繁盛店をつくる人材育成の方法
こんな美容院は100%つぶれる
 「 こんな美容院は100%つぶれる 」

「 先月も全然ダメでした。ハッキリ言って努力不足だったと思います…… 」そう話す佐藤店長(仮名)と、「 売上を上げるのに努力などする必要ありませんよ。 」と答える非常識な経営コンサルタントが繰り広げる売上アップの物語。

「 こんな美容院は100%つぶれる 」のご紹介はこちら
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ブログ、メルマガお休みのお知らせ

こんにちは、菅です。
このブログ並びにメルマガの読者さんにお知らせです。

 

筆者の腰痛悪化につき今週のブログとメルマガはお休みいたします

 

楽しみにしてくださっている方には大変申し訳ありませんが、ご理解ご了承のほどお願いします。

 

なお、

 

コンサルティングとご訪問に関しては予定通り行います

 
合わせてご了承ください。
 
それでは、また来週。
いつもお付き合いありがとうございます。
 
 

時間単価が高い人はお客様を○○した人

時間単価が上がった人の話

こんにちは、菅です。

このところ、

私がお手伝いしているクライアントさんがスゴイことになっています

 

いったい何がスゴイのか?

それが、

時間単価がスゴイことになっている

というお話。
先週金曜日にはこのブログで、

客単価17,000円のスタイリストがしたこと


と、ご紹介した、 ヘアラボラディーテの経営者齊藤さんからこんなご報告がありました。

───
 

 

あまりに嬉しくてLINEさせて頂きます。

カットが約8000円 1時間
カラーカットが21600円 3時間

と単価がおかしくなってきました(^^;


───

つまり、

カットで時間単価8,000円
カラーカットで時間単価7,200円


になったというご報告ですね。

そして、
今週の月曜日には、

売上がV字回復したピアノ調律師さん


と、ご紹介した  富山の調律師ピアノメンテナンスキタガワの北川さん からこんなご報告がありました。

───

 


菅さん!報告します!!

修理の値段が、

ついに1時間あたり1万円になりました(^^)


───

とご報告がありました。

つまり、

ピアノ修理で時間単価10,000円

になったという事ですね。
ちなみに、

経営者さん自身の時間単価というのは時給とほぼ同じ意味です

だから、

時間単価8,000円なら時給8,000円

時間単価10,000円なら時給10,000円

だと考えるとわかりやすいはずです。

では、ここで、

ちょっとイメージしてみてください

もし、

あなたが時給1万円になったらどうなりますか?

きっと、

すごく儲かるのではないか?

そう思いますよね?
そして、

 

それは正解です

逆に言えば、

儲からないお店の一番の理由は時間単価が安すぎることにあることがほとんどです

ちなみに、

時間単価というのは生産性ということともほぼ同じ意味です

かなり乱暴な言い方になってしまうのですが、

時間単価を高くできればお店の経営者さんの悩みはほぼ解決できます

なぜなら、

生産性が高いから

生産性が高いというのは言い換えれば、

儲かる

ということです。

逆に言うと、

どれだけ売上が多くても時間単価が低いと経営者さんに残る利益はほんのわずかになります

ほら、

薄利多売

って言うじゃないですか。
まさにそんな感じですね。

 

薄利多売ならまだいいですが、小規模店舗ではこうなってしまうことがほとんどです。

 

薄利「 少 」売


ハッキリ言っておきますが、もし、あなたが小規模店舗の経営者さんなら、

薄利多売はまさに身を削る行為です

好きでやるのなら止めませんが決しておすすめはできません。
なぜなら、

 

小規模店舗というのはとても不安定な商売だから

 

薄利だと売りやすいかもしれませんが、利益を残すことも難しいものです。

そんな状況で、

 

ちょっと不景気になったらどうなるのでしょう?

 

逆に、

 

普段からきちんと利益が取れる商売ならば多少の不景気にびくびくする必要はなくなります

 

だから、どうせ目指すのなら薄利多売ではなくて、

濡れ手に粟

のビジネスモデルを目指すのがおすすめです。

「 濡れ手に粟 」なんて言うと、ズルいことのように思えますが実際にはまるで違います。

なぜなら、

時間単価を高くできた人はお客様に○○○○○と言われているから

さて、ここで問題です。

時間単価が高い人はお客様に何と言われるのでしょうか?

じつは、その答えが、

なぜ時間単価を高くできるのか?

ということとつながっています。
さて、

 

あなたには答えがわかりますか?

ちなみに、

ヒントは先ほどご紹介したLINE画像のぼかしがかかっている部分です
 

 

じつは、この部分に正解が書かれているのですね。

ぼかし無しの画像とこの問題の答え

そして、

どうして時間単価を高くできたのか?

ということは

 

 
正解と解説は次回アメンバー限定記事で公開します


経営者さんからの申請は100%承認しますから遠慮は無用です。
まだアメンバー登録されていない方は、このタイミングでぜひご申請ください。

アメンバー申請はこちら

 


それでは、また。
今日も最後までお付き合いありがとう。


繰り返してお知らせしておきますが、経営者さんからの申請は100%承認しますから遠慮は無用です。
まだアメンバー登録されていない方は、このタイミングでぜひご申請ください。

アメンバー申請はこちら

 

 

 

8月開催参加者募集中です
美容院経営者のための働き方改革セミナーのご案内

 

著書はこちら

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>