木彫りウッドセラピー!心安らぐ初心者向けやさしい木彫り入門通信講座

木彫りウッドセラピー!心安らぐ初心者向けやさしい木彫り入門通信講座

工房「木彫りのぬいぐるみ」では木彫りで癒しを届けたいというコンセプトでオーダーメイドの制作販売と木彫り教室・通信講座をしています。
木彫り初心者の方に向けた彫り方を基本とした製作過程も公開!山口県から木彫りの楽しさと癒しを伝えていけたらと活動しています。

制作中だった屋久杉で作る縁結びのお守り「結心」。

 

お客様の希望でストラップとして形にして完成となりました!(*^-^*)

 

詳細はウェブサイトの方にまとめてみたので見てみてくださいね~!

 

 

 

こんにちは(*^_^*)

木彫り通信講座は実はその先がある。木彫家の大二郎です。

 

 

 

木彫り初心者向けに開発したオリジナルカリキュラム。

木彫り入門通信講座web「D.Family」という通信講座で用意しているカリキュラムは9作品!

 

これに加えて今は卒業制作というカリキュラムもあるので

トータルは10作品!

 

 

じゃあこれが終わるとどうなるのか。

 

 

 

「あとは頑張ってね~!」ってサポートを打ち切る。

 

 

わけではなく、

実は継続サポートというのをさせて頂いています(*^^)v

 

 

 

カリキュラムが終わるともう全部自分でやらなきゃいけないの?っていう不安もあると思うんです。

 

 

 

もちろん出来る人は自分でやってもらって良いんですけど、

不安がある人のために、そして更に学びを得たいという方のために継続サポートもやってるんです(*^-^*)

 

 

 

その木彫り通信講座の継続サポートで木彫りを楽しまれている生徒さんのために材料の準備!

線がいっぱい(笑)

この線はもちろん適当に描いたわけじゃなく、どこに何を配置するかっていうある意味設計図みたいなもの(*^_^*)

 

 

大二郎の木彫りは木彫りの中でも精密に彫る技術が学べる講座でもあります(*^-^*)

 

 

 

この画像の線は切り込みを入れる線だったり作品の基準になる線だったりといろいろあるわけですが、

今回の作品の材料は切り込みを入れるのがかなり大変(^-^;

 

生徒さんにやってもらっても良いんですけど、

今回はちょっと大変ですよー!ってお伝えしたら切り込み加工までしてからお届けすることになりました(*^_^*)

 

 

こうやって生徒さんが出来ない部分を僕がやることで

生徒さんが存分に木彫りを楽しむことが出来る(*^^)v

 

 

 

これ、自分だけでやってたら無理ですからね(^-^;

 

 

 

頑張って切り込みを入れようとしたら失敗しちゃった・・。

 

 

これが1回だけとかならまだ良いんですけど、

何回やっても上手くいかないっていう事もあると思うんですよ。

 

 

 

そうなったら、「もう辞めた!」ってなるかもしれませんよね。

 

 

そういう意味でもサポートしてもらえる環境があるっていうのは

木彫りを楽しむうえでとても重要だったりします(*^_^*)

 

 

 

木彫り入門通信講座web「D.Family」の生徒募集は不定期にはなっていますが、

次回募集は12月に出来ればと考えてます(*^^)v

 

すでに受講したいという声も届いていますので次回も狭き門になる予感・・・(>_<)

 

 

 

気になるあなたはまず14日間の無料通信講座がオススメ!

 

木彫り入門通信講座web「D.Family」の最新情報もお届けしていきますのでまずは無料通信講座を受講してみてくださいね!

9月も今日で終わりですね~!

 

今年の9月は本当に過ごしやすい日が多かったと思いません?

 

 

あ、でも最初は暑かったか(^-^;

 

 

そんな9月の後半にようやくぶどう園の看板をお届けすることが出来ました!(*^▽^*)

 

ぶどう園の看板制作の様子とお届けしたときの写真などはウェブサイトの方にまとめておいたのでよかったらご覧ください。

 

 

 

こんばんは(*^_^*)

屋久杉という不思議な力を持つ木で作るお守り。木彫家の大二郎です。

 

 

 

屋久杉で作る縁結びのお守り「結心」。

 

前回は木取りをしたところまでお伝えしましたが、あれから下描きをして糸のこ盤で切り取ったのがこちら!

このサイズ、そしてこのデザイン。

 

たぶんね、慣れてない人が屋久杉をこの形に切ろうと思うとほぼ間違いなく割れます(^-^;

中には絶対無理って思う人もいると思う。

 

 

僕も今まで何度も割ってきましたからね~・・。

 

 

でも今はこのサイズでも割れずに加工する方法を身に着けたので滅多に割れません(*^_^*)

 

 

 

そうやってこのサイズに屋久杉を切るだけでも難しいんですけど、

更にこれを彫っていくわけです^m^

 

これまた人によっては彫る前から放棄しちゃうかもしれませんね(笑)

 

 

要するに誰にでも彫れる作品じゃないんです。

 

 

まぁそもそもこの縁結びのお守り「結心」は僕がデザインしたものなので僕以外彫ってる人はいませんが(^-^;

 

 

 

今回もいつも通り、お客様の思いを受け取って、

僕なりに思いを込めながら彫り進めていきます!

 

 

まずはどこから彫るか。

気分次第で変えることもあるんですけど、今回は側面が気になったので側面から(*^_^*)

 

これ、見てください。

糸のこ盤で切り取っただけの状態なので側面がケバケバ。

 

ちょっと画像だとわかりにくいと思うんですけど、

彫ってみると一目瞭然!

オレンジ矢印を描いた辺りで側面の色が変わってるのがわかります?

 

わからないって言われたらもう謝るしかないんですけど、

彫る前と後で木の色味が全然違うんですよ(*^-^*)

 

 

木の繊維に逆らわずに彫る。

そしてまた彫刻刀の切れ味が良くないと濃い色は出てこない。

 

 

 

側面をグルっと彫れたら今度は表面を彫っていきますよー!(*^^)v

指を彫ってるんじゃないかっていうくらい彫刻刀と指の距離が近いですが、

まず指を切ることはないのでご安心ください^m^

 

 

屋久杉はその名の通り杉なので木目部分が堅いんです(^-^;

 

 

こういう木は曲線を彫るときに木目に刃が持っていかれがち。

 

そういう時はどうするかっていうと、

最初はすっごく浅く彫るんです(*^_^*)

 

 

1回で深く彫るんじゃなくて、浅く彫ってから2回目以降で深くなるように彫る。

 

 

こうするだけで曲線も綺麗に彫れるようになります(*^^)v

 

 

 

使ったのは6mmの印刀。

 

まぁ別に9mmでもある程度は彫れるんですけどね。

 

 

作品が小さいので大きいよりは小さいほうが彫りやすいです(*^_^*)

 

 

ひとまずここまで彫れました!(*^^)v

もうほとんど出来てるでしょ?(笑)

 

6mmって作品の3分の1くらいのサイズなんですけど、

それでも印刀はここまで彫れちゃう!

 

万能な刃物なんですよー^m^

 

 

 

ただこれ以上彫ろうと思うとちょっときつくなってきたので彫刻刀を変えていきます!

 

 

そして仕上げが近くなってきたので彫刻刀を研ぎ直す(*^_^*)

 

 

 

屋久杉とか杉って基本的には柔らかい木なんです。

 

 

柔らかいっていう事はめちゃくちゃ彫りやすいのかっていうとそうじゃなくて、

逆によく切れる刃物じゃないと彫れないんですよ(^-^;

 

 

ということで、

 

ここから使うであろう彫刻刀を研ぎ直しておきました!

上2本が剣先刀。

これが活躍してくれるんですよ~^m^

 

この剣先刀があるから彫れるって言っても良いくらい。

 

 

 

よく切れる彫刻刀で彫ると木の表情も変わってくるんです(*^-^*)

 

 

 

ここから完成に向けて更に集中してお客様の思いを感じながら彫っていきます!(>_<)

 

 

 

あなただけの特別なお守りを作ってみませんか?

屋久杉で作る縁結びのお守りをオーダーされる方はこちらへどうぞ!(*^_^*)

 

 

 

 

●あなただけの特別な作品をご用意することができます!
木彫り作品の制作依頼・お申込みなどの詳細はこちら

●この世の中、木彫りに優しさが足りません!ということで僕が一肌脱ぎました(笑)
無料木彫り通信講座の受講生募集中!14日間のメール講座です!

●木彫りを習いたい、木彫りをしてみたいという方へ
木彫り教室・木彫り体験・木彫り通信講座あります!

●ブログの内容を更に彫り下げた限定情報はここに書きます!
【無料メルマガ】木彫り作家があなただけに贈るホリホリ物語!

●お問合せ
090-6839-4775

 

 

先日誕生日を無事に迎えることができました(*^_^*)

 

このブログで気づいてメッセージくださった方もいて、本当にありがとうございます!

 

 

 

今までに本当にいろんなことを経験してきましたが、

辛い時期も乗り越えてこうして今木彫りを通して誰かの役に立てている。

 

僕にとっては奇跡のようなことです。

 

 

支えてくださる方、ご縁があるすべての方に感謝して、

これからも自分に出来ることを楽しくやっていきたいと思います!(*^-^*)

 

 

 

こんばんは(*^_^*)

看板は完成しました!木彫家の大二郎です。

 

 

 

オーダー頂いて進めてきたぶどう園の看板製作。

 

墨を入れ始めたところまで記事にしましたが、

あれから制作を進めて無事に完成となりました!(*^▽^*)

 

 

ここでドーンってその完成写真を載せても良いんですけど、

それはお客様にお届けしてからにしようかなと思ってます^m^

 

楽しみにしててくださいね!

 

 

 

ということで!

看板制作をひとまず終えて次のオーダーへと取り掛かり始めました!(>_<)

 

 

 

次のオーダーは屋久杉で作る縁結びのお守り「結心」!

 

エネルギーが高いという事でも知られている屋久杉。

この貴重な木材にお客様の思いを受け取って彫っていくのが「結心」。

 

 

今までに信じられないようなご縁を繋いできた不思議な力を持った作品なんです!

 

 

もちろん何が起きるかは僕にもわかりませんし、

何も起きない可能性もある。

 

 

でも確実にこの結心を手にしたお客様の心は変化すると僕は思います(*^_^*)

 

 

 

今回もお客様の思いを受け取って制作スタートです!

 

 

まずは屋久杉の木片から必要な厚みの木を切り出しました(*^^)v

ちょっとわかりにくいですが、切り取った木と切り取る前の木が重なってます。

 

 

屋久杉だからなのか、屋久杉って思ってるからなのか、

やっぱりこうして手を加えてる時も他の木とはなんだか違う感じを受けるんですよね。

 

 

ホントただの感覚的なものなんで、

僕の勘違いかもしれませんが(笑)

 

 

でもやっぱり何千年という月日を生きてきた木ですからね。

 

何か感じても不思議じゃないとも思う。

 

 

木に感謝して、手を加えさせて頂きます。

 

 

まずはこの切り取った木に鉋(かんな)をかけて、厚みを整えていきます!

 

 

ノコギリで切るときに端から6mmのところに線を書いて切ったので、

これから5mmまで厚みを落としていく。

 

それから結心の下描きを描いて、

今度は糸のこ盤で結心の形に切り取るっていう感じです!(*^-^*)

 

 

こうして書くと簡単そうに見えるでしょ?(*^。^*)

 

 

 

でもね、杉の木の表面を整えるには切れ味の良い刃物が必要ですし、

小さな形に糸のこ盤で切る取るのもコツが要る。

 

 

これは今までの経験で身に着けてきた技術があってこそなんです(*^_^*)

 

 

 

今僕にできるすべてをこの縁結びのお守り「結心」に込めて。

 

 

 

新しい作品を作るときはいつもワクワクしますね!(笑)

 

 

 

大切な木なので慎重に、

そして楽しく、思い込めて彫っていきたいと思います!(*^^)v

 

 

 

 

●あなただけの特別な作品をご用意することができます!
木彫り作品の制作依頼・お申込みなどの詳細はこちら

●この世の中、木彫りに優しさが足りません!ということで僕が一肌脱ぎました(笑)
無料木彫り通信講座の受講生募集中!14日間のメール講座です!

●木彫りを習いたい、木彫りをしてみたいという方へ
木彫り教室・木彫り体験・木彫り通信講座あります!

●ブログの内容を更に彫り下げた限定情報はここに書きます!
【無料メルマガ】木彫り作家があなただけに贈るホリホリ物語!

●お問合せ
090-6839-4775

 

 

 

完成間近に気を緩めちゃダメ(笑)

 

これは自分への言葉です(笑)

 

 

 

実は学生時代に授業で描いていた絵がありまして、

先生に高評価を頂きながら最後に手を抜いたばっかりに先生から見放された過去があります(^-^;

 

まぁ自分が悪いんですが・・・。

 

 

その教訓から最後まで手を抜かないことを学びました^m^

 

 

 

こんばんは(*^_^*)

木彫り看板は間もなく完成!木彫家の大二郎です。

 

 

 

どこまで彫るのか。

そんな自分との戦いのような時間を経て、彫り終わりにした看板。

 

早速次の工程へと入っております!(*^^)v

墨を入れていきます!!

これがもう緊張の連続(>_<)

 

墨を入れている容器で筆に墨を付けて、それを実際に塗る場所へと動かす間に「ポタッ・・」って墨が落ちちゃいけない場所に落ちるんじゃないかという不安(笑)

 

 

そして塗るべき場所を塗っているときも線からはみ出ないか、とか。

 

とにかく緊張感を持って集中して作業することが求められる。

 

 

 

でもこれがまたいい緊張感だったりするんですよ(笑)

 

 

何とも言えないんですけど、

確実に看板が看板として形になっていく様子を目の当たりにしながら今まで彫ってきた時間を思い出す感じかな(*^-^*)

 

 

 

この9文字に墨を入れる作業はたった9文字って思われるかもしれませんけど、

何時間もかけて丁寧にしていきます。

 

 

木彫り作品って不思議なもので、

制作を始めた当初は完成させることを目標に、またそれを望んで彫り進めるわけです。

 

 

でも完成が近づくと嬉しさとかワクワク感が増していくと共に

終わってしまう寂しさもあるんですよね(笑)

 

 

特にオーダー頂いた作品は完成後にお別れが待ってるからかもしれません(*^。^*)

 

 

 

 

でもね。

今制作しているぶどう園の看板はお届けした後も農園がオープンしている時期に会いに行ける(*^^)v

 

そういう意味では寂しさもいつもほどはないかな^m^

 

 

 

実はすでに今年のぶどう園はオープンしてて、

たぶん毎日お忙しいころだと思います。

 

またタイミングを合わせて今月中にはお届けできる予定ですので、

この看板がどういう形で掲げられるのか僕も楽しみです!

 

 

またそのあたりも公開できればと思ってますので楽しみにしててくださいね!(*^-^*)

 

 

 

 

●あなただけの特別な作品をご用意することができます!
木彫り作品の制作依頼・お申込みなどの詳細はこちら

●この世の中、木彫りに優しさが足りません!ということで僕が一肌脱ぎました(笑)
無料木彫り通信講座の受講生募集中!14日間のメール講座です!

●木彫りを習いたい、木彫りをしてみたいという方へ
木彫り教室・木彫り体験・木彫り通信講座あります!

●ブログの内容を更に彫り下げた限定情報はここに書きます!
【無料メルマガ】木彫り作家があなただけに贈るホリホリ物語!

●お問合せ
090-6839-4775

 

 

すでに台風の影響が出始めているのか、

ちょっと風がいつもより強い気がする。

 

台風は異常と言われるほどの強さにならないことを祈るばかりです。

 

 

 

こんばんは(*^_^*)

あんまり近くで見て欲しくないんですが・・・。木彫家の大二郎です。

 

 

 

木彫り看板の制作オーダーを頂き、彫らせて頂いているわけですが、

看板に限らず木彫りってどこまで彫るかって彫り手次第なんですよ(*^。^*)

 

例えば今彫ってる看板だって、

 

「どうせ近くで見る人なんていないんだから細かいところまでは彫らなくてもいいや」

 

こう思って彫ったらどうなると思います?

 

 

 

だいたい想像つくと思うんですけど、

その言葉通り、細かいところまで仕上げずに完成させるでしょうね。

 

 

 

「あら、この看板、よく見たら粗いね」

 

もしかしたらそんな風に思われるかもしれません(^-^;

 

 

 

僕はそれがイヤなんですよ(*^。^*)

 

完全な自己満足というか、ただそう思われたくないというだけなんですけど、

誰も見ないとしても出来る限り細かいところまで丁寧に仕上げたい。

 

 

 

例えばこの画像。

この位の位置から見てもちゃんと彫れてるようにも見えますよね(*^^)v

 

 

でも近づいてみると・・・

案外ケバケバしてて粗い(^-^;

 

まだ彫った木くずみたいなのもついてるんで、これを取り除けはもう少し見た目はマシになるかな。

 

 

でもやっぱりまだ彫るとキレイに出来るのは間違いない(*^_^*)

 

 

 

ここで彫るのをやめる人もいるかもしれません。

 

いや、たぶんいます(笑)

 

 

でも僕はまだ納得してないので彫る^m^

自分が納得できるラインっていうのがやっぱりあるんですよね。

 

 

ここまで彫っても誰も気づかないかもしれない。

 

でもそれはそれ(笑)

 

 

オーダー頂いた作品って言うのはお客様に喜んで欲しいっていう思いをもって彫るわけですけど、

それと同じくらい自分が納得するものを彫りたいと思ってます(*^_^*)

 

 

 

その分、時間はかかる。

 

というよりは。

 

あえて時間をかける。

 

 

 

中途半端なものが出来上がるよりも、

 

良いものが出来た。

 

 

そういうモノづくりをしていきたい(*^_^*)

 

 

 

僕が相手にしているのは同じものが2つとして存在しない、木という素材ですからね!

 

 

何百年、場合によっては何千年と生きてきたこの木を彫らせて頂くからには納得いくまで彫りたい。

 

 

 

たくさん作ることは出来なくても、

思いが宿った唯一無二のものづくり。

 

 

それが木彫りなんですよね(*^-^*)

 

 

 

 

●あなただけの特別な作品をご用意することができます!
木彫り作品の制作依頼・お申込みなどの詳細はこちら

●この世の中、木彫りに優しさが足りません!ということで僕が一肌脱ぎました(笑)
無料木彫り通信講座の受講生募集中!14日間のメール講座です!

●木彫りを習いたい、木彫りをしてみたいという方へ