2017-04-17 18:56:23

「クレーマーに屈する日本メディア」生んだGHQ GHQ Spawned “Japanese...

テーマ:ニッポンの新常識
「クレーマーに屈する日本メディア」生んだGHQ
GHQ Spawned “Japanese Media which Buckles Under to Claimers”
害する国益、日韓関係と日中関係はその典型
National Interest Harmed; Relations with Korea and China a Typical Example
 
【ニッポンの新常識】Common Knowledge Revisited 111
 
 温厚な日本人と比較すれば、米国人である私は、接客の内容や態度などに対して、クレームを言うことに躊躇(ちゅうちょ)がない。
 As compared with the mild-mannered Japanese, as an American, I don’t hesitate much to make claims about customer service and the attitude of those providing the customer service.
 

 先日も某銀行の窓口で、海外送金の書類を出した後、何の経過報告もなく1時間以上も待たされたので、強いクレームを入れた。1990年代には、航空会社の要注意客ブラックリストの上位に私の名前があると週刊誌で報じられた。幸か不幸か、「有名人だから遠慮する」という思考パターンが、私の脳内には存在しない。
 The other day at a certain bank, after I submitted the papers for an international funds transfer, I was left waiting for more than one hour without any explanation of the delay, and I lodged a strong claim. In the 1990’s, it was reported in a weekly magazine that I had been placed near the top of the passenger blacklist by a Japanese domestic airline. [This was mainly because I complained endlessly and loudly about the lack of no-smoking seats, or the fact that smoking was even allowed on the airliners.] For good or bad, the thought pattern that “I should defer because I am somewhat famous” does not exist in my brain.
 

 最近は、私の言論内容を敵視する人も増えており、「ケントはただのクレーマー」などと、ツイッターなどで喜んで騒ぐ人が出そうである。しかし、私は今後も機会があればクレームを言い続けるだろう。
 Lately, a few people hostile to my opinions have had fun on Twitter saying that “Kent is just a ‘claimer’ [disparaging term for ‘claimant’].” However, I will probably continue to lodge claims as occasions arise.
 

 クレームを契機にサービスの改善が図られれば、結果的に相手も得をする。引いては社会全体の利益にもつながる。いわゆる、「ウィン・ウィン」を目指すからこそ、私は人目も気にせずクレームを言う。
 If improved service is spurred by a claim, the other person also benefits. And that benefits the entire company. Precisely because I am motivated by this “win-win” scenario, I can state claims without being self-conscious.
 

 一方で、世の中には絶対に受け入れてはならないクレームが存在する。クレーマーだけが得をして、受け入れた側が一方的に損をする「ウィン・ルーズ」のクレームである。
 On the other hand, there are certain claims [or demands] in the world which should never be accepted. Those are “win-lose” situations where only the claimant wins and the other person one-sidedly loses.
 

 それぞれが受けた損失は小さくとも、理不尽なクレームに屈した事実が社会正義をゆがめ、積み重なると国益を害する。日韓関係と日中関係は、その典型例である。
 Even if the loss is small, the fact that one knuckled under to an unreasonable claim warps social justice, and when such incidents accumulate they result in a harm to national interests. Japanese-Korean relations and Japanese-Chinese relations are typical examples.
 

 終戦後、日本人に「ウィン・ルーズ」の理不尽な要求を突きつけた史上最大のクレーマーは、マッカーサー元帥率いるGHQ(連合国軍総司令部)だった。当時の日本メディアは、GHQという最強クレーマーに屈するしか生き残る手段がなかった。
 The biggest “claimer” in history was GHQ (General Headquarters of the Supreme Allied Commander) which made outrageously unreasonable “win-lose” demands of the Japanese people. The Japanese media had no means of surviving without knuckling under to this most powerful claimant.
 

 占領終了後も、クレーマーに弱い日本メディアの体質は変わらなかった。GHQが去ると、占領政策が育てた左翼政党や労組、民族団体などが、隙間に入り込んだ。こうして組織的なクレームでメディアを裏から動かし、世論や行政をコントロールしようとする団体がいくつか生まれた。
 After the end of the occupation, this basic weakness of the media in the face of claims did not change. Upon the departure of GHQ, left-wing political parties, unions, and ethnic organizations nurtured by the occupation policies rushed in to fill the void. A number of organizations sprang up that tried to manipulate the media behind the scenes and to control public opinion and the administration with organizational claims.
 

 東京MXテレビ「ニュース女子」の沖縄報道は、日本メディアがクレームを恐れて意図的に隠してきた事実を暴露する内容だった。「忖度(そんたく)」が得意な、左派新聞はろくに調査することなく「事実と異なる報道」などと無責任に報じ、復讐(ふくしゅう)劇を演じた。
 The report aired [in January] on Tokyo MX TV’s “News Girls” about Okinawa exposed facts theretofore deliberately hidden by the media because of its fear of claims. Leftist newspapers who specialize in “baseless conjecture,” without making any appreciable effort to investigate the facts, irresponsibly reported that the program was a “false program” in a show of revenge.
 

 クレーマーに屈する情けないメディアと、その子会社のようなBPO(放送倫理・番組向上機構)は、「忖度しないメディア」に対するクレーマーそのものに落ちぶれたのではないか。
 The pitiful Japanese media which buckles under to claimers, along with its subsidiary the BPO (Broadcasting Ethics & Program Improvement Organization), have been reduced to being claimers against “media which does not engage in baseless conjecture.”
 

 かつて、「総会屋」に利益供与を行う上場企業をさんざん批判してきたメディアは、そろそろクレーマー対策を本格的に行うべきではないのか。
The media, which has relentlessly criticized listed companies for bowing to pressure to pay off “sokaiya” [racketeers who extort money from companies by threatening to cause trouble at the general meeting of the stockholders], now needs to get serious about implementing its own claimer policy.
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

ケント・ギルバートの「引用・転載・拡散禁止!」FBP:https://goo.gl/hDtbA5
まぐまぐメルマガ登録:http://www.mag2.com/m/0001655307.html
Official Home Page 公式サイト:http://www.kentgilbert.com/
Official Blog 公式ブログ:http://ameblo.jp/workingkent/
Twitter ツイッター: https://twitter.com/KentGilbert01
Kent Channel ケント・チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCkRaXYnq-O_b82Yz_ASRLwA
放送法遵守を求める視聴者の会:http://housouhou.com/

ケント・ギルバートさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース