Check Out Dives

テーマ:
チェックアウトダイブ、4回終了。無事合格しました!

ダイブ1から3で今までやったスキルを理解しているか、実際出来るかをチェックします。ダイブ4はフリーダイブで実際にダイブして遊びます。

ダイブ3の途中で私はなぜか浮上し始めてしまって焦ったけど、Buddyが気が付いてくれて助かった。昨日とは違って曇っていたせいか視界が5フィートくらいしかなくて、全身黒づくめのインストラクターをすぐに見失うので自分のフィンは派手な色にしようと決めました。

実はまだ筆記試験を受けていないので大きなことは言えないのですが、ダイビングも海も興味なかったけど知識が増えると楽しくなる!恐怖心が無くなる!

安全にダイブする方法を知ることでダイビングと言うスポーツを楽しめるし、海の仕組みや生き物を知れば自分の世界が広がってワクワクも増えました。

まだ出費が続くけど(スノボといい、なんで私がするスポーツはお金が掛かるんだ?)、二月のコズメルダイビング旅行が今から楽しみです!

「スキューバダイビングをする」と決めると周りのダイバー達にPADIのコースを取るように言われます。どうも世界最大のスキューバダイビングの教育機関だし、最近は特に取得が簡単だからのようです。夫曰く、昔はもっと勉強もトレーニングもさせられたらしい。

 

とにかく、迷わずPADIのダイビングスクールを探したわけですが、トライアングル地区では三箇所見つかりました。どこもメール連絡では返信が来ない(いい商売してるね)。夏休みも終わる頃、秋になるとダイビングテストを行う泉の水が冷たくなって私がダイビングを嫌いになると心配した夫に急かされ、一番レビュー数が多くてウェブサイトでスケジュールがなんとなく想像できたCarolina Dive Centerに電話しました。

 

ちょうどその夜にオリエンテーションがあったので急いで参加して、翌週からコースが始まりました。私はプールトレーニング以外は全部オンラインで勉強できるE-Learningコースを取ったので、実際センターに行くのは水曜夜(2時間強)の4回だけ。土曜日コースの人は長いので確か3回で終わります。

 

E-LearningはPADIから直接パスワードをもらって、自分の好きな言語を選べました。英語でもいいかなと思ったけど、忙しかったので母国語の日本語を選択。PADIはやはりワールドワイド、それぞれの国に対応できるように教材もビデオもテストも選んだ言語で受けられるのです。世界中のダイバーがそれぞれの言語で同じ知識やスキル、マナーを学んで、世界の海に潜るわけですね。

 

でも、困ったことは私の場合は全て日本語で勉強しているので、プールトレーニングの時に英語の名称だとわからないことがある。日本語で知識として入ってしまっていれば、海外の海に潜った時に英単語を知らなくてもきっと大丈夫なのでしょうが、外国の人とバディになる場合や船上でのコミュニケーションを取る時に知っておいたほうがいいと思う。テキスト上で日本語タイトルの横に英語訳くらいつけてくれ、と言いたいです。調べる時間ももったえないの、今はわたし。

 

それからPADIのオンライン教材はマニュアルを毎回ダウンロードして読めるのですが、これがタブレット対応がうまく動かないことがある。多分最新のOSにアップデートしてないと開かない、パソコンでも毎回過去の検索履歴を消さないとなぜか開きません。最初はイライラしました。

 

結局初回のプールの日までアニュアルを開けられず勉強せずに行くことに不安になりましたが、学校側もPADIのリーディングの方が勝手に読んで自分でテスト受けてねって感じでノータッチです。一年後にテストを受ける人もいるんだとか。

 

現在のところプールのトレーニングが三回終了しました。今のところ、スキューバダイビングの印象は「やたらお金の掛かるスポーツ」です。まず、私のスクールの場合390ドルのコース料金に加えて、マスク、スノーケル、フィンを自分で用意しなくてはいけません。今後ダイビングをするなら絶対に買うものだからいいのですが、みんな焦って言われるがままショップで買っていました。バッグも買うと合計400−500ドルくらい掛かりそうです。私は夫のを借りています。

 

これにこの辺りの泉でダイブテストをするなら一回20ドルx4回だったかな?または海に出てボートをチャーターしてテストを受けます。チャーター船代を参加者で割るらしい。オープンウォーターの資格を取るだけで初期投資は1000ドル前後ですね。他のスクールはコース代が650ドルというところもありました。

 

二回目からはBCDというめちゃくちゃ重いベストとレギュレーター、タンク、ウェイトをつけて潜るので、その装備を車からプールまで持ってくるのが大変。それを購入するとなると何千ドルかかるんだっていう話です。

 

実は、ダイビング旅行に誘ってくれた義理の両親が会うたびにそれぞれ私にお金を渡そうとしていたのです。ダイビング器材を買う時の足しにしろって。「大丈夫大丈夫、自分達で買えるから」って返しちゃったけど、もらっておけば良かったわ。

 

狭いプールで前の人のお尻を見ながら潜っててもあまり楽しくないのですが、今は「海に潜ったら想像を超える感動があるはず。きっとこれだけやる(払う)価値があるのだ」と信じて続けています。昔から海に恐怖心がある私ですが、ダイビングの練習を通してダイビングの知識と海のことを少し学び、安全に海に潜る練習を繰り返したおかげで海に対する恐怖心が薄くなっている気がします。他のことでも、恐怖心って無知や経験不足や練習不足が生む自信のなさが原因な事って多いですよね。

 

コズメルの海に潜るのが楽しみ!

 

 

 

お久しぶりです。

 

前回の更新からあっという間に半年が経っていました。4歳と2歳の息子達を育てていると、本当に毎日がめまぐるしく時間が秒速で過ぎているような感じです。ゆっくりブログを書く時間なんてない!

 

でも、自分の考えを整理できたり、記録することができる「書くこと」は私の癒し。子供達のプリスクールや仕事、それ以外にもいろいろなことが同時進行していて頭がおかしくなりそうな今だからこそ、時間がないのにものすごく書きたい衝動に駆られています(笑)。

 

前回のブログではクロスフィットに挑戦中でしたが、結局トライアルで挫折。というか、あのワークアウトに価値を見出せなかった。ジムに来るベテランの女性達の体型もプロレスラーのようで、ハマってしまうと私の理想とするボディとはかけ離れたものになりそうだしやめました。やっぱりヨガがいい。

 

で、なんと今はスキューバダイビングのオープンウォーターを取得中。

 

私の住むノースカロライナ州は海があり、ダイビングスポットもあるそうですが、私たちが生活しているのは州都ラーレー。内陸で一番近いビーチまで2時間も掛かります。しかももともとコロラド州に長く住んでいた山女(やまじょ)の私、スキューバダイビングなんて全く興味がありませんでした。

 

何でオープンウォーターの資格を取得しようと思ったのか?

 

義理の両親にダイビング旅行に誘われたから。

 

実は、夫と結婚した時からいつかこんな日が来るとは予測済みでした。夫は仕事でパラオに住んだこともありダイブマスターの資格まで持っています。もともとはダイビングが大好きな両親の影響で14歳でオープンウォーターを取得し、小さい頃から毎年ダイビング旅行に行っていたダイバー家族なのです。

 

私と結婚してコロラド州デンバーに引っ越した際も、義父は「海が好きな息子がこんな山奥に住んで幸せなはずがない」と不思議がっていました(私の義兄に愚痴っていました)。ノースカロライナ州に移住した時に一番喜んでいたのが義理の両親で、彼らとアウターバンクスで過ごす時間が増えると、最近は私もビーチで過ごす家族時間が特別なものになってきています。

 

こういう背景があって、いつかは義理の両親が毎年行くダイビング旅行に誘われる日が来るだろうと思っていたわけです。ただ、予想以上に早い展開!お声が掛かるのは、子供達がオープンウォーターを取得できる10歳前後、5年後くらいかと思っていました。

 

2ヶ月前くらいに電話で「メキシコにあるコズメル島にダイブ旅行に行かない?」と誘われて、その時にはもう義母の頭の中には孫連れで行く楽しいダイブ旅行の構想がしっかり出来上がっていて、断る選択肢はなさそうでした(笑)。

 

子供達が楽しめて私も子連れで出掛ける負担が激減するオールインクルーシブのリゾートホテルがあって、私のようなビギナーでも楽しめる人気ダイビングスポットのメキシココズメル島を選んでくれました。

 

義母は孫達と過ごしたいのもあってベビーシッターは順番でやればいいと言ってくれたので、有り難くお誘いに乗ることにしたのです。ただ、同時に「Maiも旅行前にスキューバダイビングの資格を取っておいてね」と指令が出たのでした…。

 

アメリカで日本人がダイビングの資格を取る体験談は別ブログで。

 

 

基礎トレーニング最終日が終了しました。

 

今まで二回は正直褒められっぱなし(笑)。スクワットとか腕立てとかヨガでもやっているし、ヨガの知識がベースにあると筋肉の動かし方を知っているからだと思われます。でも三回目はバーベルの練習で、これが初めてだらけの動きだから全部がぎこちない。顔にぶつかるのも怖い。

 

① The Clean

足は腰幅で、お尻を肩より低く下ろす。背骨は少しカールさせ、前を向く。足首にバーをタッチさせてから、お尻と肩を同時に素早く起こし、バーを膝上からヒップまで移動させる。ヒップまで来たら、ジャンプしてバーを肩まで上げ、腰と膝を曲げ衝撃を吸収するような形でフロントスクワットになる。肘をあげるのを忘れない。

 

② The Hang Power Clean

これは①の半分。膝と腰を起こしてバーを肩の位置まで上げる動き。

 

③ The Snatch

バーを持つ手のスタンスはかなり広め。①のバーを肩まで上げる時に、肩を通り越してそのまま頭上へ上げる動き。腕は伸ばさずバーが完全に頭上に上がってから腕を伸ばして固定する。バーを頭上に上げる時は、スクワットして完全に座っている状態。

 

最後は、Conditioningのショートメニュー。今日は時間制限ありで、8分終了するまで何ラウンドでもやるというものでした。

 

Run

20 V-ups

10 Hand Release Push-ups

 

結局2ラウンド+3回目のランで8分終了。キツかった。でも終わった後の爽快感と「今日も筋肉が育ったかも」という期待感でみんな続けるんだろうなという感想。

 

明日から二週間は無制限でジムに通えます。子供達がいるから私が行けるのは火木の朝5時15分のクラス+週末一回だけですが、効果の程はまた報告します。

 

トレーニングを終えて家に戻ると、クロスフィットのジムをやめてきた夫がこれを買ってきました。

 

{3501B677-6262-49A9-A7F1-43A0FB745B59}


朝が弱い彼ですが、最初は出勤前に5時半のクラスに参加していたのですが、ここ一ヶ月以上一度も行っていない!数日前に初めて基礎トレーニングに4~500ドル払ったと聞かされ、月謝だって安くない(150ドルくらい)。しかも普通のジムも1年以上まともに行かず無駄にした後のクロスフィット会員です。私にブチ切れられる前に自ら退会してきました(笑)。

 

私も筋肉がついてきたら、もしかするとハマるかもしれません。ランもやらないタイプですが、学生時代は毎朝走っていたので長距離は得意分野です。夫は私のヨガルームを改造してヨガルーム兼ジムにすると意気込んでいるので、「自宅でクロスフィット」が初めて二人で楽しめる趣味になるかもと少し期待しています。

水曜日に二回目のトレーニングに行ってきました。

 

行く前に思ったけど、ヨガを始めた時みたいにレッスン前にドキドキしない(笑)。どちらかというと気が重い。パワーヨガでもコアワークアウトが苦手な私にとって、本格的な筋トレを1時間もやるのは拷問だもん。これは前回も言ったように「体に変化」が見られないとモチベーションが上がりません。

 

でも3週間はコミットすることを決めたので、やってみます。レギュラークラスに行ったらブートキャンプのような激しさにハマるのかもしれないし。

 

二回目の練習メニューはこんな感じ。

 

① The Back Squat

 

② The Front Squat

手を置く位置は肩より少し広めで、肘を少し上げる。しっかり握る必要なし、手はただのサポート。

 

③ The Overhead Squat

足は腰幅、手は広めに持ってバーベルを上げたままスクワット。バーベルは肩からしっかり引き上げる。脇の下は正面を向ける。

 

④ The Thruster

 

⑤ Kettle Bell Swing

 

この後に練習として以下のようなShort Workoutメニューを課せられました。

5 Dunbell Presses

10 Burpees

15 Kettle Bell Swings

 

これを 3ラウンドやるのだけど、ビギナーの私には制限時間設定なし。でも目安で5分程度。結果、やっぱり5分を少し超えました。やっぱり運動不足なんですね、これだけでヘロヘロになりました。一時間のクラス、ついていけるのだろうか?筋トレ系は本当に苦手です。

 

翌日は、腰と肩の関節がすごく痛くて辛かったです。風邪をひいたみたいな痛さだったので、ただ単に夫がもらってきた風邪がうつったのかもしれません。喉も痛いし。でも、筋肉痛になったらよく食べて栄養を与え、翌日も休まずに動くように言われたので軽くヨガをしたら本当に楽になりました。

 

今夜は基礎トレーニングの3回目です。これが終了したらグループでのレッスンに参加できます。時間制限とか回数の設定があるので、通常のクラスに参加するのはちょっと恐怖です。