バラの冬作業・活力のある枝との組み替え。 横浜市青葉区のガーデンより | バラの庭・アトリエ・小さな雑貨・ウッドチップスの裏庭ブログ【 wood-chips 】
2018-02-04

バラの冬作業・活力のある枝との組み替え。 横浜市青葉区のガーデンより

テーマ:バラの冬作業 剪定と誘引

ローズヒップ

 

 

週末までの冬作業、雪の残る横浜市青葉区のガーデンへ。

 

葉を落として頂けていたので、勢いを落としている古枝と小枝を剪定しながら

 

ローズヒップ(ロサ ムリガニー/ボビージェームスは少し)を収集。

 

 

バラの誘引作業

 

 

外壁面に誘引されている、アルベリック バルビエ。

 

 

バラの剪定作業

 

 

勢いのある枝を伸ばして来たので、古枝との入れ替え(更新)作業。

 

ひと通り剪定し解したところ。 ここからは解しながら剪定と誘引を。

 

 

バラの誘引作業

 

 

壁面に活力のある新しい枝を、高い割合で取り回せました。

 

ここで言うところの古枝は、活力を落としている物であったり

 

取り回しの流れで重なる枝の、活力が劣る方の枝をさしています。

 

なので、元気な枝が多ければ古枝ではないことも。

 

※選別の基準は、バラの状態や空間の状況により変えています。

 

 

ロサムリガニー

 

 

チェンソーにて植木を伐採、長い枝を取り回し易くなりました。

 

勢いのある新しい枝をふんだんに取り入れ、形を整えたロサムリガニー。

 

後方のバラは、中庭からのボビージェームス。

 

お昼から雨具を着込むも 順調に進めた作業、思いのほか仕事が残る・・。

 

前回、フェンスの塗り替えに時間を割いた分を忘れていました。

 

 

ローズヒップ

 

 

ローズヒップのひと束は、左手で掴めるだけの分。

 

小枝落としの延長です。

wood-chips/tomota.kさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント