木彫りウッドセラピー!心安らぐ初心者向けやさしい木彫り入門通信講座

木彫りウッドセラピー!心安らぐ初心者向けやさしい木彫り入門通信講座

工房「木彫りのぬいぐるみ」では木彫りで癒しを届けたいというコンセプトでオーダーメイドの制作販売と木彫り教室・通信講座をしています。
木彫り初心者の方に向けた彫り方を基本とした製作過程も公開!山口県から木彫りの楽しさと癒しを伝えていけたらと活動しています。

木彫りの見栄えを大きく左右するポイント。

 

それはやっぱり境目なんです(*^_^*)

 

 

 

前回の小さな木彫り作品と今回の大きな木彫り作品。

 

 

大きいから細かい部分は少々粗くても良い?

 

 

いやいや、やっぱり境目を仕上げるという意味ではどちらも同じなんですよ。

 

 

 

こんばんは(*^_^*)

大きくても基本は同じ。木彫家の大二郎です。

 

 

 

見栄えを大きく左右するポイントは境目と言っておきながら

今彫ってるのはまだ線の内側だったりする(笑)

鑿(のみ)を使って大きく彫り下げていっています!

 

 

今回も布袋彫り!

やっぱり縁起も良いし、この彫り方が個人的に好き(*^^)v

 

 

大きく彫れるからと言ってもやっぱり線の境目を綺麗に仕上げるためにあんまり線のギリギリまで彫らないように注意ね。

 

 

線のところまで鑿でしっかり彫っちゃうと仕上げる時に困ったりするんですよ(^-^;

 

 

 

この文字は制作依頼をしてくださった方の直筆。

 

筆で描かれたものをそのまま木材に写したんで、出来るだけそのまま再現したいんです。

 

 

 

線が歪んでたりして、

ここはたぶん意図してないラインだなという部分は滑らかな線にしたりはしますけどね(笑)

 

 

 

筆らしいラインが出ているところは少しでも拾っていく。

 

 

 

そういう微妙なラインを最終的に出すためにも

鑿で彫るときは線の内側をキープ!

 

 

 

そしてこの上の画像に写ってる鑿!

実は前回看板を彫ってるときに刃先を自分で研いで加工したもの^m^

 

 

 

どういう加工をしたのかと言うと、こうです!

平鑿と言われる平らになっている刃先を丸刃へと変更!(*^-^*)

 

 

こうするとどうなるのか。

単純な事ではあるんですけど、木に当たる面積が変わります!

 

 

一度に触れる面積が多いほど木の抵抗が大きいし、彫りたくない部分まで彫ってしまう可能性もある。

 

 

 

でも右側のような丸刃にすることで、

木に当たる面積が減り、彫りたい部分を狙いやすくなる(*^^)v

 

 

 

前回ぶどう園の看板を彫らせて頂いたときに

この形状の刃があった方が良いと痛感したわけで。

 

その時に研いで加工したわけですが、

前回は制作がある程度進んでいたのであんまり出番がなかった(^-^;

 

 

 

でも今回は最初から大活躍してくれてます(*^_^*)

 

 

 

鑿を使うとどんどん彫っていけるので楽しいんですけど、

大きく彫れる分、彫り過ぎないように気を付けないと取り返しがつかなくなる・・。

 

 

大胆さの中にも慎重さが求められるっていう感じですね!

 

 

 

でもやっぱり楽しい^m^

 

 

 

 

彫るのも楽しいし、

また木の表面に描かれただけの文字が彫ることでめちゃくちゃかっこよくなっていくのがまた楽しい(*^_^*)

 

 

 

看板は木の上にただ文字を書くだけでも成立するかもしれませんけど、

木彫りにするだけで見る人の心を動かしてくれる。

 

 

 

オーダーしてくださったお客様もやっぱりその手彫りの魅力を実感されているからこそ依頼してくださったようです(*^_^*)

 

 

 

大切な作品ですからね。

細かい部分まで丁寧に、世界で1つだけの看板にしていきます!

 

 

気づけば桜の季節も終わり。(これからの地域もあるかな)

 

制作していたIT塾スオウパーティのロゴバッジも完成!

 

 

していたのにここで報告するのを忘れ・・・(笑)

 

 

次の木彫り作品のオーダー制作へと移行しております(*^_^*)

 

 

 

おはようございます(*^-^*)

制作対象の振れ幅すごい。木彫家の大二郎です。

 

 

 

そうなんです。

制作していたIT塾スオウパーティのバッジは完成しております!(>_<)

 

ここにも完成報告をしたつもりだったんですけど、

ウェブサイトにまとめ記事を書いただけで満足して多っぽい(^-^;

 

失礼しました。

 

 

 

ということであのめちゃくちゃ細かいパーツがいっぱいの木彫り作品の完成写真はこちらをご覧ください(*^_^*)

 

 

 

 

そして次のオーダーは何かと言いますと、

先ほども振れ幅がすごいと書いたようにスオウパーティの木彫り作品とは大きさが桁違いです(笑)

 

 

 

 

何かというと、こちら!

一部だけですが、看板になります~(*^-^*)

 

 

大きさはだいたい1mくらい。

昨年制作させて頂いたぶどう園の看板よりは少し小さいですけどね。

 

 

 

そしてそのぶどう園の看板ともう1つ違うのは樹種。

前回は桜の木でしたけど、今回は桧!

 

偶然ですが、今回も材料はオーダーしてくださった方が用意されました(*^-^*)

 

 

 

桜よりも桧の方が柔らかいので彫りやすいんですけど、

桜よりも注意するべきポイントがあるんです。

 

 

それは針葉樹と広葉樹の違いでもあって、

針葉樹である桧の方が繊維に沿って割れやすい!(>_<)

 

 

しっかりと繊維を切りながら彫っていかないと文字部分以外に亀裂が入ったりしちゃうんです。

 

 

 

この性質をまず理解した上で、

対応方法としてポイントとなるのは2つ!

 

 

 

1つ目は彫り方ですね。

先に繊維を切ってから彫っていく。

 

言葉で言ってもわかりにくいかもしれませんね(^-^;

 

 

 

もう1つは切れ味の良い刃物で彫る。

 

切れ味が悪いと繊維を綺麗に切ることが出来ないんですよ。

 

 

切れ味が悪い刃物で彫ると、繊維が切れずに割れてしまう。

 

 

 

このポイントを理解して、実践することが出来れば桧も綺麗に彫っていく事が出来ます(*^^)v

 

 

 

さぁ僕がそのポイントを抑えて上手いこと彫れるのか、

楽しみにしていてくださいね!(*^-^*)

 

(自分で自分にプレッシャーかけてる(^-^;)

「木彫りをしてみたい!」

「自分にできるか不安。」


この気持ちって最初は両方ありますよね。



こんにちは。
木彫り教室の講師。木彫り作家の大二郎です。



木彫りほど木に向き合う物づくりはないと僕は思います!

手で彫刻刀を使って彫る。

言葉にするのは簡単ですけど、木の性質や特徴を理解していないと上手く彫る事ができないんです。


独学で初めてみるのも良いんですけど、正しい彫り方って理解するのに時間がかかったり、何年もわからないままだったりっていう事もあります。


そういう点で、誰かに教えてもらうとそういう問題が一瞬で解決します(笑)


今までのはなんだったんだ?っていうくらいに(^_^;)


僕自身が独学で遠回りしてきたからこそ教えてもらう価値を身を持って体感してますし、

教室に来られている生徒さんも「これは教えてもらわないとわかりませんね!」と言われます(*^_^*)


どんなことでもそうですけど、上手くなりたかったら自分より上手い人に教えてもらうのが1番の近道です!

ここに年齢や性別は関係ないと思いませんか?(^○^)



木彫りは何百回、何千回と1つの木に触れながら制作する物作り。


機械を使って「ガーー!」って削ったり切ったりするのは簡単。
もちろん正確に切るには技術が要りますし、機械の扱いにも注意が必要ですけどね(^_^;)

でも木の性質を考えずにできちゃうから、表面が逆立ったり綺麗じゃなかったり。

もちろん機械を使うときも木の事を理解して使うと表面も綺麗にできます(*^^)v


その点木彫りは力任せではなく、人と木が寄り添う事で作業が進む(*^_^*)

最初は難しさも有ります。


でも彫れるようになるとこんなに楽しい事はない!(>_<)


時間を忘れて夢中になるってすっごい良いですよ^m^

最近、そういう時間を持ててますか?(*^。^*)



「私に向いてるかなぁ、できるかなぁ」

って思いますよね?(*^。^*)


その気持ちもよくわかります。

今までに何度も質問されました。


でも大丈夫です!(*^_^*)
諦めなければ僕が必ず彫れるようになるまでサポートします!


現在僕が木彫りをはじめたい人にご用意しているのは4つ。

 

 

■知らないと差が付く無料木彫り通信講座■
木彫り始めたいけど何から始めたら良いの?
そんなあなたの為に無料で受講できる14日間のメール講座を用意させて頂いてます。

「無料なのにこんなに盛りだくさんで良いんですか!?」
と言われるほどのこの講座を受講して木彫りを始められた方も多数いらっしゃいます!
すでに200名以上が受講した無料講座の登録はこちら

 

 

■木彫り入門通信講座■
近所に木彫り教室がない。彫りたいものが彫れる教室が見つからない。
そんなあなたにオススメ!
初心者向けオリジナルカリキュラムの材料とテキストとお届けしますので、テキストを見ながら制作して頂きます。
何度でも質問しながら進める事ができるので安心です(*^_^*)
次回18期生の募集は2021年夏ごろを予定しています!
木彫り入門通信講座の案内はこちら

 

 

■木彫り体験教室■
2時間程度で作品を作って頂きます。
まずは木彫り体験の詳細を確認してみて下さいね!

 

 

■木彫り教室■
山口県防府の教室に通って頂き、彫刻刀の持ち方から学んで最終的には立体の作品を彫って頂きます。
定員枠がありますので、詳細を確認の上、まずはお問い合わせください。

 


何か趣味が欲しいという人はいきなり木彫り教室や木彫り通信講座でも良いと思います!

木彫り初心者の方の入門向けに僕が特別に考案したカリキュラムをご用意してます!

あなたのやる気次第ではありますが、諦めなければ僕が必ず彫れるようになるまでサポート!


「いや~、私はちょっと続くかわからない」

という方はまずは体験教室へお越しください!(*^_^*)


彫刻刀もお貸ししますので、まずは木を彫るということを体験して楽しさを感じてもらえたらと思います!(*^^)v



僕も始めたばかりの頃は全然上手く彫れなくて、辞めようかなと思った事や木彫り自体をしてなかった時期もあります。

そういう時期を経験しているので最初上手く彫れない事はダメじゃないとわかってます!(*^^)v


でもそこを乗り越えたら、もう木彫りが楽しくてしょうがない(笑)


こうして今あなたがブログを見てくださっている。
これも何かのご縁です。

人と人の繋がりを大切に、1度きりの人生をもっともっと楽しみましょう!(^○^)

 

 

 

 

 

●あなただけの特別な作品をご用意することができます!
木彫り作品の制作依頼・お申込みなどの詳細はこちら

●この世の中、木彫りに優しさが足りません!ということで僕が一肌脱ぎました(笑)
無料木彫り通信講座の受講生募集中!14日間のメール講座です!

●木彫りを習いたい、木彫りをしてみたいという方へ
木彫り教室・木彫り体験・木彫り通信講座あります!

●ブログの内容を更に彫り下げた限定情報はここに書きます!
【無料メルマガ】木彫り作家があなただけに贈るホリホリ物語!

●お問合せ
090-6839-4775

 

 

 

 

もうすぐ始まる木彫り入門通信講座web「D.Family」の17期生募集!(*^-^*)

 

 

もうすぐって3日後とか、明日とかじゃなくて

 

今日ですからね!(笑)

 

 

 

こんにちは(*^-^*)

木彫り作品の制作依頼が続々来ております。木彫家の大二郎です。

 

 

 

木彫り入門通信講座web「D.Family」17期生の募集を本日からスタートするために準備しているわけですが、

 

すでに受講希望の声がたくさん!(>_<)

 

 

 

過去にここまで多くの方が事前に受講希望って言われてたことあったかなっていうくらい。

 

本当に有難いことです。

 

 

受講したいという方の思いにしっかりと応えていけるよう頑張りますよー!(*^-^*)

 

一緒に木彫りを楽しめる仲間が増えるのが楽しみです!(*^^)v

 

 

 

そんな中、オーダー制作も少しずつですが進めてまして、

スオウパーティのロゴが間もなく完成です!(*^^)v

いや~、ここまで彫るの大変だった~(>_<)

 

でもね、これがまた彫れてくると楽しくてね(笑)

 

 

あ、でも上の画像の状態が完成ではないんです(^-^;

 

 

下描きしたパーツの形に彫り出したというところ。

 

 

「え?これで完成じゃないの?」

 

って思われるかもしれませんけど、

 

完成じゃないんです(笑)

 

 

ここから各パーツをさらに仕上げていきます!(*^-^*)

 

 

 

何をするのかって言うと面取りですね。

 

これもお客様の希望なんですけど、

カクカクしているよりも丸みがある方が良いという事でパーツ1つ1つを面取りしていきます!

 

 

パーツの周りを彫るのは幅が1.5mmとかの彫刻刀を使ったり、

もっと細い彫刻刀を自作して彫ってたわけですが、

 

面取りは案外そこまで幅が狭くなくても大丈夫なんですよ(*^^)v

 

 

印刀の切っ先だけを使うので幅が4.5mmくらいでも良いかな(*^_^*)

 

 

 

そうは言っても気を抜くとパーツがポロっといってしまうので

集中していかなきゃね!(*^_^*)

 

 

 

進捗状況もオーダーしてくださったスオウパーティのHさんに報告すると

予想以上だという反応を頂いて嬉しい限り!

 

 

時間はかかるけど、納得いくものをお届けしたいと思います(*^-^*)

春になると新しいことを始めたくなりますよね!

 

だからっていうわけでもないんですけど、

彫刻刀を自作してみました(笑)

 

 

「え?彫刻刀って自分で作れるの?」

 

 

 

はい。

 

やれば出来るもんです(笑)

 

 

 

おはようございます(*^_^*)

彫刻刀を自作した結果・・・。木彫家の大二郎です。

 

 

 

春だからっていうのは半分ホントで半分冗談っていうか、

彫刻刀を作ろうと思った一番の理由は彫りたいところが彫れないと思ったから(^-^;

 

何かって今制作しているスオウパーティのロゴ!

各パーツの周りを少しずつ調整しながら彫り進めてたわけですが、

1mm以下の部分とかがなかなか思ったように彫れない。

 

技術を駆使してある程度は対応してたんですけど、

ちょっと厳しいなぁって感じ。

 

 

そこで彫刻刀を自作しちゃおう!って思ったわけです(笑)

 

 

問題は何を使うのか!

 

これですよね!(*^。^*)

 

 

刃物になるような金属って家にあるかな。

 

しかも細いやつ。

 

 

 

いろいろ探してる中で目に留まったのがコレ(笑)

安全ピンです!

使えるかどうか考えてるときにグッと開いたのでそのまま撮影してます(笑)

 

これを切って彫刻刀にしてみることにしました!(*^-^*)

 

 

 

その様子をここで全部書こうと思うと長い記事になりそうなので

今回は写真を並べる形にはなりますが動画にしてみました(*^▽^*)

 

 

 

 

作ってみた結果、どうだったのか。

 

動画の最後に描いておきましたので良かったらご覧ください(笑)

 

 

 

 

また別の素材で作ろ~(笑)