WEST-WOODS

WEST-WOODS

新潟県長岡市にある一級建築士事務所です。            スタッフの日常をつづっていきます。

ウエスト・ウッズのスタッフは超個性派ぞろい。

仕事も趣味も全力投球。

みんな、いろんな事、やってます!

ビジネスにもフィードバックしている・・・はず?  →   http://www.west-woods.jp/


Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

別棟の物置棟も始まりました。

住宅棟と並び、配置。

デザイン上も関連性を持たせた2棟となります。

 

大工さんは大変ですが、頑張ってもらいたい・・・。

 

初期計画に対する外構の最終検討も始まりました。

植栽も含め、敷地全体の方向性を再確認します。

楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

・・で、夜空の3連発。

 

 

 

 

 

昨夜の空です。

きれいでした~。

 

 

 

by yama


テーマ:
2日間の建て方作業。


 

桁上断熱の為、母屋が一段上がっています。





時折雨に降られながらも、無事に上棟。

 

構造計算により、積雪1.5mで耐震等級2。

南側軒は900mmのハネ出しで、日射遮蔽。
その為、この部分の垂木はピッチ(並びの間隔)が一般部に対し1/2。
                            (細かく、多く入っている)
なおかつ、垂木成(断面の縦方向寸法)は通常の約1.8倍。


屋根上での上棟式の後、餅まきもありました。
最近は少なくなりましたが、良い思い出になりますね。

記憶をさかのぼると、前回経験したのは、多分、7~8年ほど前・・・。






お餅もまいて、今日一日の作業が終わった頃・・・。

 

                         どうやら、明日は良い天気になりそうです。



by yama




テーマ:
8角形 
進捗ダイジェスト。

 




内部を見上げるとこんな光景。

        まだ、接合金物が追加されます。

 
 




 多角形の耐力壁はx方向、Y方向に分解しての考え方となります。
バランスは良いはず。

窓が見えませんが、ちゃんと有りますよ!




 壁断熱材はフェノールフォーム保温板。
        熱伝導率0.020W/(m.k)は最高ランク。
        
 



・・と、こんな感じで随時、UPしてみます。
         さあ、どんな建物に仕上がっていくのか?











・・・現場近くにて。

 

                               季節も徐々に・・。





by yama














 

 
 
 







テーマ:

 
・・って、 いきなりの画像。


実は、先日の星空以来、夜空の撮影がマイブーム。
リオ・オリンピックの放送も気にしつつ、夜な夜な空を見上げてます。

昨晩の月は綺麗でした。 満月かな?







一方、千谷の家の現場は・・

 

 

                      ほぼ、定点観測。 




基礎工事から、土台敷きに入ってます。 
土台はヒノキ120角。当社定番。

来週はいよいよ、上棟。



「ようやく、ここまで来た」 感です。






by yama







テーマ:
現在、深夜、0時50分。  今宵はスゴイそうです。
極大。

ペルセウス座流星群。 今年は条件も最高に良いとか・・。

 
我家の頭上にも。      飛んでますね-。


 

キャンプベッドを持ち出して、寝たまま観測も良いな・・・。とも思いましたが、
蚊対策により断念。




星空っていいですね。   些細なことなど忘れます。



by yama







テーマ:

 


正8角形。

設計監理の物件です。  施工は直営。





建て方開始で、


 

                                     こんな感じです。






仕口。


 


このような建物も楽しいですよね。

住宅では構造、温熱の施工観点から、建物の形はシンプルになりつつありますが、
もっと、もっと、軸組工法の自由度を楽しみたい気もしますね。




by yama









テーマ:

今年度第1回業務研修会に参加してきました。

 

 

今回のテーマのひとつ、不動産売買契約の特約・容認事項について。

 

ただでさえ多い特約事項が、より細かく説明することになりました。

説明を聞くのも大変かもしれませんが、買主さんに安心・納得してもらえると思います。

 

ここ最近は中古住宅の売買も増えていますので、

付属資料や設備一覧表等で具体的な事柄も説明し、納得して契約することが重要です。

 

土地や土地付建物は、大きな大きな買い物です。

後悔の無いように充分な説明・理解が大切ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

基礎工事の始まりは、掘削作業から。
その後、砕石を締め固めて地業(堅固な基礎地盤)を作ります。


基礎の下の防湿処理としては、ポリエチレンフィルムを敷き込む事が一般的。

 
これにより、床下湿度を低減。

実際、近くで見ると・・・。

 
これだけ防湿してるんですね。

今回は、通称、ベタ基礎と言われる基礎底版一体型なので、配筋工事の後、
この上全体にコンクリートが打設されます。

とかく地味に見える基礎・土工事も
当然ですが、重要ポイントは沢山有る訳です。



現場は流れるように進んで行くので、オーナー様が全てを見る事は難しいと思いますが、
可能な限り、家づくりという一大イベントを見届けてもらいたいと思います。
なんてったって、多分、一生に一回のことですからね!

楽しみましょう!




by yama




テーマ:
工事の為の諸手続き(約9ヶ月かかりました!)も無事に済んで、
先日は遣り方掛けを行いました。

 
遣り方の範囲、広いですねぇ。  実は住宅棟と別棟物置、2棟あります。




この時に、現場における設計GL(基準地盤の高さ)の最終設定をします。
当然、設計前の現地測量をもとに、プランをする訳ですが、
最終確認及び最終設定はこの時点です。

道路からアプローチを経て玄関までの高低差や、外構工事のレベル計画。
また、敷地内の水勾配などや、ガーデニングの計画などもからんできますね。
それらを全て検証確認。


特に今回は、道路に面した間口が広い敷地。
という事は、間口方向での高低差が大きいわけです。

結果、棟別に設計GLを2本設定しての遣り方となりました。
その後、通り芯(建物の位置)の確認&設定。


我々設計者・施工者は、普通に、当たり前にやっていますが、
現場施工の全ての基準がこれで決まります。 超重要です。

説明を聞けば、あ、なるほど・・。と思えるかも。
実はこんな所も現場の見所と言えますね。




by yama

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス