Performance Coordinatorのブログ
  • 26Mar
    • DA+店舗移転のお知らせと、新型ウイルスに思うの画像

      DA+店舗移転のお知らせと、新型ウイルスに思う

      平素よりお世話になっております。世界中が新型ウイルスで混乱している状況で大変恐縮ですが、8年弱付き合い慣れ親しんだアスレチックプラス田園調布店は4月1日に移転することになりました。4月1日にご報告となると、エイプリルフールのネタとして扱われそうなので、1週ほど前に報告をさせて頂きます。新しい店舗は、現在の場所から田園調布駅に向かって徒歩5分ぐらいのところで、東急東横線/目黒線の田園調布駅からは3~4分ぐらいとなります。今までは地上2階、地下1階と大きな器でしたが、2周りほど小さい店舗となりますが、駅からの距離は3分の1程度となります。最近は、アスリートや高齢者だけでなく、小学生低学年のトレーニングなども拝見するようになりました。これもトレーナー経験としては驚きの連続です。その興味深いその話はまたの機会とします。新住所:東京都大田区田園調布2-35-14 森ビル1階(旧店舗住所:田園調布2-1-3 DA+ビル1階)さて新型ウイルスですが・・・アスリートは協議の場を失ったり、無観客で試合をしたり、オリンピックでさえ延期となる事になりました。店舗営業している方も多くの方が大変な思いをしていらっしゃることと存じます。もちろん日々大変ではありますが、日本だけでなく世界の皆で耐え忍ぶ以外に方法はないと思います。風雪に耐え変わらず(変わらないように見せて)毎年力を蓄え、今とばかりに咲き誇る田園調布の桜を見ながらそんなことを思いました。皆様のご健勝をお祈り申し上げます。2020年3月吉日株式会社アスレチックプラス山本da-plus.co.jp#東京#大田区#田園調布#本当に変われる#機能回復#パーソナルジム#パーソナルトレーニング#パーソナルトレーナー#野球トレーニング

  • 02Nov
    • 2019 RWC 日本大会を終えて。の画像

      2019 RWC 日本大会を終えて。

      2019年の日本のスポーツイベントのハイライトが終わりました。南アフリカが3度目の優勝で幕を閉じました。日本も優勝国南アフリカには敗れましたが、スコットランド、アイルランドと一見地味なディフェンスを繰り返し見事な勝利に結びつけました。今回のRWCではアルゼンチン代表をサポートさせていただきました。今大会は残念ながら決勝トーナメントには出場できませんでしたが、ラグビーの日本代表や社会人(現トップリーグ)で、様々な外国人選手と働かせていただいた経験から言っても、アルゼンチンの選手は”紳士で大人な”印象でした。アルゼンチンスタッフ、選手、サポートの皆様ありがとうございました。さて今回のRWCを見ていて、胸が熱くなりました。下の写真のルークトンプソン選手です。みなさんも顔を見たことはあるかもしれませんが、ニュージーランド出身(2010年帰化)、2019RWC開催時点で38歳です。並みいる代表の強者を抑えて、先発メンバーになる・・フィジカルが重要視されるラグビーの代表において、すごいことだと思います。私がJKジャパンでお世話になっていた頃が体力的なピークだったかも知れません。それから10年ぐらいたっているわけですから、彼は本当に普段は心の優しい選手です。フィールドでも確実に”仕事”をこなします。私は(多分)1000人超のアスリートとかかわったと思いますが、彼は最も”痛み”の感覚のマヒした選手だと思います。いつもどこか痛そうにしていますが、実際フィールドでは”鬼神”駆け回り、仕事をこなす選手の印象です。カズさん(Kingカズ)や山本昌さん(元中日)とは言いませんが、30代後半のトップアスリートにはどこか哀愁のあるものです。彼も若いアスリートの中で、その哀愁とラグビーに対する情熱を示し続ける素晴らしいアスリートだと思います。もしトップリーグや大阪周辺で見かけたら皆様も”哀愁”を感じてください。とりあえず、代表およびRWCお疲れさまでした。繰り返しになりますが、アルゼンチンスタッフ、選手、サポートの皆様ありがとうございました。アスレチックプラス代表 山本葉介

  • 07Apr
    • 令和時代の日本のまじめな話(円の価値に見る日本の価値)の画像

      令和時代の日本のまじめな話(円の価値に見る日本の価値)

      私は右でも左でも、特定の宗教もありませんが、平素よりお世話になっております。新元号予想は全くかすりませんでしたね。新元号「令和」の和は、制定前から採用の噂にはなっていましたよね。平成が全くヘイセイ(平静)でなかったためか、昭和へのオマージュか・・・。さて、今回はまじめな話。FISCOさんのコラムを読んでの感想です(下記URLはMSNの抜粋記事)です。https://www.msn.com/ja-jp/news/money/円の30年を振り返る【フィスコ・コラム】/ar-BBVGNOr?li=BBfTvMA&ocid=spartanntp#page=2まとめると、平成に入ってからの円の弱さが日本の弱さにつながっている・・・。という内容です。この記事にもありますが、日本は大幅な貿易黒字から、1985年のプラザ合意を転機として大きな円高時代となります。おかげで、日本は世界の土地や株を買いあさり、平成に入った時には世界企業の時価総額TOP10になんと金融を中心として8つも入っていたのです。もちろんバブルに突入していきます。昨年の企業の時価総額と言うとTOP10はおろか日本企業はトヨタの42~45位(株価により変動)が最高位です。現在の時価総額は下記参照の事https://www.180.co.jp/world_etf_adr/adr/ranking.htmただし、時価総額はドル換算方式。円安基調が続く限り、時価総額でアメリカを中心とした企業や”数”で戦う中国(今後はインド)の企業には太刀打ちできません。良い企業であるとか、長く続ていいるとかそういったことは時価総額では評価されませんので、ランクが上に行くことが全てではありませんが、株式を公開していいる企業はより大きな資本の企業・団体に飲み込まれる可能性が高いという事は常に留意する必要があります。私は右でも左でも、特定の宗教もありませんが、アベノミクスの最初の3年は一定の評価をされるべきだと思います。諸外国に比べ、インフレ率の低さが経済の成長の足かせになっていたことは明らかでした。その対応策として、円安傾向を作ったことは評価できると思います。これは東日本大震災後という事もりましたが、民主党政権は既存財界や既得権益の守護神である官僚を動かす力が不足していたことは否めません。ただ、その後のアベノミクスをみると、手詰まり感は否めません。オリンピックなども”小さい”(予算)のオリンピックを掲げて招致したものの、当初の予算の数倍にも膨れ上がっていることや、未だに万博誘致の名目で公共工事発注をする事しかできない政府、政策では、各局借金を次世代に増やすだけの”昭和型”です。どこまでこのスタイルで、経済や日本を導いていくのか(導いていると思っているのか)遅ればせながら考えるときだと思います。令和の時代、政治家の方だけでなく、本来政策を考える公務員の方にも、”既得権益の温床”特殊法人を増やすだけの昭和型から脱却を切に祈念したします。統一地方選挙投票日の今日、今後どうなっていくのか・・・。今日まじめなまま、話はここまで。

  • 31Mar
    • 新元号! ”勝手に予想”

      今晩は平素よりお世話になっております。世田谷某所、夜桜がきれいに咲き誇っていました。さて新元号がいよいよ明日発表になりますね。勝手に予想。。。。これで決まりです!恒晴これできまりです。明日の発表楽しみにしています。

  • 22Mar
    • Ichiro 選手引退に思う。の画像

      Ichiro 選手引退に思う。

      イチロー選手の引退に思うついに来てしまいましたね。どんなスポーツ選手でも引退は迎えないといけないのですが、イチロー選手は野球選手と言うアイコンを超え、一つの”単位”のような存在でした。彼の引退は、全てのこの時代の野球人にとって、また多くの日本人にとって一つの時代が終わることを意味していると思います。写真は1999年自分がマリナーズでお世話になった時の写真です。当時まだオリックスに所属していた時代に、オリックスとの提携をしていたマリナーズ(メジャー)のキャンプに彼が参加した時の”貴重な”瞬間です。彼は当時すでに日本ではスーパースターで日本では無口で孤高のイメージでしたが、ベンチの裏ではかなりおしゃべりな明るい印象があります。彼は人知れず常に誰よりも準備をしその積み重ねを見ているだけの私たちですが、阪神淡路大震災後の被災地の復興のシンボルとしてもまたその後も、彼のプレーしている姿から多くの勇気をもらってきたと思います。少子化や野球離れが叫ばれている今日この頃。Baseball Playerとして、田中(マー君)、雄星、大谷。レジェンドを引き継いでBaseballやスポーツ離れに歯止めになっていただくことを期待しています。すばらしい時間、数々の瞬間を感謝してます。お疲れさまでした。It has come at the last moment.Every kind of player has to meet retirement, Ichiro player was one of existence like" the unit" beyond the icon more than a baseball player.I think his retirement means that the age ends for many Japanese not oly for a baseball person but also all Japanese in these times.This photo is the one when I worked with Mariners in 1999.It's the" valuable" moment when he participated in camp of Mariners (Major) which cooperated with Orix, at the time when he still belonged to an Orix.He had already be a superstar in Japan, and also believed like a reticent guy and an isolated image, but quite talkative impression was here at the back of the bench.He has always prepared more than anybody, even we never know his efforts. We has been just watching him in the field without that. We also got much courage from his playing for more than 20years, as a symbol of restoration after Great Hanshin-Awaji Earthquake and after the symbol age.Wonderful time, We love the moment your playing!Great thanks!

  • 18Feb
    • 新店舗オープンのお知らせ(自由が丘Body Works)の画像

      新店舗オープンのお知らせ(自由が丘Body Works)

      平素よりお世話になっております。さて、私事ですが、2019年2月21日から、新たな店舗を構えることになりました。今までのトレーニングジムではなく、”施術”を中心とした小規模な店舗です。名前は店舗のある場所からシンプルに”自由が丘BodyWorks”としました。新店舗のテーマは、”呼吸”と筋膜や内臓間などその他の”膜”を調整していく施術が中心のいわば整体です。これらのアプローチから人間が本来持っている”身体のゆらぎ”(または余裕)を獲得するのが目的です。この余裕がないために、”神経がロック(RockではなくLockの方)してしまう”状態が起こりやすくなると考えれます。今までジムや派遣先のトレーニング施設などの片隅で行ってきたのですが、施術アプローチへのニーズが高くなってきてしまいました。トレーニングやエクササイズだけで取り切れない、またはエクササイズの前に疼痛を抑え可動性をある程度回復させることで、より効率的なエクササイズが行えます。私も一応Pilatesの資格保持者ですが、運動痛を伴う方は特に事前に行うことで、明らかに運動の”質”が良くなります。またATCとしてリハビリ様のエクササイズも、エクササイズ前に行うことで、痛みが軽減された状態でリハが行える事は確信しております。ここの施術の一端としてPRI(Postural Restoration InstituteⓇ)で用いられる様なアプローチエクサイズも行いますが、これも施術後の方が自分の経験上は効果を感じ取れます。特に長期間治療したり、病院、治療院に通っていたが、ほとんど改善されないなどの方がいらっしゃいましたら、是非一度ご相談しください。(特に内臓へのマニュピレーションは目から鱗です。)ただ店舗は今までのジムの様な大きな器ではなく、東京の自由が丘駅近く徒歩数分のマンションの1室です。細く長くクライアントの方の為になれると良いと考えております。WebのHPもまだまだ日々改善中ですが、よろしければHPも参考にしてください。http://jiyugaokabodyworks.tokyo/※既存ジム2店舗ともによろしくお願いいたします。田園調布アスレチックプラスhttp://www.da-plus.co.jp/Asahi Kaaatsu Training Studio 目黒http://kaatsu-studio.com/自由が丘BodyWorks 代表 山本

  • 30Jan
    • DeNA ベイスターズ 山下幸輝選手 トレーニングの画像

      DeNA ベイスターズ 山下幸輝選手 トレーニング

      平素よりお世話になっております。明日からプロ野球春季キャンプインですね。田園調布アスレチックプラス(DA+)にも、自主トレのプロ野球選手がこの2か月半トレーニングに来ていました。DeNA ベイスターズの山下幸輝選手です。この2カ月で身体もしっかり仕上がってきました。私はラグビーの日本代表などでも仕事をしてきましたが、山下選手は間違いなく、フィジカル的には一流選手です。今シーズンはさらなる飛躍を期待していますが、まずは怪我無くキャンプからプレシーズンの試合期を過ごして欲しいです。今日は、最後に当店スタッフと記念撮影をしておりましたところ、当店のお客様(野球少年)が入ってきました。すると快く、その彼とも記念撮影!気持ちの良い山下選手です。彼の性格は多くのファンを引き付けている事と思います。今シーズンはさらなる飛躍を期待していますが、まずは怪我無くキャンプからプレシーズンの試合期を過ごして欲しいです。野球のトレーニングや体の使いが分からなければ下記まで田園調布アスレチックプラス(プライベートトレーニングあります)http://www.da-plus.co.jp/

  • 23Sep
    • DeNAベイスターズ ゴメス後藤選手・加賀選手 引退試合の画像

      DeNAベイスターズ ゴメス後藤選手・加賀選手 引退試合

      久しぶりにブログ更新いたします。昨日、仕事を早退させて頂き、久しぶりに横浜スタジアムに行ってきました。ご存知の方も多いと思いますが、DeNA ゴメス後藤選手の引退試合を観るためです。横浜(ベイスターズを離れて)からも個人的に当社の田園調布ジム(DA+)にも来店、ご利用頂いていた関係で何とかすたジムに駆けつけました。(下記ブログもご参照の事)https://ameblo.jp/wellperform/entry-12098476233.htmlニュース等でも話題になっていましたが、素晴らしい引退セレモニーだったと思います。何といっても横浜高校同期の松坂選手は、花束贈呈だけでなく、家族思いのゴメス選手が子供たちとオープンカーで球場を一周する間もずっと3塁側(中日側)のダッグアウトで待っていました。(写真)その後の胴上げでも、DeNAの選手と共に胴上げに参加。後藤選手の人柄も出ていますが、球団もなかなか味な計らいのある、素晴らしい引退セレモニーだったと思います。前日にも加賀選手も引退試合を行いましたが、自分は仕事でスタジアムに伺う行くことができませんでした。ただ彼が入団したのは、自分もトレーナーとして横浜にお世話になっていた年でしたので、余計に覚えています。入団時初めて会ったときはかなりいかつい身体をしたさすが社会人で鍛えてきた選手と言った印象でした。最初はむっつり寡黙でしたが、分かれば照れ屋で優しい性格の選手だとわかっていきます。不思議なもので、野球だけでなくラグビーやアメリカンフットボールを始め多くのスポーツのチームで働きましたが、1年いや半年でも一緒に活動した選手は忘れないもので、彼らが引退するのは本当に寂しいものです。ただ彼らには現役時代よりも長い人生が待っています。もちろんその競技やチームにかかわる事になっても、またそうでなくとも、これからの人生を豊かに生きていっていただければと切に願います。http://www.da-plus.co.jp/下記ブログもご参照の事https://ameblo.jp/wellperform/entry-12098476233.html2人ともお疲れさまでした。また機会があれば一緒に飯でも。今日はここまで。身体を変えて、人生を変える続けられるエクササイズとシステムがここにhttp://www.da-plus.co.jp/

  • 11Mar
    • 3.11に思う。日本は”善良”な国なのか。

      平素よりお世話になっております。東京でパーソナルトレーニングジムを運営しております山本です。7年が経ちました。7年しか過ぎていないとも言えますし、もう7年とも言えます・・・。当時、西日本の方に住んでいた方と話すと、東日本震災は日本全土で”命とその絆”を感じるほどの出来事ではないようです。しかし神戸淡路の震災も日本にとって大きなインパクトを与えた災害だったと思いますが、東日本震災の傷跡はその数倍です。もちろん福島第一原発をはじめ、東北の各地でまだまだ復興の継続中です。日本と言うよりも世界にインパクトを与えた大きな出来事です。自分も”あの時”を忘れることは一生できないと思います。今日は長いブログになっていますので、覚悟してお読みください。先日、今の日本を考えてみる良い機会がありました。たまたまネットニュースを見て、そこについていたある動画を見たからです。どの国が世界にとって最も「善良な」国なのかhttps://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20150602-00002036-ted&utm_source=taboola&utm_medium=exchangeという記事です。動画はある団体の代表のスピーチです。内容はグローバリゼーションの波で一地方で起こった事象が大きく影響する時代なのだと。例えば一地方の銀行が過剰融資で破綻するとその余波が、その国を、そして世界に盈虚を与える時代なのだと。そのスピーチは語られていませんでしたが、会計制度が先進国では共有でき、情報伝達スピードが格段に向上し、FinTechの様なIT技術で金融商品を扱う40年前は全くなかったと・・・。世界の人が考える善良な国の決め方は、世界中からの投票で決まっています。それを決定する項目がいくつかあり科学・技術レベル、文化成熟レベル、世界の治安、健康、地球の気候に対する貢献度など様々です。堂々の1位は(ブログを書いている現在)オランダ、2位がスイス、3位はデンマークです。気になる日本は現在のランキングは世界で21位。主要な国では、ドイツ5位、イギリス8位、フランス11位、アメリカは25位、インド59位、中国76位です。必ずしも人口や経済レベルが活性度で順位が決まっているわけではありません。海外の人にどう見られているか考えなくても良いとも言えますが、みなさんが例えば会社をやっているとして、経済力の強い会社と取引したいと思うことはあるかもしれませんが、もう一つは社会貢献などをしている会社と取引したいと思うのと同じで、国同士もそういう”善良な国”とつながりを持ち協力したいと思うもののようです。(実際に国は国際貢献の為に多額のお金を払っている)少し考えなくてはならないのが、日本と順位の近い国例えば17位のニュージーランドと18位のスペインと比較してみると文化度は日本45位、ニュージランド34位、スペイン30位。国際的治安貢献18位、33位、71位です。これは日本のPKO貢献というよりも、唯一の被爆国であり、非核化を進め、長年国連での活動が評価されているのではないでしょうか。少し問題なのが科学・技術レベルの順位は日本61位、ニュージランド12位、スペイン40位です。これはいかに世界の人たちに日本と言う国が知られていないかという事も言えますし、もしかしたら低くなっている影響としては震災での原発事故があったのではないかと推測されます。今一度、世界で考えられている善良な国とはどういうことなのか。やはり自己中心的な国になっていないのか、世界の人はそこを見ると思います。(アメリカよりカナダの方が経済力も桁違いですが、カナダは14位、アメリカ25位ですから)スピーチでも語らてれいますが、善い国と人々が感じる国や地域に人はそこに集まり、投資をし、国際協力をしてくれます。例えば、昭和の時代なら善良であったとしても、オリンピック開催なども景気を押し上げる短期的・近視的・自己満足的(昭和的)な効果を期待している向きが現代の日本にも多いように感じます。直面しなければならない真実は、この少子高齢化でオリンピックで作る大きな器(建物)を遺産として維持することもままならない時代が20年もすれば確実に来てしまう事です。日本を考えるときに昭和的近視野になっている今の日本(我々)をみると子供たちにバトンタッチできるのか、不安要素は多々ありますが、2020のオリンピック開催はめったにない日本の宣伝機会です。是非、近視野的にならず、日本の素晴らしい部分を世界にアッピールし、より世界に貢献できる国になっていく礎となることを”3.11"に祈ります。長くなりました。今度はもう専門的なことを書きます。それではまた。

  • 07Aug
    • 野球 もう一つの全国大会の画像

      野球 もう一つの全国大会

      田園調布アスレチック+の山本です。皆様には平素よりお世話になっております。今日、夏の全国高校選手権大会が開催される予定でしたが、台風5号で開幕戦が中止、開会式3年ぶり順延となりました。今日は野球のもう一つの全国大会、リトルシニア日本選手権大会が行われている神宮球場に来ました。今日は田園調布アスレチックプラスにも多数来ている世田谷西シニアが準決勝で江戸川中央シニアと対戦しました。試合は序盤から世田谷西が点を取り、気づけば毎回得点の12-1で、2本のホームランを放った世田谷西が快勝でした。プロ野球チームを指導していた立場からみると、当然高校野球よりも技術やパワーはありませんが、その分選手の精神的な部分が浮き彫りになり、見ていてスポーツ選手の新たな指導の知見を勉強させて頂きました。※東京オリンピック後には建て替え予定の神宮球場です。全国大会ベスト4のチームの対決ですので、中学卒業後、中学では敵でも各高校に散り甲子園を目指して、チームメイトになる選手もいたりします。これからが楽しみですよね。明日、決勝の予定ですが、台風の影響も考えられます。もしご興味のある方は、情報を確認してから御来場下さい。それでは田園調布アスレチック山本#野球トレーニング#パーソナルトレーニング#投球障害#リトルシニア#甲子園順延

  • 17Jul
    • 2017夏 横浜スタジアムの画像

      2017夏 横浜スタジアム

      久しぶりの横浜スタジアム。平素よりお世話になっております。田園調布アスレチックプラス(DA+)の山本です。なかなか時間が合わず古巣の横浜スタジアムにも来る事が出来ていませんでした。最高に暑い中、ベイスターズとスワローズの練習を2時間半みっちり見学しました。ある意味自分にとっては試合よりも、練習見学は勉強になるもので。また久々にベイスターズの山下幸輝選手とも話す事が出来ました。彼とは國學院大學時代からの知り合いで、当時DA+にトレーニングに来ていました。この夏、飛躍して欲しい選手です。…これから試合です。それではまた。#野球トレーニング#野球#動作指導#東京#ジム

  • 11Jul
    • 夏合宿の画像

      夏合宿

      ブログ更新が久しぶりになってしまいました。皆様には、平素よりお世話になっております。さて現在、岩手県に来ています。トレーニングコーチとして、女子社会人チームの夏季合宿に帯同するためです。岩手は北上から車で40分くらい秋田方面に登ってきた西和賀町に来ています。岩手は新日鉄釜石のラグビー部でアスレチックトレーナーをしていた頃に2年住んでいた事がありますが、西和賀町は初めて来ました。岩手と言っても、連日の猛暑でグラウンドは35度はあると思います。今、女子ソフトボールリーグは前後期のインターバル時期で、各チーム合宿や練習試合を行っています。毎年思いますが、前半の反省を活かした練習、トレーニングが出来るかが、後半戦の出来となります。前半戦に活躍出来なかった選手も今が自分をアピールする大切な時期です。昨晩は夕食後に若手を集めて、ソフトボールで知っておきたい物理学の講習をしました。より効率よく動作やプレーをする為の基本原則を理解して貰うためです。眠くなりそうな時間帯でしたが、質問多数で選手は集中して聞いていました。スマートで熱いアスリートに成長し、永くプレーくれる事を願っています。皆様も暑さにはお気をつけ下さい。それではまた。田園調布アスレチックプラス山本#夏合宿#トレーニング指導#ソフトボール#女子ソフトボールリーグ#岩手

  • 06Feb
    • 2017 Super Bowlの画像

      2017 Super Bowl

      平素よりお世話になっております。アスレチックプラスの山本です。さて、今日日本時間8時より、単独では世界で最も大きなスポーツイベントの一つスーパーボウル(NFLの16-17年度のチャンピオンシップゲーム)がテキサス州ヒューストンにあるNRGスタジアムで開催されました。対戦カードはアトランタ・ファルコンズ対ニューイングランド・ペイトリオッツです。アメリカンフットボールを見ない方には、大きなスポーツイベントと言えばサッカーのWCやオリンピックがイメージされるかも知れませんが、スポーツ大国アメリカでは、スーパーボウルの日は特別な1日と位置づけされています。日本ではハーフタイムショーのど派手さがニュースになります。(今年はレディ・ガガが宙に浮いていました。)試合は前半を終わったところで21対3とアトランタ・ファルコンズが圧倒的に優勢で終了。写真はペイトリオッツのQBブレディの投げたボールがインターセプトされたプレーしかし、スーパーボウルを4度導いたニューイングランド・ペイトリオッツのクオーターバック(QB)トム・ブレイディは後半爆発。何と28対28で、スーパーボウル史上初のオーバータイムに突入。写真はスーパーボウルの歴史に残りそうな、相手の"足首"を使ったスーパーキャッチオーバータイムでは先にtouch downした方が勝ちとなります。オーバータイムでは乗りに乗ったペイトリオッツQBトム・ブレイディが、後半の勢いのままあっという間にtouch downを奪い、5度目のスーパーボウルQBとなりました。ニューイングランド・ペイトリオッツのQBトム・ブレイディは、既に過去4度のチャンピオンとなっています。これはテリー・ブラッドショー(スティーラーズ)、80年代の雄ジョー・モンタナ(49ers)の2人だけでしたが、これでブレディは初の5度のチャンピオンとなりました。パスのヤード獲得だけではマニング(ブロンコス)ですが、やはりチームを導く司令塔としては、過去最高の評価に値すると思われます。もう少しカルトなQBに関する知識は下記参照。http://footballornot.blog.jp/archives/3210093.html久しぶりに今年は仕事の関係でスーパーボウルをテレビ観戦出来ましたが、貴重な試合を見ることが出来ました。またアメリカに住んでいた頃を思い出しました。※輿さんの解説、相変わらずわかり易く拝聴しました。本日はここまで。身体を変えて人生を変える。続けられるシステムがここに。http://www.da-plus.co.jp/http://kaatsu-studio.com/

  • 04Jan
    • 日本一。そして常勝チームを作り上げる事。の画像

      日本一。そして常勝チームを作り上げる事。

      あめましておめでとうございます。<本日のテーマは日本一と常勝チームを作り上げる>です。3日は東京ドームにアメリカンフットボールの応援に行ってきました。以前ヘッドトレーナーとしては働いていた富士通の応援です。(まだ自分が在籍していた当時の選手がユニフォーム着ています。)結果は富士通フロンティアーズは30-13で見事2度目の日本一に輝きました。Kick-Offから危なげのない試合展開でした。観戦という意味では、社会人のプレーオフ準決勝様な”痺れる”試合ではありませんでしたが、フロンティアーズファンにとっては、関学ファンより多くの場面で盛り上がれた試合でした。しかしお客さんは3万3千人超。よく入っていましたね。フロンティアーズは2回目の日本一ですが、オービックやLIXIL、パナソニックなどのライバルは相当変革がないと、富士通フロンティアーズ黄金時代が来る予感がします。社会人決勝トーナメント準決勝とJXB、そしてRiceBowlを見る限り、攻撃と効果的なパント(時としてフィールドゴール)でリズムを作る安定感はかなり高いと感じました。さて、お正月三箇日は社会人のニューイヤー駅伝や箱根駅伝。サッカーの天皇杯決勝、ラグビー大学選手権などスポーツのビックイベントが目白押しです。アメフトではしばらく、富士通時代が来るのではないかと書きましたが、青山学院大学の駅伝チームも明らかに”時代”が来ていますよね。箱根3連覇(大学メジャータイトル3冠)ですから。さらに会場での原監督の優勝インタビューでは、「自主性を促し、自分がいなくても未来永劫(えいごう)強い組織作りをした」と答えています。こんな発言できるって、すごい自信ですね。一方ニューイヤー駅伝で今回優勝した旭化成は元々優勝回数最多(22回)を誇りますが、ここ本年を除くの駅伝チームを見たときに、ここ最近5年で見ても3位以内に入ったのは2012年の3位一回だけです。これではまだ”常勝軍団/黄金期”とは言えないですよね。そうして考えると、コニカミノルタの駅伝チームの方が、”黄金期に入る可能性”が高かったといえます。本年を除く過去5年で優勝2回(13年、14年)、2位3回(12年、15年、16年)でした。残念ながら今年は5位でした。選手個別にみるとコニカミノルタの選手は区間一桁順位でなかった選手が7区間中2区間もあり、やはり優勝するにはタイム的に厳しいですよね。ただ元々の持ちタイムから行けば、まだ”黄金期”を継続する可能性もありますが、それができるかどうかは今後の”リクルーティングと選手引退”の先読みのシステムコントロールです。これはスポーツのチームだけでなく会社組織でも同じことが言えますね。一年だけ優勝または準優勝するチームもありますが、たまたま人材が集まったり、外国人選手がたまたま大当たりしたりすることが多いようです。(もちろん1年でも優勝できるのは本当本当に大変なんですがそれもあえて言えば、)継続して常勝チームを続けられるかどうかは、まさにより良い人材を採用し、いかに効率よく育成し、リーダーを輩出していけるシステムを有しているかだと思います。このシステムがないチームは、やはり常勝チームとなり黄金期を迎えるのは難しいですよね。話をアメフトの富士通に戻しますが、今日の試合でもベテラン・若手を上手に使っていると思います。後半最後は若い選手も多く出場していました。こういった機会を得た選手は来年以降もその経験とゲームで得たモチベーションを活かし、チームに貢献してくるのではないかと思います。そういった意味でも富士通時代は続く可能性を感じました。富士通フロンティアーズの選手、本当におめでとうござました。そしてお疲れさまでした。来シーズンもみなさんの勇姿が見れることを期待しています。今回はここまで。トレーナーとマンツーマンで続けられるエクササイズとシステムを。痛みで運動ができない方にも、お力になれるようなエクササイズを提供しています。田園調布アスレチックプラスhttp://www.da-plus.co.jp/アサヒ加圧パーソナルトレーニングスタジオ目黒http://kaatsu-studio.com/両店舗とも明日1月4日から新年営業スタートします。本年もよろしくお願いいたします。山本葉介

    • ダイエット(痩身・体脂肪減)の栄養の基本その1の画像

      ダイエット(痩身・体脂肪減)の栄養の基本その1

      新年あけましておめでとうございます。さて年末年始で体脂肪が気になる方も、多くいらっしゃると思います。今回から何回かに分けて、ダイエット/痩身をテーマ。特に食事に関しての”リアル”な現場の意見を書いていきたいと思います。一般的にエビデンスベースの話をしなければならないのですが、現場で食事のカウンセリングなどをしていると、「本当に、今一般化している栄養学でこのクライアントは救えるのか?」という疑問がわいてきます。それらをテーマの一つとして皆さんに”机上”ではない”現場”ではどんなことが起きているのかを考察していただける内容となっています。私自身のキャリアでいうとトレーナーと呼ばれる仕事を始めてからすでに20年ほど経っています。その間にエビデンスベースの栄養学のセミナーを日本やアメリカで多数受講し、もちろん独自に学習もしました。それ以外にトップスポーツの世界で一緒に仕事をさせて頂いた、多くの栄養士の方からも、様々なことを勉強させていただきました。それらの経験上、現在多くの栄養士の方の指導方法の原則は1.カロリー2.三大栄養素3.上記以外の二大栄養素+水分さらには4.六大食品群と言ったものを中心に栄養指導の基準としています。しかし、スポーツの栄養指導でも、それから痩身の為の栄養指導でも、これらの原則に照らし合わせてみて、当てはまらない「疑問」が多く湧いてきます。多くのお客様の中にも、それらを試してみて、効果がなかったまたは効果が非常に少ないと感じている方が多く存在しているのも事実です。これからは、何回かに分けてそのお話をさせていただきます。トレーナーとマンツーマンだからオーダーメイドトレーニングが可能です。だから続けられる。効果が出る。効果の高いパーソナルトレーニングジムなら。アサヒ加圧パーソナルトレーニングスタジオ目黒田園調布アスレチックプラスプラス(DA+)本年もよろしくお願いいたします。Yamamoto

  • 30Dec
    • 本年もありがとうございました。の画像

      本年もありがとうございました。

      平素より皆様にご愛顧いただきまして、ありがとうございます。29日、田園調布アスレチックプラスの本年最終営業日となりました。2016年も大変多くの皆様にご利用いただきまして、誠に感謝しております。もう、レコード大賞の日となりました。1年本当に早いものです。本日は朝から少年野球に関するDVD制作の撮影のお手伝いをさせていただきました。この撮影が本年最後のDA+での仕事となりました。撮影が終了して当ジムの屋上に出ると快晴の師走の空が・・・。(遠くのビル群は武蔵小杉のタワーマンション群です)空を見上げながら、先日姉妹店のアサヒ加圧パーソナルトレーニングスタジオ(目黒駅前)店が移転したこともあり、この2か月ぐらいはまともに休みとっていなかったと気づきました。。。。(参照blog:http://ameblo.jp/asahikaatsumegurostaff/entry-12231322437.html)来年はさらにパワーアップし、皆様により良いトレーニングやエクササイズを提供できるパーソナルトレーニングジムを目指し、DA+http://www.da-plus.co.jp/およびアサヒ加圧http://kaatsu-studio.com/のスタッフと共に精進したいと思います。運動が必要と分かっていても、痛みで運動ができないなどの方がいらっしゃいましたら、機能改善で運動が可能になる可能性があります。運動を習慣づけるトレーニングジムです。是非一度ご来店ください。2017年もよろしくお願いいたします。(株)アスレチックプラス代表取締役山本葉介

  • 01May
    • ヨガ/YOGAと言う”文化”~ORGANIC LIFE TOKYO 2016の画像

      ヨガ/YOGAと言う”文化”~ORGANIC LIFE TOKYO 2016

      平素よりお世話になっております。田園調布アスレチックプラスの山本です。http://www.da-plus.co.jp/さて、2016年GW真っ盛りで、本年は5月2日と6日を休んで10日間という大型連休を取っている方も、いるかと存じます。今日は秋葉原駅からもほど近い外神田に行ってきました。目的はOrganic Life Tokyo 2016への参加です。すでに行った事もある方がいらっしゃるかもしれませんが、東京エリア最大級のヨガ/YOGAイベントです。YOGAのイベントは多々ありますが、4月29日、30日、5月の1日の3日間で120名の講師をお迎えしたイベントです。今まで数度YOGAの体験がありましたが、お試しみたいなものが多く、90分のフルセッションを受けるのは初めてです。セッションのクラスに出る前に、是非知っておきたかったのが、”瞑想”です。瞑想に面白いクラスがありました。筑波大の大学院出た講師の先生は、バイオフィードバックシステムを使った、瞑想に良い精神的なレベルを図り、それを瞑想に使用していました。ちなみに日本での”瞑想”はかなり広い概念となりますが、やはり禅の影響から瞑想は”無”(大雑把に言えば何も考えていない)状態を好とする傾向があります。しかし最近欧米からの影響で瞑想は”マインドフルネス”が多いとの事でした。マインドフルネスの瞑想では思考は自分の内面に入りることにより、むしろ意識を”内”集中する事が求められます。専門の方から見るとかなり乱暴な分け方に見えると思いますが、素人にはこんな感じに受け止められました。講師の先生によると脳波からみて、適正なマインドフルネスを得るZONEがあるそうです。簡単に言うとアルファ波をシータ波が上回り、デルタ波が出ていないZoneとの事でした。さてその瞑想クラス受講した後、いよいよセッションです。先生は臼井りえさん(全米ヨガアライアンス 認定インストラクター 500 RYT 取得)プラーナヤーマ(呼吸)から始まり、アサナ(ポージング)、そして瞑想。正直今回先週ひざを痛めていた事もあり、かなり不安でしたが、出てみて良かったと思います。3年ぐらい前にYOGAを行った時より、かなり身体(特に股関節や足関節)が硬くなっている事に気づかされました。私は今までどちらかというとピラティスを行ってきましたが、YOGAの持っている歴史や”自然の中の個”の価値観などを改めて感じることができました。ピラティスは100年メソッド(方法)といわれていますが、YOGAは”数千年の生きるための哲学”。その影響で周辺のグッズや特に食にまつわる関連産業が盛んですよね。また今日も新たな気付きを与えて頂きました。明日からその知識と経験を活かしていきたいと思います。また次回。♯東京,♯パーソナルトレーニング,♯姿勢改善,♯ピラティス,♯田園調布,♯目黒駅前http://www.da-plus.co.jp/http://www.kaatsu-studio.com/index.html

  • 11Mar
    • 東日本大震災から5年(大切なことは”いいね”の数なのか)

      東日本大震災から5年が経過しました。5年前の震災。私自身当時の記憶は少しづづ薄れていくことが多いですが、どうにも忘れようにも忘れられない”あの1週間”です。自分自身があまり震災について語ってこなかった事ですが、5年を経た今だからこそ少しだけその当時を振り返り話をしたいと思います。そして少し内容が”きつい”ものもありますので多少覚悟して読み続けてください。そして長くなるので、時間のある時ある方だけ読んでいただければ幸いです。当時自分は関東にフランチャイズを置くプロ野球チームでトレーニング担当トレーナーをしていました。地震が起きた時刻は、2軍の本拠地である神奈川県の海沿いの球場で、選手・コーチによるファイターズとの試合後ミーティングを行っていました。グラウンドいたすべての人間が立っている事が困難なほどの揺れを感じましたが、より深刻な問題はそのファームの球場が海からたった10数メートルしか離れていないことでした。すぐさま津波の危険を感じ、選手含めスタッフが総出で車を出し、1km程度離れた丘までみんなで避難したのを昨日のように覚えています。避難している間、東北がすでに津波で大きな被害を受けているとの情報(携帯から)が入りましたが、テレビ等でも情報が混乱していて、自身の当日は被害状況も確認の取りようはありませんでした。2時間ほどして避難していた丘から球場に戻り、その球場横にある岸壁から海を覗くと、驚いたことに普段決して見える事のない海底の岩場があらわになっていました。海面水位が明らかに異常なほど下がっているのです。その状況を見て、近くの海上自衛隊の方から避難の勧告を受け、今度は必要な荷物を車に積み、再度避難することになりました。私はそのプロ野球チームで働く前に、岩手県釜石市でラグビーの社会人チームと宮城県仙台市では楽天イーグルスでも働いていた事があるので、避難している間に友人・知人がたくさんいたため彼らの安否が心配で連絡を入れました。しかしながら連絡はつきませんでした。当時、電話はおろかメールでさえなかなかつながらなかったことを当時を経験された方なら記憶していると思います。幸い仙台の友人・知人とは早目に連絡が取れたのですが、釜石の友人・知人と連絡が取れたのは震災から3日経ってからでした。もちろん津波の被害が大きく、携帯の電波基地も被害を受け、避難所での生活を余儀なくされていて、連絡のとれた友人は携帯の電源もなくなって様で、連絡ができなかったようです。後で釜石の津波がいかにすさまじいものだったかは、テレビを通じて知ることになります。私が釜石に在住時代に通っていた店や、ラグビー部の選手の住んでいる家も、テレビを通して津波が押し寄せ見えなくなっていく様を見た時には体が震えました。幸い家が流された選手を含め、自分がともに釜石で過ごした選手やスタッフは全員身体は無事だったとの事をさらに何日かして知ることになり、ひとまず安堵した事を覚えています。しかしそんな安堵の中、あの悪夢、福島第一原発の事故が起こります。メルトダウン(当時の東電はメルトダウンと言っていませんでしたが)で関東にも放射能が降っているとわかりながらも、当時私を含め球団スタッフは、選手とともに休むこともなく、ファーム本拠地の横須賀に震災後も毎日通いました。その当時は東電が節電を行ったために、電車も間引きやら途中駅までの運行などが相次ぎ、自家用車で来るのもガソリンを入れるのに2時間も並ぶなど、球場にたどり着く事さえ難しい状況でした。その状況を考慮し、球団は寮生などを除き、スタッフと選手を対象に、通うのが難しい状況が改善するまで、近くのホテルを多数借りて頂きました。そしてそんな状況下で私の記憶に釜石の津波で流される家々と同じくらい、私にとってインパクトがある出来事がありました。当時そのチームのトレーナーを束ねていた自分の上司にあたる方が、震災から数日してその日の午後ファームの球場に来ました。その上司が来た際、当時チームの最年長であった別のトレーナーが「自分たちトレーナーも宿泊したい」とその上司に話を向けた時、その上司が言い捨てた言葉が強烈な印象として残っています。その上司は、話をふった最年長トレーナーに「〇〇先生、甘えないでください!!」と。当然そこにいたすべての人間は凍り付きました。スタッフみんなにとって交通機関がマヒして大変なだけでなく、見えない悪魔”放射能”が降っているだろうとわかっていても、ある種「命を削ってでも」という使命感で球場にたどり着ている現状なのに・・・。「甘えないで」の発言は、自分の上司だからショックだったという事ではなく、当時みんなが何とか自分たちの”生”を確認しているその時に発せられた言葉として、一人の人間としてはどうしても忘れることのできない一言となりました。もちろん当時の福島第一原発の周囲で作業されている方や津波で流された遺体を捜索している自衛隊員よりは厳しくない状況でしたが・・・。その後も他の多くのスタッフ・選手がホテルを利用する中、しばらく私たちは2時間並ぶガソリンスタンドを利用し、”死の灰”が降る中を通う事になります・・・。・・・すでに5年経過したという見方もあります。この3月11日も多くの方が自分の食べたものや宿泊先ホテルの”リア充”をSNSでの披露し、”Good”や”いいね”の数を気にしている方もいらっしゃると思います。もちろんそれも、「生の証」ではあります。しかしこの3月11日にこそ「本当に大切なことは何なのか。」もう一度思い出してほしいところです。私たち大人は、次の世代に向けて、何を残すのか。どういう教育を子供たちにし、どういう大人を輩出していかなければならないのか。何が本当の”甘え”なのか。多くの尊い命が奪われ、多くの文化財や思い出が破壊されただけではなく、未だに岩手・宮城・福島の3つの県でおよそ5万8900人超の方が仮設住宅で生活している事も現実を前に、オリンピックで数千億円(一説には兆単位のお金)使うというのも事実。無力な私でも、そして自分自身がスポーツに携わっていても、もっと先に考え、行動を変えていかなければいけないことがあるのではないかと感じています。でも3月11日の今日、各地で慰霊のイベントが行われていますが、自分はいつものように22時ごろまで仕事をしてます。本当に重い話で申し訳ございません。関係はありませんが、yahooさんでも復興の「3.11検索」で募金ができます。http://fukko.yahoo.co.jp/ただ願わくば、みんなで子供たちに誇れる明るい未来を作っていきたいすね。http://www.da-plus.co.jp/

  • 24Jan
    • ジャパンラグビートップリーグファイナル 2015-16 と大西将太郎選手引退の画像

      ジャパンラグビートップリーグファイナル 2015-16 と大西将太郎選手引退

      平素よりお世話になっております。DA+の山本です。 最大級寒波の中でしたが、ワールドカップでの日本代表の活躍のおかげ、特に決勝戦の前の3位決定戦に五郎丸の所属するYAMAHAが出場することもあり、会場はオールブラックスが来た時以来ではないかと思われる超満員の中で行われました。試合は5分5分のままもつれ、後半残り1分までパナソニックが6点をリード。しかし東芝がラストプレーで1点差に迫るTRYを上げました。そしてまさにラストプレーとなるコンバージョンキックが左に外れ、この瞬間パナソニック ワイルドナイツが東芝ブレイブルーパスを27-26で下し、3季連続の優勝を飾りました。優勝後の勝利インタビューで田中史郎選手がお立ち台に。またもや涙のインタビューとなりました。しかし内容は、勝利よりも次のワールドカップに向け、ラグビー界を引っ張っていく強い意志を感じました。 試合後、前(JK)日本代表時に世話になっている、東芝のレジェンド大野選手と久々の再会。2ショットを取らせてもらいました。 ※別件ですが、長く日本のラグビー界を引っ張っていた大西将太郎選手が現役を引退しました。彼がワールド所属時は、自分は新日鉄釜石ラグビー部のヘッドトレーナーでした。その頃の彼は本当にとっつきにくいと思っていましたが、前代表で一緒に行動していた時には、ベテランとしてチームを引っ張っていました。さらに現所属の豊田織機で、自分を人一倍鍛え、さらに後輩への熱い指導する姿を見ると、本当に感服する選手だ改めて感じていました。これからも、ラグビー界を支える一人として、活躍する事と思います。両チームの選手・スタッフならびに、将太郎選手、本当にお疲れ様でした。

  • 22Nov
    • 山本泰寛選手 2015 読売ジャイアンツ ドラフト5位指名の画像

      山本泰寛選手 2015 読売ジャイアンツ ドラフト5位指名

      平素よりお世話になっております。田園調布アスレチックプラス(DA+)の山本です。http://www.da-plus.co.jp/侍ジャパンは残念でしたね。韓国の打線は、2ケタ得点してきているだけはありましたね。韓国といえば、プレミア12で左の中継ぎをやっていたチャ・ウーチャン投手が代表でかんばっていました。彼とは私が韓国(サムソン)でトレーニングコーチをしていた時からの付き合いで、当時はピンチで抑えに行ってよく四球をだして「山本さん自分はダメです」と自身のない言葉をため息交じりに吐く選手でしたがナショナルフラグをつけて日本と対戦しているのをみて感激しました。今年の沖縄キャンプにお邪魔した時に、彼は自分を見つけていの一番に駆け寄って声をかけてくれました。話は変わりますが先日、珍しい写真を取ることができたのでアップします。当ジムのお客様、慶応大学野球部の山本泰寛選手(写真左)とDeNAの右の代打の切り札ゴメスこと後藤 武敏(ごとう たけとし)(写真右)選手です。山本選手は慶応大学(内野手)4年です。今年のドラフトで読売ジャイアンツから5位指名を受けました。身体能力も高く、3年までは守備の印象の強い選手でしたが、この秋のリーグ戦は3本のホームランを放ち、バッティングでもアピールできる選手に成長しました。当ジムは本年よりご利用いただいております。昨年もご利用いただいていた、山下幸輝選手がドラフトでDeNAに行くことになりました。2年連続でプロ野球への道を歩く選手にご利用いただき、当スタジオとしても誇りに思います。(詳しくは下記ブログを参照下さい)http://ameblo.jp/wellperform/archive1-201412.htmlゴメスはプロ野球をご存知の方は、ご存知とは思いますが、西武→DeNAと来年で13年目を迎えるベテラン選手です。2015年シーズンの成績は彼にとって不本意だったと思います。そんなこともあり、身体と技を鍛えなおしたいとの事で、今オフから当ジムをご利用いただいております。山本選手が後藤選手のように今後10年プロ野球で食っていけるのか。まさにこれからが勝負です。皆さんもぜひ注目・応援してください。これからも多くのプロ野球やアマチュア野球の方にお役に立てるよう、私もジムも日々精進いたします。それではまた田園調布アスレチックプラス(DA+)山本http://www.da-plus.co.jp/プロ野球 ドラフト 選手トレーニング リハビリ