1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-22 14:44:52

首相の靖国参拝問題と朝日新聞 Prime Minister’s Visit to Yasu...

テーマ:ニッポンの新常識

首相の靖国参拝問題と朝日新聞
問題化した原因は左派メディアのプロパガンダ

Prime Minister’s Visit to Yasukuni Shrine and Asahi Newspaper
Leftist Media Propaganda Created This Problem
 

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160820/dms1608201000001-n1.htm

 

【ニッポンの新常識】Common Knowledge Revisited 80


靖国神社への首相や閣僚の参拝が政治問題化した原因は、朝日新聞をはじめとする左派メディアのプロパガンダにある。
The reason that visits to Yasukuni Shrine by the prime minister and cabinet members became a political problem was propaganda by the Asahi Newspaper and other leftist media.

 


日本の左派メディアは「靖国神社は軍国主義の象徴だから」とか、「A級戦犯が合祀(ごうし)されているから」という理由で、首相らの参拝に反対している。
The leftish media opposes visits by the prime minister, etc. for the reasons that “Yasukuni Shrine is a symbol of militarism” or “Class A war criminals are enshrined there.”

 


数年前の私もそうだったが、自分自身で事実を確認しない人間は、大手メディアが、それらしい主張を何度も繰り返すと簡単にだまされる。
If one does not confirm the facts, including me until a few years ago, one can be easily deceived by the repeated assertions of mainstream media.

 


終戦(1945年8月)から、75年4月までの間に、歴代首相は30回ほど、靖国参拝を行った。昭和天皇も何度も参拝された。この間、公人の靖国参拝を問題視する報道は見当たらない。
From the end of the war (August 1945) until April 1975, prime ministers visited the shrine at least 30 times. Emperor Showa also visited many times. No media reports questioning this practice of visits during that time by public officials can be found.

 


確かに、GHQ(連合国軍総司令部)は一時期、靖国神社を「軍国主義の象徴」と考えて、解体も検討したが、最終的にはおとがめなしだった。戦争の記憶が生々しい時代は、日本国民だけでなく、中華民国を含む連合国も、首相の靖国参拝を問題視していない。
It is true that GHQ (General Headquarters) at one point thought of Yasukuni Shrine as a symbol of militarism and considered tearing it down, but in the end it did not pursue the issue. During the time immediately after the war when wartime sentiments still ran high, not only the Japanese people, but the allies, including Nationalist China, made no issue of the prime ministers’ visits.

 


歴代首相の靖国参拝は春秋の例大祭の時期が多かったが、三木赳夫首相(当時)は75年、「終戦の日」である8月15日に参拝した。そのとき、記者団が「参拝は、私人か公人か」と聞き、三木首相は「私的立場で参拝した」と答えてしまった。
Visits by prime ministers occurred most frequently during regularly held festivals in the spring and autumn, but when then-Prime Minister Takeo Miki visited the shrine on the anniversary of the end of the war on August 15, 1975, journalists asked him whether his visit was in his personal capacity or in his official capacity, and Prime Minister Miki replied that he visited “in my personal capacity.”

 

 

左派メディアは、憲法の「政教分離の原則」に絡めて、政治家の靖国参拝を「私的参拝」か「公的参拝」かと問題視した。一部の野党と宗教団体も便乗して騒ぎ、昭和天皇はこの後、靖国参拝を見送られたと聞く。
The leftist media, dressing this matter up as a question of separation of church and state under the constitution, made an issue of whether the visit was in a personal or official capacity. Some opposition parties and religious organizations jumped into the fray, and thereafter Emperor Showa stopped visiting Yasukuni Shrine.

 


85年8月15日、中曽根康弘首相が靖国神社を参拝すると、朝日は突然のように大キャンペーンを始めた。8月だけで100本近い記事が掲載されたという指摘もある。ほかの左派メディアや野党も追随し、中華人民共和国(PRC)や韓国で、大きな反日運動が起きた。中韓に「外交カード」を献上したようなものだ。
When Prime Minister Yasuhiro Nakasone visited Yasukuni Shrine on August 15, 1985, Asahi Newspaper suddenly turned this issue into a huge media campaign. During August alone, it ran over 100 articles. Other leftist media and oppositions parties followed suit, and large anti-Japanese movements in the People’s Republic of China (PRC) and Korea resulted. It was as if a thorny “diplomatic issue” was delivered on a platter to the PRC and Korea.

 

 

国民を代表する首相や閣僚が、戦争で尊い命を捧げられた方々が祀られている場所に参拝し、英霊に尊崇の念をささげるのは自然なことではないのか。靖国神社は日本にとっての米アーリントン国立墓地のようなものだ。
Isn’t it natural for a prime minister and cabinet members as representatives of the people to visit the place where patriots who gave their precious lives during the war are enshrined and offer condolences and respect to the departed souls? For Japan, Yasukuni Shrine is very similar to the Arlington National Cemetery in the United States.

 


左派メディアのプロパガンダに、日本人だけでなく、私も見事にだまされてきた。
Not only Japanese people, but even I myself was cleverly deceived by this leftist media propaganda.

 


「A級戦犯合祀」に関する話や、戦時中は「一億総玉砕!」と国民を煽った朝日が、戦後は政府批判の急先鋒に豹変した経緯については、次の機会に詳述したい。
In subsequent articles, I will give a detailed description of the issue of “Class A war criminals” together with the history of the sudden postwar transformation of Asahi Newspaper, which during the war fanned militarism with talk of “100 million honorable deaths,” into the foremost critic of the government.

 

 

 

 

日本覚醒日本覚醒
1,404円
Amazon

 

ケント・ギルバートの「引用・転載・拡散禁止!」FBP:https://goo.gl/hDtbA5
まぐまぐメルマガ登録:http://www.mag2.com/m/0001655307.html
Official Home Page 公式サイト:http://www.kentgilbert.com/
Official Blog 公式ブログ:http://ameblo.jp/workingkent/
Twitter ツイッター: https://twitter.com/KentGilbert01
Kent Channel ケント・チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCkRaXYnq-O_b82Yz_ASRLwA
放送法遵守を求める視聴者の会:http://housouhou.com/

ケント・ギルバートさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-14 13:25:01

中国船集結は軍事行動に等しい Swarm of Chinese Vessels a Mili..

テーマ:ニッポンの新常識

中国船集結は軍事行動に等しい
尖閣に自衛隊を上陸させ、仲裁裁判所に提訴せよ
Swarm of Chinese Vessels a Military Action
Should Land Self-Defense Forces on Senkaku Islands
and Bring Suit in the Court of Arbitration

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160813/dms1608131000001-n1.htm


【ニッポンの新常識】Common Knowledge Revisited 79

 

 

沖縄県・尖閣諸島周辺に5日以降、中華人民共和国(PRC)の船が押し寄せている。中国海警局の公船は過去最大15隻を数え、一部は領海侵入を繰り返している。
Since August 5th, ships from the People’s Republic of China (PRC) have been surging into the area around the Senkaku Islands of Okinawa prefecture. Chinese Coast Guard ships number an unprecedented 15 vessels, and some of them have repeatedly intruded into territorial waters.

 


近くには約300隻もの中国漁船が集結しており、海上民兵が乗り込んでいる可能性が高い。もはや単なる挑発ではなく、事実上の軍事行動・侵略行為である。
Approximately 300 Chinese fishing vessels have also amassed in the vicinity, and there is a high probability that maritime militia members are on board. This is no longer a simple provocation but is rather for all intents and purposes a military exercise and an act of aggression.

 


これがハワイやグアムの沖合で起きたら、米海軍は即座に空母を送り込み、PRCを威嚇しているはずだ。米国の全言論人はテレビやスピーチ、文章で、対中制裁の具体策を提案し、消費者団体はPRC製品のボイコットを叫んでいるだろう。
If the same thing happened off the coast of Hawaii or Guam, the U.S. Navy would undoubtedly immediately send in an aircraft carrier to confront them. All U.S. journalists and commentators would be calling for military action on television, in print, and in speeches, and consumer groups would be clamoring for a boycott of Chinese-made goods.

 


全米各地のチャイナタウンでは連日抗議デモが行われ、中国系の人々は、肩身の狭さと身の危険を感じることになる。
There would be daily demonstrations in the Chinatowns across America, and the people of Chinese descent would be feeling humiliation and physical danger.

 


一方、いつもは「戦争反対」を叫ぶ日本の市民団体やマスコミは何をやっているのか。下手に騒ぐとPRCを刺激して事態が悪化するとでも考えているのか。おとなしいものだ。
By contrast, what are the Japanese citizens’ groups and mass media who are always intoning “anti-war” slogans doing? Perhaps because they fear antagonizing the PRC and making the situation even worse, they are very quiet.

 


一見、平和的なこの日本の態度こそが、昨今の事態を招いた最大の原因である。政府と外務省、メディアによる「事なかれ主義外交」のなれの果てだ。
This peaceful attitude of Japan itself has been the major cause of the current situation. This “peace at any price foreign policy” of the administration, the foreign ministry, and the media has led to an untenable situation.

 


外交とは国益と国益のぶつかり合いであり、不良グループの勢力争いと大差ない。だから、「こちらが一歩譲歩すれば、相手も一歩譲歩する」という日本人の常識は通じない。一歩譲れば相手にナメられ、「もう一歩譲れ!」と脅迫されるのがオチであり、日本はその連続だ。
Diplomacy consists of a clash of national interests, not so different from the turf wars of common street gangs. Therefore, the common sense theory of Japanese which holds that “If I yield a step, the other party will also yield a step” does not hold water. If one party makes a concession, the result is that it is held in contempt by the other party, who will blackmail it into making further concessions. Japanese diplomacy has been a series of such concessions.

 


優秀なはずの外務官僚や政府中枢が、なぜサルでもわかる単純な理屈を理解せず、過ちを繰り返してきたのだろう。「お育ち」が良すぎるのか、実は単なる無能なのか。
Why have supposedly elite foreign ministry bureaucrats and pivotal members of the administration been unable to understand this simple reasoning obvious to any jungle primate and continually bumbled foreign affairs? Is it because they are “too sophisticated,” or is it because they are simply incompetent?

 


スプラトリー(中国名・南沙)諸島での強引な人工島建設や、ハーグの仲裁裁判所による裁定の完全無視から分かるとおり、PRC政府には国際法や他国との約束を守る意志がない。平気でウソをつき、尊大で傲慢な態度を恥とも思わない。
As readily apparent from the aggressive construction of man-made islands in the Spratly Islands and the total ignoring of the decision made by the Hague Court of Arbitration, the PRC government has no intention of abiding by international law or keeping promises made to foreign countries. It lies without compunction, and it has no sense of shame about its grandiloquent and arrogant attitude.

 


岸田文雄外相の直接抗議など無意味だ。フィリピン同様、ハーグの仲裁裁判所に訴え出て、PRCが国際社会の一員たりえない現実を、世界中に知らしめればいいのだ。
The mere protestations of Foreign Minister Fumio Kishida are useless. Japan should, like the Philippines, bring suit in the Hague Court of Arbitration and expose to the world the reality that the PRC is not worthy of being a member of international society.

 


同時に、尖閣諸島は日本国所有なのだから、自衛隊を派遣して上陸させて守ればいい。
At the same time, since the Senkaku Islands are owned by Japan, Japan should deploy self-defense forces to occupy and defend the islands.

 


日本が「事なかれ主義外交」をやめた象徴的行為として、安倍晋三首相は8月15日の終戦の日に、全閣僚を率いて靖国神社を参拝すればいい。
As a symbolic gesture that Japan has abandoned “peace at any price diplomacy,” Prime Minister Abe and his entire cabinet should pay their respects at the Yasukuni Shrine on August 15th, the anniversary of the end of the war.

 


安倍首相は靖国神社の英霊を顕彰する正当性と必要性を、堂々と国内外に訴えるべきだ。朝日新聞の悪質なプロパガンダと、米中韓の内政干渉に屈した現状は、あまりにも情けないではないか。
Prime Minister Abe should assert both domestically and abroad the propriety and necessity of honoring the spirits of fallen heroes at Yasukuni Shrine. Is not the current situation of bowing to the Asahi Newspaper’s propaganda and the interference in domestic affairs carried on by the PRC, Korea, and the U.S. intolerable?

 

 

 

 

日本覚醒日本覚醒
1,404円
Amazon

 

ケント・ギルバートの「引用・転載・拡散禁止!」FBP:https://goo.gl/hDtbA5
まぐまぐメルマガ登録:http://www.mag2.com/m/0001655307.html
Official Home Page 公式サイト:http://www.kentgilbert.com/
Official Blog 公式ブログ:http://ameblo.jp/workingkent/
Twitter ツイッター: https://twitter.com/KentGilbert01
Kent Channel ケント・チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCkRaXYnq-O_b82Yz_ASRLwA
放送法遵守を求める視聴者の会:http://housouhou.com/

ケント・ギルバートさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-08-10 13:07:15

最新刊発売!『いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人』(PHP研究所)

テーマ:最新情報

大好評シリーズの第三弾、『いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人』(PHP研究所)の広告が、今朝(8/10)の産経新聞に掲載されています。

 

アマゾンではすでに出荷が始まっていて、今日あたりから書店にも並ぶようです。 http://www.amazon.co.jp/dp/4569831192

 

前の二冊と同じく、日本をダメにしている組織や個人の名前をどんどん上げて、厳しく批判したり、笑い飛ばしたりしています。少しだけ引用します。
___

 

 共産主義の一番悪い部分は、今の権力者を引き摺り下ろして、みんなが欲望のない完全平等社会になれば、ユートピアが実現する、と喧伝しているところです。そんなことは絶対にあり得ないのです。


 共産党の政治運営方針は、あくまでも一党独裁ですから、自然と権力が集中することになります。そうなると、どう頑張っても階級が維持される不平等社会のままなのですが、ユートピアの実現を夢見る人々は、そんな論理矛盾にもまったく気づく様子がありません。共産主義者が本気で完全平等を目指すのであれば、次のような規則をつくったらいかがでしょうか。

 

(1)共産党の幹部は毎回クジ引きで決める。

 

(2)共産党幹部の要職にあるあいだは、全員、必ず四畳半に四名というタコ部屋に住む。


(3)共産党幹部を経験した後は、真夏の炎天下で草むしり、工場での単純労働、もしくは”蟹工船”の乗組員の仕事に就く。


 共産党幹部は、厳しい、このような規則を必ず守れるというのであれば、共産主義者が愛してやまない「完全平等」に、少しは近づけるかも知れませんね。
(P41~42から引用)
___

購入前にもう少し読みたければ、メルマガ記事を一部載せたこちらのFBページからどうぞ。
https://www.facebook.com/kentgilbert01/

 

 

 

 

日本覚醒日本覚醒
1,404円
Amazon

 

ケント・ギルバートの「引用・転載・拡散禁止!」FBP:https://goo.gl/hDtbA5
まぐまぐメルマガ登録:http://www.mag2.com/m/0001655307.html
Official Home Page 公式サイト:http://www.kentgilbert.com/
Official Blog 公式ブログ:http://ameblo.jp/workingkent/
Twitter ツイッター: https://twitter.com/KentGilbert01
Kent Channel ケント・チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCkRaXYnq-O_b82Yz_ASRLwA
放送法遵守を求める視聴者の会:http://housouhou.com/

ケント・ギルバートさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み