どうやって自己ベストを更新するか、その日の自分の実力を全部出せるかなのだと、普遍的なテーマなんだろうなと思った次第です。インカレで言えば、もう事前のランキングは関係なく、いかに自分のレースができるかに集中することではないだろうか。5.コーチング哲学今回はインカレに向けての担当ではありますが、私のコーチングで意識していることを最後に述べたいと思います。学生時代は「インカレ総合優勝」これをひたすら追い続けていましたが叶いませんでしたので、通算で0勝4敗です。入学した時に、当時は強豪校でありながらシード落ちしたところからのスタートでしたが、先輩方を始めとして「インカレ優勝」を目標にしていましたので、人生賭けてこれに没頭していました。いわゆる悲願というものです。しかし、その後卒業後に現役続行と大学院進学のためセントラルスポーツさんでお世話になりました。そこでは、S木陽二コーチの師事のもと、現日本水泳連盟のS木大地会長と共に練習に励みました。その際に、本気でリアルに世界一を目指す取り組みを目の当たりに感じ、今までの自分の意識を考え直す機会となったことは鮮明に覚えている。 多分、この時に感じたことは、大学水泳部としての危機感であったと思います。そして、2002年にW大学水泳部スタッフになってからも今も根幹にあるのは、「(インカレを含めた)早稲田大学水泳部の取り組みが世界に通用するものでありたい」これは日本代表になることや国際大会で活躍することだけを指しているのではありません。W大学の取り組みが世界に通用する、世界で輝ける人材の輩出に貢献するという意味です。これまでも国際大会を通じて交流を深めたこともあって、海外(Cプコフ、C国選手)からの訪問があったり、水泳というスポーツを通じて海外の方々とコミュニケーションを図ったりすることがありましたが、現状では行動が制限されているために意識だけでも「世界」を見据えたものでありたいと考えています。ちょうどW大学のT総長のお話しを拝聴する機会がありました。その中でO隈重信侯(W大学創始者)が説いたW大学教旨の中の一節にも同じ精神が示されていたようですので紹介いたします。「進んで世界に貢献する抱負」まさしくこれですね。「早稲田から世界へ」「早稲田の取り組みが模範となる」よう注力したいと思います。今年のメンバーは今季限りのものです。このメンバーで個人(ベスト更新)そしてチームとしての目標(男子総合優勝、女子4位)を達成し、1%の成長をも達成できるよう良い準備をして臨もう!それでは。

  • 02Oct
    • Sの画像

      S

      S成長コーチのK島です。今年の4年生はM上、M野両主将を中心に、チーム目標に向かって真摯に取り組みここまで良くチームを引っ張ってきたと感じます。この1年多くの苦労や、我慢を強いられてきた中、一切後ろを振り向かず常に前を向いて歩んできたと思います。同期が悩み挫けそうになった際も私が知らないところで支え合っていたと思います。今の4年生を見て思うことは、本当に一枚岩になったと感じます。挫折することは決して悪いことではなく、そこから何を学びどう対応していくかに真価が問われ、1歩前に踏み出すことで人間は成長していくのだと思います。大学4年間で最も重要なことは、成長することだと思います。本当に4年生は皆成長したと感じます。ただ最後に4年生のかっこいい姿も見たいので、やはりインカレでは爆発してほしい。もちろん3年生以下の選手も、インカレでヒーローになってほしい。選手達が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、サポートメンバーも全身全霊で一緒に戦おう。今年のチームならできると信じています。以下、私が見えている一人一人の長所です。長所を生かして成長していってほしいです。【4年生】M上男子主将 聡明、誠実、気遣いのできる人M野女子主将 文武両道、努力を成果に繋げられる人O崎男子副主将 鼓舞する力、リーダーシップ、賢い人F畑男子副主将 思考力、精神力、一切手を抜かない人I東 探究心、最後はやる男I藤 ブレない心、自分を持っている男T野 何事も成長できる考えを持っている男T中 本当の優しさを持った男Iノ口 品格があり凜とした人S藤 才能豊かで実力の高い人S内 視野が広く社交性が高い人S家 絶え間なく努力を続けられる人【3年生】A野 奇抜を活かせる人K野 感覚的センスが高い人S石 落ち着きのある人T井 周りを和ませる人H河 挨拶が素晴らしい人M野 能ある鷹は爪を隠す人M田 洞察力が高い人A羽 人間性の良い人S藤 対応力のある人S々木 感受性が高い人N道 ポジティブな人M浦 首尾一貫している人【2年生】K野 インティグリティーな人S田 挑戦的な人T中 目標に向かって走れる人T丸 天才型の人Y山 努力型の人I牧 知性に優れた人O塚 好奇心旺盛な人H谷 人柄が天然記念物な人【1年生】あまり話ができていないので個々のコメントは割愛。1年生は皆さん良い性格を兼ね備えていると感じています。これからいろんな経験を重ね、チームにとって有益な人財となるよう、皆さんの成長がチームの「財=宝」となるよう4年間で大きく成長していってください。最後に、私自身もコーチとして成長することができたと感じています。このことは実績を出すより尊いことだと感じています。一緒に歩んでくれて本当に有難う。最後まで良い準備を行い、心を一つにしてインカレに向かっていこう!!今年の早稲田は強い!!つぎはO野コーチ

    • Sの画像

      S

      S最後にできることこんにちは、MらかみMさやです。初めて早稲田に入りたいと思ってから、8年が経ちました。たしか、山口県の大会で偶然早稲田の選手と同じバスに乗ったことがきっかけだったと思います。その時父に「早稲田の選手は紳士でカッコええな。雅弥もあんな人になれたらええな。」と言われたのを覚えています。時の流れは早いもので、今ではその早稲田で主将をやらせてもらっています。最近は毎日が楽しく、本当に水泳をやっていてよかったと思うようになりました。しかし、そんな僕ですが実は結構悩んでた時期もありました。最後のイニシャルトークなので、その悩みからわかったこと、そして自分が最後にできることを書きたいと思います。3年の夏、光栄なことに主将に選んでいただきました。DARE(思い切ってやる。挑戦する。)そんなスローガンを掲げ、紳士で、強くて、みんなを引っ張っていく理想の主将なりたい。そしてチームのみんなが楽しい水泳ができる環境を作りたいと思っていました。しかしこの頃はメンタルが不安定だったこともあり、空回りばかりでした。悩んでる後輩にいい言葉をかけてあげられないし、同期にも自分の考えを伝えられない。こんなことをしているうちに気づけば半年が経ち、自分の不甲斐なさに呆れる毎日でした。そんなある日、ある漫画で「俯瞰の目を持つ」ことの大切さを知り、自分を見てみることにしました。やっぱり俯瞰して自分を見ても、どんな時も空回りしている。「ダメだな。なのに、なんで自分は前を向けているのだろうか。」そんなことを考えたので、自分の周りでは何が起こっていたのか、もう少し広く見てみることにしました。「理想の主将像はあるかもしれないけど、いつもの雅弥も含めて主将に選ばれたんだよ。」「冷徹で残忍なのは雅弥じゃねぇ。優しい涙流すぐらいのお前でいい。」「難しい立場なのはよくわかるから、なんかあったらすぐ言ってね。」辛い時、こんな優しい言葉をかけてくれる仲間が常に隣にいてくれました。もっとチーム全体を俯瞰して見てみると、毎日必死に練習して、頑張り続けている後輩達、選手に寄り添い、毎日サポートしてくれているマネージャー、日本一という目標に向かって試行錯誤していただいたスタッフの方々、仲間の為に頑張ってきたはずが、自分が1番仲間に助けられいました。せっかくなので、そんな大切な仲間と先輩方にメッセージをSぎやまさん4年間色々ありましたが、どうやら部屋っ子はアチィ男になれそうです。最後のインカレ日本で一番アチィ男になってきます。Aきおさん自分はダメな主将だとよく言われていましたね。僕にとってはいつでも最高の主将でした。Aきおさんが残してくれた想いとこのチームで最後まで頑張ります。Rゅうじさん第一印象は先輩に敬語使わないヤバい人だったのに、今では一生ついていきたい先輩です。去年は一緒に泣こうと言ってくれたのに、僕だけ辛い涙を流してしまいました。今年はRゅうじさん泣かせますよ。期待しといてください。1年生みんなは本当に笑顔がよく似合うな。どんなに苦しい練習でも、暗い顔せず頑張ってるみんなのおかげで、チームが明るくなった。これからの水泳人生、辛いこともいっぱいあると思う。でも、みんなならきっと大丈夫。持ち前の笑顔で、最高の4年間にしてね。まずはみんなにとって最初のインカレ、全力で楽しんで!2年生一人ひとりが強くて、そして水泳大好きな代。1-3の関係ってこともあり、嫌なことも言ったな。ごめんね。でも、みんなは本当に可愛い自慢の後輩達や。今年のインカレもみんなの強さを見せてほしい。期待してるぞ、エース達。3年生みんなは本当に仲いいな。楽しそうにはしゃいでるところを見てると、俺まで楽しい気持ちになる。最上級生になると、色んなことで辛いことがあるかもしれない。でも持ち前の仲の良さで乗り越えていけるはず。最上級生になったらKえで中心に良いチームにしてね。まずはインカレ。今年も思う存分、大暴れしてね!同期本当に色々あったな。同期会できなくなるし、よくチームからいなくなるし。でも、なぜか良い思い出しか出てこないや。そして、こんな頼りない主将をここまで支えてくれてありがとう。みんながいなかったらチームはここまで大きくなれなかった。最後のインカレ、全員が笑って終われるように頑張ろうな。インカレ終わったらちゃんと同期会しような。感謝の言葉はそこまで待っててね。ここでは書ききれなかった先輩方、両親、監督方への感謝とメッセージは全てが終わってからで。仲間とは何か、僕の尊敬する人がこう言っていました。「目指す目標は違くてもいい。仲間とは、一緒に笑って時には支えあって、互いが互いを信じあえるようになる。そんな存在だ。」まさに今のwustは僕にとってそんな大切な存在です。じゃあ自分は最後に大切な仲間のために、何ができるだろうか、、、自分の理想の主将にはなれなかったけど、山口県で見た先輩のような紳士でカッコいい選手にはなれなかったけど、日本で一番、凛としたカッコいい先輩方の想いを受け継いで日本で一番かわいくて強い後輩達のおかげで日本で一番熱い監督方のおかげで日本一の同期と結闘できたから理想を超越した最高のチームができた。 全員で日本一に挑戦しよう。最後くらい、主将らしく先陣切ってみんなの道を切り開くから。頑張るけん、みとってな。DARE次はKじまさん

  • 01Oct
    • Wの画像

      W

      W 早稲田皆さんお久しぶりです、4年のMきのです。最後のいにしゃるらしいです。これまでアップされた同期のブログはこんな文章は自分には書けないなあ、とか1年生の頃懐かしいなあ、とかこんなこと考えてたんだな、とかいろんなことを思いながら時にはエモい曲をかけて夜一人ベットに横になって読んでいました。(そして考えすぎて寝れなくなるというループ)いやあ、なんだかんだみんな同期愛溢れているじゃないか。(誰)インカレに向けて1つになっているのがとても嬉しいし、楽しいし、続いてほしいなって思ったり。でも、インカレでみんなの泳ぎや勇姿を見ることが楽しみでもあったり。少し複雑な気持ちでいます。先に言っておきますが、私はインカレ後も競技続行する予定です。なので同期のみんなとは違う思いもあります。でも、最後のインカレであること4年間の集大成として挑む想いは同じです。チームスローガンDAREの『R』『Radiance』は【輝き】個性豊かな皆が自分らしく輝き、認め合いながらそれが合わさっていいチーム作りたいねってそんなことをシーズンの初めに同期で話し合いました。時には個性が衝突することもあったけれど、みんなで悩んで考えて行動してつくりあげたこのチームが私は大好きです。様々な見方考え方を持っていたり、親身になって考えてくれたり、それぞれの輝きを持つ同期の存在によって見失っていた自分自身の価値や意味を見出せたこともありました。たくさん支えてもらいました。そんな経験をさせてくれた、この環境や出会いに感謝しています。最後みんなの輝きが集まったら、分厚い雲なんか一気に突き抜けて、綺麗な虹を見せられる。そう確信しています。WUSTのみんな月1回直接会えるか会えないかの頼りない女子主将だったかもしれませんが、ここまでついてきてくれてありがとう。最後に、みんなで目標を達成したいです。男子は総合優勝女子は総合4位以上チームを、自分を信じて目標達成のために全力でやりきろう。インカレの応援そしてこれからのWUSTをよろしくお願いいたします。ありがとうございました!DARE次は4年ラスト Mさや

    • DKの画像

      DK

      D 出会いにK 感謝こんにちは4年のFるはたです。いよいよ10月に入り、インカレまで残り1週間を切りました。日数が近づくにつれ緊張と楽しみな感情が入り交じる中、最後のいにしゃるトークの順番が来たので今の気持ちを文章にしてみました。4年間を振り返ると多くの記憶が蘇ります。これまで関わっていただいた皆さん、大変お世話になりました。そして楽しいこと辛いこと含め、たくさんの思い出をありがとうございました。色々なことがありましたがあえて...多くは語りません。ただ言えるのは「早稲田に入って良かった」この一言に尽きます。インカレに向けて困難な課題に直面することは多く何回も挫けそうになりましたが…多くの人の支えがあり、何とか踏ん張りをきかせ今までの努力を無駄にしたくないという想いからここまできました。そして全てを懸けて結果を残すための最高の準備をしています。この大会は今までがそうだったように4年生の活躍がチームに勢いを与えます。集大成として「想いのこもったラストインカレ」見ていてください。以上簡単ではありますが最後のいにしゃるトークでしたDARE次はHろこ

  • 30Sep
    • KIの画像

      KI

      K 心の言葉をI  今みんなにおはようございますこんにちはこんばんはおやすみなさい最後のいにしゃるとーくになりました4年のKーきですいやぁ、最後になりました!!ほんとに、最後です。笑どんなことを書こうか迷っていたのですが、特別なことは書こうとはせず、いま心の中にある言葉を皆さんに届けようと思いました。それで、もしそれがみなさんにとって何かの特別になれたのなら嬉しいです。そういった意味を込めて、ラストいにしゃるの題名はご覧の通りになりました。それでは早速いきたいと思います……がまず初めに、いにしゃりあんの皆さん、僕のこと分かりますか??笑笑大学4年生にもなれば顔ぐらい理解いただいていると思うのですが…僕は、これです。あ、違う、若すぎる。これです。これです。あ、やべ。名前:田中航希年齢:22歳出身地:埼玉県好きなもの:TWICE、サムギョプサル、スイーツ性格:簡単にいうと3歳児+22歳+80歳の性格ラストいにしゃるにして、怒涛の自己紹介をする時点でかなりおかしい人です笑。まぁ、最後の最後に、僕のこと知ってください笑結構しんみりしちゃうラストイニシャルなので、思い切って違うことやってみました!が、次からは結構内容のあるものに移ります。みなさんお気づきかと思われますが、僕は文章が長いです笑。なので、軽く読みたい人はベットで寝転びながら読んでみてください(そこのあなた)。真剣に読みたい人は、一度深呼吸してからどうぞ。まずは大学水泳のことについて。先にお話しすると、僕はインカレを迎える前の6月に自ら競技人生に終止符を打ちました。なぜインカレを迎える前に引退することになったのか、引退を決断した時に思ったことなど、僕の大学水泳と絡めながらお話しできたらと思います!なぜインカレを迎える前に自ら引退することを決意したのか。それは「泳ぎたいのに泳げない身体になってしまった」からです。泳げない身体と聞くとどこか内臓のような内部に異常があったと思われるかもしれませんが、僕の場合はこころでした。こころに異常が見つかったとき、自分の中でもチームの中でもまさにインカレや早慶戦に向けた強化の真っ最中でした。自分の意志としても強い覚悟をもってシーズンを過ごしていて、最後のインカレで思う存分活躍したいと意気込んでいました。しかし、突如として現れたのが「目標に向かって頑張ることの怖さ」でした。気づいた時にはどんなに簡単な練習内容でも全く泳ぐことができず、陸上のトレーニングでは準備体操だけで息が上がってしまい、終いにはみんなよりも早く練習を切り上げる日々の連続でした。インカレに対する目標は明確であり絶対成し遂げたい気持ちが強かったため、泳げないことに対する不安や焦りからか人に当たってしまうことも多かったです。その節はごめんね。そして、身体のどこかが悪ければそのせいにできる、と思い病院の内科にてあらゆる検査をしました。しかし、何の異常も見つからず、逆にすごく怖くなったことを覚えています。それは、つまりメンタルの問題になると思ったからです。メンタルって自分でコントロールができる分、それができない自分にすごく腹が立ったのだと思います。それでも、「こころと体は一緒。練習ができなくなるくらい体は悪くなっているんだよ」と教えてもらい、やっとそこで「こころの異常」を認められた気がします。そこからは無期限の休養をお願いし、実家に帰省しました。そして、1ヶ月半の休養を経て競技引退を決断しました。引退を決断した時、僕の中には2つの理由がありました。ひとつは、タイミングの問題でした。今後泳げる身体になれるかわからない状況が大きな不安要素でした。おそらく暫く休んだらきっとまた泳げるだろうとは思っていましたが、泳ぎながら「目標に向かって頑張ることの怖さ」は泳いでいない時期もずっと消えないままでしたし、自分事として水泳を捕らえたときに身体が強張るのが分かりました。ラストシーズンという重要な局面において、いつになったら泳げる身体になるかわからないというのは、タイミングの悪さが大いにあり、それが引退を決断する理由のひとつでした。そしてもうひとつは、こっちの理由の方が自分にとってもっと大きいのですが、チームに戻りたいと思ったからです。僕の大好きなチームに。自分自身が休養している間もチームは変わらず毎日練習が続いていて、大会のためにハードワークをこなし、月1回の学外の選手も合わせた合同練習も重ねていて、なんならチームの状況は好転していっていて、それを携帯の画面越しに見つめる日々を過ごしていました。自分がチームに入れないことの悔しさと申し訳なさは心の中にずっといました。そんな中でも、チームにいない間に連絡をくれる学生が多くいて、詳しい状況は聞かずに「元気ですか」の一言をくれました。それがどれだけ有難かったか。みんなの優しさにも触れることができました。そして、ある時、携帯の写真フォルダを見返した時がありました。そこには同期や後輩との写真がたくさん……。笑っているみんなと自分の写真がずらっと並んでいたんです。その時にふと気がつきました。「自分の居場所はここだな」と。みんなと切磋琢磨しながら練習の日々を繰り返し、寮ではご飯を一緒に食べながら、部屋で一緒にくつろいだり。その一瞬一瞬が愛おしく感じました。その思いが強くて、早くチームに帰りたいと思うようになったことも要因でした。それでも、引退を決意するとき「本当にこのままで終わってもいいのか」「もう少し頑張ってみてもいいのではないか」と感じたことも確かにあります。しかし、ここまでよく「頑張った」と言える自分が確かにいました。誰に何と言われようと頑張った。強い自分じゃなく、いっぱい失敗して、たくさん落ち込んで、また前を向いて、田中航希らしく頑張った。一番得意とする200の自由形では、大学1年生の初レースを除いて、全てが自分自身の中3の記録より遅かった。それでも挫けることなく、たくさんの人の力を借りて、先輩後輩の姿を見て勇気づけられ、同期とたくさん鼓舞し合って、何度も何度も前を向いて頑張ってきた。そう胸をはって言えることがとても誇りに思えました。「あぁ、自分はこんなにも頑張ってきたんだな」と。この思いがあったおかげで、将来後悔したとしても、今の自分はこの「競技引退」という選択肢を納得することができると自信を持って言えました。こんな感じで競技引退を迎えたわけですが、水泳部の引退はすることなく、今はマネージャーです。以前の選手として目標は達成することはできませんが、マネージャーとしてみんなの目標を達成するためのサポートができるようになりました。今の目標は、インカレでみんなを輝かせることです。結果はみんなが狙っているところで、それによって勝敗が分かれることもわかっています。ですが、僕は結果だけが全てではないと思っています。大会の会場でどのような行動をするか、チームとしてどのように戦っていくか、みんなでどんな言葉をかけていくか。目標に対する経緯もすごく重要だと思います。全てにおいてみんなを輝かせることが僕の目標です。みんなと笑顔で楽しんでインカレを終えられるように、あと残り少ない日数を精一杯がんばります。ここまで、大学水泳を振り返ってでした。ちゃんと長い。すいません笑。次に、これまでお世話になった方々に感謝の思いを綴りたいと思います。両親へ2人のながーいながーい水泳人生おつかれさま!お兄ちゃんの頃から考えると軽く20年ぐらい水泳と向き合ってきたと思うけれども、あと少しで田中家の水泳人生も終わっちゃうね。寂しいね。俺は小さかった頃、兄姉の全中やインターハイについていくだけだったけど、大きくなるにつれて俺が全中、インハイ、そしてインカレまで出るようになってびっくりだね笑。ここまでいろいろな経験をさせてくれてありがとう。たくさんの経験を積むことができました。思うようにいっていた時期も、逆に思うようにいかない時期も、一緒に乗り越えようとしてくれてありがとう。一緒に喜んでくれて、一緒に悲しんでくれて、ずっと味方でいてくれて嬉しかったです。ありがとう。単身赴任をしている間もずっと大会に駆けつけてくれたね。俺のためにと栄養の資格をとってくれたね。本当にありがとう。本当ならば、最後のインカレでメダルを取って一緒に喜びたかったけど、叶えることができそうにないや。最後の最後に帰省をして、たくさんの心配をかけました。3人で話したあの夜のことは一生忘れることができません。最後に、俺は自分の名前の通り「希望を持って航海する」ことができていましたか。2人がよしとしてくれていたら嬉しいです。あと少しの間、見守っていてね。お兄ちゃん、お姉ちゃんへ3人で飲みに行けたのが嬉しかった笑笑。昔は仲良くしてくれなかったのに!今はたくさん支えてくれてありがとう。終わったら飲みいこーぜ。あと、引退祝いに研究で使うためのiPadが欲しいです(切実)。チームのみんなへチームに帰ってきたとき、急に選手を引退していてびっくりしたと思う。誰にも相談することなく1人で決めてしまいごめんなさい。競技を引退した自分は、泳がない自分はチームに必要とされるのかすごく心配だった。それでも、「帰ってきてくれて僕は嬉しいです」「おかえり」「おかえりなさい」「会いたかったです」とたくさん言ってくれて、やっぱり自分の居場所はここだなと思ったよ。本当にありがとう。チームレクの時、対面やzoomに関わらず、つまらなかったかもしれないけど最後まで参加してくれてありがとう。みんなが楽しそうにしてくれる姿がすごく嬉しかったです。みんなのことが本当に大好きです。インカレまで一生懸命にサポートするので、一緒に楽しもう。同期のみんなへCなつがいない…揃って写真撮りたいな…たくさん迷惑かけました笑!それでもずっと支えてくれてありがとう。みんなのことを支えたいと思っていたけど、うまくできなかったや。たくさん言い合ったこともあったし、分かり合えなかったこともあったけど、それでもみんなとなら乗り越えていけると信じてやってきた。今思うことは、みんなを信じてやってきてよかった。俺もCなつと同じく、同期LOVEです笑。そして、もうすぐインカレだね。この大会で引退する選手が多くいるのであえてこの言葉を送るけど、「燃え尽きてください」。何かを燃やしたら、普通に燃えている時よりも最後の最後に燃え尽きる時の方が炎の光は増すんだよ。だから、みんなには最後の燃え尽きを全力で表現してほしい。そして、同期全員で一生懸命に輝こうね。どの大学より、どこのチームより、どんな状況でも、俺たちらしく輝こう。俺らが輝けば、後輩に虹をかけることができると思うよ!3年生へ個人的にすごく感謝している代です。みんながいなかったらおそらく自分は笑っていなかったと思う。ありがとう。もうすぐ最上級生だね。心の準備はできているかな??みんなのまとまりがこれからどう化けるのかこれから楽しみにしています。それから、君たちはもう強い。弱い子なんていない。一人ひとりがかっこいい。何にも負けず、みんなの方法で強くあってください。2年生へ俺に親しみを持って接してくれて、何でも話してくれて、たくさん甘えてくれてありがとう。みんなと対等に接していたからかな?、友達感覚の子が多かったね笑。それでもね、みんなといると心がすごく落ち着くし、心強かったよ。本当にありがとう。みんなは何でも切磋琢磨し合える仲間だと思う。これからも更なる高みを目指してください!1年生へかわいい…初々しい…NおきとYーすけがいない…とんでもなく可愛い。これに尽きる笑。みんなと半年の間しかチームとして関わることができないのがすごく残念です。そのぐらい、みんないい子で、大好きだわ。これから苦しいことだけじゃなくて、楽しいこともたくさん待っています。その全てを全力で楽しんでください!先輩方へ「これからの早稲田の自由形を引っ張っていくのはお前だ」という言葉をいただくことが多く、それを胸に一生懸命頑張ってきました。悔し涙を流しながら「来年の8継は頼んだ」と言ってくれたことも覚えています。でも、本当にごめんなさい。選手として早稲田の自由形を引っ張ることはできませんでした。マネージャーではありますが、最後の最後まで先輩たちのような背中を追い求めながら、頑張りたいと思います。そして、生意気な僕を見捨てることなくずっと可愛がっていただきありがとうございました。スタッフの方々僕はお三方ともある一定期間みっちりとお世話になり、部員の中でも珍しかったと思います。たくさんのわがままを言いました。何を考えているのかわからなかったこともあったと思います。それでも、速くしようとたくさんアドバイスをしていただき、苦しい場面もたくさん檄を飛ばしていただきました。マネージャーになってからも見捨てることなく、最後までご指導いただきありがとうございました。残り少ない期間も成長し続けられるように頑張ります。マネージャーのみんなへ俺も写ってるんだよ…マネとしての経験年数が一番低かったにも関わらず、たくさんの意見を出したと思う。それに賛同してくれたり、俺のマネとしての存在を肯定してくれたことが何よりも嬉しかった。本当にありがとう。マネをやってみて思ったのは、マネのきつい事は選手と全く違うけど、面白さも選手と全く違う。その経験をみんなとできて、心の底から嬉しく思うよ。そして、マネの後輩たち。悩むことは全く悪くないと前言ったの覚えていますか?言葉のままだけど、たくさん悩んで、たくさん意見のぶつかり合いをして、最高のマネになってください。KとみとAりちゃんがそうであるように。期待しています。同期の保護者の方々へ我が子のように僕を応援をしてくださりありがとうございました。皆さんの応援が力となりましたし、保護者会でのご支援もありがとうございました。最後のインカレも無観客となり直接の応援はできないと思いますが、さまざまな形での応援をもうすでに受け取っています。必ず同期全員で頑張ってきます。最後まで応援よろしくお願いいたします。最後に、自分へ今までの水泳人生どうでしたか?楽しめたよね。なんだかんだいろいろあったけど、今となって楽しいと思えていることが何よりも最高だね。たくさん悩んで、たくさん楽しんだおかげだよ。早稲田のチームにいると、この一瞬がずっと続けばいいのにと思う場面に何度も出会ったと思う。それは本当に誇りに思えることだよ。みんなに感謝したいね。水泳人生も残り少ないね。だけど、まだできることがあるよ。まだまだ成長できる。かけがえのない大好きなチームのメンバーと共に進もう。いっぱい楽しんで、いっぱい輝こう。がんばれ自分。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。これで僕のいにしゃるとーくは終わりになります。いにしゃるとーくをご拝読の皆さん、変わらずこれからもWUSTの応援よろしくお願いいたします。本当に3年間半、ありがとうございました!DARE次はKいき!

  • 28Sep
    • UTEの画像

      UTE

      U 運T とE 縁みなさんこんにちは遂に最後のブログとなりました4年のDいすけです毎日続く同期のラストブログに胸が熱くなる一方でみんないろんなことを考えててすごいなーって思いました僕なんてかなりのテキトー人間なのでなるようになるなんとかなんだろなんとなくこれがいいみたいな、割と自分の直感を信じて生きてきました。何も考えていないのか、ある意味でポジティブなのかよくわかりませんがこんな性格なのに、同期のみんな、3年半仲良くしてくれてありがとうと引退を意識した数ヶ月前から大学生活で一番長く関わってきた同期への感謝の気持ちが芽生えてきました。遅いか。。こんなやつなんで、これから書くこともなんとなーくスクロールしてなんとなーーく読んでいただけるとありがたいですまあ、早稲田大学も言ってしまえばなんとなく かっこいいからなんとなく 楽しそうだから  で選んだわけで、高校までなんの成績も残していなかった僕は、運良く選手として水泳部に入れたにも関わらず、3年生の4月までにジャパンオープンを切らないと選手をやめなければいけないというルールもなんとかなんだろって思ってました。ですが、、、今思い返すと、「なんとかなる」ことは全くありませんでした。入寮して環境が180度変わって、知らない間にストレスは溜まるわ、高校まで両親の心のこもった栄養満点のとっても美味しいご飯を毎日お腹いっぱいになるまで食べていた僕は自分にとってはめちゃくちゃ少なかった寮食で、栄養を充分に補えずに、2ヶ月で5キロ痩せるわ(燃費の悪い自分の体にイライラしました)なんか肩痛くて、思い通りに泳げなくて、200でベストプラス5秒くらいかかるわ 入学半年間は、まさに負の循環を生み出してしまってました。イライラしすぎて坊主にしました。カリカリですよね。痩せてました。さらに初インカレでサポートとしてチームに関わる中で、オレは何してんだろ、こんなにもアツくなれる試合で活躍したい、そう思い、自分の情けなさにイライラしました。そして。1年生の終わりには副務になることを告げられていた僕は、主務になる未来を想像し、主務をしていた先輩方の忙しそうな姿を見て、ほんとに選手やめなきゃいけないのかなと思ったこともありました。その頃からようやくやばいんじゃねって焦り始めた僕は、速くなるためにいろんなことを考えました正解はない水泳というスポーツで、速くなるためにはいろんなことをやってみるしかないなそう思い、体づくりから、食事、泳ぎの改善、オフの過ごし方、などなど、いろんなことを試したし、早稲田という環境にも力を借りて同期や先輩にアドバイスを求め、スタッフの方々からのご指導の意味もひたすらに考えました。はじめの方はうまくいかないことが多かったけど、だんだんと自分のペースをつかんで、タイムが少しずつ動き出していきました。そしてなんとか、2年生のWンターカップで、人生初の日本選手権を突破することができました。この時初めて、ようやくWUSTの一員になれた気がして、嬉しかったです。苦労話はこの辺にしてタイトルの「運と縁」について少しだけ水泳人生に終わりが見えてきたここ最近、もしあの時違う選択をしていたら今頃どーなってたかなと考えることが多くなった気がします。もし水泳じゃなくて相撲やってたら、とか、付属の高校だったのでそのまま大学に行ってたら、とかでも、今の自分がここにいるのは、何かの運だったり、何かのご縁なのかなと昔、誰かに言われたことを最近思い出します。「チャンスは誰にでも平等にくる。運も縁も。それを逃さずに掴み取るには、日々の努力を惜しむな。」結局は自分次第ってことですかねいい波がきていつでも乗れるように普段から準備しとけってことですね早稲田大学に入れたのは勉強もまあまあがんばってたし、水泳も全然結果は出なかったけど、高校まで腐らず取り組んでた。だから、早稲田に入れるかもという「運」をモノにできたそして、早稲田で訪れた様々な「縁」のおかげで、チームメイトやスタッフの方々、OBOGの方々、さらには他大学まで繋がりを作ることができ、本当に貴重な経験と学びを得ることができました。競技者として、日本トップスイマーと一緒にハイレベルな環境で練習させてもらったことひたすらに息が苦しかった記憶しかないです1年生の仕事で横のつながりの大切さを学んだこと表に立つ人のために、支えてくれる人たちがいるということ(早慶戦の運営に携わった時にひしひしと感じました)巨人に見えるそして何より、頑張ってきたことを結果に結びつけることがどれだけ大変で、そして達成できたときは、どれだけ嬉しいかということここで経験した、楽しかったこと、嬉しかったこと、悔しかったこと、辛かったこと全てが僕の人生の財産です本当にありがとうございました。この場を借りて感謝を伝えたい方たちがたくさんいます。すみません、もう少しお付き合いください。同期へ※決して悪いことしたからこんな髪型になっているわけではありません。水泳を始めたばっかりの小学生の頃からの関わりがある同期もいて、同じ大学で同じチームになるとは思ってなかったから、これも何かの縁なのかなって一緒のチームになれた時はすごく嬉しかった。あとはみんな同世代で名の知れた名選手ばっかりだったから、自分は置いてかれないように必死で頑張った。本当にいろんなことがあったけど、みんなが同期で本当によかったと思ってます。ありがとう。最後まで一緒に頑張ろう。そしてこれからもよろしく。先輩方たくさん可愛がってくださり、本当にありがとうございました。入部当初の僕は全く速くないし、何もなかったので、うまくやっていけるかどうか不安でしたが、先輩方と毎日競い合って、いろんな話をして、いろんなこと(いいことも悪いことも)を教わったおかげで、大学水泳がとても楽しかったです。結果で引っ張ってくれた先輩方の背中を目標にして頑張ってきました。そして、自分のことのように悩みを聞いてくれた先輩、自分の想いを託してくれた先輩方のお陰で、最初で最後のインカレの出場権を得ることができました。ラストインカレで成長した姿を見せられるように全力を尽くします。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。後輩へ理想の先輩とは程遠かったけど、自分なりに先輩したつもりです。笑笑君たちと一緒に、選手もマネも関係なく、練習できたことは一生の思い出ですありがとう。インカレに出る選手は自分のレースを存分に楽しんでほしい悔しい思いをした選手は、チームメイトが泳ぐ姿を目に焼き付けてほしいそして自分がその舞台で泳ぐイメージを持って一緒に戦ってほしいその経験が絶対に来年に活きてくると思います。コロナとか色々落ち着いたら飯でもどこでも行こうスタッフの方々無名の僕を水泳部の一員として受け入れてくださりありがとうございました。3人のスタッフの方全員のご指導を受けることができた僕は幸せ者です。後先考えずふざけてばかりで、たくさんのご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。最後のインカレで水泳人生のベストレースをします最後までよろしくお願いします。マネージャーの皆さん普段のタイム計測とかデータまとめとかだけじゃなくて、本キャン1限の時の早朝練習の対応ありがとうございました。朝5時にプールに来て、めっちゃ眠い思いをさせてしまってすみません。笑僕はそんな早起きは人のためにはできません。マネージャーさん達の支えがあったからこそ選手として頑張れました。ありがとうございました。 そして最後にお父さん、お母さんここまで水泳を続けさせてくれてありがとう。小さい頃から水泳を続けてきて、結果が出ないことだらけだったけど、早稲田の水泳部に入れてくれたおかげで、こんなに成長できました。お父さんからは、アスリートとして、人として大切なことをたくさん教わりました。お母さんはいつも応援してくれて、いっぱい支えてもらいました。当たり前だけど当たり前じゃない家族の支えが僕にとって1番大切なものだったということを最近、ようやく、気付きました今まで迷惑ばかりかけてごめんなさい。本当にありがとう。2人が描いてた水泳選手にはなれなかったかもしれないけど、最後まで全力で泳ぐから見ててほしい。社会人になったら恩返しします。(学生の間は、もう少しよろしくネ)お礼を伝えたい人たちはもっともっとたくさんいます。体のメンテナンスをしてくださったトレーナーの方々。肩を痛めた時に、毎週リハビリに通い怪我を良くしてもらい、ベストが出るようになりました。他大学でも面倒を見てくれた先輩、ライバル、友達、水泳を通した多くの出会いは僕の宝物です。高校までの学校の先生、高校まで通ってたクラブチームのコーチ、色んな人からの教えがあったからこそ、大学での自分があったと思います。こんなにも多くの、素敵な人たちとのつながりを持てた僕は本当に幸せ者です。本当にありがとうございました。なんとなくで決めた自分の直感を信じて、早稲田大学水泳部に入って本当に良かったです。いよいよ最後のインカレ。僕にとって、泣いても笑っても本当に最後のレースになります。僕の水泳人生全てを懸けてレースに臨みます。早稲田は最高のチームです。応援よろしくお願いします。これで僕のラストブログは終わりにします。長い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。読者の皆さんは、今後もこれからの後輩たちの活躍を温かく見守ってあげてください以上!!!DARE次は〜Kうき〜〜

    • SHAの画像

      SHA

      S 素敵なH 日々をA ありがとうこんにちは!4年マネのSいけです!!遂に最後のいにしゃるとなってしまいました…😭私のラストいにしゃるをご覧になってくれている方がどのくらいいらっしゃるのかは分かりませんが、もし高校生だった時の私がこれを読んだらどんな風に思うんだろうかと考えながら書いております。笑私は高校生の時、早稲田大学に入学して早稲田大学水泳部のマネージャーになりたいと決めたあの日から、現役受験生の時も浪人時代もずっとずっといにしゃるトークを読み続けてきました。今まで読者だった私がいにしゃるを書く日が来るなんて…!!と感激し、初投稿の下書きをせっせと書いていた日の事今でも覚えています。笑そんな時から早4年が経とうとしています。あっという間だったな〜でもすごく長かった。言っていること矛盾してますが、今の私の気持ちを言葉で表すならこんな感じです😂4年間の募る思い出を語り出したらとんでもない量になりそうなので、このいにしゃるだけで全てを語ることは難しいですが、ほんっっっとうに色んな事があったし、貴重な経験も沢山させてもらいました。↑フラッグスタッフで行った高地合宿↑学連のお手伝いで参加した東京五輪これからWUSTに入りたいと考えているいにしゃりあんの方々がこれを読んでいたら不安にさせてしまうかもしれないですが、正直なところ、楽しい事や華々しい事ばかりではありませんでした。なんで私はこんなに失敗ばかりしてしまうのだろう、手際が悪いんだろう、と悩んだこともあれば、コミュ力が低過ぎるせいで誤解もされがちで、シンプルに人間関係で悩んでいたこともありました。また、かなり人見知りなので、入部したての頃周囲に馴染めない事に悩んでいた時期もありました。こんな性格のせいでチームに馴染めないのなら、いっその事キャラを作ってイケイケ系でいってみるか?!と血迷った時もありましたが、当然のことながらそんな事できる訳もありませんでした(笑)でも、そんな私をチームの一員として馴染ませてくれ、支えてくれたのは先輩や後輩、同期です後輩や同期ともっと仲良くなりたくてもなかなか積極的に話しかけられず、かなりチキり気味の私にも「Aりちゃ〜〜ん!」とか言ったりしてちょっかいやらイジリやらをしてきてくれるお陰で、(↑誕プレに身長伸びるグッズ沢山もらった図)色々と難ありな素の私をみんなが受け入れてくれた気がして(気がするだけじゃないよね、、??汗)入部してから今日までちゃんと「素の自分」でいられる事ができました。マネージャーは選手を支える事が1番のお仕事ではあるけれど、私の方こそみんなから沢山支えられていたんだという事を、この文章を書きながら改めて実感しています。マネージャーとして、下級生として、上級生として、学連として、チーフとして活動してきたこれまでの日々を振り返ると、やっぱり入部して良かった。憧れだったこのチームの仲間になる事諦めなくて本当に良かった。(wustの一員になる為に、1年間浪人をしました。詳しくは過去の投稿をご覧下さい。笑)と強く思います。歳を取ると話が長くなるとはよく言ったもので、思い出話や苦労話を長々と書きまくってしまいましたが、最後にメッセージだけ残させて下さい🙇‍♂️(歴代のラストいにしゃる読むたびに、私もこれ少し憧れてました。笑)まずは【先輩の皆様】へっぽこマネな私を引退まで鍛えて下さりありがとうございました。タイムを間違えたり、サークルを間違えたり、初インカレの朝に寝坊してきたり、、本当に不安しかない後輩だったと自覚しています。偉大な先輩方が引退されてからというもの、当然ながら自分の受け持つ業務にかかる責任も大きくなり、相変わらず四苦八苦してばかりではありましたが、今なら少しは成長した姿をお見せする事ができるんじゃないかと、思ったり、思わなかったり、、😳開催まで残り9日に迫るインカレでは、成長した姿を披露する気持ちも込めて精一杯頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。【後輩のみんな】歴代の先輩方のような威厳もないし、サークルたまに間違えるし、、声高いし、、、←頼りなく感じることも多々あったと思います。私はあんまり自分から後輩に話しかけられるタイプではないので、最後の最後まで親密にお話しできなかった子も多分いるよね🥲今更ながらにはなってしまうけど、感染症対策の一環でグループ別の練習になってしまって、ただでさえ顔も合わせられない人達もいる中で、きっとここぐらいじゃないと伝えられない気がするから書いておきます。本当はすごくみんなとお喋りしたり仲良くなりたいなって思ってました。いやほんと今更過ぎるよね。笑でも日頃から、みんなの水泳に対する真剣さとか、仲の良さとか、時にはたわいもないおふざけとかから、私自身も常に元気をもらっていたし、そんなみんなを私も支えたいっていう大きなモチベーションの1つになっていました。残りあと少し。みんなを勝たせるマネになれるようにまだまだ私も成長するので、一緒に頑張ろう!🔥【スタッフの方々】今までありがとうございました。3年生で学連となり、1つ上のAやさんが引退されてからは、チーフマネと学連を兼任する中で、スタッフの方々には沢山のご迷惑やご心配をおかけした事もあったかと存じます。そんな時、いざと言うときには手を差し伸べて助けて下さったこと、本当に感謝しています。歴代の学連やチーフに比べたら私はへなちょこ中のへなちょこだったと思いますが、こんな私を最後まで見捨てず見守って下さりありがとうございました。言わずもがなではありますが、次期学連・チーフのHせは非常に優秀ですので、ご安心いただければと思います。笑本当にお世話になりました。【同期のみんなへ】初めに一言。みんなの同期になれて良かったです。私たちの代は、「不仲」とか「ビジネス仲良し」とかまあよく言われていたね。笑でもこう言われるようになってから私は「仲が良い」の概念って何?ってよく考えるようになりました。ただ単に喧嘩しなくて、わいわいと一緒に集まって遊んだりする事だけを指すのであれば、それは「仲の良い同期」というよりはただの「仲良しクラブ」だと私は思います。私たちの代、他の人達もよく言うように変わってる人が本当に多い。個々の個性が強いし、個々の芯も強い。あとコミュ力低い人も多い。笑(私も含めて。特に私)だからこそぶつかるし、各々で沢山喧嘩もしたでしょう。でもそれはチームをより良くしたかったり、不器用ながらも「同期として」何かを伝えたくてもがいた結果だと私は思います。まどろっこしい言い方したけど、結論、私たちはなんだかんだ言って仲良いんだと思います。時には相手を案じて一線を引いてみたり時には意見をぶつけてみたり、そんな試行錯誤ができたのは個々の色が強いみんなが同期だったからです。くっさいこと言いますけど、インカレではみんなの虹🌈を輝かせましょうね。最後に【お父さん、お母さんへ】「Wせだ大学に入学して、Wせだ大学水泳のマネージャーとして選手をサポートしたい。」そんな私の夢を最後まで応援してくれてありがとう。一人っ子な訳でもないし、ただでさえ私立大学はお金がかかるのに、浪人までさせてもらって、おまけに水泳部の朝練には不便だろうと一人暮らしの費用まで出してくれて、時には実家⇆所沢キャンパスまでの往復6時間の道のりを車で送り迎えしてくれたり、普段は面と向かって言えないけど、頭が上がらないくらい感謝しています。本当にありがとう。これは私が浪人を決めた日から言っている事だけど、この御恩はハワイの別荘🌴でお返しするので、絶対待ってて下さい。笑大変長くなりましたが、この辺りで終わりにしたいと思います。ここまで読んで下さりありがとうございました!!😭最後のインカレ、全力でみんなの事支えます。今までありがとうございました。みんな大好きです。✨🥇DARE🥇✨次は、Dすけ!

  • 26Sep
    • TNの画像

      TN

      T…ツンデレではN…ない。お久しぶりです。Cなってぃこと、SとうCなつです。久しぶりのいにしゃるトークですが、同時に最後のいにしゃるトークです。みんな、感動すること書いてるなあ、と同期の記事をまるで他人事のように読んでました。直球に言います。私には書けません(笑)文章力がないどころか語彙力もない。自分の気持ちとかを言語化できない人間です。人の頭の中を覗けるようになったりしませんかね。そしたら私の頭の中をみんなに大公開できるのに。そんなわけでダラダラとおしゃべり感覚で書いていきます。さて語彙力の無さが致命的な私ですが、実はもう一つ、大きな欠点があります。それは、『人の顔と名前を覚えるのが超絶苦手』ということです。本当に酷いです。高校3年間同じクラスだった人の名前、覚えられずに終わりました。あの時のクラスメイトよ、すまんな。そしてこの欠点が何に繋がるかと言いますと、『同期を覚えられない問題』に繋がります。さすがにもう覚えてます。なんなら仲良しです。本当です。一方通行じゃないよね…?仲良しだよね…?でも、まあ、正直に言います。1年生のシーズン終わりまで全員、覚えられませんでした!!!!みんな、ゴメンネ…ゴメン…実は、この欠点が入学・入部の時の1番の不安要素でした。さらに人とのコミュニケーションも苦手なものだからKうき、Hろこ、Iっくん(Iくま) 以外と仲良くなれる自信が 全く ありませんでした。(3人とはもともとお友達だった)でも、同期のみんなはね、個性的で曲者でなかなか面倒な人間の集まりだけど(自分含めて)根が良い人ばっかりでして。なんだかんだ仲良くなれました…(笑)本当に良い人たちです。私は同期に、人に、恵まれました。自分のことを最優先で考える割と自己中心的な人間の私ですが、同期のみんなは周りのことも考えられる人間で、みんな、芯が強く、自分を持っていて。私は彼らを心の底から尊敬しています。速いとか結果を出せているとかそういうのではなく。選手とかマネージャーとか関係なく。『強いな』と。思ってます。あとあと、同期のみんなはね、賢いんです。勉強が出来る出来ないとかではなく。本当に、賢い。頭が良いんですよ。考えられる人間なんです。…たまにスイッチオフにしてやらかしてますが(笑)ただ、賢く、考えられる人たちだからこそ難しく考えすぎる人もいて。そういったところを支え合って。たまにぶつかりあったりしてるけど、なんだかんだまた集まって。そんなに頑張るの?ってくらいに物事を真剣に取り組んで。みんなを見ていて、「あー、眩しいな、輝いてんな」って。本気で思いました。私は、同期に支えてもらってるくせに何も返せてないな、支えてあげられなかったなーって思う時もあります。というか実際そうだと思います。いや、そうなんです。かといって、顔を合わせて感謝を伝えられるわけもなく。(見つめ合うと素直にお喋りできないってね)それどころか塩対応になってしまう。(甘えん坊だから甘える時もある)競技の結果で恩返しは柄ではない。(スポーツは自分のためにやると決めている)もう、あと残り少しですから。何かしらの形でね、私の想いを同期にね、伝えたいと思います。というか伝えます。待ってろよお前ら。ア、でも期待しないで待っててね。ハードル上げないでね。「結局コイツは何を書きたかったんだ?」そう思ってる方、いらっしゃると思います。それでは。書きたかったことを、結論を述べて、終わりにしたいと思います。同期LOVE以上になります。ありがとうございました。DAREnext→Aりちゃん

    • SSの画像

      SS

      S 素敵なS 選択肢いにしゃりあんの皆様こんにちは!4年マネージャーのSくらうちです😉わ〜〜〜、うわ〜〜〜〜遂に回ってきてしまったラストいにしゃる何を書こうか悩み続けとうとう自分の番に。同期たちの文章を読んで胸が熱くなり涙が溢れ、、私にもそんなこと書けるのかなと焦っていたら近くにいた後輩が「Kとみさんは思ったことまんま書けば良いです!」と言ってくれたのでそうしようと思います。笑ありきたりすぎてつまらんってなるかもしれませんが、文才も語彙も無いので多目に見てくださいね🤭さて、まずは私の人生を簡単に振り返っても良いですか?先輩方のラストいにしゃる読んでこれ、憧れてたんです。笑長くならないようにするので、、お付き合いお願いします🥲私は小さい頃ほんのちょーーーっとスイミングクラブに通ってただけで水泳はおろか、スポーツとは無縁の人間でした。当時周りよりちょっと勉強が出来たので中学受験をして中高一貫の進学校に6年間通っていました。知らなかった知識を入れて、それを自分なりに出力して、勉強には「適切な答え」が必ずあるからそれを知ってさえいれば点が取れた。成績が上がった。普通に上手く行ったんです。ただやるだけ、そんな勉強に飽き飽きしていたら大学受験現役合格に失敗しました。🙂大学で何をしたい?どんな大学生になりたい?勉強なんてやれば上手く行くのにそれすらも出来なかった私には自分の行先がわからず、早稲田スポ科の入試形態が自分の得意分野に合っているそれだけの理由で受験して合格、入学しました(笑)どんな学部かも知らず入学した私には衝撃の連続が待っていました。自分とはかけ離れた経歴、考え、個性今の自分はもしかしたら井の中の蛙かもしれない。なんてちっぽけなんだ!そう思ったから自分の知らない世界を知りたくなって関わったことのないスポーツの世界に飛び込みたい!となりでも経験がないから選手は無理あ、じゃあ支える側そう、マネージャーだ!という考えに至った訳です👀数ある体育各部の中から水泳部を選んだのは、「楽しそう!」「優しそう!」そういう、なんとな〜くのイメージでまあ、衝動でした。ほんとに(笑)人生直感でしょ!ビビっときたら即発進!タイプの私は一瞬の衝動と好奇心に身を委ね、WUSTマネージャーとしての人生をスタート。今思い返すと、本当にいろんな事がありました。いやあ、ほんとうに。全く別の世界から来た訳ですから一年生の頃は右も左も分からず涙、涙の毎日でした。1年のとき同じクラスだったMりちゃんとKうきに水泳の知識とか情報をルーズリーフに書いてもらって、テスト期間かのように毎日電車の中で暗記してました🧠バタフライのことをみんながバッタバッタ言うから「あ〜知らないうちに5つ目できたんた〜」と本気で思っていたし、powerメニューを略してpowと書かれていたのをそのまま「ポウ!」と読み上げて選手に笑われたこともありました。(今思えば本当にやばすぎる恥ごめんなさい皆さん)出しの合図を間違えればショックで息が止まり、タイムを取り忘れればこの世の終わりだ、と思い不安でいっぱいいっぱいになっていたら練習中にRゅうじさんに顔洗って来い!と怒られたことも🤦‍♀️(すごい、the体育会のやりとり笑笑)そんなこんなで仕事を覚えるのに必死で毎日を過ごしていれば気付いたら学年が上がり、大好きで大尊敬していた先輩たちがプールにいなくなっていつのまにか最上級生になっていました。そして掲げたチームスローガンと目標「DARE」「男子インカレ総合優勝」「女子インカレ4位以上」4年間の集大成インカレまであと11日になりました。前述の通り、入ったきっかけは衝動でした。だけど、水泳部で出会った人たちと過ごす毎日は最高に楽しくて最高に熱いものでした、、!マネージャーって何するの?と、よく聞かれます。3年半続けても未だによく分かっていません。笑お手伝いさんでもないし、セラピストでもない。直接点数を取れるわけでもない。正直、WUSTレベルの選手ならマネージャーがいなくたって良い結果出せるはずなんです🤔それでも力になりたいと思いました。選手の眼差しはいつも前を、ゴールを向いていてその先にもっと先に一緒に向かいたいという一心でした。人のためにこんなに頑張れるんだ!って自分でもびっくりするくらい本当に、本当にみんなの夢が叶うことが私の夢です。いつしか水泳選手たちにたくさんパワーをもらい、一緒にその夢を追いかけたいと本気で思い続けてきました。別世界から飛び込んで3年半、わたしの水泳部人生も仕上げの時間がやってきました。あとは自分の持つ全てを懸けてインカレを迎えるのみです🔥これが、わたしのマネージャー人生です。(まとまりなくてすみません泣)ここからは関わってくださった皆さま宛に🌷(これもやってみたかった!)>まずはいにしゃりあんの皆様いにしゃるとーく、大好きでした!面と向かっては言えないようなこともここでは言えたし、部員のみんなの意外な素顔とか思いを共有できた良い場所でした✨最高の後輩たちがこれからも素晴らしいチームを作り上げてくれますので、これからも応援よろしくお願いします。>先輩方へまずはこんな新参者を部員として迎えてくださり本当にありがとうございました。たくさんの無礼を働いてしまったと思いますが、いつも、いつも道標になってくださった先輩方の背中には感謝しかありません、、!あれから少しは成長できたと思うのでインカレ、見ててください😏>後輩のみんなへほんとうにほんとうに可愛いみんな、「Kとみさーん!」「Kっちゃーん!」って甘えてくるみんなが本当に毎日愛おしくて練習が楽しくて仕方ありませんでした。私たちの学年は理想的な最上級生だったとは言えないけど、最後の最後まで信じてついてきてほしいです。インカレは本当に何が起こるか分からないけど、大丈夫、私たちがいます、待ってます。何も恐れず、ぶちまけてきてくれ!>マネージャーの後輩たちへマネージャーになってくれて本当にありがとう!ちゃらんぽらんな先輩でたくさん不安にさせたと思う、ごめん🥲人を支えるってたまに自分を見失うこともあるけど、君たちなら大丈夫です。本当に素晴らしい、頼もしい後輩です。なんかあったら、「僕が一番欲しかったもの」って曲、聴いてみて(笑)自分にしかできないことを選手のためにチームの為に捧げてください。マネージャーはチームの柱です。4人なら絶対できる。一番そばにいた私が自信を持って言い切ります。インカレ、やってやろうね!日本一のチームになるなら日本一のマネージャーになるしかない。>同期のみんなへ伝えたいことはたくさんあるけど、シンプルに言うね。まずは同期としてこんな私を受け入れてくれて本当にありがとう。何も知らない私はたくさん迷惑をかけてしまったし、不器用だったりルーズだったりイライラさせてしまったね。みんなとの距離感とか関わり方が分からなくなってしまって、ある時から素直になれなくなっちゃってでももう最後なので、最後くらいは素直になります。私のせいでたくさんの確執を生んでしまった自覚はあるし、同期の癌なんて言われたこともある。本当に本当にごめんなさい。言葉にできないくらい後悔しています。ただ変わらないのは皆んなが本当に誇りだし皆んなが原動力だったということです。人は必要な時に必要な人と出会う、と言います。皆んなとの出会いが水泳部で得た最高の宝物だと思っています。何のために頑張るのか分からなくなった時も本気で辞めたいと思った時もいつでも真っ先に思い浮かんでくるのは同期のみんなの顔でみんながいるから頑張ろうっていつも上を向かせてくれました。いっぱいいっぱいのごめんねとありがとうを全て込めて、インカレではたくさん働くのでこき使ってください。最後だから言うけど、みんなのこと大好きだよ!その気持ちにずっと変わりはありません。何色かは分からないけどHやたも言ってたように後輩たちに虹、見せてあげようね。みんなのこと心から信じています。だから頑張ろう最後まで駆け抜けよ!!!長くなりましたがそれでは最後に「DARE」思い切ってやってみる恐れず立ち向かうみんな、明日であと10日。10日あるよ!!!!!!まだできることたくさんありそうだね。まだみたことない景色達成できるか分からない夢こそ掴み取る価値があると思うなぁ。あ、ごめんなさいもう一つだけ忘れてたこれで本当に最後です。笑>あの時の私へ水泳部の一員になる選択をしてくれてありがとう!!!最高に素敵な選択肢でした😌💕最後にもっと最高な締めくくりをしてきます。!ありがとうございましたーーー!!!!DARE次はCなつ♡♡

  • 25Sep
    • IOの画像

      IO

      I...今O...思うことみなさまこんにちは4年O﨑です。先日から始まった同期のラストいにしゃるトーク。最後と冠言葉に着くことが多いこの頃ですが、いにしゃるを書くのが最後ともなると、いよいよ引退なのかと感慨深いです。私事ですが、文系選択(Hやたのラストイニシャルすごいから読んでね)ながらこれまで読破した小説は2ケタ届くか否かの文章アレルギー(仮病)が拙い文章を綴りますが、どうか最後ですので温かい目で読んでいただける幸いです。と言いつつも何を書こうか考えた時に、最後のいにしゃるあるあるの ”火傷するほどのアツい文” や ”思い出と感謝” を綴るパターンなど各パターンなど色々考えているうちに打って変わって去り際に多くを語らずにさらっと『ここに書くことはもうない。レースを見てくれ。全てはそこにある。』みたいなキザなかっこいい背中で語っちゃう感じもありだな〜〜とも考えたのですがそんな競技力もないので、この4年間WUSTで過ごし感じたことを私なりの言葉で綴りたいと思います。(考えてないで早く書け。)まず。なぜ私が早稲田大学を志したのか。理由は2つ1つはWたなべ Iっぺいさんと泳ぎたかったから。私は幼稚園年長の時にバタ脚の練習で、女の子やと年下の子にもボロ負けし悔しくて毎日練習で泣いていたのですが、なぜか飛び級した平泳ぎだけは周りの子に勝てたのです。以来15年近くS1を平泳ぎとして水泳選手生活を送っているのですが、私は中学生の時にある選手の名前を耳にしました。その選手はOいた県出身で彗星の如く現れ、ほぼ無名の選手だったにも関わらず、いきなりインターという基準タイムを突破したのです。私は両親がOいた県出身でIっぺいさんとほぼ同郷であったこと勝手に運命を感じ、スイマガの選手名鑑に目標の選手に書くほど、ファンになっていました。さらに私が高校生の時、Iっぺいさんが世界記録を樹立したレースを生で見た時の衝撃が頭から離れずこの人と練習したい。この人みたいに速くなりたい。そう思ったのがきっかけでした。2つ目は厳しい環境に飛び込みたいと考えたからでした。末っ子として育ち、紆余曲折を味わいながらも多大なる両親の努力により何不自由なく育ち、それなりに水泳の結果も残し挫折何それ?食べれるの?くらいの感覚だったことから慣れ親しんだ環境を捨てるとどうなるのか。自分を試したいという挑戦という意味合いで寮生活で部活をする環境を選びたかったからです。Iっぺいさんと練習して、慣れない寮生活で親元離れて努力したら速くなるでしょ。東京オリンピックも見えるんじゃない?高校3年のOさき少年はこんな軽い気持ちだったと思います。ほんと軽い。笑甘いよ君。笑大学1年で入学するとIっぺいさんと練習できるどころか別チームでした。それに加え大学生って練習がめちゃくちゃ速い。これまでの練習相手が女子のトップ選手(同期のHろこ)で十分に練習が速いんですが、さまざまな種目のトップ選手が集うWUSTの練習スピードのギャップにやられました。練習スピードだけでなく、これまでは朝練のない週6回スイムの生活から朝練がメインの10回練習に変わったこと。入学前に知っていても実際に感じるギャップは私にとってとてつもなく大きかったです。練習のギャップに加え、寮生活や慣れない環境に順応することに時間がかかり、試合に出れば出るほど試合結果が遅くなって行きました。ある日胃が痛くなったので病院に行くといきなり胃カメラをした方が良いと言われ、なすがままに検査をした結果。お医者さんから『18歳でこんなにただれてる子初めて見たよ。』と言われ、胃カメラの写真を見せられ、今でもその写真を大事に持っています。笑それでもどうにかこうにか寮生活には慣れていき、部屋の先輩にも恵まれとにかく楽しいかった思い出もたくさんできたのに、ただ1つ。パーソナリティそのものだった水泳がうまくいかないだけで、ここまでストレスがたまるとは思いもしませんでした。もちろんインカレは大撃沈。通年でベスト0。まあスランプ??挫折ってこのこと??1年目苦労しない人の方が少ないもんな。そんな風に当時の私は感じていたと思います。甘いよ君。笑こんなもんじゃない。大学2年になる年の明け。選考会前に行っている高地合宿のメンバーに選んでもらい、ここで初めてIっぺいさんをはじめWUSTの特に速い先輩方と練習することになりました。とにかく食らいつくために必死だった日々を送り、2月に渡米し1ヶ月の高地合宿。兎に角キツかった。このチームのメンバーはIっぺいさん、Mさとさん、Nおさん、Tもやさん、HかるさんWUSTのトップスイマーどころか日本水泳界のトップと練習を共にしました。人生で最も練習を頑張った合宿だったと思います。練習結果を自信に代えて挑んだ日本選手権。結果は昨年とほぼ同じ。自分の中で速い先輩と同じ様に努力したつもりが1年間進歩なし。この時にIっぺいさんから『お前は努力が足りてなさすぎ。』そう言われたのを覚えています。尊敬し目標である人と身近な環境で同じような取り組みをし、努力したつもりがベストからは程遠くこの時に何か心の中で糸が切れてしまった感覚でした。すごい人達と練習させてもらっている中で自分は何をしているのだろうか。決して安くない学費や生活費、海外にいく合宿代を出してくれる親にどんな顔をすればいいのか。自分の中のあらゆるものが壊れていった時期でした。その後、寝たくても寝れなくなり、寝ないまま朝練に行き、練習の質も落ち、不甲斐なさから気力がなくなり、食欲もわかず、そしてまた寝付けず。そんな負の循環を繰り返し人生で初めて泳ぎたくない。泳げない。どころか生活出来ない。という状態に陥りました。その後、様々なサポートを受け、1度水泳から離れる選択をしました。5歳から週6日練習で泳ぎ続けていた水泳から離れることに対しても怖さを感じるほど水泳が怖くなっているほどでした。この経験はまさしく挫折だったと思います。一定期間のお休みを頂きインカレには選手ではなくサポートとして迎えることになりました。サポートとしてチームに携わる間にえた経験は選手だけしていたら気づけないことや支えることの重要さ、新たな視点を得るといった大きな財産になったと思います。この経験で練習に取り組む部員の姿を上から見ることで、自分には何が足りていないのか。自分の中の努力と結果を出せる選手の努力は何が違うのか。そこで行き着いた答えは『悩んだら直感を信じて目の前のことを全力で行う』こと。結果を残している選手って練習以外にもすごいなこの人って思う部分が多いんですよね。そのすごいなって思う部分て明確には答えられないですけど、何かを全力でした結果や取り組み続けた結果だと思ったんです。さらにここで強く感じたのはオリジナリティを大事にすること。オリジナリティとは長所に当たるものだと考えるのですが、ある日の大学の授業中に『Oさきの自分にしかない長所はなんだ?自分にしかない長所をどれだけ伸ばせるか。この差が上手くなる差だよ。』こんな言葉をWせだ大学バレーボール部の監督兼教授にかけていただきました。教授は私が協議で悩んでいることをどこかから聞いて話かけてくれたのだと思います。この考え方に至っていなかった自分は憧れという現実から離れた存在に対して、同じことをすれば同じ分だけ速くなると考えていたのでしょう。この言葉をきっかけに末っ子気質の真似っこをしても、水泳という競技の場面では本家を超えることはできないし、そこにオリジナリティはないと気づけました。ここでIっぺいさんに言われた足りない努力が少しわかった気がしました。また、サポートという仕事を全力でこなし、インカレ終わりに先輩や同期から受けた労いの言葉はレースでベストを出したときに近いような嬉しさを強く感じたことで自分の中の未知な部分を知ることができました。しかし。甘いよ君。笑この先まだこんなもんじゃない。笑シーズンが終わり新シーズンから選手ととして再スタートし秋口の試合では半年のブランクを感じさせないほどの好記録や短水路での3年ぶりベストと何かとうまく行くようになっていました。今考えると偶然ではなかったかなと思います。オリジナリティを見つけるためにこの年は1、2年の反省を生かし同じ過ちを繰り返さないようにと練習に対する姿勢だけでなく、身体作りからやり直し、自分の弱点は何なのかを問い続け自分の中で取り組みを変え納得のいく練習を積んだ結果だと思います。お休み期間をいただいたことにより、心に余裕を持てたこと。水泳から離れて自分自身と向き合えたこと。違う視点で物事を捉えられるようになったこと。練習をただ全力でするのではなく、休むこと、遊ぶこと、考えることにも全力を尽くすと目の前の結果が変っていくのだとこの経験から学ぶことができました。その結果が少しずつ歯車のように動き初めたのだと思います。年が明け、日本選手権に向けた恒例の高地合宿を前に諸事情により、WUSTの合宿ではなく武者修行も兼ねて、以前所属していたチームの合宿に参加させて頂きました。納得のいく練習を積み、練習でもベストに近いタイムを出すなど、これ2ブレ2分9秒でちゃうな。というぐらい仕上がっていたのですが帰国した先で待っていたのは、日本選手権延期、オリンピック延期、自粛期間による泳ぎたくても泳げない世界でした。挫折や苦難を味わって、やっと自分のやり方を見つけて納得のいく練習を積めてさあ大舞台で結果をという場面でこの状況。これまでの苦難とは比にならないくらいどうしようもできない外的要因による凄まじい世界が待っていましたね。胃炎とかサポートとか今思えば可愛いな。笑えます。最初の数日は放心状態でいつもより世界がフィルムカメラの世界のように白飛びしていたような気がします。笑しかしここで感じたのは、これまでの大学生活の経験をから得た、考え方次第でどうにでもなること。泳げない期間があっても速くなる可能性はあげあれること。という2点でした。そこから関節可動域が狭いという課題と水泳をしないことによる呼吸筋の低下を防ぐためにヨガいいじゃんと思ったので泳げない期間はひたすらヨガに明け暮れていました。ヨガの呼吸法と筋、関節の可動域の拡大は水泳に活きます。みなさんヨガやってみてね!そこからというも泳げるようになり1ヶ月後の学内記録会で非公認ながら1ブレのベスト。早慶戦では1ブレ2ブレ共に高校生以来3年ぶりベストを出すことができました。ようやく波に乗れた!そんな風に思っていたら文字の如く波に当たり順風満帆と思いきやインカレ直前に膝を怪我してインカレ予選落ち。人生って波あるな。そう感じました。笑そこからは様々な小波がありましたが気づけば4年となり今を迎えます。あれ、これHやたが言ってた苦労話おじさんですね、、、、ごめんなさい。まあつらつら苦労した感の話を書きましたが私の伝えたいことはここからです。笑苦労話をたくさんしたのには訳があって、大学水泳ってたくさん悩む場面や苦労する場面があるんですよ。けどその苦労ていうのはあゆみを続けたものにしか出会えないわけで、もし私が高校で水泳をキッパリやめていたり、Wせだを志望していないで他大に行っていたらこんな経験をしなかったと思うと面白いなって思えてくるんですよね。楽しいなとか嬉しいなって感情も辛い、苦しいなって感情があることで成り立つのであって、いろんな苦労や遠回りしたって別にいいと思うんですよ。そのほうが何かを成し得れなかったとしても過程という経験の深みが残るわけで。その経験がのちの競技生活や、引退した先に何か良いきっかけをくれると考えます。だから辛いことや苦しいことがあったら同期や先輩、周りの人が必ず乗り越えるヒントをくれると思います。少し考え方、捉え方を変えて乗り越えてほしいなと思います。実は直感を信じるという考え方もある同期がいにしゃるで”直感は脳というスーパーコンピューターが経験から弾き出した最速の答え”ということを書き記していたことがあって悩みやすい私にはすごく響きました。今ではこの言葉が私の原動力となっています。まあまとめると同期大切にしろよって話です。無理矢理すぎん???(何度か同期中を少し悪くした罪滅ぼし)では最後に終わりよければ全てよし、という言葉にあるように大学水泳生活ではご覧の通り紆余曲折ありましたが、最後の試合では深みのあるレースをしたいと思います。だからみんな観ててね。いいレースするから。(まだ1回もA決残ったことないけど)DARE

  • 24Sep
    • TOAの画像

      TOA

      T たくさんO お世話になりましたA ありがとうございましたこんにちは!Iのぐちです!何度も何度も言いますが秀才IとうHやたの次って嫌です。本当に嫌です。でもまあこれも最後ということでHやたのことを嫌いにはならないでおきます。少し、いやかなり長くはなってしまいましたが、お時間ある時にでも、是非ご覧ください🧸🤍私の水泳人生は涙ばっかりでした。この時も泣いてたので皆に慰めてもらいました。個人的にすごく好きな写真です。(元の性格上泣き虫だったのか、水泳を通して泣き虫になったのか、それはわかりません🤫)大学生になってもたくさん泣きました。人目を憚らず泣いてしまったことも多々、練習帰りの自転車を漕ぎながら泣いたことも多々、自分の部屋で耳に落ちる涙も多々、(Hなた、、、?🤭笑)いつかできるから今日できると思って自分を奮い立たせたものの夜明けまで強がらなくていいかと思ったことも多々、、(Nぎ、、、🤭笑)サイマジョにはなりたくないっなんなら黒い羊になっちゃえ!とミーティングで積極的に意見を言ったことも、、(Kやき、、、🤭笑)(私かなりの坂道ファンですので、、🤭今じゃない)話戻して、、、結局私は自分の結果では最後の最後まで笑顔になれずに終わってしまいました。一度でいいからインカレに出たかった。1年生の時は0.07秒切れずに2年生の時は0.09秒切れずに3年生の時と4年生の時は少しほど遠くなってしまいました。wustのみんなとは比べ物にならないレベルで苦しんでいたので、wustのことを嫌いになることもありました。どうせみんなは速い。どうせみんなにはわからない。こんなことばっかり思っていました。それでも最後の最後まで選手として諦めずにやり切れたのは後輩の存在のおかげかな、と思っています。あんまり写真を撮らない&偏りが出ちゃうのを避けたかったので集合写真にしました📸たわいもない会話を通して自然と笑顔になっている自分がいて、Mりさんは選手でいてほしいですMりさんがいるから頑張れますMりさんともっと仲良くなりたいですって言ってくれる後輩達がいたおかげで、「あ,私ここにいていいんだ」って思えたんです。本当に嬉しかった。私にしかできない頑張りがあることに気付きました。本当にありがとうみんな🥇最後のインカレまであと少し、私たちのために、みんなの力を貸してください。そして今も、最後のインカレを迎えるにあたって私にしができない頑張りがあると感じてます。だから選手じゃなくても、頑張れそうです。☺️😏😎頑張ります。早稲田大学水泳部は、少数精鋭の最強集団を名乗っていて、周りから一目置かれるような憧れられる存在なのが特徴です。これに異論はありません。でもその少数精鋭の集団の中で活躍し続けること。それ以前に選手として存在すること。これってすごく難しいことなんだなと内に入ってみてわかりました。外からではわからない、見ることのできない景色というのはどこの世界にも存在します。その内と外が全く異なる景色をこのチームで見ることができて幸せでした。そして4年間共に歩んできた同期のみんなに少しだけ💌私をチームの一員にしてくれてありがとう。自他ともに認める「個が強い」学年だから何回もぶつかってきたけどそれでも、その一人一人の「個」の輝き方が素敵だなって感じてた。すごい難しかったね。チーム運営って。でもチームのためにって必死になって頑張るみんながすごくかっこよくて、誇りです。最後のインカレまで、みんなで一緒にキラキラに輝こうね!!!そしてこれからも1年に1回ぐらいは同期12人全員で集まろうね🗝ありがとう。スタッフの方々、OB OGの皆様「次こそは」「来年こそは」と言い続けたまま、私の選手人生が終わってしまいました。多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことは重々承知していますが、最後まで、私のことを信じてくださってありがとうございました。長々書きすぎました。最後だからということでご容赦ください🙊現在はマネージャーという貴重な経験ができていることに感謝して残り少ない毎日を楽しんでます☺︎ありがとうございました!DARE次Iくま

    • KMの画像

      KM

      K…計算結果はM…むちゃくちゃだーーーーーーーーーー高校3年生の僕へ君の夢のオリンピック、かすりもしなかったぞ。それどころか大学1年から4年の8月まで、ベストすら出せてなかったぞ。どうだ、がっかりしたか?ーーーーーーーーーーどうも皆さまお久しぶりです。同時にこれが最後の登場になりますかね。4年のIとうHやたです。今日から遡ること1,271日、夢と希望を抱えたIとうHやた(18)が社会科学部に入学しました。※4月の写真です。服装から季節感わかんないよね。早稲田の附属校で高3まで理系だった僕ですが、ゴリゴリ文系の社会科学部に入ったのには、訳があり…最後のさいごで数学の単位を落としてしまった故、強制”文転”を強いられた過去を持っているのです…。数学はどうしても苦手でした。※附属校では、理系の単位を落とすと理系の学部に進学できないルールがあります※カッコつけてますが、彼はこの2ヶ月後に数学の単位を落とします。そんな話はさておき、当時の僕はハナタカだったので、大学でもサクッとベストを出し続けて五輪代表に入るぞ☆くらいのノリで大学水泳を考えていました。しかしまぁ、どうでしょう。振り返ってみると紆余曲折ありすぎました。ベストは出ないわ、自分の泳ぎを見失うわ。「あれ、伊東隼汰はもう終わったんじゃね」と、本気で惨めな気持ちになる時期が多かった気がします。こんなことあんまり書きすぎると、苦労話おじさんになってしまいますので控えます。でもやっぱり大学水泳やってると色々起こるんですね。だから例年、ラストいにしゃる って長いのか…今更になってこんな発見をしながら、自分に特大ブーメランを投げています。※我も、いにしゃる長すぎぞ?そして同時に大学水泳は、結果だけでは語り切れない経験だったと痛感しています。同じ方向へ全力疾走できる大切な仲間たちと出会えたから。※Dすけの髪の長さは1mmです※偉大な先輩方との一枚です※個人的にこの写真だいすきなの。※かなりインカレの空気感表してますそれはWUSTに携わってくれた全ての人です。本当に、ほんとうにありがとうございました。ギブアンドテイクなんて言葉がありますが、ほぼ全てテイクだったなぁと感じています。各方面、散々ご迷惑おかけしました。※マネさんはカッコいい。異論は認めない。ここから個別にお礼を書いてくの、ベタ過ぎますよね。ごめんなさい。僕、そういうの嫌いじゃないんですよ。同期※わっ若い!!!わがまま言ったり、会議の進行ぶっ壊したり、学内にいたり学外にいたり…散々迷惑かけたけども、呆れながらもお付き合いいただきました。いつの日かの飲み会で大喧嘩して、だいぶギスギスしてたのも、最近仲直りしてくれてヒジョーに嬉しいです。歳をとっても集まって、写真を見ながら言いたいね。「あぁ懐かしいなぁ」って。4年間ありがとうね。これからもよろしく。先輩方※写真に限らず本当に沢山の先輩方にお世話になりました厄介者でしたが、見捨てずにご指導いただきありがとうございました。歴代の4年生の背中、やっぱり追いつくことはできなかった気がします。持つ力全てをインカレにぶつけてきます。どうか最後まで見守ってやってください。3年生※りんちゃん、鼻かんでるのかなこれもうね、大好き。これに尽きる。全員がいい味出してるし、仲良いし、留年して同期の仲間入りしたい代だと思ってる。留年はしないけど。お互いに支え合える君らなら絶対に良いチームを作っていける。不満もあっただろうけど、付いてきてくれてありがとう。2年生※個人的に須田のカチューシャがかっちょいいとおもっています1-3でありながら僕は指導に携わってきてなかったな。何なんコイツって感じだったと思うけど、君らが同期LINEで褒められてるのこっそり見てたぜ。(もちろんやらかした時も)やたら練習が強かったり、こだわりが強かったり、つよつよなメンバーが揃ってるイメージだけど、次はもう完全に上級生だ。存分に輝き続けてくれ。1年生※全員が!揃ってる写真!!持ってないの!!!あんまり関わりないまま卒業するかなぁ、なんて思ってたけどレクやらなんやらで割と関わりを持てた。異論は認めない。学内行った時、いつもニヤニヤしながら「ハヤタさぁん」って言ってくるお前ら、大好きだぞ。1年のインカレはな、なぁんにも考えずに楽しんでくれ。先輩が全部やってくれる。それが大学水泳の理ってもんだ。マネさん※なぜか全員少しずつ屈んでるのおもろい「いや学生全員言った後にもっかいマネさんかい!」って思うかもしれませんが言わせてください。ありがとう。学外で練習することが多かったから、マネージャーさんのありがたみを毎回感じていました。人を全力で支えている姿勢、いつ見ても勇ましく素敵なものでした。タイムを、データを、業務を、思いやりを。全てにありがとう。後輩ちゃんマネ達、忙しさの中で、徐々に自分らしさを出せてきていたよな。時には反発も喰らうこともあるだろうけど、自分の信じる方向に進んでいってください。スタッフの方々※右から2番目はTなかKうきです。スタッフではないです。本当にご迷惑おかけしました。両手では収まりきらないほどやらかした僕ですが、最後までご指導いただきありがとうございました。最後のインカレ、チームのために身を粉にして泳ぎます。最後まで見守っていただければ幸いです。両親まぁ照れくさくて感謝の想いなんて伝えられてないけど、中学から大学まで10年間私立に通わせてもらって、社会人を前にするとその凄さを痛感してる。慰められるのが嫌いで、だからこそどんな試合結果で帰ってきても普段通りに接してくれて。食事のわがままをしっかり反映して、健康的なご飯を毎日ありがとう。22年間支えてくれてありがとう。とまぁ、あんまり長くなってしまっても、疲れてしまいますよね。わざわざここまで読んでいただきありがとうございます。最後に一つ。僕ね、好きな言葉があるんです。「虹を見たいのなら、雨も我慢しないとね」でも同時に、こんな言葉もあります。「止まない雨はない」いいんですよ、1000日間雨が降ろうが。雨は必ず止むんですから。後輩に次の虹を見せること。それが4年生に任される最後で最大の仕事、僕はそう思っています。ーーーーーーーーーー高校3年生の僕へ大学水泳、全くトントン拍子に進まないぞ。いい思いをできたのは1%くらいかな。99%はツラいことだ。覚悟しとけよ。でもな、安心して自分の道を進んでこい。合計したらさ、めちゃくちゃ楽しかったぜ。あれ、なんでだろうな。そういや数学、ニガテなんだわ。ーーーーーーーーーーDARE🏆次はMり!

  • 23Sep
    • I Aの画像

      I A

      I 今までA ありがとうこんにちは、4年のSんせいです!ついに最後のイニシャルトークとなりました笑笑先に言っておきます。まとまりなくてごめんなさい。笑笑写真を載せながら書いていきます!まずは、新歓!みんな若い…笑笑新歓といえば、一年生の自己紹介ですね。自己紹介の途中で僕は記憶が飛び、約5秒間静止しました。笑笑静止中に隣のhやちゃんが肘で突っついて、次の文を教えてくれたんですけど、その時僕はパニックになって頭真っ白でした笑笑同期のみんな、あの時は悪い流れを作ってごめんなさい笑笑めちゃくちゃ恥ずかしかったけど、新歓史上最強の傷跡残せたかなと思います🤣憧れの先輩方僕はGふの偉大な先輩方に憧れて早稲田に入りました。Sょうまさんへ僕はSょうまさんが高3の時から大ファンです。400mFRでインハイ優勝した際、携帯越し(インハイTV)で感動してました。これを機に僕はSょうまさんに憧れ、最後のインカレで優勝した姿を生で見れた時は大号泣しました。1-4ということもあり、関わる時間は少なかったですが、同じ大学に入って水泳ができたことを誇りに思います。Sょうまさんのようなかっこいい選手にはなれなかったですが、大きな背中を追いかけ今まで頑張ることができました。こんな僕を早稲田に誘っていただき、ありがとうございます。約半年間、お世話になりました。Hかるさんへ Hかるさんが中学の時、どの種目を泳いでも速かったので試合に出るたび僕は圧倒させられてました。そんなHかるさんと同じ大学の水泳部に所属し、沢山関わることができて嬉しかったです。特に稲泳寮最後の部屋をSらいしと3人で過ごしたことが思い出です。(ホラー映画、本当怖かったです…笑笑)僕も最後のインカレは選手として出場できませんが、昨年Hかるさんがサポートに尽力されてる姿を思い出しながら、残り2週間必死になってチームメイトに尽くしたいと思います。今までお世話になりました。ありがとうございました。初めての冬六で日本選手権突破(Mさやと同着)同着で日本選手権突破という奇跡的なレースは初めてだったので、嬉しすぎて思わずMさやに抱きついてしまいました笑笑この頃はまだMさやと張り合えていたけど、2年のインカレで一気に離され、焦っていたのを思い出します😂Mさやへ(主将へ)大学入ってから今までライバルとして戦ってくれてありがとう!2年以降は相手にならなかったかもしれないけど、Mさやのお陰で最後まで諦めずに水泳頑張ろうって思えた!最後のインカレは一緒に戦えないけど、、2年の時みたいに表彰台登ってくれ!!主将の活躍はチームを動かす💪応援してます!!!(照れくさいのでこの辺で笑笑)一年の仕事終了正直にいうと稲泳寮時代の1年の仕事は大変で、ストレスばかり溜まっていました笑笑今思えば、同期内のチームワークを引き出せるように訓練された大切な時間だったと思います!みんなで支え合い、成し遂げられてよかったです!!4×50フリーリレーで学生新僕にとってこれが最後のリレーでした!今は塗り替えられてますが、学生新記録という自分では成し遂げられないものをリレーで掴み取ることができて嬉しかったです!後輩たちはまだまだチャンスがあると思うので、学生記録チャレンジしてもらいたいですね!!SP男子まずはSPのみんなへしょうもない会話で盛り上がってはちゃめちゃだったね笑笑メインの時はみんな声出しくれるし、切り替え上手で励みになりました☺️こんなに練習楽しいって思えたのはSPチームのおかげだ!!!今までありがとね!!!😘K島コーチへ約3年半、お世話になりました。1年時の脳震盪事件をはじめ、度重なるご迷惑をおかけしました。その際は僕に対して真摯に向き合って下さったので嬉しかったです。最後の試合では22秒台で泳げるまでに成長できました。大学の最終目標として掲げていたインカレ表彰台は叶わなかったですが、これまで死ぬ気で闘ってきたので後悔はありません。今まで水泳してきた中で1番大学水泳が楽しかったですし、K島さんがコーチで本当に良かったです。今まで指導していただき、ありがとうございました。両親へ大学に通わせてくれてありがとう。  子供4人を大学に通わせることは、想像以上に大変だったと思います。それでも嫌な顔せず僕を見送ってくれたのでとても励みになりました。当たり前だと思っていた、仕送り・掃除・洗濯・雨風の送り迎えは、入寮してみたら当たり前じゃなかったです。これに少しでも恩返しがしたかったので、最後のインカレは表彰台に登ってメダルをかけてあげるのが夢でした。最後の最後に夢は叶わなかったですが、全て出し切ったので水泳に対して未練はありません。今まで僕のことを支えてくれてありがとう。大学卒業まであと半期ですが、引き続きよろしくお願いします。同期のみんなへ今まで仲良くしてくれてありがとう。自分の性格上、キツくあたって皆を傷つけてしまったことがあったと思います。。最後までしっかり迷惑かけてしまい申し訳ないです。。。(現在進行形)気づいたら最後のインカレ、、あと2週間、、、残り短い間ですが、よろしくお願いします。。。後輩のみんなへ学年が上がるとともに、時間の経過が早まります笑笑特に3年生!!残り1年はあっという間!悔いなく頑張るよーに!笑笑あと、今年のインカレ気負いしなくていいよ、、4年生がしっかり引っ張ってくれるから安心してレースに取り組んでくれたまえ!!今後のみんなの活躍、期待してます😊 今まで仲良くしてくれてありがとね! マネージャーのみんなへ今までありがとう。選手には目が届かない細かい部分まで手を伸ばし、いろんな活動が円滑に回るようサポートしてくれました。マネージャーのサポートはチームにとって必要不可欠です!インカレでもよろしくお願いします!!!         湿っぽいのは嫌いなので、、くしゃくしゃの笑顔で締めたいと思います最後のインカレはこのくしゃくしゃ笑顔で終わりたいな!!!!!みんな頼んだぞ😘 まとまりない文章を最後まで読んでくださり、ありがとうございました😭約3年半のいにしゃる楽しかった!さらばだ!!!!!DARE(ちゃんと書くんかい)

  • 21Sep
    • SAの画像

      SA

      S食欲のA秋!!!!こんにちは!!食べ物が特に美味しい季節になってきて、毎日ウキウキが止まらない1年のYまなかです🙇🏻‍♀️芋、さんま、栗、かぼちゃ、梨、きのこなどなど秋は美味しいものがいっぱいですね!!!私事ではありますが、最近、私の中で空前のさつまいもブームが訪れていまして、コンビニなどでさつまいもの商品を見かけるとついつい手を伸ばしてしまいます、、、🍠ご褒美ご褒美と自分に言い聞かせて、毎日のように食べています☺️(毎日、、???☺️)なんせ食欲の秋なので!!!!!!!皆さんも美味しいものたくさん食べてくださいね😏さて、本題の「引退後にしたいこと」にうつります!!このお題を聞いて1番初めにパッと思いついたのは「ピアスを開ける」でした(笑)高校の時に開けようと思っていたのですが、なかなかタイミングが無く、開けられていないので、引退したら開けたいです😖あとは、、「バイトをする」ですかね、、、接客業を経験してみたいとずっっっと考えていまして、特にディズニーのキャストさんとかやってみたいです💭(夢とかではなく、ただただ興味がある程度ですが、、、)ディズニーのキャストさんに限らず、他のお仕事にも言えることですが、自分自身がお客さんに対して何かをすることによってその人に笑顔や夢を与えることができるってとっても素敵なことだなあと思います😌♡本当にできるかは分かりませんが、引退したその時にやりたいと思ったことを1つずつやっていきたいです◎それでは最近の写真をどうぞ!!!!!KとみさんとAんなさんです!!お2人の正面からの写真もあるのですが、笑ってる写真がとっても可愛かったのでこの写真にさせて頂きました🙇🏻‍♀️♡スタート練習をするKんのしんとアドバイスをするKうきさん!!!💪🏻ミルで泳いでいるKんのしんとそれを真上から応援するKいやさんとTいかんさん🏊🏻‍♂️インカレが近づいてきている中で、1人1人が課題を見つけ、真摯に向き合い、努力している姿を見て私も頑張ろうと思わされる毎日です🔥ぜひWUSTの応援よろしくお願い致します🙇🏻‍♀️それでは、、DARE!!!!!🔥👊🏻次はHろむ✌🏼

  • 20Sep
    • 2021/09/20の画像

      2021/09/20

      MめざせMマッチョイニシャルとーくをご覧の皆さんこんにちは!!どーも、1年のMらかみKんのしんですイニシャルとーく久しぶり書くので上手くまとまらないかもしれないですが、読んで頂けると嬉しいです✌️最近は快晴の日がとても続いており気分が上がります🥳寮から撮った写真です📸雲がある空も綺麗なんですけど、やっぱり青空が1番ですもうすぐ秋がやってきます!今は厳しいかもしれませんが、普段のジャージ姿からは離れて、たまにはオシャレして同期と甘いもの巡ったり観光したり今まで行ったことない所を開拓して経験したことない貴重な時間を作りたいと密かに思ってます💭↓↓↓それでは本題へ↓↓↓今回は「引退後にしたいこと」僕は大きく分けて3つあります!!1つ目が髪を染めたい✨友達が髪を染めてカッコよくなってる姿を見て憧れてしまいます、、、引退したら絶対一番最初にやりたいことです!!!ちなみに僕はどんな髪色が似合うと思いますか?皆さんのご意見を聞きたいです👂2つ目は王道なんですが、、旅行に行きたいです先輩方が言っていたのですが、キャンピングカーを借りて同期で各都道府県を巡ったり、観光スポットに行ってその時にしか出来ない思い出をみんなと作りたいです🙄みんな絶対いこうね?!?!?!?最後は、、みんなから絶対無理って言われることですがムキムキのマッチョになりたいです!!これは高校2年生の時からずっと決めています💪今は筋肉付けすぎちゃうと泳げなくなるかもなので引退したらジムに通って洋服をパツパツにしたいですこれ全部絶対叶えます🎋最後に最近の写真で締めくくりたいと思います📸左からKいやさん、Tいかんさん、Tけしさん先輩方の背中は大きいですね🍀僕もこんな先輩になりたいです!!そしてなんと今日はSださんのお誕生日です🎂✨おめでとうございます🎊いつも優しく、僕達後輩に良くしてもらっています!良い一年にしてください!やっぱり2年生仲良いですね🤩インカレまで残りわずかですが、今やれることを精一杯頑張りたいと思います🤞最後まで読んで頂きありがとうございます!それではこの辺で👋DARE次はSず!!