無垢フローリング販売 WOOD赤松 BLOG 

無垢フローリング販売 WOOD赤松 BLOG 

無垢フローリングの販売を通じて、無垢材の魅力やフローリング裏話など日々の出来事。

すべて天然木の無垢材を使っています

 WOOD赤松で取り扱う商品は、すべて天然木から切り出した無垢材を使用しています。

 本来の木の質感や風合いをお楽しみいただけます。床材の中でも耐久性に優れ、自然素材なので人に影響する有害物質は一切含まれていません。

kodawari-1



テーマ:

お世話になりますWOOD赤松です。

 

相変わらずナラが少なくなっております。

ナラと言えばミズナラで日本から中国東北・ロシアに分布している材です。

 

ナラを英語読みでオーク

しかしながら、北米・ヨーロッパ産のオークはホワイトオークと良い若干違います。

こちらのオークはホワイトオークと呼ばれるもので、人気のある材でウイスキー樽などにも利用されていますね。

 

木目の詰まり方や若干の色合い、虎斑の量など違うようですが正直見分けれるか自身がありません。

 

今回ホワイトオークの取扱も開始しました。こちらはヨーロッパ産ホワイトオークです。

まずは、サイズが150幅のワイドな乱尺のみ取り扱います。

画像は乱尺の1辺(無塗装)と下は、ナラの無塗装90幅です。厚みは同じですがなぜか厚いのではと思わせる存在感ですね。この手の材は伸縮も多少あるため施工ではスペーサーをしっかり嵌めて施工して下さい。

 

そのうち90幅も入荷する予定です。

 

あと羽目板の取扱も再開しました。

これまではレッドパインでしたが、人気のレッドシダーを取り扱います。

 

 

 

 

 


テーマ:

お世話になりますWOOD赤松です。

 

濃い色系でご検討中のお客様に小さな着色サンプルの作製です。

ナラ、栗をオスモカラー濃い茶系・ルビオモノコート濃い茶系で塗装しております。

サンプルは基本的にコテバケを使わず、ウエスなどでメーカー指定の塗装方法に従い塗装します。

サネ部分やサイド部分などが結構汚く塗装されます。

 

このような端材に色々塗装して、その後30cmサンプル2枚などで対応致します。

このあたりはご相談下さい。

 

このように一気に塗ると、どれが何か判らなくなります。

塗料の違いはニオイで一発でわかりますが、実は色より栗とナラが部位により変わらなくなりそうになります。

サイズがあれば比重で一発で解るのですが・・・端材だと部位によりたまに・・・・自身がなくなります。

 

上記あたりのサンプル作製は無料で対応しておりますのでご相談下さい。

 

右端の方の長めの材は、チークと樺桜です。

 

 

 

 


テーマ:

お世話になりますWOOD赤松です。

 

ようやく酷暑も過ぎ、朝夕涼しい感じとなりました。

塗装作業も乾きやすく作業もしやすくなりました。

 

ひさびさにフローリングの紹介です。

チーク プレミアム UNI 1820*90*15 UV塗装つや消し

じわじわと人気を伸ばしている商品なのでここでダメ押しに! 仕上がりもよく見た目の質感が自然な感じなのでおすすめです。

 

塗装がつや消しとなっております。

 

一般のUV塗装は(国内の場合)光沢が30-40%で仕上げてあります。欧州北米などはもっとピカピカ50-60%のものもあります。日本でもたまに流通していますね。

30%との光沢の比較は

 

左;FJL チークの調色UV塗装 光沢30-40%

右:チーク 光沢10%

色の違いですが、左は白太を目立たなくするために調色されています。実はチークのUV塗装はこの手の材が多く

UNIタイプでも白太に色を入れて目立たなくしている商品が多々あります。

 

チークは他の材と比較して白太の有無で非常に値段差がある商品ですね。

 

自然オイル塗装(オスモカラー)とUV塗装つや消しを並べた画像です。

右2枚がその並びですね。

ミャンマーチークがUV塗装 光沢30%なのでその反射具合がよくわかります。

ちなみにオスモカラーもつや消しで塗装しています。

 

いかがですか!

 

まだ少し在庫は残っています。

 

 

 

 

 

 


テーマ:

お世話になりますWOOD赤松です。

 

お盆中もサンプル作製、自然オイル塗装作業と・・・・こっそり営業中です。

 

サンプルを整理してて、また今回依頼頂いたサンプルで興味深いものがありましたので数点ご紹介。

 

まずは西南桜 ナチュラルグレード(節有)

最近人気の高いホワイト系塗装です。

 

両方オスモカラー

左:フロアカラー ホワイト 2回塗り

右:ウッドワックス ホワイトスプルース 1回 フロアクリアーつや消し 1回

光沢の関係は、フロアカラーが3分つや有りであるためです。

 

実際白さでは若干ホワイトスプルースのほうが白いでしょうか。

ただフロアカラーの白のほうが自然な白さに見えます。あくまでもサンプルレベルと木のとの相性もあります。

 

木との相性といえば、色によりきれいに乗る色とそうでない色が結構あります。色と樹種の相性ですかね?木肌の違いも顔料の入り方とか異なります。その仕上がりは本当にお客様それぞれです。

 

次はアカシアのリボスウォールナットとルビオモノコートウォールナットです。

前から思っているのですがルビオモノコートのウォールナット色はかなり薄い。ウォールナット色?と確認したくなりますが・・・・

実はウォールナット色と考えれば正しい色かもしれません。オスモやリボスのウォールナットはアメリカンブラックウォールなット系で、ルビオは普通の鬼胡桃などのウォールナット色?ではないかと。一度総代理店様に聞いてみたいと思います。

左:リボス カルデット ウォールナット 2回塗り

右:ルビオモノコート オイルプラスA ウォールナット 1回塗り

同じウォールナット色と表記して色とは思えない違いですね。

 

リボスは基本的にクリアの塗料から赤味が強いので、ウォールナット色もチーク?と思わせる感じもあります。

左:チーク UV塗装つや消し

右:アカシア リボス ウォールナット色

リボスのウォルナット色は赤いのでチークに近いですね。リボスのチーク色はもっと赤が強いです。

 

一度各塗料3枚づつほど、ウォールナット・チークで並べて見たいと思います。

1820mm材で各3枚づつは多分塗装済みのがあるはずなので・・・

 

自然オイル塗装サンプルはお問い合わせ下さい。

 

 

 


テーマ:

お世話になりますWOOD赤松です。

 

他の自然オイル塗料と一線を画するルビオモノコートです。

基本的にオイル系塗料です。

成分も

亜麻仁油、蜜蝋、カルナバワックス、無鉛性乾燥剤、顔料(着色の場合)

 

成分だけみれば、他のオイルより要らないものが入ってないですね。

 

画期的な技術から生まれた「一回塗り」で着色と保護を可能にした自然オイル。

だそうです!!詳細はルビオモノコートさんのニッシンイクス様のHPを参照下さい。

 

今回はアカシアにチョコレート色の塗装です。

一般的に他の塗料ではウォールナット色が人気ですが、どうもルビオモノコートのウォールナット色は非常に色が薄いような気がします。

濃い系の茶系なら断然チョコレート色が良いですね。

特にアカシアにチョコレート色は非常に相性が良いです。

 

撮影場所が暗く少し茶色が出ていませんが・・・・

 

ルビオモノコートの良いところはリカバリの良さですね。

傷や塗装剥がれに対して簡単に再塗装が可能だそうです。

 

実際塗装中にムラが出た場合もきれいに拭き上げたり、再塗装で簡単にリカバリ可能です。

 

ルビオモノコートの塗装!!

クリアは超楽ですが、着色は少し大変です・・・・顔料が入る分伸びが違うようで・・・・

塗りすぎると顔料が溜まり拭き取りが大変・・・・

塗料が少ないと伸ばすのが大変・・・・拭き取りは少し楽になりますが・・・・

 

塗装する時にどれだけ刷毛に塗料を乗せるかで塗りやすさが変わりますね。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス