学者ら、老化を遅らせる方法を発見!~老化のしくみを解明・制御し、若返りの時代へとまた一歩前進!~ | モトPのありのままの幸せ~♪
2018年06月16日 22時31分39秒

学者ら、老化を遅らせる方法を発見!~老化のしくみを解明・制御し、若返りの時代へとまた一歩前進!~

テーマ:生命科学最前線!
皆さん ラブラブ こんちゃ~ 音譜

寿命を延ばす技術・・・これは 再生医療の未来 でありることを度々書かせて頂いています。

そしてこの分野の研究は、ますます盛んになっており、『寿命』 そのものしくみが解明されつつありますね。

寿命を延ばすことは、決して夢ではなく、もはや現実の話 ・・・ 当たり前のように研究されています。

そして この度、また一つ 新たな発見があったようです。クラッカー

寿命をコントロールしているタンパク質 の発見・・・

これを制御することで、寿命が変わってくる・・・

そんな話を聞くと わくわしますね。ニコニコ

それは果たしてどんな話でしょうか。はてなマーク

以下 ダウン 良かったら 一緒に見て 目 みましょう。ではどうぞ~ パー


●学者ら、老化を遅らせる方法を発見

[source:SPUTNIK



老化のプロセスを遅らせるためには、「TXNIP」というたんぱく質の「スイッチを切る」ことが不可欠だとの結論に、独ハイデルベルクにあるドイツがん研究センター(DKFZ)の研究員らが至った。

ポータルサイト「EurekAlert!」が伝えるところによると、過剰なTXNIPが老化のプロセスを加速させることを研究グループは明らかにした。学者らは、55歳を超える年齢の志願者らの指数を20~25歳の被験者らの指数と比較。初老の人々の細胞の方が、はるかに多いTXNIPを作ることが明らかになった。類似の結論は、ショウジョウバエを使った研究でも得られた。

論文を執筆した1人のティナ・オベラッカー氏は、「TXNIPの量がより少なかったハエがより長生きした一方で、より多くのTXNIPを作っていたハエは、生きていた期間が平均してはるかに短かった」と説明している。

学者らの話では、研究により、TXNIPが老化プロセスの最も重要な調節装置であることが立証された。研究を主導したペーター・クラマー氏は、「何らかの形で老化に関連する数百の遺伝子を、学者らは発見した。だが、このプロセスを遅らせるためには、TXNIPというたんぱく質の『スイッチを切る』だけで十分だ」と述べている。

老化を遅らせる他の方法については、以下のニュースをお読み下さい。


老化を遅らせるもう一つの方法
ノーベル賞受賞者が語る老化を遅らせる方法
老化は定期的な性行為で遅らせられる=米研究チーム
老化を遅らせる方法は?


いかがでしょうか。はてなマーク

短い記事ですが、非常にわかりやすい話です。

この “TXNIP”  という物質の量が老化の程度を決める、つまり “TXNIP”  が老化を調節する物質が特定された・・・ということですから、これからこの物質の研究がますます盛んになることでしょう。

そして、この物質を調節しようとする流れにもなっていくことでしょう。

上記の記事 アップ は あくまで動物実験の段階での話ですから、人間の場合は、“TXNIP”  だけではなく、他の物質とのからみがあったり、もっと複雑なシステムである可能性も高いのではないかと思ったりします。

とは言え、老化のしくみが科学的に明らかになっていく日々・・・・

こうやって、人類社会は、一夜明けるごとに老化から解放される時代へと近づいているのがわかります。

これからの研究がますます楽しみですね。 音譜

老化を抑え、さらに若がえりが実現する時代・・・

個人的には思いっきり経験してみたいです。 

皆さんは いかがでしょうか。はてなマーク

皆様 今日もご覧頂きありがとうございました。
今日も、生命科学の進歩によって、老化を押さえ若返りの実現にむけて、また一歩前進する一日となりますように。 愛を込めて

welcome-Elohim(モトP)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス