木彫りウッドセラピー!心安らぐ初心者向けやさしい木彫り入門通信講座

木彫りウッドセラピー!心安らぐ初心者向けやさしい木彫り入門通信講座

工房「木彫りのぬいぐるみ」では木彫りで癒しを届けたいというコンセプトでオーダーメイドの制作販売と木彫り教室・通信講座をしています。
木彫り初心者の方に向けた彫り方を基本とした製作過程も公開!山口県から木彫りの楽しさと癒しを伝えていけたらと活動しています。

いつ載せようか迷ってた作品があります(笑)

 

 

それを今日は載せちゃいます~(*^-^*)

 

 

 

へびさんを彫りながら、

いや、どっちかというと今から載せる作品を優先的にやりながら

 

へびさんを彫ってた感じ(*^。^*)

 

 

ちょっと急ぎでホリホリしてたのがこちら!

看板制作しております~(*^_^*)

 

 

木彫りの看板を彫ってる時って、

載せるとどこの看板を作ってるかわかったりするし、

 

依頼主の方から載せないで欲しいとか言われることがよくあるんです。

 

 

まぁその気持ちはわかるので、

そういう時はもちろん載せません(*^_^*)

 

 

 

今回は書家である村上さんの文字を看板にして欲しいということで

只今彫らせて頂いているわけですが、

 

全貌公開は待って欲しい。

でも一部掲載するくらいは良いですよ。

 

ということで一部載せさせてもらいました~(笑)

 

 

見ての通り「梅」っていう文字を彫ってるところですね。

 

 

 

彫り方はかまぼこ彫り。

僕はよくこのかまぼこ彫りのことを布袋彫りって言いますけどね(*^_^*)

 

その方が縁起がいい感じがして好きなんです。

 

 

 

一部掲載はOKということですが、

今から載せる画像はギリギリかもしれません^m^

 

 

 

でもたぶん見てもどこの看板を彫ってるかってわからないと思うんですけどね~。

 

もしかしたらわかる人も居るのかなぁって感じですが、

載せちゃいます!(*^-^*)

けっこう文字の一部が出ちゃってますね~^m^

 

 

新しく出来る施設だったかな。

増設みたいになるんじゃないかと思うんですけど、

細かいところは僕もあんまりわかってないです(^-^;

 

 

今回は書家の村上さんが書かれた文字を彫るということなので、

線をできるだけ活かせるように、

 

微妙な歪みとかラインも出来るだけ拾いながら彫ってます。

 

 

 

単調な線にしてしまう方が彫るのも簡単なんですけど

 

筆で描いた文字の雰囲気を少しでも活かしたい。

 

 

 

ただパソコンとかで打ち出された文字なら、

単調な線だったりすると思うんですけどね。

 

書家さんが魂を込めて描いた線を僕が台無しにするのはイヤなので

丁寧に彫らせて頂いてます(*^_^*)

 

 

 

その分、時間は掛かると思いますが、

そうじゃないと生み出せないものがありますからね(*^-^*)

 

 

 

緊張感もありますが、

難しさがあるからこそ出来たときは嬉しいんですよね~!(*^_^*)

 

出来る前から出来たときのことを考えてますが(笑)

 

 

買い物中、クーポンで安くなる商品を見つけて

 

ラッキー!って思ってレジに行ったんですけど、

 

レジでクーポンを出すのを忘れてお会計をしてしまいました・・・( ;∀;)

 

 

地味にショックです・・・。

 

 

 

 

そんなこともありながら、

今彫っているへびさんを今日は載せちゃいますね(*^_^*)

 

 

 

このブログでこのへびさんを乗せるのは初めてかも。

まぁ他でもほぼ載せてないんですが(笑)

 

これは上から見たへびさん。

下絵もちょっと写ってますね(*^_^*)

 

うっすらとした絵ですが、

どういうへびさんを彫ろうとしているかわかりますね~^m^

 

 

立体の木彫り作品を作るときは本当に線をいかに書くかが大事!

 

 

下絵の段階もそうなんですけど、

彫っていくと木が形を変えていくと同時に下描きも消えるので

その都度、書き直しながら位置関係を決めていく。

 

 

上の画像は上から見たへびさんの胴体部分のラインを描いてるところ。

 

 

位置が決まったら、彫っていく!(*^-^*)

もうどこがどうなってるのかサッパリかもしれませんね(^-^;

 

へびさんの頭を横向きにして万力で挟んでおります(笑)

 

 

最初の画像で描いた線はココ。

この青線のところですね。

今はこの青線のところまで彫っているところです(*^_^*)

 

 

鑿(ノミ)を使って彫ってるんですけど、

右から左に彫るとちょっと逆目っぽい(^-^;

 

これがもし仕上げ彫りだったら

逆目に彫らない方が良いんですけど、

 

荒彫り段階の今は問題なし(*^^)v

 

 

もちろん反対方向から正しい方向(順目)に彫っても良いです。

 

その方が表面は綺麗になります。

 

 

でも逆目に彫ることで木を割るようにして

より大胆に早く彫るって言うのも1つの方法なんです~(*^_^*)

 

 

この辺りは彫ってみて木の割れ具合とか

そういうところを確認しながら出来る範囲でやる感じですね(*^-^*)

 

 

 

木彫りはある程度、木を見て彫り方を予測できますけど、

実際に彫ってみて判断することも多いので、

 

やっぱり木との対話が大事(*^_^*)

 

 

 

木彫り初心者の頃は木との対話が上手くできないので、

宇宙人と会話してるような感じになりますが(笑)

 

慣れてくると宇宙人だと思っていた木と

しっかりと対話できるようになるので

どんどん楽しくなっていくんですよね~^m^

 

 

 

そんな楽しい楽しい木彫りをやってみたくなった方には

僕が用意している無料の木彫りメール講座がオススメ!

 

知らないと差が付く無料木彫りメール講座の詳細はこちらへ~(*^_^*)

何を意識してやるか。

 

これすごく大事ですよね~(*^_^*)

 

 

 

車の運転とかでもどこを走るべきかを知っているからこそ、

ちゃんと正しい道を走ることを心がけて運転しますよね。

 

でもこれを知らずに車の運転をしたら・・・。

 

 

走っちゃいけないところも平気で走ると思うんですよ(笑)

 

 

 

 

複雑なルールがある道とか、

普段通らない道はちょっと不安になりますよね。

 

不安だから避けるっていう方も居ると思いますけど、

もし助手席に道路に詳しい人が乗ってて、

 

教えてくれてたらどうですか?(*^_^*)

 

 

安心して走っていけるような気がしますよね!(*^-^*)

 

 

 

 

木彫りをするときもやっぱりわからないこととか

はじめて彫るときって不安じゃないですか。

 

でも木彫り入門通信講座web「D.Family」を受講して頂くと

もれなく僕があなたの助手席に座ります(笑)

 

 

 

なので安心して木彫りに取り組めるし、

何より正しい方法を知ることが出来るわけです!(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

木彫り入門通信講座web「D.Family」を受講中の神奈川県にお住いのAさん。

 

 

初級クラス最後の作品、まるまるどんぐりを完成させたときに

すごく良い感想をくださいました(*^_^*)

 

 

「木口の面は固かったのですが、持ち方や彫刻刀の動かしかたを意識して取り組めたためか、手が痛くなったり彫り辛く大変だという事もなく進められました。」

 

 

 

 

持ち方や彫刻刀の動かし方意識して。

 

これがすごく大事です!

 

 

何が正しいかを理解しているからこそ出来ることですよね(*^-^*)

 

 

 

こんな風に正しいことを理解してそれを意識していないと、

何も変わらないので上達がほとんどなかったりします(^-^;

 

 

 

 

 

これは実際にAさんが彫られた時の画像(*^_^*)

 

これが球体になっていくのってすごく難しく感じるかもしれませんけど、

手順させ押さえれば大丈夫なんですよ~(*^^)v

 

 

 

最近はというか数年前から講座ではこういう型も用意してるので

通信講座であってもよりわかりやすく状況確認が出来ちゃいます(*^-^*)

 

 

この型を用意する前の生徒さんからは

今の環境が羨ましいと言われますが(笑)

 

 

常に進化している講座ですからね(*^^)v

 

 

 

 

 

状況に応じて僕もいろんなアドバイスをさせて頂いています。

 

これはその中の1枚。

これを見てどういう意図で用意したものかわかると凄いですが。

 

ちなみに右下の辺りに矢印がないのは・・・

 

 

描き忘れただけです(笑)

 

 

 

こういう情報は生徒さんの状況に合わせて、

テキストや動画にはない情報をお伝えさせてもらうので

受講生だけが得られる特別な情報だったりします(*^_^*)

 

 

 

木彫り通信講座はテキストと動画を活用して彫り進めながら

必要に応じて僕が軌道修正したり新たな情報をお伝えしていくので、

 

進めていくとこんな風にしっかりと球体にしていくことが出来ます(*^^)v

 

 

 

このまるまるどんぐりは最後に生徒さんそれぞれに好きな顔を描いて頂くわけですが、

Aさんはとても素敵な表情を描かれてます!

 

 

その完成作品がこちら!

癒される~(#^^#)

 

Aさんは狙って描いたのかわかりませんが、

結果的にお子さんが赤ちゃんだった頃の寝顔そのものになったようで

懐かしい気持ちになられたそうです(*^_^*)

 

 

自然と内に秘めたものが現れる。

 

これも木彫りの面白さであり魅力ですよね!(*^-^*)

 

 

 

木彫りをしていくことで自分自身のことを再発見したり、

新たな一面を見ることが出来たりするのもまた楽しいです(*^-^*)

 

 

 

出来なかったことが出来るようになる。

 

大人になってもこの体験は日々を幸せにしてくれますよ(*^^)v

 

 

 

 

現在、木彫り入門通信講座web「D.Family」27期生の事前登録を受付中!

 

登録しないと受講できない可能性がありますので、

事前登録のご案内をしている木彫りメルマガへの登録を今のうちにぜひどうぞ(*^^)v

 

木彫りメルマガの詳細はこちら

朝起きて、パジャマで過ごしてたら

 

子供に

 

「お父さんまだ着替えてないじゃん!僕もう着替えたよ!」

 

って自慢気に、嬉しそうに言われました(笑)

 

 

 

今度は僕がそのセリフを子供に言えるように頑張ります(笑)

 

 

 

 

 

そんなこともありながら、

5月12日からスタートした木彫り入門通信講座web「D.Family」27期生の事前登録!

 

 

早速登録を頂いております~!(>_<)

ありがとうございます!

 

 

最近思うんですよね。

 

この木彫り入門通信講座web「D.Family」を受講した生徒さんは

 

各地にある木彫り教室に通うよりも、

かなり早いスピードで技術も知識も身に付いていってる!って。

 

 

 

実際に比べられるのは僕が地元防府市で開講している木彫り教室なんですけど、

 

木彫り教室の生徒さんが3年掛けて身に付ける内容を

木彫り通信講座の生徒さんは1年くらいで身に付けちゃうんです!

 

 

 

カリキュラムの内容は基本的に同じなんですけど、

木彫り通信講座は僕との接触頻度が多いのと、

 

すでに僕がお伝えしたいことはテキストや動画にまとめてあるので

生徒さんのペースでどんどん進めていけるわけです!

 

 

木彫り教室の場合は教室の時間だけ進めていける状況なので

木彫り通信講座を受講した生徒さんの方が飛躍的に木彫りが出来るようになっていきます!(>_<)

 

 

もちろん木彫りに使える時間はそれぞれ違うので、

通信講座であってもペースがゆっくりな方はその分時間が必要なので

木彫り教室の方の方が早いっていうこともありますけどね。

 

でも平均するとやっぱり木彫り通信講座の方が圧倒的に早い。

 

 

 

ただやっぱり対面の木彫り教室の方が良いっていう方もいらっしゃいますし、

確かに木彫り教室じゃないと出来ないこともあるので、

 

どっちが正解っていうことはないですけどね(*^_^*)

 

 

 

 

でも木彫り教室の方が学べるという認識はもう古いと思ってください。

 

 

 

もちろん通信講座であればなんでも良いっていうわけじゃないですが(^-^;

 

 

 

他の木彫り通信講座を受講したことがないのでわかりませんが、

僕が言えるのは木彫り入門通信講座web「D.Family」の場合ということになります!

 

 

 

それだけの質が木彫り入門通信講座web「D.Family」にはありますし、

実際に生徒さんがそれだけの実績を出しちゃってます!(*^^)v

 

 

 

僕自身も木彫りしてると楽しくてもっともっとって思いながら彫ってたりしますが、

同じように生徒さんも楽しんでもらえてるのがホント嬉しい^m^

 

 

受講した人にしか見ることが出来ない景色があります!

 

 

木彫り入門通信講座web「D.Family」の最新情報はもちろん、

現在受け付け中の事前登録のご案内は木彫りメルマガのみで行っていますので

 

登録がまだという方は忘れないうちにどうぞ!

 

木彫りメルマガの詳細はこちら

小学校の時はなんとなく出来たはずなのに・・・。

 

 

大人になって木彫りを初めてみたらなんか上手くいかない。

 

 

 

そういう経験というか、

まさに今そういう状況だったり、

 

過去にそういう状況になって木彫りやめちゃったっていう方もいるかもしれません。

 

 

 

 

モッタイナイ!!(>_<)

 

 

 

 

上手くいかないのはあなたが下手だからじゃなくて、

 

小学生の時と状況が違うだけだったりします。

 

 

 

 

なので、上手くいかない原因を知って、

正しい方法で木彫りをはじめることが出来れば、

 

サクサク彫れて楽しい木彫り時間が手に入るんですよ~!(*^_^*)

 

 

 

 

例えば神奈川県のSさんは木彫り入門通信講座web「D.Family」を受講して

最初の作品を完成させたときにこんな感想を書かれています!

 

「あまりにも切れ味の良い彫刻刀に彫る事が楽しすぎて一気に彫ってしまいました。
彫り跡がツヤツヤとして彫れた時は、感動しました。」

 

 

 

これは僕が木彫り通信講座と木彫り教室でオススメしている彫刻刀が良かったみたいですね~!(*^-^*)

 

やっぱり道具って大事なので、木彫り初心者だから適当で良いんじゃなくて、

木彫り初心者だからこそ選んで欲しいものがあります!

 

 

 

そして次の作品を完成させたときの作品と感想の一部がこちら。

「実は印刀の使い方が初めはよくわからず、〇〇して彫る事ができるのには驚きました。」

 

 

 

今回はあえて一部伏せさせて頂きました(*^。^*)

 

Sさんが書かれているようにほとんどの方は印刀って最初は使い方がよくわからないんです。

 

 

 

印刀は小学校とかの授業でもほぼ使わないんですよね。

 

版画とかを彫るときにあまり使うことがないというのもありますけど、

丸刀や三角刀に比べてちょっと難しいのもあるのかな。

 

 

 

 

でも木彫りを趣味にしようと思うと、

立体制作はもちろん、レリーフとかでもやっぱり印刀は使うんですよね。

 

 

彫刻刀は彫刻刀だから使えるだろう。

 

そう思うかもしれませんけど、

丸刀や三角刀のようにはいかないのが印刀(^-^;

 

 

 

だからこそ使い方をまずは知るっていうことが大事なんです。

 

 

 

正しい方法を知るとSさんのように驚くような内容だったりするわけです^m^

 

 

 

正しい方法を知らずに市販の本とか独学でネットで調べたりしても

なかなか身に付かなかったりします。

 

 

結局、やってみたけど上手くいかない。

 

難しい。

 

 

楽しくないからってやめちゃう。

 

 

 

逆に言えば、

 

正しい方法を知ることが出来れば、

 

 

上手くいくようになるので楽しくてやめたくなくなるわけです(笑)

 

 

 

ヤバイ!

 

楽しすぎて手が止まらん(笑)

 

 

 

みたいな(笑)

 

 

 

 

もちろん知識とか技術を頭で理解してもすぐに実践できるかどうかは

個人差もあるのでわかりませんけど、

 

そういう学びを得られる環境がいかに大事かっていうことです(*^_^*)

 

 

 

木彫り入門通信講座web「D.Family」の生徒さんは身を持って実感されるので

日々嬉しい感想が届いております(*^-^*)

 

 

 

 

最近は自分でも思うんですけど、

木彫り入門通信講座web「D.Family」は通う形の木彫り教室を越えちゃってるかも^m^

 

 

 

通信だから学べるのか心配って思われる人も居ると思うんですけど、

 

実は通信だからこそ学べるっていう事実が今現実としてあるんですよね(*^-^*)

 

 

 

 

お陰様で次回は27期生の募集をさせて頂きます!(*^-^*)

 

27期生の正式募集は6月に入ってからを予定しているんですけど、

今週末から事前登録を受付します!(*^^)v

 

 

 

事前登録をしていないと受講できない可能性もありますからね~!(>_<)

 

事前登録の受付はメルマガのみでやりますので

登録がまだの方はこちらから詳細を確認して、忘れずに登録しておいてくださいね!(*^^)v