10月10日。
ほんらいはお休みでしたが、
渋谷にいこう!とひらめいて、
渋谷の占いの館にいました。

 

10ならびの日、

開く日、開放の日なのだと、感じながら。

 

すると、

嵐がYouTubeチャンネル開設というニュース。

風の時代の幕開けを象徴する「嵐」からも

「開く」のサインが。

 

 

渋谷で出逢ったお客さまは、

それぞれに、
ほどいてゆるんで、

開いていくタイミングにいらっしゃるかたでした。

 

 

 

14日の月曜日は、

牡羊座の満月。

 

この満月に向けて、

週末に関東地方を直撃した大型台風。

 

10日から14日にかけて、

ほどいてゆるんで、ひらいていく・・・の

後押しをしてくれるのだと思いました。

 

 

来週、10月22日には、即位の儀式。

 

令和という新時代に向けて、

大祓の台風。

 

 

 

 

紀伊半島に暮らしていたとき、

何度も、台風が通過していきました。

 

もともと雨が多い地域。

 

真夜中や、未明に、

ダムの放流警報を何度も聞きました。

 

電柱や電線に木が倒れかかったり、

小刻みな停電はしょっちゅう。

 

 

大雨、長雨になると

不安になる場所は、たいてい、

造成地など、

近年になって手を入れた場所でした。

 

古くから人が、

地形にあわせて住みついた場所は、

さほど、大きな被害にはなりませんでした。

 

 

紀伊半島大水害となった年もありました。

暮らしていた村でも、

国道をふさぐ山崩れがありました。

 

山といっても、造成地。

役場に近い、近代化の象徴の場所でした。

 

汗

 

紀伊半島で最後に暮らした地域は、

平成にはじまった大水害の

先駆けとなった地域でした。


植林地の大規模な山崩れ、
倒木、流木をともなう流域の被害。

 

この水害の教訓から、

台風のときは、

初期の避難勧告がでた時点で、

明るいうちに、

避難場所に人がお見えでした。

 


 

 

人間が、

昭和のデータに基づいてはじきだした

「想定内」は、

 

期間限定の

希望的観測だったのだと思います。
 

これからは、

通用しなくなっていく。

 

 

人間は、

地球という環境に間借りしている

自然の一部なんだから、

 

自然の一部として、

自然の摂理にもまれて、
ゆられていくのだと思います。

 

 





昨年は、西日本を中心に、

今年は、東日本。

 

「記録的な」台風や大雨が、

希望的観測を打ち砕いています。
 

今回の関東直撃の台風に備えて、

都市の機能が、一旦停止しました。

 

占いの館でさえ、

前日に、臨時休業の連絡がありました。

 

 

ひと休み。

 

あらがわず、静観する。

 

 

台風がひとつとおるだけで、

せわしく動いていたものものが停止するって、

すごいことです。

 

 

関東平野は、人口過密地域。

 

メディアでは、

備えの呼びかけが繰り返され、

お店は食料品が品薄状態になりました。

 

 

備える気もちは、

怖れからくるのでしょう。

 

だけど、

こんな人口密集地域で備えたって、

たかが知れています。

 

需要に供給がおいつかなくなって、

 

行き過ぎると、パニックになるだけ。

 

汗

 

2000年9月11日~12日

愛知県の東海豪雨のとき、

東海道新幹線が運行停止となり、

大阪~東京間に、

70本以上の新幹線が停滞しました。

 

鎌倉への出張帰りだった私は、

新横浜から18時40分発のひかりに乗り合わせました。
 

結果、翌日14時過ぎまで、

この新幹線に缶詰めになりました。

 

駅のない場所に停車していたので、

降りることはできず、

食堂車もお土産物もSOLD OUT、

新横浜でかったシュウマイを

何人かでわけて食べました。

 

運転再開の目途も知らされない

先行き不安な手詰まり状態。

20時間ほどの、飢餓状態。

連帯感と焦燥感。
パニックにはならず、ひらきなおり。

自然の前に、文明のもろさを痛感しました。

 

汗

 

 

台風は、自然現象。

 

自然がバランスをとり、

偏ったエネルギーを

ゆるんで、ほどいて、ひらいていく。

 

 

だから、

自然の一部である人間も、

自然に合わせて、バランスをとっていく。

 

 

ほんとうの備えは、

もっと、自然にそって生きること。

 

こんなに偏ってしまった人口を、

少なくとも、

日本列島の中で、

なだらかにしていくこと。

 

 

私は、紀伊半島で約10年、

限界集落と、過疎地で暮らしてきました。

 

地域おこし協力隊を見守り、

自身も地域おこし協力隊になってみました。

 

日本には、空き家も、

住むのに心地よい場所も、たくさんあります。

 

これから、

情報通信が第五世代(5G)になって、

テクノロジーが進化すれば、

地方への移住が自然と、

すすむようになるでしょう。

 

 

かたよりがありすぎる文明は、

あまりにも不自然です。

 

 

過疎と、過密は、

バランスをとれば、落ち着きます。

 

調和とバランスの天秤座の季節の台風が

おしえてくれる、自然なバランス。

 

 

人口は減少しています。

 

激甚災害の被災地をふやしていくのではなく、

本格的に、

自然に順応した暮らしを模索し直し、

 

不自然ではない場所での暮らしを、

再選択していく時代なのだと感じます。

 


流れ星

 

 

台風は、
比較的やさしい自然現象だと思います。

 

進路が、
接近して通過するタイミングが、わかるから。

 

通過したあとの空気も、

さわやかで晴れやかで、

ほんとうにすがすがしいです。

 

 

流れ星

 

 

昨年、台風の大雨がつづいたとき、
こんな文章をかいています。

 


いま、地球は、

どんどんとかろやかになっていくプロセスにあるから、

感情データベースにたまった感情のうち、

重たいものは、

かろやかになっていく地球にはにあわないから、

 

どんどんクリアリングされている。

 

 

感情のクリアリングにつながっていく雨が、

どんどんと降って、

感情をゆさぶる。

 

 

自分の中にある、重たいもの、こだわりを、

ゆるやかにほどいて、解放していく。

 

怖れも。

こだわりです。

 

重たい気もち。

 

こんな人口密集地域で、

おおくの人が怖れから行動したら、

パニック状態が引き起こされるだけ。

 

 

怖れから備えることも、

自分の限界を思い知らされて、

よけいな怖れを引き起こす。。。

 

重たい気もちの悪循環です。

 

 

台風があぶりだしてくれた重たい気もちに、

どうやって向き合っていくのか。

 

 

ひとりひとりの解放が、

すすんでいくのだと思います。

 

 

ゆるんで、

ほどいて、

ひらいていく。

 

 

 

 


占いの現場では、

運命という言葉をたくさんつかいます。

 

かたよりすぎた運命へのこだわりを、

ほどいていきます。

 

 

運命の人って、ひとりじゃないから。

自分らしさをおしえてくれる

悪役みたいな運命の人だっているから。

 

そのときのあなたにふさわしい運命の人に、

いつだって出逢っているから。

 

 

自分を苦しめ、

同じパターンに陥ってしまう、

こだわり。

 

 

認識が変わり、

こだわりがほどけると、

 

運命が動いて、変わっていく。

 

 

たくさんの「解放」の現場に

立ち合わせていただいて、

 

これからは、ほんとうに、

 

ほどけて、ゆるんで、

かろやかに~

人生を進めていく時代なのだと、実感します。

 

 

 

 

 

運命って、諸刃のこだわり。

 

ポジティブなものでも、

ネガティブなものでも。

 

こだわりを手放した人から、

どんどんしあわせになっていきます。

 

魂の傾向、

自分らしさってあるから、

 

自分らしい comfort

大切だと思います。

 

 

たぶん、人間って、

原則的には、

comfortに向かうようにできている。

 

comfortに感じる状態をしあわせとよぶなら、

 

人間は、原則的には、

しあわせになるようにできている。

 

 

一時的に

comfortでない状態を招いたとしても、

そこに長くとどまることはできない。

 

一般的に、

喜怒哀楽のうちの怒と哀は、

あまりcomfortな状態ではないので、

ながく留まることはできない。

 

 

こだわるから

理不尽で、怒る、腹立たしくなる。

 

こだわってかなわないから、

悲しむ、泣き暮らす。

 

 

このcomfortじゃない状態は、

ながくつづければ、つづけるほど、

魂のエネルギーを消耗してしまう。

 

 

人生をすすめていく動かしていく力が、

滞ってしまう。

 

 

だから。

 

こだわりを手放して、

ゆるんで、かろやかに~

 


 

 

たくさんのパラレル。

 

想像できる分だけのパラレルは、

いつの瞬間にも生まれている。

 

だけど、

その想像を現実化する行動をおこさない限り、

創造にはむすびつかず、

 

パラレルは妄想に留まってしまう。

 

妄想パラレルを夢想している限り、

三次元の肉体は、本質的に

comfortにはなれない。

 

想像して、言葉にして、行動する。

 

 

ひとりひとりが、

ほどよくゆるんで、

こだわりから自分を解放して、

 

自分らしいcomfortをめざしていく。

 

 

流れ星

 

さあ、明日は、

満月です。

 

あなたらしいcomfortにむかって、

潔い解放が、

ゆるやかに起こっていきますように・・・

 

 

 

 

 

 
リアル・スピリチュアル体験セミナー

・10月27日(日)10時~12時
・10000円
・定員4名(残3名)

<お子様のご参加について>
 おとなしく時間を過ごすことができる
 お子様の場合、ご同伴いただけます。
 お申込みの際に、ご相談ください。



<レクチャー>
・宇宙の仕組みって?
・魂の仕組みって?
・意識って、エネルギーって?
・引き寄せって?


<あなたの基本データを知る>
・数秘術(誕生日、パーソナルイヤー)
・星読み(ジオのホロスコープ)
・感情のオーラ


<セルフヒーリング>
・宇宙とつながる自己ヒーリング
・チャクラのクリーニング
・オーラのクリアリング


<リーディング・チャネリング>
・スピリチュアル・リーディング体験
・チャネリング体験

 

<あなたの魂からのメッセージ>
 あなたに必要なメッセージを
 リーディングしてお伝えします。


流れ星


東京都文京区向丘1-7-15
JLBグランエクリュ白山ビル3F
 

サロン・ド・ソフィア

・都営三田線白山駅(A1出口)徒歩約3分
・南北線本駒込駅(1番出口)徒歩約6分

お申込はこちらをクリック