ダブルアールズマフラー開発 日々の出来事。

日々の出来事を中心に現在開発中の製品に関しての情報や、その他バイクに関する情報等を書いていきたいと思いますので宜しくお願い致します。


テーマ:

皆様、こんにちは。

明日からの3連休ですが、台風18号が日本列島を縦断するみたいで大荒れの天候になりそうですね。。。

私は、先週末にお休みを頂いた為、この週末は仕事ですがツーリング等を楽しみにされている方々は台風情報をしっかり確認して行動される様にして欲しいと思います。

 

さて現在、G310Rのレース用マフラーの量産型を製作している最終段階ですが、進捗状況を含めてお問い合わせも頂いていたりしています。

おそらく皆様、このG310Rのパワーカーブデータの方に興味があるのだと察しますが、もうしばらくだけお時間下さいね。必ず公開しますから。

 

現在は先日のもて耐に使用したプロトタイプマフラーの改良で、プロトタイプはパイプをカクカクと繋ぎ合わせて曲げアールを作っていたので、パイプベンダーで曲げ直して最終仕様の製作&パワーチェックを行おうとしている過程です。

作業が若干遅れておりますが、現在、仮治具上で製作したマフラーを車体に装着しフィッティング確認中で、プロトタイプでタイトだったクリアランスに余裕を持たせた部分の細部確認をしているところです。

 

この後、最終ベンチテストで性能確認する予定ですが現在、市販用になる予定の試作のセンターパイプが手許に戻ってきていないので、それ待ちな感じです。

 

もて耐での音量は99dB(レギュは105dB)と余裕があったので、サイレンサー側で少し確認出来る事もあり、最終的な仕様を決定したいと思っています。早くセンターパイプが戻ってきて欲しいところですが。。。

 

因みにBMW白馬モトラッドデイズ2017に参加された方々は直接見られたと思いますが、噂のG310GSが展示されていたと思います。

価格、発売時期等は未定みたいですが、日本での発売は決定しましたね。非常に楽しみです。

 

そもそもアドベンチャーバイクとして登場して以来、国内メーカーを巻き込み、バイクのスタイルに影響を与えたのがBMWのGSシリーズでありますが、ミドルクラスにもG310GSが投入される事で、市場に旋風が吹きそうな感じですね。

 

G310R、そしてG310GSと、面白い存在になりそうですが、写真で見る限りマフラーレイアウトが違い、共通で造れそうにはないですが、エンジンスペックは同じなのでG310Rで得た寸法は活かせそうです。

 

G310R、G310GS共にJMCA認証マフラーを現在開発予定ですが、諸々な事情で若干、時期が遅れそうです。しかしながら必ず製品化したいと思っていますので宜しくお願いします。

 

とその前に、このG310Rレース用マフラーを頑張って仕上げます。

 

それでは。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様、こんにちは。

昨日ですが、実は名古屋でJMCAマフラー会議があり、私は仕事の打ち合わせでお客様が来社される事や、開発作業等の予定もあって参加出来ませんでしたが、結構濃い話があった模様で、昨日参加したマフラー長・副部会の方々からお電話を頂き、メール等もチェックし状況把握に必死な午前中でした。

 

目先の仕事ももちろんこなすのですが、加速走行試験の方法が変わったりと新基準に適合する為の重要な議題がてんこ盛りなので、マフラー部会の相談役という立場上、次回の会議は必ず参加したいと思います。皆様、すみませんでした。

 

さて、本日も目先の仕事に追われている状況ではありますが、午後イチに入る予定のパイプを待っている時間中にブログの更新をしたいと思います。

 

もて耐に出場、予選・練習も合わせて13時間ほど使用したマフラーを一度返却してもらって、マフラー本体やステー等をチェック、オーバーホールも兼ねてクラックやその他異常がないかを見る為にサイレンサーをバラしてみる事に。

 

白馬で行われた「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2017」に行かれた方々はきっとこの車両を目撃したと思いますが、イベント終了後に早速マフラーを外して送って頂きました。

(本当にありがとうございます。)

 

サイレンサーエンドフランジを外した状態。

そしてグラスウールを外した状態。因みに写真のサイレンサーが比較的に綺麗な理由はスペアサイレンサーだというのがその理由です。

 

パンチングもステンレスウール等を外し、完全に裸にして中身のクラックチェック。

当然何もございませんでしたけど。

今回、もて耐に向けて2種類のパンチングパイプを試しましたが、片方が何故だか想像以上に宜しくなくて、個人的にベンチテストの状況からは全く合点がいかない状況なんです、はい。。。

明日以降ベンチテストで再チェックする予定ですが、答えが見つかるでしょうか?

 

とりあえずチェックを終らせたサイレンサーはウールを巻き直し、組み立て終了。

商品化という点でいうと、この仕様はVer.1.1といったところでしょうか?

 

急ピッチで諸々のチェックを終了させて、最終仕様に仕上げる予定です。

 

また具体的に書ける様になりましたらご報告しますね。

 

それでは。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様、おはようございます。

今日の大阪は雨ですね~。

実は私用で昨日まで北海道に行ってましたので、帰阪してあらためて湿度の高く蒸し暑い大阪に少々げんなりしています(笑)

 

さて、9/10に鈴鹿においてサンデーロードレース(東コース)が開催されましたが、今回から台数は少ないですが、「CBR250RRカップ」が新たに加わり、注目を集めましたが。。。

 

上の写真はそのCBR250RRカップに出場するAZITO(アジト)さんの松村悠選手の写真です。

 

AZITO(アジト)さんはGROMカップでも常に優勝or表彰台を獲得しており、鈴鹿ミニモトでも強豪チームとして毎年優勝争いを繰り広げており、今年も2位を獲得しました。

IMG_20170402_125505744.jpg

これが鈴鹿ミニモトのAZITO(アジト)号でカップ用スリップオンは弊社で開発させて頂いています。

 

因みに悠(ハルカ)君はAZITO(アジト)松村さんの息子さんなんですが、見事ポールポジションを獲得しました。

ひとまずこれがレースベース車としての基準タイムといいたいところですが、悠君はレース前に殆ど練習をまともに走らせていないので、実際は59秒台前半位まではいけそうな感じです。

 

因みにこちらがJP250の予選結果です。

上位陣にはCBR250RRが並んでいますね~(笑)

その予選タイムは58秒1でレコードと、こちらもまだまだ伸びしろを感じます。

同じCBR250RRのベース車両でもカップ用とJP250用ではかなり速さも違います。フルエキに出来るJP250とスリップオンのみの交換のカップ用ではこの東コースでは差があまり出ないもののフルコースではその差がハッキリと分る位です。また吸気系やらサスやら考えると全くの別物と考えて良い位違いますが、現状では煮詰まっていないので差が出てくるのはこれからでしょうか?

 

このCBR250RRですが、皆さんホイールから何からスペアパーツが無くてそちらの心配の方が先にくる状態で大変そうで、悠君の場合は、とりあえず(?)という事で弊社のインドネシア仕様のCBR250RRを車体ごとお貸ししていました。

 

またポジショニングがしっくりこないというので、そこら辺の備品も差し上げ、陰ながら応援していましたが、決勝もポールポジションから見事優勝。

悠君、そして松村さん、本当におめでとうございます。何だか私も嬉しくなりましたね!

 

レースベース車両を買ってきて松村さんが整備してと、特別な事は特にしていないみたいですが、キッチリやればキッチリ走りますね。AZITO(アジト)さん、流石です。

 

因みに今回のJP250にはTT45朝尾君がYZF-R25で参戦していましたが、こちらは予選落ちと対照的な結果となりました。

まぁ、バイクの速い遅いの問題でなくライダー自身の能力の問題なので真摯に向き合い、練習あるのみですね。

 

何かこの先、JP250もCBR250RRが席巻してどの車両もCBR250RRという事になりそうですね。。。(笑)

ただし、CBR250RRで出場するライダーは部品供給が追いつかないみたいなので、当面大変だと思いますけど。。。

 

何件かお問い合わせ頂いていますが、弊社は今のところレース用マフラーの開発は予定がございません。カップ用レーススリップオンも開発予定にはございませんのでご了承下さいませ。

 

既にアジア方面にレース用として出荷しましたが、1ロット10本以上のオーダーで生産管理が容易な事もあり、これから先も海外の受注分のみの対応にしようと今のところ考えています。

 

まぁ、常にアンテナはたてておく必要がありますので、コソっと何かしら造るかも知れませんけどね(笑)

 

とりあえず悠君、本当に優勝おめでとう!

次戦も勝てる様に頑張って欲しいと思います。

 

次戦までには弊社のCBR250RRは、手放してるかも知れませんので松村さん、頑張ってスペアパーツの確保に励んで下さいね~(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん、こんにちは。

9月1日に全国軽自動車協会連合会が、8月の軽二輪車新車販売台数を発表していましたが、前年同月比が10.5%増の4710台となり、5ヶ月連続でプラスになったとの事みたいですね。

上の写真は今年の東京モーターサイクルショーの写真ですが、サイクルショーも毎年前年増の集客となっています。

 

新型CBR250RRやGSX250Rのロードモデルや、VERSYS-X 250、V-Strom250などのツアラーモデルが新型投入された影響が色濃く出てる結果とは思いますが、昨年にしても前年比150%と、ビッグバイクの時代から中型排気量へとスポットが変わりつつあると、私自身もここ数年感じているところでございます。

こんなのや。。。

こんなのが、おかげ様で今年もよく出ております。。。

 

新車販売数のみで言えば年々その販売台数は減少し、今や35万台にも大きく及ばない台数となっており、官民一体となって2020年までに100万台を!という馬鹿げた目標を、実現性のある数値目標に置き換えて取り組まないと、街のバイク販売店が本当にかわいそうです。

 

新車販売台数はピーク時の8~9分の1位に落ちましたが、軽二輪以上のバイクの販売台数自体は意外と思うかも知れませんが、ここ10年位は横ばいなんですよね。

 

そういう状況もあって実は、アフターパーツメーカーが10年前より増えたりしているのは、それなりに興味深いところでもありますね。私らの業界、そんなに甘く、そして楽に見えるのでしょうか(笑)

 

軽二輪車に話を戻すと、順調な軽二輪車を更に盛り上げるべく、国内メーカーが「JP250」というレースカテゴリーを創設し、レースの裾野を拡げるべく何とかこのクラスのレースを盛り上げようと、アフターパーツメーカーも巻き込んでの取り組みは、ビジョンを確立出来ないまま残念ながら尻すぼみ的な事になっており、年初の注目度とは裏腹に地方サーキットでは参加台数に翳りが見える状況となっています。。。

 

このJP250クラスって、本気でやると実は本当にお金がかかるんですよね。

因みにこのJP250クラスを本気で全日本選手権を1年戦ったら、ST600クラスに近いくらいの経費がかかります。

 

それだけ経費がかかっていても、「全日本選手権」ではなく「全日本併催レース」なんですよね。。。

またアジア選手権である「AP250」とも車両の改造範囲が違ったりと、ガラパゴス化が好きな日本ではありますが、JP250に明確なビジョンがあれば。。。と感じずにはいられませんね。

これは全日本JP250を戦うYZF-R25用マフラーですが、ライダーの誠っちゃんから次戦の岡山国際に間に合う様にと、アップデート依頼で持ち込まれましたが、ライダーや頑張ってるスタッフを思うと、ついついお手伝いしてしまいますけどね(笑)

 

でもハッキリ言ってビジネス的には、例え勝っても何の利益も生まないレースになってしまってるのが現状ですね。。。悲しいですけども。。。というか、一般のライダーがレース結果に興味が無いというか。。。(笑)

 

ここ数年、レースの観客動員数が増え始めているのですが、やはり観るレースと参加するレースの温度差が、メーカーには理解出来ていない様で、参加型レースを増やして裾野を拡げるといった取り組みにはなるべくスタンダードに近いSTクラスや、それこそ「もて耐」の様な本気で楽しめる草レースがいいのだと個人的には思いますね。

 

趣味の多様化によりバイク人口が減少・分散した様に、バイクを乗る目的も多様化し、今の時代はツーリングやストリートユースを中心とした文化に変わってきていますし、レースにおいても本気型レースや参加型レースもあったりするので、国内メーカーの皆様には、多様化したニーズを機敏に捉えながら新型車両を開発していって欲しいと思う今日この頃です。

 

世界に誇る4大メーカーを持つ日本、メーカーさんには今後もワクワクするバイクを期待ですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、いつもお世話になっている㈱デイトナさんのテストコースで行われたJMCA加速走行試験ですが、弊社が受検した新型GROMの2本、そしてNMAX125、シグナスXの合計4本共に合格して来ました。

 

新型GROM ショートオーバルフルエキゾースト

新型GROM チタンオーバルフルエキゾースト

NMAX125 チタンオーバルフルエキゾースト

シグナスX チタンオーバルフルエキゾースト

 

車両型式が「EBJ」から新しく『2BJ』に変更になった上記4種類のマフラーを無事合格して来ました。

 

また今回、「関東・関西グループ」として車両シェアした合計24本のマフラー全て合格という事で、ホッとしていますが、JMCA試験を手伝いながらのマフラー交換は流石に疲れましたね。。。(笑)

 

もうちょっと間は、マフラー交換したくない気分ですが(笑)、これがお仕事なのでそうはいかないですが、昨日は8月を思わす夏空だった事もあり、体力的にも精神的にもクタクタで、昨夜は10時に就寝しましたね(笑)

 

本日は早速、朝一番から試験に合格したマフラーの登録申請書を書き、他機種と合わせてJMCAプレートも注文しました。

 

因みに本日注文したJMCAプレートはその数何と合計600枚!!(笑)

 

今年のJMCAプレート発注数は前年比170%位ですかね?

まぁ、この枚数全てが出荷する訳ではないので売り上げが前年比170%ではないのですが、今回の試験費用を含めてJMCAへの支払いが今月はスゴい事になりますねぇ。。。(笑)

 

まぁ、支払いに負けない様にしっかり頑張ってマフラーを造っていきたいと思います(笑)

 

とりあえず、無事合格して来たというご報告でした!

 

今、ブログを書いている後ろでは全日本選手権のJP250を戦っているチームのライダーやメカニック達がレース話に花を咲かせてブログに集中出来ないので今日はこの辺りで。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。