服飾散財通信

服飾散財通信

クラシコ系ファッションとBEAMSを愛する40代専門職です。激烈ハードな毎日の中でも、ファッションを楽しむことを忘れずに暮らしています。気軽にコメント残していって下さいませ〜!


テーマ:

久しぶりの更新になってしまいました。楽しみにして下さっている皆様、いつもご覧頂きありがとうございます。




私がここ数年探していた時計は国産、舶来品、それぞれ一つづつありました。

 


 

国産は前々回ご紹介済みのSEIKO(セイコー)のセカンドダイバー(←リンクアリ)。狙っていた私の生まれ年のモノをゲットできました。

 

 

 

 

そして、もう一つの舶来品が何だったかと言うと…

 

 


 

 



 

 

 

HAMILTON/ハミルトン Chrono-Matic  クロノマティック !!

 


 

このパンダカラー・クロノグラフ。約50年前にリリースされた時計でありながら、今尚新鮮に見える完璧なデザイン。









⬆︎ パンダデザインの時計は数あれど、ロゴを含めたデザインに関してはハミルトンが1番カッコいいと思うのは私だけでしょうか(笑)。




まぁ、とにかく惚れちゃいまして。




色々と調べると興味深い事が。

 

 

 

1892年創業のハミルトンは1969年にスイスに拠点を移しました。その際、ハミルトン、ホイヤー、ブライトリングが合同で開発したのがcal.11。

 

 


 

 



 

 

 

このキャリバー11はマイクロローターを採用した世界初の自動巻クロノとして、歴史にその名を刻む銘品に。


 

 

 

そして、なんと!時計に明るくない人でもその名を聞いた事のあるゼニス・グループの「エルプリメロ」よりも先だったのです!




竜頭が左にあるのは、当時の技術的な問題による配置と言われてます。








 

(⬆︎竜頭位置からして、ハミルトン、ホイヤー、ブライトリングのクロノマティックシリーズがこの三者だと思われます)

 

 


 

そんな、蘊蓄満載のクロノマティックだもんで、世界中の時計ファンが血眼になって争奪戦を繰り広げておるのです。

 

 


 

それこそ、リーマンショック直後は15万円位で購入できたのですが、ロレックスでもオメガでもない当該機が30万を超えて来る事態に…。

 

 

 

 

 


 

 

 

 ⬆︎ ここ4ヶ月はebayでも全く出てこず…。


 

 

時計に明るい友人にお願いして、日本に入荷したらご連絡をお願いするも…中々難しく。

(その節は本当にありがとうございます。)

 

 


 

私もヤフオク、メルカリは勿論、ebayも日々チェックし、3ヶ月に一度の頻度でebayに出品されるブツに戦いを挑むも負け続けるほどの白熱した1年を過ごしました(笑)。

 

 


 

 

『もーこりゃ、5、6年見ないとダメかな?』と思っていたら…、MONO MAX 12月号にこんな記事がっ!!

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

⬆︎  HAMILTON/ハミルトン Intra-Matic イントラマティック として復刻。

 

 

 

『おおおおおぉぉぉぉおおおおぉぉ!!』


 

なんと、2018年11月に復刻販売するとのこと。

 

 

 

驚きましたが、その気配は昨年からあったのです。

 


 

…と言うのも、2017年にイントラマティックとして逆パンダ仕様の42ミリが昨年復刻。しかも当時はなかった逆パンダデイト。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

ハミルトンファンらがこぞって購入した逸品でした。

素晴らしい逆パンダデザイン!!

 


 

それでも、私が欲しかったのはあくまでも『パンダ🐼』。しかも腕の細い私には42ミリはデカイ。

 

 


 

ちなみにオリジナルのクロノマティックは38ミリケースという小ぶりなところがある意味で魅力なワケです。

 

  

 

 

だもんで、今回の50年の時を超えての『復刻パンダ40ミリ』リリース・ニュースを知った時、

 

 


 

『こりゃ、もぅ買うしかないっ!』と思った次第でして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⬆︎因みに同じタイミングでブライトリングもクロノマティックタイプを販売!?

 

 

 

お陰様で、挑んでいた国家資格試験も無事に合格。『自分へのご褒美』と買う理由が出来たので購入することに(笑)。


 


 

オフィシャルサイトにも登録あるショップで、10パーセントポイント還元を狙ってゲット。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当該機のH31はETA(VAl7753)をベースに開発されたキャリバーで、パワーリーザーブで約42時間駆動から60時間に改良された新キャリバーを搭載。

 


 

だもんで、1週間で2日浮気しても“まだ”動いていてくれるであろう(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 ⬆︎ 実物マティック(笑)。

 

 


 

私の仕事はロレックス等の分かりやすい高級時計の装着が躊躇われるため、ツウ好みな物になるのです。


 

 

まぁ、パテックフィリップまで突き抜ければ普通の人は分からないかもですが(笑)。

 

 


 

でも、それなら庶民の私は車買いますかね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて 色々言うてますが、とにかく気に入ってます!

 

 

 

長い相棒になってくれると良いなと。

 

 

 

 

 

 

 

 



⬆︎ベルトの色が変わっている事については…再来週あたりの東京ジェンツのブログにて。



  

 

 

でも、やっぱり実物でオリジナルのクロノマティック・パンダを見てみたいかな~(笑)。


 

 

 

 

とか言わないよ絶対~。って、やっぱ言えないよ絶対~…

 

 


 

どっちやねん。

 


 

 

 

ヴォナ・ノッテ〜!

 

 

 

 

 

▼楽天

【2018年新作】【あす楽】国内正規品ハミルトン【HAMILTON】イントラマティックオートクロノ「INTRA‐MATIC」40ミリ革ストラップ 自動巻き【H38416711】

価格:280,800円

ハミルトン 公式 腕時計 Hamilton Intra-Matic Auto Chrono アメリカンクラシック イントラマティックオートクロノ メンズ レザー | 正規品 時計 メンズ腕時計 革ベルト ブラック ブランド腕時計 ビジネス 紳士時計 うでとけい 男性腕時計 watch 男性 ウオッチ

価格:280,800円

HAMILTON【ハミルトン】Intra-matic Autochronoイントラマティック・オートクロノグラフ自動巻き/正規流通商品/メンズウォッチ/クロノグラフB

価格:280,800円
(2019/2/9 20:19時点)


テーマ:
久々の投稿となり、アメブロアプリの使い方を忘れかけたトモ・クルーズです(笑)。



夏前から四十路最後の資格試験が本格化してしまった事に加え、東京ジェンツ・ブログの週イチブログが重くのしかかって来たのが主な理由です(((; ఠ ਉ ఠ))。



それでも放置した割には驚くほどのアクセスを頂ける日もあり、細くならないのはひとへに皆様のおかげだと心より感謝申し上げます。今後は当ブログもシッカリ更新して行きたいと思います。





今回はスーツのサルトリアーレ(フルオーダー)について。





お世話になったのは…









⬆︎ MICHELE & Shin Itary.
(ミケーレ&シン・イタリー)



始まりは東京ジェンツメンバーの散財診断士さん、ナオキさん、kouseiさんの3人。



彼らが早々にミケーレアンドシンでサルトリアーレしたのがキッカケでした(Tokyo Gentsサイトにリンクあり




私もミケーレさんの『イタリアン ハンドメイド・サルトリアーレ』に興味はあったのですが、プライスに二の足を踏んだのと(笑)、とにかく忙しくて出遅れました。




それでも、皆と一緒にお店に赴いたところ店主の松本さんのハートウォーミングな接客や面白いピッティ話、ジェンツを認めてくれている点などが私の心に刺さりまして。
 



何事も経験!とサルトリアーレさせて頂く事にしました。









まずはオーダーと言っても、ジャケットにするのか、スーツにするのか?ココは非常に悩みました。




というのも、この時のミケーレさんは変革期前でして、吊るしの生地の中から選ぶシステム(現在はバンチからも選べます)。




私の中で秋冬の構想が今ひとつ明確にならず悩んでいたので中々ヒットする生地がなかったのです。





しかしながら、2019年初頭にかなり大きな催しの主賓に呼ばれていることから、『こりゃ、そこで着るスーツを作ろう!』と腹を決めたら、イメージが徐々に明確になって行きました。







『クラシック回帰』の流れの中、今の気分は『地味目な中に華を持たす』こと。



茶系やチャコール系の少しトーンの落ちた無地orグレンチェックなどで探すと…











⬆︎目にとまった生地がありました!




でも、店内ではよくわからない(笑)。




この旨伝えると代表が『よし、外で見てみましょう!』と他の生地も持ちながら確認させて下さいました。











この辺りのフットワーク軽いスタンスはフルオーダー初心者には本当に助かります。



光の当たり具合でペーンが少し立ち上がってくるこの生地に決定!!










次はデザイン。



ダブルはそうそうに決定。ゴージ位置とラペル周りに思い入れがあるので、かなり細かく伝えさせて頂きした。










イメージは『ペトリロとラティーノの中間位のラペル幅デザイン』で、ゴージはラティーノより低め、丸みをおびたデザインであること。




仮縫い時点でフィックスできるので、この時点ではここまでとして採寸へ。











かなり細かい所まで測っていくので、涼しい顔しながら『へ〜、こんな所まで計測するのがフルオーダーか〜!』と心で思ったのはナイショです。







そして、2ヶ月後…『仮縫い』。










かなりジャケットの形を成して来ました。





早速袖を通し、フィッティングのインプレを伝えます。腕周りをハウススタイルよりも太く、ウエストもかなりシェイプされていたので緩めてボックス寄りに、そして丈をラペルに合わせて長くなど。



そして最後にラペルデザインの詳細を決めていくのですが…










とても興味深い!



面白かったのが、着用したままチャコでラペル幅やデザインのラインを書いて行くこと。




『もう少し太く』、『もう少し丸く』、『ゴージ位置はもう少し低く!』とか。











パンツは初のベルトレスを採用。渡りをかなり太くもって裾幅は18cm、ダブル幅は4.5cm。ヒップラインをフィットさせ過ぎない様にしました。






そして1ヶ月半後に完成したのがコチラ!!











トモ・クルーズモデル・ダブルブレスト・スーツ!

(サルトリアーレなので、当たり前ですが)




出来上がりを見た感想は『おおぉ〜!やっぱりこの生地で正解!』。




…というのも、他のジェンツメンバーから「あの生地は失敗なのでは?」なんて言われてたので(笑)。











⬆︎ミケーレアンドシン謹製のボックスイン・プリーツも素敵です❤︎



本来ならばココで引き渡しになるのですが、ココから着丈を2センチ出し、アームホールにあと1.5センチゆとりを持たせる仕様に修正をお願いしました。



『ちょっとご迷惑かな?』とおもったのですが長く着たいアイテムだからこそとの思いでお願いしたところ、快く最終修正に応じて頂きました。




ココからは写真で見て頂きたいと思います!









⬆︎こだわったラペルデザインにグッと来ます!




既成のバンチには無い日本文化に馴染む厳選生地が映える、サルトリアーレならではのオリジナル感!








⬆︎全体で見て頂くとこんな感じ。




肩幅が余って見えますが、ココがナポリのサルトリアーレの特徴で1センチ位余らしてのマニカカミーチャが本場の仕様こと。




そう言われちゃうと納得してしまう(笑)。












⬆︎ 先日お店に伺った際には『まだこの生地の在庫があり、あと3着なら作れる』とのことでした。



気に入った方がいらっしゃいましたら、ミケーレさんに問い合われてみて下さいませ。



一応、ミケーレさんのプライスリストを載せておきます。




🔽Michele&Shin Itary Price List

+FULL HAND LABEL+

  • Suit  all 180,000(+tax) 
  • Jacket  all 130,000(+tax)  
  • Coatall 140,000(+tax)   
  • Vest  all 55,000(+tax) 
  • Trousers all 50,000(+tax)  

表示料金はすべて現地買い付け生地でのお仕立て価格となります。バンチブックからお選び頂く場合、+3,000/m~となっております。

+WHITE LABEL+

  • Suit all 98,000(+tax)
  • Jacket all 65,000(+tax) 
  • Vest all 35,000(+tax)  
  • Trousers all 33,000(+tax)   

表示料金はすべて現地買い付け生地でのお仕立て価格となります。バンチブックからお選び頂く場合、+3,000/m~となっております。
WHITE LABELのみ初回仮縫い要 仮縫い¥20,000(+tax)










人生で最後かも知れない!?サルトリアーレ体験。




皆様におかれましても、是非一生のうちに体験されてみて下さいませ、貴重な経験となるかと思います♪











ヴォナ・ノッテ〜!













テーマ:

この秋冬は諸条件により、お休みは部屋で捻りハチマキ・ガリ勉状態なトモ・クルーズです。

 




まさに、そんな分刻みの時間事情ですが…




時計においては、ここ5年はジャック・マイヨール愛用のSQUALE(スクワーレ)で満足していたのです。





ただ、四十路ともなると『深いぃストーリーある逸品』に惹かれるもの。

 

 



 

だもんで、ここ一年探していた時計が『国産1本』、『舶来品で1本』合計2本ありまして…

 

 



 

先日、ようやく…







本当にようやく、お目当ての『国産1本』が手に入ったので…







ご紹介させていただきます!!

 






 

 

image

 

 



 

⬆︎ SEIKO (セイコー)セカンドダイバー 通称 『植村ダイバー』6105-8110 !!

 



 

言わずと知れたジャパニーズ・ウォッチ・ブランド『SEIKO(セイコー)』のビンテージ・ウォッチです。




購入までは兎に角色々と調べ倒したので、購入検討中の人が知りたい事はほぼ全て、この記事内にあるかと思います(笑)。


 

 


 

かくいう私の購入決定打は何と言うても『ストーリー』と『デザイン』…そして『プレミアム・イヤー』♫。

 

 



 

実はこの時計、色々と物語(ストーリー)を持っているのです。

 

 








 


 

 

物語①:『植村ダイバー』と呼ばれる。

 

 


 

昭和世代は皆その名を知っている、日本が誇る冒険家『植村直己(うえむら なおみ)』。

 




 


image

 



 

1960年~1980年代まで活躍。1984年マッキンリー登頂後に行方不明(そのまま推定死亡)になり、そのニュースを当時10歳前後だった私がこの目で見たのをハッキリと覚えております。

 


 

私の記憶に焼きついたのはボーイスカウト(下位のカブスカウト)をやっていたのも影響しているかと。

 


 

そんな植村さんが愛用していた事でも知られるのがセカンドダイバーの6105-8110モデル。

 

 




image

 

 



⬆︎ちらリズムしてますね(笑)。

 

 

 

有名エピソードとしては…『植村さんが1976年、北極圏12,000キロの犬ぞり旅中(なんと一年半)、私物のロレックスをしていたところ止まってしまい、取材に来た旧知の記者がしていた時計と交換して旅を続けて成功させた。




その時計こそがSEIKO・セカンドダイバー6105-8110(後期型)だったと言われてます。





実はもう一つ説がありまして…1970年エベレスト登頂でSEIKOを使用し、その性能に感激した植村氏が後々『セカンドダイバーの制作に携わった説』があります。

 






 

image

 

 




 

これらの話はとても有名で、セカンドダイバーと言うよりも『植村ダイバー』と言う名で知られ、日本では高値で取引されてます。

 

 



まぁ、『ココロに冒険を〜♪』忘れない男には グッとくるストーリーなワケです(笑)。








 

物語②:エディ・アイカウ モデルと呼ばれる。




伝説のサーファー:エディ・アイカウが使用していた(後期モデル)事でも有名で、海外では『Eddie Aikau model』としての方が有名だそうです。

 

 



 

image

 



 

ebay(海外のオークションサイト〈ヤフオクみたいなモノ〉)でも負け続けることも本当に多かったのも納得です。

 

 

 

球数は世界中結構出回ってますが、日本よりも海外で高評価を受けるSEIKO。海外では社外製品でカスタム(改造)されたり、リダン(文字盤書き直し)されたり、そもそも社外ダイアル交換して「フルオリジナル」と謳ったりで…滅茶滅茶な状況。

 

 

 


 

 

 

…もうですね、国を問わずSEIKOに魅了された人々がオタク化し、その知識をフル活用してチェックしまくる6105-8110。

 




 

その取引価格はなんと『15万~30万超え』のアイテムなのです。

 




 








ここで、少し蘊蓄をば…




 

セカンドダイバーは前期・中期・後期の三期に渡り作られまして、それぞれ裏蓋で見分けがつきます。

 




 

 

image

 

 

 

⬆︎『WATER PROOF』表記が前期モデル。品番が6105-8000でちなみにキャリバーは6105A。

(画像は全て私が作りましたヨ)




同じ『WATER PROOF』表記でも、品番6105-8110は次の中期に分類されます(1970〜71年に生産)。

 

 





 

image

 


 

⬆︎『WATER RESISTANT』表記が中期モデル。こちらも品番6105-8110で、キャリバーは6105Bへ。

 






 

 

image

 

 



⬆︎『半円空スペースのWATER RESISTANT表記』が後期モデル。こちらも品番6105-8110、キャリバーは6105B。

 

 










⬆︎今回の購入品に“本物のキャリバー6105B” が搭載されているか確認するため、裏蓋を開ける機械を買いました!



無事に6105B搭載♪  当たり前ですが安心しましたよ〜(笑)。



 

 

話を戻して…





『植村ダイバー』を指すセカンドダイバーは8110なので、中期~後期をさします。

 

 


 

 

本物か見分けるのは①ケースの大きさ、②針とダイアルの形状と劣化の特徴、③ベゼル下の凹凸パーツ、④時計裏蓋表示形式、⑤キャリバーナンバー、⑥ハック機能の有無、⑦竜頭ロックとそのデザイン、⑧上記ナンバー関係。

 




 

 

image

 

 






 

ダイアルに関しては色々調べましたが、国内で通常使用された後期型ならば『そこまで劣化しない』との情報もあり、判断はとても難しい(笑)。

 

 









⬆︎ 出回っている社外品パーツを購入して分析。当該機装備品(ダイアル・針・ベゼル)と比べて明らかに違いがあったこと、ネットの画像比較と同等なことから、今回の購入品はフルオリジナルパーツ(もしかしたらダイアルだけ純正品の交換が行われているカモ)だと思われます。






 


 

これだけの理由で十分購入理由になるのですが、当該機の決め手は何か??

 

 




 

それはプレミアム・イヤー!






…って言ってもですね、当該機が製造されたのが『私の生まれ年197○』と同じであるという事、ただそれだけ(笑)。

 




 

私と同い年』←ここに拘って探したので、ゲットまで滅茶滅茶時間がかかったのです。

(シリアルナンバーから製造年月が分かります)

 




 

 

それでも、ほぼ毎日ebay含めてチェックする日々を過ごすと女神は微笑むようでして。

 

 





 

奇跡のようなタイミングで同い年の植村ダイバーをゲットした次第です!!











 

 

⬆︎  ケースがデカイのは知ってましたが…『やっぱデカイ』。○○○○などデカフェイスの時計がなんせ似合わないワタシ(笑)。


(ケースサイズ : 約44㎜ 〜リューズ含まず〜)


 




 

私の周りでSEIKOに手を出している人がいないので実物を拝むことが出来ず。インスタやグーグルの写真をスクショしてガン見する日々。

 

 




購入は一か八かの勝負でしたが、手首の細い私が装着しても余り違和感がない!! 

 












 

これはやっぱり秀逸な 左右非対称デザインと抜群の全体的にドーム型した立体感かと。にしても、無骨な見た目なのに、私の手首に馴染むなんて奇跡です♪。

 

 


 

 

兎に角、雰囲気抜群です!

 

 



 

ファーストダイバー、セカンドダイバー、サードダイバーまでがビンテージウォッチでは有名らしいですが、注目はやはりセカンドダイバーかと。

(サードは小栗旬がしているとかしてないとか)

 

 











 

購入までにはSEIKOの世界を知るべく、本『セイコーダイバーズウォッチ進化論』で学習したり(笑)。

 


 


 

この本はカタログ的なものではなく、オタク作者が調べ上げた論文のような本です。

 











 

機能に重点が置かれてるので私は余りピンと来ませんでしたが、時計屋さんならマストな一冊かと。

 



 

セイコー専門のビンテージウォッチ店とか都内でやったら、暫くはカナリ儲かりそうだなぁと。

 

 



 

原資があれば誰かにやらせて荒稼ぎしたい(笑)。

 

 



 

ああヤバイな…『セイコーの世界』にハマりつつあります。

 

 

 

 







 


 

マイ愛機となったセカンドダイバー。悩ましいのはオリジナル・ガラス風防にガッツリついたこの傷(写真は到着時)でした…

 

 


 

 

ネットで調べ倒したら、自助努力でなんとかなりまして!!!!

 

 

 


 

次回はジェンツブログの方で、驚きの自己メンテナンス方法をアップします!

(やってみてホント驚きました)

 

 










⬆︎ ジャケットにも良い感じ!













カジュアルにもバッチリ❤︎



 

私と同い年の「植村ダイバー」、息子に受け継ぐべく大切に使って行きます。

 





 

ヴォナ・ノッテ~!

  



 

 

 

▼楽天

1974 vintage Seiko diver 6105-8110 ANTIQUEセイコー 150mダイバー 2nd 後期 植村モデル 1974年4月製造 ミントコンディション 自動巻き CAL.6105B 純正ラバー ヴィンテージ【あす楽対応】【ブランド腕時計】 【中古】【京都屋質店】【質屋出店】

価格:478,000円

【SEIKO】【アンティーク】【OH済】【Cal.6105B】セイコー『セカンドダイバー 植村直己モデル』6105-8119 28****番 メンズ 自動巻き 1ヶ月保証【中古】b03w/h14B

価格:222,480円

セイコー アンティーク サードダイバー デイデイト 6306-7001 自動巻 メンズ【中古】【店頭受取対応商品】

価格:75,600円

セイコー サードダイバー 150m Ref.6306-7001 ステンレススチール ブラックダイアル 1979年 タートル【中古】【アンティーク】【メンズ】

価格:178,000円

Ameba人気のブログ