ときめき☆三段論法
☆リーダーズHP☆
http://leaders-readers.com/



  • 23Feb
    • 復習ブログ☆民法③

      今週で総則が終わりました。総則部分の復習は、時間をとってまとめてしておきましょうね。□時効の援用権者 145条 ★括弧書き新設(判例法理を明文化)「当事者」の定義確認援用を肯定する者、否定する者 確認否定される者は「当事者」の定義である「直接利益を受ける者」に該当しないため、援用を認められていないたとえば、借地上の建物の賃借人は、建物賃貸人(土地の賃借人)の土地の取得時効について、「直接利益を受ける者」には当たらないため、援用を否定されている(最判昭和44年7月15日)。□時効の完成猶予・更新 147条 149条以下 ★改正★改正ポイント①用語の変更・中断から更新へ・停止から完成猶予へ従来の「中断」は、文言上一度止まる(その後再度進行する)という誤解を与えかねないことから、よりわかりやすいものとするため用語が改められました。これに合わせて、「停止」も改められました。②判例法理を一部条文化・更新や完成猶予事由につき、従来の判例法理を取り込み、条文を再編成③協議を行う旨の合意による時効の完成猶予制度を新設□時効の完成猶予事由①権利行使型   [更新事由一体型]   ㋐裁判上の請求等 147条 ㋑強制執行等 148条[更新事由非一体型] ㋒仮差押え・仮処分 149条 ㋓催告 150条 ㋔協議を行う旨の合意 151条②権利行使困難型  ㋕未成年者又は成年被後見人 158条 ㋖夫婦間 159条 ㋗相続財産 160条 ㋘天災等 161条□時効の更新事由①権利行使型 ㋐裁判上の請求等 ㋑強制執行等②権利承認型 ㋙承認 152条きそレシの図表を参考に、条文の確認をしてみてください。□取得時効対象となる権利 所有権及び所有権以外の財産権要件①所有の意思自主占有推定規定あり(186条1項)②平穏かつ公然推定規定あり(186条1項)③他人物自己物であっても時効取得可④占有の継続前後の2つの時点での占有を立証すればその間の継続が推定される(186条2項)⑤時効期間の満了善意無過失 10年 善意は推定される(186条1項)無過失は推定されないそれ以外 20年※占有の承継があった場合、前主の占有を併せた主張も可ただし、この場合前主の瑕疵も承継する□消滅時効 ★改正★改正の重要ポイント・消滅時効の期間と起算点について、客観的起算点と主観的起算点の二重の消滅時効期間を導入・生命身体の侵害による損害賠償請求について、債務不履行に基づく請求と不法行為に基づく請求が同一の消滅時効期間に統一(客観的起算点から20年、主観的起算点から5年)対象となる権利 債権及び所有権以外の財産権所有権、占有権、所有権に基づく物権的請求権は消滅時効にかからない要件・一般債権 主観的起算点 166条1項債権者が権利を行使することができることを知った時から5年客観的起算点 166条2項権利を行使することができる時から10年各債権の起算点も確認特則 2つ・人の生命または身体の侵害による損害賠償請求権 主観的起算点 166条1項1号債権者が権利を行使することができることを知った時から5年 客観的起算点 167条権利を行使することができる時から20年・人の生命または身体を害する不法行為による損害賠償請求権主観的起算点 166条1項1号被害者またはその法定代理人が損害及び加害者を知った時から5年 724条の2客観的起算点 167条不法行為の時から20年効果起算点に遡及 144条□時効利益の放棄時効完成前の放棄は認めれられない∵立場の弱い債務者が放棄を強制される等不利益を受けるおそれがあるから➜時効完成後の放棄は許される効果 相対効時効完成後の債務の承認時効の完成を認識せず行った債務の承認は、時効利益の放棄には当たらないが、時効完成後に債務の承認がなされると、債権者は債務者がもはや時効の援用をしないことを期待するので、この期待を保護するため、判例は信義則によって時効の援用を制限している。≪物権≫□物権法総説物権の直接支配性と排他性一物一権主義物権の消滅事由□物権の混同原則と例外確認例外として混同しない場合の共通点は、第三者の権利の目的になっている場合□物権的請求権妨害排除、妨害予防、返還占有訴権と比較しつつ、要件を確認物権的請求権の相手方原則、現に目的物の支配を妨げている者判例は、登記名義人に対する請求も認めている人気ブログランキング総則部分の復習をまとめてしておきましょう。

  • 16Feb
    • 復習ブログ☆民法②

      暖冬のせいか、いつもより花粉の症状が出るのが早い気がします。。。色々と不安なニュースが多いですが、自分にできる健康管理をしっかり行いましょう。勉強はもちろん大事だけれど、無理は禁物ですよ。休息をとりながら、しっかり計画を立てて実行していきましょうね。では、民法第2回、復習ブログです。□代理□代理制度私的自治の拡張及び補充任意代理と法定代理の違い代理行為 要件①代理権の存在②権限の範囲内③顕名①②が欠けると無権代理③が欠けるとその契約の効果は、本人ではなく代理人に発生する※訂正総整理ノート38頁 「イ 例外」 削除➜39頁2行目に入れてください。代理行為の瑕疵 代理人を基準とする∵代理行為は、代理人が意思表示を行うものだから①代理人が相手方に対して意思表示をした場合 101条1項②相手方が代理人に対して意思表示をした場合 101条2項 ★条文新設効果本人に効果帰属代理権の範囲103条確認代理権の消滅111条確認図表に関しては、消滅しない場合を「なぜ消滅しないのか」の理由とともに確認代理と使者意思表示ができるか否かの違い復代理任意代理→原則選任不可∵その人に頼みたいから代理契約をしたのだから例外 本人の許諾又はやむをえない場合代理人の責任→債務不履行責任 ★法定代理→常に選任可全面的な責任を負う例外→やむをえない事由により選任した場合には、選任監督についてのみ責任を負う代理人の権限濫用 107条 ★条文新設原則 有効例外 相手方が知っていたか知ることができた場合には、無権代理とみなす判例法理(93条但書類推適用説を採用したもの)を明文化93条の効果は無効なので、これまでは「無効」とされていたが、明文化に当たり「無権代理とみなす」とされた。これにより、権限濫用の効果として無権代理制度が適用される。代理権の制限自己契約 双方代理 ★禁止からみなし規定へ変更利益相反行為 108条2項 ★条文新設→代理人は本人のために働かなければいけないのに、それができないおそれがあるから∴本人の許諾がある場合、債務の履行及び履行に準ずべきものの場合には、無権代理行為とみなされない。□無権代理①権限が全くない場合 ②代理権の範囲を超えた場合効果本人に効果不帰属本人が採り得る手段①追認権②追認拒絶権相手方が取り得る手段①催告権 →悪意でも可②取消権 →善意③表見代理→善意無過失 ④無権代理人の責任追及→善意無過失(117条2項1号2号)→無権代理人が自己に代理権がないことを知っていた場合には、有過失でも可能 ★117条2項2号 条文新設効果 履行または損害賠償(履行利益)□無権代理と相続無権代理人→本人単独相続(無権代理行為)当然有効無権代理人→本人共同相続共同相続人が共同して追認権を行使しない限り無効本人が死亡前に追認又は追認拒絶をしている場合本人の意思を尊重し、相続人は確定した効果を承継する本人→無権代理人相続本人として追認拒絶無権代理人として無権代理人の責任は負う相続人が無権代理人相続後本人を相続無権代理人→相続と同じ□表見代理権利外観法理の現れそのため、①虚偽の外観が存在し、②その外観作出につき本人に帰責事由があり、③当該虚偽の外観を信じて取引に入ったこと(相手方善意無過失)の要件が求められる。代理権授与表示による表見代理 109条 ★2項新設(110条重畳適用の判例法理を明文化)要件①代理権授与表示②表示された代理権の範囲内の代理行為③相手方善意無過失①②は109条を主張する原告(相手方)が主張立証 109条1項本文③は被告である無権代理行為をされた本人が主張立証を負う 109条1項但書効果本人は効果帰属を拒めない権限外の行為の表見代理 110条要件①基本代理権の存在②代理人の権限外の行為③第三者の正当理由(善意無過失)①②③110条を主張する原告(相手方)が主張立証責任を負う⇔基本代理権の範囲を超えて無権代理行為をされてしまった本人(110条)と、たとえば白紙委任状のような代理権授与表示を行ったことを奇貨として無権代理行為をされてしまった本人(109条)とは、帰責性の程度が異なる。そのため、相手方と本人の保護のバランスを衡量し、主張立証責任を転換している。(主張立証する要件は、少ないほど負担が減る=保護される)基本代理権 法定代理との関係判例-夫婦の日常家事の判例理論(きそレシの流れを確認しましょう。)代理権授与表示による表見代理 112条 ★2項新設(110条重畳適用の判例法理を明文化)①かつて代理権があり、消滅したこと②かつての代理権の範囲内の行為であること③第三者の善意無過失□無効・取消・追認121条の2 原状回復義務 ★条文新設それぞれの意義を確認…取消しは、意思表示によって遡って無効となる□条件・期限条件と期限の違い★130条2項 条文新設 判例法理明文化停止条件・解除条件確認確定期限・不確定期限確認□時効時効制度の趣旨永続した事実状態の尊重、立証の困難性の救済、権利の上に眠る者は保護しない時効の援用 145条 ★括弧書き新設(145条「当事者」の判例法理を一部明文化)時効の完成によって当然に権利の得喪は生じず、援用によってはじめて権利の得喪が生じる。不確定効果説-停止条件説(説の名前や他説は不要)→当事者が援用するまでは、時効完成の効果は止まっていると考える見解(通説判例)この見解によれば、援用があってはじめて時効の効果が生じる∵当事者の意思の尊重人気ブログランキング条件期限のあたりは、一度条文を確認しておきましょう。

  • 09Feb
    • 復習ブログ☆民法①

      講義お疲れ様でした。先週お話しした学習計画は、立てられましたか?完成したら、できるだけ目につくところに置いて常に意識するようにしておきましょう。さて、民法第1回、復習ブログです。□法人権利能力なき社団を中心に確認ノートの図をもとに、共有の性質の違いからくる帰結を理解□意思能力★条文新設通説が条文化。□行為能力【前提】民法は私的自治の原則により自由に意思決定できることが前提であるから、行為の結果を弁識することのできない意思無能力者のした法律行為は無効となる。    ↓しかし、意思能力がないことを証明することは難しい    ↓そこで、民法はあらかじめ能力が無いものを類型化して各規定を置くことで、保護を図った。それが、制限行為能力者制度である。□制限行為能力者各制度の違いを押さえる特に保護者の権限の違い(制度趣旨、対象者の能力の違いからくる保護の程度の差)□相手方保護の制度□私権変動の仕組み法律要件→法律効果□法律要件法律行為は法律要件のひとつで、意思表示を要素とするもの□法律行為①単独行為 ②契約 ③合同行為□ 意思表示動機→内心的効果意思→表示意思→表示行為動機を除く一連の流れを意思表示という。表示行為に対応する内心的効果意思が無い場合→意思の不存在表示行為と内心的効果が外形上は一致するが、その形成過程に傷がついている場合→瑕疵ある意思表示□心裡留保原則有効例外無効(相手方が悪意有過失の場合)※立証責任の所在注意★条文新設第三者保護規定(通説を条文化)□通謀虚偽表示無効第三者保護規定→94条2項「第三者」とは、虚偽表示の当事者及びその包括承継人以外の者で、虚偽表示に基づいて新たに独立の法律上の利害関係を有するに至った者を言う。この定義のどの文言に触れているかに留意し、具体例を記憶していくこと「第三者」に当たる者「第三者」に当たらない者94条2項善意の第三者→善意=当該意思表示が虚偽表示であることを知らないこと→対抗要件(登記)不要∵虚偽表示の当事者と第三者は前主後主の関係に立つから□94条2項類推適用趣旨:外観法理要件①虚偽の外観の存在②虚偽の外観を作出した権利者の帰責性③第三者の信頼=善意で足りる無過失まで要求する場合(判例)94条2項、110条類推適用□錯誤★動機の錯誤 条文新設★効果の変更★第三者保護規定新設要件確認表示の錯誤①意思表示に対応する意思を欠く錯誤②重要なものであること ※「重要なもの」判例の定義確認③表意者に重過失のないこと動機の錯誤(★)①基礎事情に錯誤があり、それが表示されていること ※黙示も含む②重要なものであること ※「重要なもの」判例の定義確認③表意者に重過失のないこと効果(★)取消すことができる第三者保護規定(★)善意無過失の第三者に対抗できない(95条4項)□詐欺要件①欺罔行為②①により錯誤に陥ったこと③因果関係④詐欺の故意効果取り消すことができる第三者保護規定(★善意から善意無過失へ要件変更)善意無過失の第三者に対抗できない(96条3項)第三者取消前に新たに独立した法律上の利害関係を有するに至った者登記→不要※取消後第三者→177条で決する ∵対抗関係第三者詐欺★相手方悪意から、悪意有過失へ要件変更□強迫詐欺との違いに留意最初の講義でお話したように、復習の際は必ず自分で論理の流れを説明できるようにしておきましょうね。

  • 04Feb
    • 復習ブログ☆民法プレ

      今年も上級ファンダメンタル講座が開講しました。このブログでは、講義に合わせて復習のポイントをまとめています。ご自身のスタイルに合わせて活用してみて下さい。講義でしつこくお話しした「計画」、年単位での目標を見据えて、まずは1~2か月分つくってみましょう。自分の現状を分析して、今の自分に必要な分を無理のない範囲で取り込んでくださいね。ご紹介したモデルケースを参考にしてみてください。不安な点があれば、気軽に質問してください。それでは、復習ブログです。■民法入門□民法典の構成(今後、具体的内容に入ったら、自分が今どこの学習をしているかをこの図で確認すること)□物権と債権の違い■総則□権利能力始期:出生→全部露出説胎児についての例外→①不法行為の基づく損害賠償請求②相続③遺贈(停止条件説)終期:死亡同時死亡の推定失踪宣告(普通失踪、特別失踪、効果発生の起算点の違いに注意)失踪宣告の取消しの効果「みなす」と「推定する」の違いプレ講義では、理由づけを考えるための思考法をお伝えしています。要件を単に覚えるだけではなく、きちんと制度趣旨等からの理由づけを常に考えるようにしてみてください。今年の合格を目指して、一緒に頑張っていきましょう。一年間、どうぞよろしくお願いします。人気ブログランキング

  • 03Feb
    • 合格発表後、それぞれの「これから」

      発表から数日が経ちました。これからの進路は決まりましたか?様々な思いがあると思いますが、まずはしっかりと結果を受け止めましょう。そして、大切なのは「これからどうするのか」です。見事合格を勝ち取られた方も、悔しい思いを味わった方も、試験をただ受けただけにならないように、「これから」の道を考えてみてください。合格報告を下さった方、ありがとうございます。ご連絡下さった方には、お返事をお送りしております。(少しお時間がかかりますが、ご容赦下さい。)特に上級クラスをご受講頂いた方(過去期も含めて)、ご報告頂けたら嬉しいです。ご連絡はコチラから↓http://leaders-readers.com/contact/人気ブログランキング

  • 28Jan
    • 合格祈願

      いよいよ明日は合格発表ですね。受験生の皆さんの合格を祈って、湯島天神に行ってきました。梅は蕾をつけ始めた頃。たくさんの受験生が合格祈願に来ていました。頑張った人たちのこれまでの努力が報われることを祈って。人気ブログランキング

  • 19Jan
    • 2020年度が始まります

      昨日、今年度第一回目となる説明会及びプレ講義を行いました。東京は朝から小雪がちらついたお天気でしたが、ご参加下さった皆様ありがとうございました。行政書士試験対策講座も、そろそろ2020年度の開講を迎えます。次へのリベンジを決意した方は、本試験までの学習計画をきちんと立て、本格始動して下さい。自分の敗因を理解しないと同じ失敗を繰り返してしまいます。昨年の自分には何が足りなかったのか、合格するためにはこれから何をすればいいのか、今のうちにしっかりと分析し、今年の合格に繋げてください。2020年度の上級ファンダメンタル講座は、2月1日に開講します。リベンジを誓った受験生の皆様にお会いできることを楽しみにしています。人気ブログランキング

  • 09Dec
    • 一年の終わりに

      先週土曜日に講座説明会及び無料公開講座を行いました。生憎のお天気の中、足をお運びくださりありがとうございました。判例の読み方、ご理解頂けましたか?判例は条文には書いていないことや、明らかでないことを捕捉するために必要不可欠なものです。法律を学ぶためには、条文の理解と共に、判例を正しく理解することが求められています。条文をしっかりと読んで、何が問題となるのかを意識してから判例を見てみて下さい。結論を覚える勉強は楽しくありません。どうしてこのような結論に至ったのかを理解しながら読むことで、きっと判例学習は面白くなるはずです。私が担当する今年の講義は、これにて終了です。今年も一年ありがとうございました。また来年お会いしましょう。年末年始、私は来年度の講義で使用するテキスト等の改訂作業と民法改正の復習をする予定です。次回は、1月18日(土)14:00-17:00①講義説明会過去問分析から学ぶ合格法②救済法から見る一般的法理論の一元化を行います。皆様のご参加をお待ちしています。よいお年をお迎えください。人気ブログランキング

  • 15Nov
    • 本試験お疲れ様でした

      本試験、お疲れ様でした。力を出しきった人も、悔しい思いをした人も、まずはこの一年やりきった自分を褒めてあげてください。仕事をやりながら勉強するということは、とても大変なことです。結果はさておき、頑張った経験は消えません。きっとこれからの人生の糧になるはずです。とはいえ、やはり結果が気になりますね。既に速報で答え合わせをした方も多いかと思います。ここで主に択一で合格点にのれば、合格は確実となりますが、そうでない場合には記述の採点待ちという状況になります。真剣に頑張った人ほど、この状況になる人は多いのではないかと思います。ただ、これはもう合格発表日を待つしかないです。問題は、それまでの間に何かすべきかどうか。合格がほぼ確実な人は、合格後を見据えて実務的なことも含めた勉強をしてもいいし、受験中にできなかった試験勉強ではないことをやってもいいですね。合格が不明確な人は、早めのスタートダッシュをしておくというのが定石です。今年であれば、どちらの場合にも改正民法をやるというのがいいのではないかと思います。これからどうするのかを考える上で、現状を分析することはとても大切です。つらい作業かもしれませんが、本試験の振り返りは必ずして下さい。今週末、大阪・名古屋、東京で分析会を行います。現状分析の参考にしてみて下さい。2019☆行政書士本試験分析会(戦略ミーティング)択一データ分析&記述採点基準解明!【日程】11/16(土) 大阪 10:00~13:00AP大阪梅田東11/16(土) 名古屋 14:00~17:00名駅カンファレンスセンター11/17(日) 東京 14:00~17:00辰已法律研究所東京本校担当講師:山田斉明講師 竹内千佳講師 村瀬仁彦講師人気ブログランキング

  • 08Nov
    • もうすぐ本試験

      本試験まで残りあと2日。試験へ臨む準備は、万全ですか?いよいよここまでの努力の日々が、報われる時です。ここまできたら、あとはもう自分の力を最大限発揮できるかどうかに全てをかけてください。当日の緊張に焦らないように。知らない問題が出たときにパニックにならないように。自分がわからない問題は、他の人もわからない。だから、大丈夫。当日の自分を支えるのは、過去の自分の努力です。自分を信じて、試験に臨んでください。当日、私は明治大学で応援活動を行う予定です。お会いできる方がいらっしゃれば嬉しいです。人気ブログランキング受験票や筆記用具、時計等、当日の忘れ物がないようにしっかりチェックしておきましょうね。

  • 04Oct
    • 模試の復習の仕方

      行政書士試験まで残り約1か月。直前期のこの時期は、貴重な最後の時間です。この時期、多くの模試が開催されていると思います。各予備校がこの時期に模試を行うのは、本試験のシュミレーションと弱点分析のためです。本試験の出題予想的な意味合いもないわけではありませんが、あくまで総復習のための準備ツールなのです。模試を受けて、一喜一憂して終わりになっていませんか?それでは、直前期の模試の意味がなくなってしまいます。シュミレーションは、模試を受けている時にやるものなので、受け終わった後にやることは復習ですね。復習と称して、正解したかどうかを確認し、解説を読んで(若しくは解説講義を聞いて)終わりにしたりしていませんか?それは、復習ではありません。復習でやるべきことは2つ。・どこが誤っていたのか、という分析をすること・弱点と分析された箇所に戻って、知識を再確認し、記憶すること分析は、厳しく行ってください。なんとなく選んだ問題は、正しく理解していたとは言えないことになります。そして、その分析結果を下に、必ず普段使っているテキストに戻って、知識を確認してください。情報の一元化ができていないと、最後の確認ツールがなくなります。模試は、あくまで模試。目標点数は達成することが望ましいですが、本試験ではありません。試験委員が作る問題とは、やはり違うものです。得点に振り回されることなく、冷静に分析を行い、知識の再確認をしてくださいね。これらを全て行って初めて、模試の復習が完了します。模試を数多く受験しないと不安だ、という方がたまにいらっしゃいますが、ひとつひとつの模試全部にこれを行えますか。人によって受験勉強に避ける時間は違うと思いますが、通常の行政書士試験受験生であれば、多くても2~3回程度だと思います。大事なのは復習の質。残り少ない時間を無駄にすることのないように、自分に今必要なことをしっかりやりましょう。人気ブログランキング朝晩は肌寒くなってきました。体調管理にも気を付けてくださいね。

  • 04Sep
    • そろそろ直前期

      9月に入りました。答練も折り返し地点を過ぎ、段々と直前期を意識した学習に切り替わる時期です。8月に基礎固めの総復習(特に民法)にとりかかった方が多いかと思いますが、その後の計画はきちんとたててみましたか?ただ漫然とやっているとゴールが漠然としてしまい、やるべきことが明確になりません。基礎固めをした後は、答練等を素材に自分に足りない箇所を洗い出し、徹底的に知識を押さえ直してみてください。計画はゴールからの逆算です。本試験日に180点を基準(できればもう少し目標を上乗せしておくと、何かあっても安心です)として、やるべきことと可処分時間を割り当てていきましょう。直前期は、これまでやったことを何回も何回も見返して記憶する時期です。あやふやな知識は、ここで確実な知識へと昇華させることが必要です。定期的な講義がなくなると、ペースが崩れ、漫然とテキストを眺めて終わるという失敗をする方がいます。人間とは不思議なもので、講義の復習に追われて時間がなかったときはあれこれとやりたいことがあったのに、いざ時間ができてみると何をやっていいのかわからなくなる(若しくはやる気がなくなる)ということが起こり得ます。でも、残念ながら私達が皆さんのお手伝いができるのは、知識入力することと、整理することまでなのです。その整理された知識を記憶して、試験会場に持っていくことができるのは、受験生である皆さんだけです。そのため、資格試験のカリキュラムは、通常インプット講義➜答練・模試と続き、最後の時間は記憶のための時間として割り当てているのです。せっかく入れた知識も、正確に整理された知識とならなければ試験で使うことができません。そのための努力をこれまで積み上げてきたのですから、最後の仕上げを必ずやりましょう。何事も最後の仕上げが肝心です。これらのことを少し頭において、是非試験までの学習計画を立ててみてくださいね。人気ブログランキングまた、今後はこれまで以上に体調管理をしっかりやりましょう。

  • 06Aug
    • 夏の判例講義ーこの夏の100選ー

      毎日暑い日が続きますね日中はできるだけ外に出ないように努力する日々です(笑)そんなわけで、室内に籠って判例講義の準備。判例をまとめてしっかり見る機会は、そんなにないので、リーダーズではGWやお盆休みの時期に判例講義や総復習講義を行っています。今年の夏の私の担当は民法判例。6時間で財産法の判例を押さえます。ピックアップした判例は、おおよそ100個。当然のことですが、条文を確認しつつ、判例解釈をまとめていきます。判例講義なので、判例の理解を主軸とした講義となります。ほとんど民法の学習が進んでいないという方のご受講は厳しいと思います。また、かなりのスピードで進んでいくので、ここのところ全く民法に触れていないなという方(いますか?w)は、できれば講義の前にざっとでいいので、これまで使ってきたテキストの見返し等をしてきてください(判例集を読んでくる必要はありません)。最大限の効果を発揮できるはずです。六法の持参をお忘れなく!!デジタルでもいいのですが、普段書き込み等していると思うので、普段使っているものを推奨します。判旨部分がコンパクトにまとめられている判例集。民法では珍しく財産法を1冊で完結。ただ、実務上や学説上重要であると考えられる最新判例を意識した箇所があるので、行政書士試験対策として初めから読んでいくタイプの判例集ではなく、その点には注意が必要です。講義の中でまとめていくのに最適だったため、これを使用することにしました。人気ブログランキング夏の基礎固め

  • 05Aug
    • 復習ブログ☆商法④ー持分会社・商法総則・商行為ー

      先週、商法第4回を行いました。これでインプット講義の日程は、無事に終了しました。2月から半年間、本当にお疲れ様でした。半年間きちんと講義を受けて、その復習をして、というサイクルを続けることは大変です。ここまで頑張った学習を無駄にしないためにも、この夏の間にしっかり総復習して、基礎を固めておきましょう。夏以降はどんどん時間がなくなってしまいます。では、復習ブログです。□持分会社種類と定義、内容確認株式会社との違いを意識□出資の履行 無限責任社員のみに認められている出資方法を確認 その際、これが認められる意味から結論を考えてみること ■商法総則・商行為商法の適用範囲□商行為絶対的商行為がその行為の性質から1回でも商行為となるのに対して、営業的商行為は営利目的+反復継続が必要であることの違いに留意。□商人固有の商人、擬制商人、定義確認□名板貸人の責任趣旨:外観法理名板貸任が負う責任確認□商業使用人商人に従属して内部で補助する者商人の営業上の代理権を持つ支配人代理権と義務□代理商独立の商人であり、特定の商人の営業を外部から補助する者締約代理商→代理 契約は代理商と相手方(効果は委託者である商人に帰属する)媒介代理商→媒介 契約は委託者(商人)と相手方□商行為民法との違いを意識①商人間、商人と非商人、非商人間を問わず、商行為一般に適用されるもの②当事者の一方が商人の場合に適用されるもの③当事者双方が商人の場合に適用されるもの□匿名組合→どんな仕組みなのかの枠組みだけ確認□仲立人、問屋、運送取扱人独立した商人で、不特定多数の承認の営業を補助する者それぞれの営業についてが、商行為法に規定されている□場屋営業責任、責任の特則講義は終了しましたがご質問等ありましたら、お問合せフォームからご連絡下さい。http://leaders-readers.com/contact/答練や模試等でお会いできると思いますので、その際でも構いません。あとおよそ3か月、最後までやりとおしましょう!人気ブログランキング夏の計画はしっかり☆

  • 31Jul
    • 【夏期特別講座】6時間で完成!シリーズ開講

      今年も夏の三連休に、夏期特別講座を開講します。夏は、多くの人がまとまった時間を確保できる最後のチャンス。この夏で、得点源となる行政法と民法をしっかり固めておきましょう。私は、民法の判例講義を担当します。判例講義なので、判例集をご用意頂くこととなりますが、指定した判例集はコンパクトに判旨が網羅的にまとめられているので、試験対策として使い勝手がいいものです。普段の学習の中で、判例学習に手が回っていない方、なんとなく読んでいるけれど理解できているか不安な方、この機会に判例学習を一緒にまとめておきましょう。各講座紹介については、以下のHPをご参照ください。せっかく時間とお金を使うので、今自分に必要な講座(のみ)をご受講ください。チャレンジ模試等の成績を参考にするといいですよ。夏期特訓☆6時間で完成!特別セミナーhttps://bit.ly/2JfrDlf≪夏期特訓☆6時間で完成!特別セミナー≫①8月10日(土) 10時~17時  村瀬仁彦講師行政法☆制度と制度の比較フレームワーク20~二択症候群に陥らない正確な知識を作りあげる!~≪使用教材≫・行政法☆制度と制度の比較フレームワーク20レジュメ(無料配布)・セレクト過去問集(無料配布)・パワーポイントスライド集(無料配布)≪内容≫行政法は、許可と特許、行政行為の取消しと撤回、直接強制と即時強制、聴聞と弁明、取消訴訟と無効等確認訴訟、条例と規則など、制度と制度の比較問題が本試験でも出題されるため、二択まで絞れたのに間違った方を選んでしまう、いわゆる二択症候群に陥りやすい科目です。そこで、本講義では、今年の本試験に出題が予想される20のテーマについて、制度と制度の比較の視点から、セレクト問題も使用しながら、スピーディーにかつ実践的に整理・集約していきます。この講座を受講することで、本試験で、二択症候群に陥らないような正確な知識を作りあげてみてください。②8月11日(日) 10時~17時 山田斉明講師6時間で押さえる!行政法☆重要判例分析講義~行政法☆重要判例の「フレームワーク」と「ツボ」を押さえる!~≪内容≫行政法は、行政書士試験において、300点中112点を占める最も配点の高い科目で、2018年度は、その行政法の出題のうち、約半数が判例の知識を問う問題となっています。また、最近の行政法の判例問題は、択一式・多肢選択式・記述式を問わず、単に判例の結論を知っているだけでは解答することができない問題が増えています。そこで、本講座では、行政法の重要判例について、判例の理由付けやロジックまできちんと押さえることで、本試験で得点することができる判例の『理解』を目指していきます。≪使用教材≫・村上裕章・下井康史『判例フォーカス行政法』(三省堂、2019)(各自購入)・パワーポイントスライド集(無料配布)・六法(各自持参)③8月12日(月・祝) 10時~17時 竹内千佳講師6時間で押さえる!民法財産法重要判例~最重要判例を一気に整理し、判例学習の基礎を固める~≪内容≫2018年度本試験において、民法択一式9問中7問が、判例の知識を問う問題が出題されています。ここ数年、正答率5割~6割の難易度で推移している民法は、9問中5問の得点が欲しいところです。そして、およそ半数以上が判例からの出題傾向にある現在、民法の学習における判例学習は必須のものと言えます。そこで、本講義では、普段の学習の中で押さえきれていない民法財産法の最重要判例を、6時間で一気に整理し、本試験対策の基盤を固めていきます。≪使用教材≫・新美育文『民法[財産法]基本判例』(有斐閣、2018年)(各自購入)・オリジナルレジュメ(無料配布)・六法(各自持参)人気ブログランキング民法の判例講義6時間は、糖分の供給が必須。あと、おそらく(というか限りなく絶対)延びます…。ご容赦ください。。

  • 30Jul
    • 出願開始

      今週から、出願が始まりました。慌てて郵便局に走ることがないよう、余裕をもって出願しておきましょう。郵送申込み:令和元年7月29日(月)~8月30日(金)消印有効インターネット申込み:令和元年7月29日(月)~8月27日(火)午後5時https://gyosei-shiken.or.jp/東京受験の方は、少し会場が変わっているので早めに確認して、希望会場で出願しましょう。願書を書くと、改めて気が引き締まります。年に一度の勝負の日が、段々と近づいてきましたね。後で後悔しないように、今できることをしっかりやりきっておきましょう。それでも試験直前になると、あれもやっておけばよかったと慌てることがあります。そのとき、あんなにやったんだから焦ることはないんだと、自分に自信を持てるように、その準備は今の自分にしかできません。この夏、しっかり基礎を固めてください。人気ブログランキング

  • 29Jul
    • 【無料公開講座】8月3日14時~ 出題予想テーマ的中プロジェクト☆夏の陣

      今週土曜日、出題予想講義を行います。出題予想夏の陣では、①記述式、②憲法&行政法、③民法について、今年の本試験に出題が予想されるテーマを1時間でまとめていきます。8月3日(土) 14時~17時辰已法律研究所東京本校参加は無料です。事前予約等は必要ありません。少し勉強がマンネリ化したという方にも、おすすめです。新しい視点やアプローチが発見できると思います。上級講座の受講生さんは、ご予定が合えば講義の前に参加してみてください。下記HPをご参照下さい。http://leaders-readers.com/event/2183/① 記述式&択一式クロスレファレンス(村瀬講師)本講義は、民法記述式1題、行政法記述式1題を題材に、記述式の解法アプローチを早期に考えることと、記述式から関連する知識を択一式へ落とし込み、実践的な知識へ昇華させるためのきっかけを作ることを目的としています。  日頃、〇×の知識レベルで考えることは十分にできていても、記述式で問題点を発見し、文章化する作業は、違う脳を使います。この講義をきっかけに、「法律を使う」感覚を養っていただければと考えています。② 憲法・行政法判例穴埋めトレーニング(竹内講師)近年の傾向として、多肢選択式の正答率が低下しています。多肢選択式の出題傾向を踏まえ、しっかりとした判例対策が必要となります。20個の選択肢から何となく選んで終わっていませんか?まずは、正しい判例学習の仕方を身につけましょう。判例からの出題は、そのポイントが決まっています。本講義では、出題ポイントを絞って、判例知識の押さえ方を学んでいきます。③ 民法判例☆検索トレーニング(山田講師)民法択一式は、本試験では、大半が判例の知識を問う出題となっております。したがって、民法で得点していくためには、選択肢の事例から、その事例を解くために必要な判例の知識を、きちんと検索することができる判例の検索力が求められています。そこで、本講義では、今年の本試験で出題が予想されるテーマにつき、その事例を解くために必要な判例を、きちんと検索することができるか、判例の検索トレーニングをするとともに、判例知識の整理をしていきます。人気ブログランキング皆さまのご参加をお待ちしております。

  • 28Jul
    • 復習ブログ☆商法③ー機関(残り)・資金調達・計算・組織再編ー

      7月も終わりになり、段々と陽射しが強くなってきましたね。今回で会社法もほぼ終了、持分会社と商法総則・商行為を残すところとなりました。現在、一般知識等と並行しての講義なので、かなり大変だと思います。ただ、商法は一度しっかりやっておかないと直前で捨てることになりかねません。講義の復習は何とか確保しましょう。では、復習ブログです。□監査役・監査役会資格(欠格事由)、選任方法、任期、選解任※取締役との地位の比較の視点で。□会計参与役割、資格、選任、終任、権限□会計監査人役割、資格、選任、終任、権限□監査等委員会設置会社□指名委員会等設置会社どういう形態の会社なのかを確認□取締役と会社の関係競業避止義務利益相反取引報酬規制取締役は会社に善管注意義務・忠実義務を負っているため、会社に不利益を与える恐れのある行為については法律上の制限がある。違反した場合の効果と責任確認□役員等の損害賠償責任・会社に対する責任(423条)・第三者に対する責任(429条)株主代表訴訟会社が役員に責任追及しない場合、株主が会社に代わって当該役員に責任追及をする訴え要件確認行為差止請求権要件確認監査役設置会社と非設置会社との違い※監査役やそれと同じ役割を担う役員がいる場合には、業務執行の監査をするのは監査役等の役目であるため、株主が出てくる場面は限定される□資金調達会社が資金調達のためにとりうる手段募集株式の発行新株予約権の発行社債の発行借入□募集株式の発行・株主に対する割当て・特定の第三者に対する割当て既存株主の持ち株比率低下のおそれがあるかないか、で決議機関が変わる。手続の流れ募集事項の決定→申込み・割当て・引受け→出資の履行→効力発生□募集株式の発行等の差止め要件確認□新株発行無効の訴え・自己株式処分無効の訴え□新株予約権選択権(オプション)である。→「行使」のときに株主となる□社債の発行=債権(株主との違い)□計算会計帳簿・計算書類作成・保存、閲覧・謄写請求につき確認※株主総会議事録・取締役会議事録・監査役会議事録と比較□資本金・準備金 ・増資ができる場合 ・資本準備金に充てられる割合 ・増資・減資の際の決議要件□剰余金の配当確認□組織再編共通の手続きの流れは、それぞれを確認した後に見ると理解しやすいポイントは、株主保護と債権者保護□合併吸収合併、新設合併どのような会社形態でも可能手続、効果確認□会社分割吸収分割、新設分割分割会社は株式会社又は合同会社であること手続、効果確認□株式交換株式会社が株式会社又は合同会社に株式を取得させる形態完全子会社化するときに使われることが多い□株式移転株式会社が新たに設立する株式会社に株式を取得させる形態持株会社をつくるときに使われることが多い□事業譲渡取引行為である点で、組織再編と異なる∴免責的債務引き受けの場合には、原則通り債権者の承諾が必要人気ブログランキング次回、最終講義です。

    • 復習ブログ☆商法②ー株式・機関(途中)ー

      商法第2回の復習ブログが遅れてしまいました。申し訳ありません。□株式併合・株式分割・株式無償割当て意義確認(株式併合・分割は既存の株式をどうするかの話なので、自己株式の場合にも当然効力が及ぶ⇔株式無償割当て)□単元株制度意義、趣旨確認手続きに必要な決議 設定・増加…株主総会特別決議が必要→株主に不利だから 廃止・減少…取締役(役会設置会社の場合は取締役会)の決議→株主に有利だから単元未満株式について、認められなくなる権利単元未満株式の買取→単元未満株主から、会社に対して、自分の持っている単元未満株式を買ってもらう請求売渡→定款で売渡請求を定めた会社の単元未満株主から、会社に対して、足りない分の株式を売ってもらう請求□機関総則所有と経営の分離機関設計のルールポイントは公開会社か否かと、大会社か否かです。※機関設計のルールは、全ての機関を見た後にまとめて見るようにしましょう。□株主総会意義と権限確認※取締役会設置会社では、株主総会の役割が変化→所有と経営がはっきりと分離しているため。□招集 ・公開会社 ・非公開会社 ・非公開会社かつ役会非設置会社□一株一議決権の原則株式とはどういうものだったかを復習。∴頭数割合ではなく、株式比率による例外 7つそれぞれなぜ例外とされるのかも確認□行使方法□決議方法内容確認※以下の視点重要特別決議→株主にとって特に重要な事項なので要件厳しく∴列挙事由を見ておおよそ株主に重要な事項だとわかること特殊決議→どの場合に必要なのか、具体例記憶。□決議の瑕疵・株主総会決議取消の訴え 取消し事由・提訴期間・提訴権者・効力確認・決議不存在の訴え・決議無効確認の訴え□取締役取締役会設置会社と非設置会社では取締役の役割が異なる比較の表を参照し、違いを理解選任・任期・解任□取締役会取締役会が設置されている場合には、役会が機関となり、取締役は機関ではなくその構成員である。権限・役会の運営確認(株主総会との比較)□代表取締役権限確認権限がなかった場合の行為の効力代表権濫用表見代表取締役□取締役と会社の関係競業避止義務利益相反取引報酬規制取締役は会社に善管注意義務・忠実義務を負っているため、会社に不利益を与える恐れのある行為については法律上の制限がある。違反した場合の効果と責任確認機関は、誰がどういう役割を担っている人なのか、株主との関係はどうかを考えると理解がしやすくなります。人気ブログランキングノートで知識の確認をする際、該当過去問に触れると出題のイメージが掴めます。会社法は、取締役会設置会社の場合、公開会社の場合等、会社形態によって異なる規定が出題されますので、問われ方に慣れるためにも過去問に当たってみてください。

  • 17Jul
    • 復習ブログ☆商法①ー総説・設立・株式ー

      先週から商法に入りました。一般知識との並行となるので、大変だと思いますが頑張りましょう。可処分時間的に難しい方は、商法を優先させて、そのあとに一般知識をネット受講するのもひとつです。では、復習ブログです。□会社法総論□会社の意義・性質4つの性質、概要確認→一人会社は認められるか?□会社の種類株式会社・持分会社□株式会社総論株式会社の特徴間接有限責任の意味「株式」定義確認→出資をしやすい会社形態∴退社制度無しそのため、株式譲渡自由の原則がとられている。□利害関係人の視点内:株主外:債権者□債権者保護制度(1)~(6)まで確認□設立①定款作成→②出資の履行→機関の具備→④設立登記ルールつくって→お金を入れて→人を入れて→登記してできあがり□種類発起設立募集設立相違点確認□定款作成絶対的記載事項6こ相対的記載事項変態設立事由の意義と具体例、その例外を確認任意的記載事項□出資の履行株式引受…各発起人は最低1株以上意思の不存在・瑕疵ある意思表示がある場合の処理募集設立の場合…払込取扱機関に保管証明義務あり失権手続き…発起人あり         募集設立の場合の株式引受人なし(当然失権)□機関の具備発起設立→発起人が選任募集設立→創立総会決議(創立総会の決議要件注意) □設立の登記設立登記→法人格を取得する□設立に関する責任及び訴え設立に関する責任(1)~(5)設立の瑕疵設立無効の訴え意義、提訴権者、期間制限 確認会社の不存在設立登記されていて、瑕疵が甚だしいとき会社の不成立設立登記されていなくて、瑕疵が甚だしいとき□株式自益権と共益権単独株主権と少数株主権株主平等原則→例外も確認株式の内容 107条その会社の発行する全部の株式の内容としての特別の定め3つ株式の種類 108条内容の異なる2種類以上の種類株式を発行する定め8つ(種類の組み合わせは自由→普通株式との組み合わせも可能)□株主名簿基準日、備置き、閲覧につき確認株式の譲渡譲渡の効力の発生要件・対抗要件 株券不発行会社の場合 確認 株券発行会社の場合  確認株券 原則:不発行 例外:発行する旨の定款の定め    ※発行を定めたら、遅滞なく発行     非公開会社→請求がない限り、発行しなくてもよい□株式譲渡が制限される場面具体例と内容確認□自己株式意義確認自己株式を取得できる場合自己株式に認められない権利自己株式の処分と消却人気ブログランキング株式は混乱しがち。107条と108条を分けて、しっかり整理しておきましょう。

topbanner