今更気づいたこと | クレメンの 「営業マン2年目ブログ」

クレメンの 「営業マン2年目ブログ」

営業マン2年生クレメンによる1年目→2年目の「営業系ブログ」
このブログで、新人から社会人2年目になる過程を書き残していきます!


テーマ:

2010年4月


会社に完全に足が向かなくなり心弱った私に、「辞めるなら迷惑かけないように辞めなさい。」という言葉がかけられました。


「辞める…!?自分が!?会社を!?」


全く想像していなかった選択肢に戸惑いましたが、もう仕事ができないと思った自分は辞職を選びました。上の人達にその旨を伝え、あとは辞表を出すように言われました。



会社を辞める前日まで私はほとんど欠勤し、誰とも話せませんでした。


そんな時退社後電話をくれた一人の先輩。

その先輩は飲みニケーションができる唯一の先輩でした。


先輩は最後まで自分の辞職をひきとめようとしてくれました。

退社後、先輩と2時間くらい話しました。


そして今更気づきました。


紳士次長や課長は、経営者としての指導しかできないこと、現場を経験しているので現場の大変さもよく分かるが、上からの言葉しか言えないということ。


でも先輩のような人は、上からではなく、次長から怒られても「そんな時もあるさ」という言葉をかけられるポジションにいる人。そんな人には素直に愚痴ってもいいこと、どんなことでも相談していいこと。息を抜いてあげられる人。


先輩と話したおかげで、同期とも少しずつ話せるようになりました。


同期にも迷惑をかけた。。。

何も言えなくて本当にごめん。。。

クレメンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス