・・・医・心・伝・心・・・・・医学部受験予備校ウインダムのブログ

・・・医・心・伝・心・・・・・医学部受験予備校ウインダムのブログ

   医学部合格を志すウインダム生たちのあれやこれや


テーマ:

テレビによく出演していらっしゃる大谷義夫先生の娘さんが

 

見事に医学部に合格してくれまして,

 

その挨拶に家族で来ていただけたのです。

 

 

事前にその日程が決まった段階から,

 

大谷先生が来ていただけるのを楽しみにしていました。

 

なぜかと言いますと,ツーショットの写真を撮って自慢したかったからです。

 

ちょっとミーハーですね。すいません。

 

 

そして,話の中で先生がウインダムの宣伝に協力して下さるとのこと。

 

心強いばかりです。

 

 

テレビでも分かると思いますが,

 

先生は非常に気さくで物腰が柔らかく,

 

いろんな患者さんから相談を受けていらっしゃるんだろうなと思いました。

 

 

今回はツーショットの写真を載せておきますね。

 

 

 

三輪伸之


テーマ:

ウインダム生が東大理科一類に見事合格です。

 

 

実はお姉さんがウインダムから順天堂大医学部に合格してくれまして,

 

その弟さんのお話なんです。

 

 

一年前,お父さんと本人がウインダムに来て下さり,

 

「マスプロ予備校には任せられないから,

 

僕はウインダムに任せたいと思っているんだけど。」

 

とお父さんがおっしゃっていました。

 

本人は自信のない表情をしていましたが,

 

なんとか東大に受からせてあげようと思いました。

 

 

現状の学力では到底

 

『東大を受験する』

 

事すら恥ずかしくて言えないでいるのが見えてきたからです。

 

 

迎えた第1回マンスリーテストも下から数番目の所からのスタートでした。

 

ただ,物理の授業はいつも『ニコニコ』して聞いてくれ楽しそうでした。

 

きっと,今まで分からなかった事が,だんだん分かってきて楽しかったんだと思います。

 

大変な勉強量を彼には要求しました。

 

そして年間を通して本当に一生懸命やってくれました!!

 

そして成績もぐんぐん伸びてくれて見事合格です。

 

 

合格後,お父さんから電話をいただきまして,

 

「三輪さんには足を向けて寝れないですねー。笑」

 

とおっしゃっていましたが,いえいえ

 

「足を運んでいただいてありがとうございました。」

 

です。

 

 

三輪伸之


テーマ:

昨日,ウインダムの個別の説明に来てくれた受験生に,

 

「大手予備校と医学部予備校では何が違うのですか?」

 

「他の医学部予備校とウインダムでは何が違うのですか?」

 

という質問を受けました。

 

 

皆さんが率直に疑問に思うであろう的を射た質問ではありますが,

 

「全然違いますよ!!」と心の中で叫んでしまいます。

 

 

基本的に大手は教える事が目的,

 

ウインダムは受かってもらうことを目的としています。

 

 

彼は大手予備校に通学していて,

 

一次は一校合格してはいるのですが,

 

多くの大学で一次試験の理科で失敗したらしいのです。

 

 

基本的に受験生で解答力の中途半端な人が多いです。

 

中途半端な知識と理解に終わってしまっているので,

 

あの本番の難しい問題にことごとくやられてしまうのです。

 

今時のあの入試問題では中途半端では対応は難しいです!

 

 

「物理なんかは20点や30点上げるのは簡単!

 

まず基本的な考え方を押さえて,

 

いかに速く正確に解けるかを考えて,

 

いろんな『速く解ける公式・知識』や

 

『安定して解ける考え方や解法』を

 

授業中,取りこぼすことなく説明していきます。

 

 

最近の熱力学の問題は難しいんだけど,

 

みんななめているんだよ。

 

ウインダムではこんな風に最新の問題をテキストに入れて

 

はやりの出題パターン・形式に

 

しっかり対応できる様にしてもらいます。

 

経験をしているのとしてないのとでは大違いだからね!」

 

と,まくし立てるように説明をしてしまいました。

 

 

実はこのところ年々,問題が進化していまして,

 

あちこちの大学が,今までになかったパターンをどんどん出そうとしてきます。

 

うっかりしていて,「また出たね。」では遅いのです。

 

 

合格のことを真剣に考えていますので,

 

授業・テキストに歴然たる差が出来るのです。

 

そうでもないとウインダムみたいに,これほど合格する分けないです。

 

 

「君に教えたいことが山ほどあるよー。」

 

と最後に言いました。

 

うずうずしています。

 

 

 

 

 

三輪伸之


 


テーマ:

今日もたくさんの方に説明会に来ていただきました。

 

ありがとうございます。

 

 

ウインダムの説明だけではなく,

 

どうやったら医学部に合格するかなど

 

いろいろなデータを駆使して話をしました。

 

 

合格者のエピソードなどをお話しさせていただくと,

 

さらに食い入るように聞いて下さいましたね。

 

 

ウインダムは結果を残し続けている予備校だと分かっていただけたと思います。

 

ある方は,「医学部予備校は高額だとの先入観がありました。」とおっしゃっていましたが,

 

「ウインダムはそうでもないですね。」と納得してくれました。

 

 

いろいろ参考にしていただければ幸いです。

 

三輪伸之


 


テーマ:

東京慈恵会医科大学4名

順天堂大学5名

昭和大学11名

北里大学に16名

杏林大学には12名が一次合格し,

今日現在で,ウインダムの本科生は59人の生徒が一次通過しています。

(延べ人数ではないです)

 

よく頑張っているね!

 

 

一ヶ月前に「どこにも受かる気がしない。」と

部屋に来て,ポロポロっと涙していた生徒も,

「6連勝してます!」

と笑顔で来てくれ,北里・帝京に正規合格してくれました。

 

ある女の子は,東邦大学の二次試験の前日の夜に,電話で,

「今,藤田の二次試験の帰りで渋谷にいます!

明日のことで相談があるので,今からウインダムに行っていいですか?」

と焦って早口で電話をくれ,

「明日は東邦の二次試験を受けるべきか,日大の一次試験を受けるべきか迷っているんです。」とのこと。

 

東邦の一次試験の出来をヒヤリングして,これは出来ているなと判断し,しかも二次試験の日程から一次試験が一週間ぶりになってしまうのと,日大の物理の問題が本人に合わない事を考慮して,

「大学側はこれだけいろいろ報道をされて,女子・浪人年数差別は是正してくるだろうから,明日は東邦の二次試験に行きなさい。」と,アドバイスしました。

そして,その場で東邦のMMI形式の二次試験の模擬をし,

いろいろぎこちなかったのですが,指導を終えて送り出しました。

 

そして,なんと最終的に東邦に正規合格!

本当に安心しました!

補欠候補ですと,また悶々とした日々が続きますからね。

 

合格おめでとうございます。

 

ただ,まだまだ受験は続きます。

まだ結果を残せてない人,

気持ちをしっかり持って立て直して欲しいです。

 

受かっている人も,ものすごく我慢をして努力をして,

成し得た結果です。

 

頑張ろう!

 

三輪


テーマ:

この度、ウインダムでは受験生の皆さんに協力していただいて、設問ごとの正解不正解のアンケートを採り、集計をする事にしました。

 

実際にどの設問が何%の人が解けているか得点は何点か,平均点は何点かなどを知ることが出来るシステムです。

 

結果は,アンケート参加者だけに問題ごとの正答率や得点や平均点を示したメールをお送りいたします。

 

アンケートは手間がかからないように工夫はしてあります。

問題毎にチェックを入れるだけで終わります。

 

こうしたシステムによって,自分の相対的な位置を知ることが出来,それぞれが安心をしたり,対策を練ったりすることが出来ますね。

 

また,昨今の不正入試の防止にもつながると思いますよ。

 

是非アンケートに参加していただき、参考にしていただきたいです!

 

==================================

【受付期間】2月2日(土)9時~ 2月4日(月)16時

【対象】杏林大学医学部 前期試験 受験者

【特典】アンケート参加者だけに問題ごとの正答率や得点や平均点を示した結果をメールにてお送りいたします。

【記入サイト】 https://windom.jp/jikosaiten/

 

==================================

アンケート画面の見本です。

 

 

三輪伸之


テーマ:

今日の新聞で定員超過を臨時的に認める事が発表されました。

 

このところ,受験生や親御様から定員が減るのでは無いか,入試の難易度が上がるのではないか,との不安の声が聞かれていましたが,これで安心しました。

詳しくは下記のようです。

 

==============================

医学部の不適切入試問題,柴山昌彦文部科学相は 25 日,追加合格を出した大学で来年入試の入学定員の超過を臨時的に認めることを明らかにした。超過分は2020年以降,最長5年間の定員を減員して解消する。

定員を超過する大学に対しては補助金削減などのぺナルティーの対象になるため,不適切入試で追加合格がある大学では,来年入試の定員を削って対応するとしていた。 これに対し,来年の受験生らから「悪いことをしていないのになぜ不利益を被るのか」などと批判が高まっていた。           

このため,文科省は救済措置として来年の定員超過を認め,来年も含めた計 6 年間で本来の総定員以内に収める臨時的な対応を取ることにした。                         

文科省の調査で不正・不適切と指摘された10校のうち、東京医科大は44人の追加合格を決定。順天堂大が48人,日本大が10人の入学意思を確認中で,金沢医科大でも8人程度を救済対象としている。(写真参照)

 

==============================

 

先日も読売新聞の方から取材を受け,ウインダムの内部資料をお見せしたところ,それを興味深く見ていらっしゃいました。

その資料は,浪人年数別・男女別の医大合格の分布図でして,そこからも浪人年数別・男女別の有利不利がはっきりとくみ取れるのですが,その状況を見据えて,ウインダムでは進路指導をしてまいりました。

読売新聞の記事には,ウインダムの内部資料について書かれていましたね。(写真のオレンジの枠内参照)

 

今後のことはまだまだ不透明ですが,こういう事態を通して皆に分かりやすい入試になって行くのでしょうか。

 

 

12月27日追記

 

先ほど,北里大学も追加合格を出しました。

補欠者を総合得点 順に位置づけた場合,上位 55 名中にありながら繰り上げ合格の対象とならなかった 受験者が 10 名認められ,この 10 名に対する救済措置として,入学希望者に対しては 2019 年度の入学を認められるすです。

実は昨年・今年とウインダムに通ってくれている生徒も合格となりました。

その生徒はすでに北里大学に願書を出してしまっている状況です。

もう少し早く動いて欲しかったですね。

合格おめでとうございます。

 

三輪


テーマ:

先日の報道にありますように,東京医科大学で101名の方が追加合格候補になりました。

 

ウインダムの関係者でも今のところ4人から,「入学意向確認書」が届いたとの連絡がありました。

ひとりは昨年の生徒で,すでに医学部に通っていますのでお断りするとのことで,他の元生徒もすでに聖マリアンナ医科大学に通っていまして,「楽しく大学生活を送っています。」との事でお断りをするそうです。

 

そもそも,東京医科大学の追加合格候補者になっている時点で,その人たちは優秀と言え,すでに他の医大に合格している人が多いのでは無いでしょうか。

 

昨日行われた説明会に出席されたお母様から,わざわざ三輪に連絡をいただきまして,その内容を詳しく伺うことが出来ました。

 

101名の方の追加合格候補の中には年度をまたがって重複されている方もいますので,実質は少し少ないそうです。

説明会には60~70名の参加者がいらっしゃって,大学側からの説明の後,20~30名の方が質問をされていたそうです。

会場は重い空気だったそうで・・・。

 

追加合格者(計63名)は年度・入試形態によって以下のように定員が決まってるようです。

 

29年度 一般14名 センター3名 推薦3名

30年度 一般26名 センター8名 推薦9名

 

この枠で上位の方から合格が決まります。

ただ,推薦での追加合格者の合格はすでに確定しています。

 

自分の順位に関しましては,後日郵送されるそうで,それによって動向を決めることが出来ますね。

 

この状況を見ていますと,101人のうち(後の他大学受験後のお断りを含めて)の3分の2の人はお断りをするのではと考えています。つまり3分の1の33人ほどが最終的な追加合格者となると推測しています。

 

75人の定員のうち,仮に33人が追加合格となると残りは42名の枠となりますね。

ますます狭き門になります。

 

また,一年間予備校に通った費用等の補償は一部以外はまだ未定とのことです。

 

当初,ここまでしっかりとした対応をするとは想像はしていませんでした。

今後の成り行きは不透明な部分が多いですが,見守っていきたいです。

 

 

三輪


テーマ:

7月の東京医科大学の不正入試事件から端を発して,女子差別,浪人年数差別の話に発展してきました。

最近も,順天堂大学,昭和大学にまで話が及んでます。

 

三輪は7月のフジテレビのニュース番組出演をはじめとして,

色々なメディアから電話等で取材を受けてまいりましたが,その時に一貫して,その事は二十年も前からの周知の事実だと語ってまいりました。

そういった事はウインダムの生徒の親御さんもご存知の様で,初めから知っている前提での入試相談になる事が多いです。

実際に女医になっている教え子でさえも,

「そんな事当たり前だよー。」と語ります。

 

医学部予備校といてはその事実に基づいて指導してまいりました。

 

まず浪人年数によるハンデについてですが,

長年携わっていますと,

『一浪生は受かりやすい』ということは実感として分かってきます。

 

それはウインダムのマンスリーテストのデータからも明らかで,

それを理解してもらうために,浪人年数と男女別で表を作って親御さんに見てもらったりしています。

 

やはり一浪目が最後まで伸び,一番伸びやすい事が要因のひとつなのですが,

 

「一浪目が最大のチャンス,

この大事な時期を大手で過ごすのはもったいない。」

という事も説明会などで話をしてきました。

 

ただ,浪人年数によるハンデのない有難い大学もいっぱいあり,

そういった大学にウインダムの生徒は狙った様に入ってくれますので,

「きちんと力でねじ伏せられます。」とも語ってきました。

 

ウインダムの生徒でも3浪以上の生徒は何人もいます。

みんな本気で医師になろうと思ってくれていますし,

ウインダムに来ればやるべき事が分かり,一生懸命にやってくれます。

見違えるようにやって自信が付けば合格していきます。

 

女子差別の件ですが,

女医でタレントでもある西川史子先生は

あるテレビ番組の中で,

「女子の方が優秀だから,上からとってしまうと女子ばかりになってしまう。」

と語っていましたが,その点が日頃の指導の状況から違和感を感じましたので,

実際に男子と女子の成績はどうなのか,

今回いい機会なので,ウインダムのマンスリーテストのデータを分析してみました。

 

分析結果は画像で添付しておきましたので,是非ご覧になって頂きたい。

2016年と2017年の二年度分の夏前と秋の時期のデータで,それぞれの平均点を算出しました。

具体的には第3回が6月のもので,第7回が11月のものです。

分かり易いように,男子と女子を比較して成績が勝っている方を青色にしておきました。

 

 

やはり,英語と生物は女子の方が得意で,数学と物理は男子の方が得意ですね。

言語能力に勝る女子と論理的思考が得意な男子の特徴が顕著に現れています。

男性と女性は脳の構造が異なりますので,ある意味当たり前のことになります。

 

ただ,改めてデータを抽出してみて驚くべき事実は,

男子の方が年間を通して成績が伸びているということです。

 

元来,女子の方が真面目にコツコツとやる傾向はありますが,

男子の方が要領よくこなしていけるのではないでしょうか。

 

この結果を踏まえて言えることは,決して女子の方が成績が上回っているということでは無く,

それぞれに得意不得意があり,男子の方が要領よく伸ばすということでしようか。

 

今回不正として取りざたされていますが,

実は男女比率は公正に変えることは出来るのです。

英語の配点比率を変えたり,女子の受験者が多い生物の難易度を上下すればいいのです。

さらに寮の定員などで制限がある場合は,入試要綱にそれぞれの定員を設ければいいと思います。

 

最終的に言いたいのは,ウインダムでは一部の大学を除いてそこまで顕著に男女の有利不利は感じてはいません。

ある年は,ウインダムから日大に進学した7人の内,5人が女子だったりしました。

 

このように,しっかり頑張ってくれた人は男女に関わらず最終的に医学部に合格しています。

 

次回の試験からは,文科省の指導が入りますから,全体的に大分公正な試験になると思います。

 

ウインダム生徒は今回の件で特に動揺することはないですね。

 

あまり情報に惑わされず各々の道をまっとうして欲しいものです。

 

 

三輪


 


テーマ:

今回,東京医科大学の裏口入学の件を発端として,不正入試問題が話題になっています。

 

今回の調査で,一次試験から数名の生徒に加点がなされていたことが判明しましたね。

東医の同窓会における優遇は,かなり昔から有名ではありまして,認識はしていたのですが,時代が変わって,2008年11月に入学試験検討委員会を設置し、「1次試験の素点の教授会への開示」などを確認した時点から,さすがに一次試験では不当な事はないと考えていました。

なぜならば,昨今の医学部入試はずいぶんレベルが上がって来てますから,しっかりとした学力が無いと他の受験生とのつりあいが取れないと思ったからです。

 

ウインダムの生徒もそうですが,ほとんどの人が,本当に一生懸命に努力をして,そして医学部に入学していくのです。彼ら受験生にしてみれば,一次試験は正々堂々と戦うものだと考えているはずです。

彼らの気持ちを考えても,一次試験の不当な扱いはあってはならないですね。

 

また,浪人年数の違いでの加点も判明しました。

あの様に具体的な数を見せられてしまうと,落胆させられますね。

 

とは言え,浪人年数差別,女子差別に関しましては,昔から言われている事でして,それはウインダムのマンスリーテストに対してのその後の合格状況を見てみましても明らかのことです。

私立だけに限らず,国立大学でも地元出身者優先で合格させている大学もあります。

 

その事実を受け止めた上で,それに基づいて我々も指導しているわけです。そういったことは説明会でも話させていただいています。

 

ただ,東京医科大学はその差別が際立っていると思います。

そういった大学ばかりではありません。

女子でも浪人年数が多い人でも,努力をした結果ちゃんと自分たちが目指した医学部に入学していきます。

それはウインダムの合格実績を見ていただければ分かります。

差別をしない大学を積極的に受験してもらえればいいのです。

 

普段接しているので分かりますが,医師を目指してる生徒たちは,意思がしっかりしていて,意識やモチベーションが高く,労を惜しまない人がほとんどです。

将来,医師として活躍したいと思っている子たちなのです。

その本当の姿を,世の中の人たちには決して誤解はして欲しくないですね。

 

 

三輪

 

Ameba人気のブログ