自慢話をする人の心理 | ワタナベ薫オフィシャルブログ「美人になる方法」Powered by Ameba

ワタナベ薫オフィシャルブログ「美人になる方法」Powered by Ameba

女性としての人生を精一杯に楽しみ美人になるために、容姿だけでなく、内面・言葉・立ち居振る舞い・ファッション・健康など、真の美を追求します。トータルバランスでの美をモットーに美意識改革を目指します。毎日感謝を忘れずに周りから愛される美人になりましょう!

In the end, I just have no confidence.

結局私は、自信がないのです。

 

 

自慢話し・・・

 

 

自分の過去のどーでもいい実績や、

有名な人との知り合いだ、

(または知り合いの知り合いの

そのまた知り合いだ…とか 笑)

というアピールや、自分のもっている

スキルのアピール。

 

 

そして、

自分のことを、聞かれもしないのに、

自分から相手につらつらと話す人は

なぜだろう?と思ったことは

ありますか?

 

 

それは、自信がないから、

ペラペラと相手に自分のことを

話します。

 

 

なぜ話すかと言うと、

自分の実績を話すことで、

誰かの承認得たり、

すごい人だと思われたい、

という無意識下での承認欲求

働いているからです。

 

 

他者から承認されなければ、

自分で自分を認められないので、

無意識に、ついついペラペラと

話してしまうのです。

 

 

意識高い系のセミナーに

参加したことがある方は

ご経験があるかもしれません。

つかまると、大変です。

延々と聞かされるのです。

私はいつも捕まり、聞かされる

タイプですので、もう慣れっこに

なりました。

 

 

それにより「俺ってすごいだろ?」を

アピールして、他人からの

承認という餌をもらうために

自慢にもならないような

自慢話しを話し続けるのです。

 

 

聖書の言葉の中に、

 

 

「知識は人を高ぶらせるが、

愛は人を築き上げる」

 

 

の言葉がありますが、

知識があることで

思い上がっているとしたら、

それは滑稽であり、愚かなこと。

高ぶっている人に魅力を

感じる人などいないでしょう。

 

 

いたとしたら、その人の

権威や地位などに、ただ

従っているだけのこと。

 

 

それと、もう一つ理由があります。

ホースマンシップを

学んだときにでてきた言葉、

ドミナンスゲーム。

 

 

これはどういうことかと言いますと、

どちらが優位かを決めるゲームを

馬同士、または馬対人間でもする。

 

 

Dominance gameとは

支配ゲームという意味ですが、

人間も、自分よりも上か下かを

見極めることを無意識下でしています。

 

 

自慢話ばかりするような

自信がない人は、相手が

自分よりも実績がありそう、と

わかったとたん、コロッと

態度を変えたりしますので、

人間関係でも初対面では

ドミナンスゲームをしているようです。

 

 

しかし、自信がある人は

そういうことをしません。

誰に承認されずとも、

自分で自分を承認でき、

確固とした自尊心を

持ち合わせているので、

自慢話しもしません。

 

 

能ある鷹は爪を隠す

 

 

むしろ、本当に実力のある人は、

自分から聞かれもしない実績などは

口にしませんし、言うと

おバカ露呈なので、わきまえています。

似たようなことわざは、

 

 

大賢は愚なるが如し

 

 

本当に賢い人は、自分の知識や能力を

ひけらかすことをしないので、

一見、愚かな人に見える

という意味ですが、自信があるので、

逆の心理が働き、どちらかと言うと

失敗体験や自虐ネタを言う傾向も

あります。

 

 

ダメな自分、失敗した経験を

誰かにしても、別に他人の承認や

人の目を気にしていないので、

平気なのです。

 

 

自信があるので、人の立場などで

対応を変えたりなどもしません。

自分で自分を承認できていますから、

他人に気に入られたいとか

承認されたいがないので、

誰でも公平な対応をします。

 

 

むしろ、実績語らずとも、

ただただ『この人は只者ではないな」

というオーラは漂わせている人もいます。

で、逆のことわざは、

 

 

能無し犬の高吠え

 

 

弱い犬ほど吠えると同じく、

能無しであればあるほど、

吠えている、ということ。

それは自信がないから、

強くないからです。

 

 

では、自信をつけるためには

どうしたらいいでしょうか?

今日は長くなったのと、

超絶眠い・・・ので

また別の日に書きます。

 

 

ついでに、

こんなことを書いている私は

自信が満ち溢れているほど

あるわけではないことを

付け加えておきます。

 

 

かと言って、

自信がすごくないわけでも、

自尊心がないわけでもないです。

 

 

バランスよく「ない」と「ある」が

存在していますが、基本、

陰気臭いの「陰」の特質が大なので、

人様の前に出て、話したり発表したり、

自己紹介を言うことですら苦手。

こう見えても・・・

 

 

ということで、自信はどうやったら

身につくのかはまた別の時の

お題として残しておきます。

過去ログには何度か書いてありますので、

検索して探してください。

 

 

ではまた明日。

 


デニムと2020年卓上カレンダー

カオルンダーの発売近しですが、

追いついておらず、申し訳ございません。

カオルンダーは今年も、あなたのやる気を

引き出す格言を載せます。

お楽しみに。

=========