AI、ディープラーニングで医師より正確に皮膚がん発見 研究~AI技術によって福祉の向上をめざせ~ | モトPのありのままの幸せ~♪
2018年05月28日 22時35分28秒

AI、ディープラーニングで医師より正確に皮膚がん発見 研究~AI技術によって福祉の向上をめざせ~

テーマ:最新脳科学情報
皆さん ラブラブ こんちゃ~ 音譜

近年 『AI』 についての話題が増えてきましたね。あせる

『AI』 とは もう知らない方はほとんどいないと思いますが、一応確認すると、これは “artificial intelligence” の略で和訳すれば 『人工知能』 ですね。 ニコニコ

以前は、囲碁やチェスの世界でAIと人間が勝負するとどちらか勝つか・・・ が話題になりましたが、もはや人間は、AIには勝てなくなっていますね。ニコニコ

これは、日々の技術革新によってどんどん進歩している・・・・ということ。

そして日常の様々な場面・・・ 特に電化製品や車などの交通の中で、AI技術が積極的に取り入れられようしている のはご存じでしょう。

もはや人間の生活では、AIは欠かせなくなってきました。合格

そして、それは 医療の分野でも力を発揮し始めている ようです。クラッカー

人間をしのぐ判断力 を示し始めています。 ビックリマーク クラッカー

医者の代わりにAIが診断する・・・・ 叫び

以前もこの話がありましたね。 目

それが良いのか悪いのか・・・という感覚にもなりますが、データがすべて を物語ります。ひらめき電球

皮膚ガンの診断をさせたところ、面白い結果が得られたようです。目

以下 ダウン そのことについて伝えた記事を、良かったら一緒に見て 目 みましょう。

ではどうぞ~ パー


●AI、ディープラーニングで医師より正確に皮膚がん発見 研究
[source:AFP BB NEWS


患者を診察する皮膚科医(2001年5月17日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / MYCHELE DANIAU

【5月29日 AFP】人工知能(AI)と皮膚科医が正確かつ迅速に皮膚がんを発見する対決を行ったところ、AIに軍配が上がったとする研究論文が29日、英医学誌「Annals of Oncology(腫瘍学年報)」に掲載された。

 ドイツ、米国、フランスの研究チームはディープラーニング(深層学習)の一種である畳み込みニューラルネットワークというAIを使ったシステムに10万枚以上の画像を示し、皮膚の病変が良性か悪性か識別できるよう学習させ、17か国の皮膚科医58人と競い合う形でメラノーマ(悪性黒色腫)か良性のほくろかを識別する画像テストを実施した。

 結果、画像から正確に皮膚がんと診断できた割合は皮膚科医が平均で86.6%だったのに対し、AIのシステムは95%に達し、研究チームによると「畳み込みニューラルネットワークがほとんどの皮膚科医をしのいだ」という。

 テストに参加した皮膚科医の大半は5年以上の経験を持つベテランで、他は19%が経験2~5年、29%が経験2年未満だった。

 論文の第一著者であるハイデルベルク大学(Heidelberg University)のホルガー・ヘンスル(Holger Haenssle)氏は、「畳み込みニューラルネットワークが見落としたメラノーマの数は少なく、皮膚科医より検知能力が高いということになる」と指摘。また「良性のほくろをメラノーマと誤って診断することも少なかった」といい、「不必要な手術を減らすことにつながるかもしれない」との考えを示した。

 ただ、患者や皮膚の病変に関する情報をさらに与えると皮膚科医の診断結果も向上したといい、AIは皮膚がんをより早く、かつ簡単に診断し、手術による早期の除去を可能にする便利な技術となり得ると研究チームは結論付けている。

 研究チームによると、世界各国で年間およそ23万2000人がメラノーマを発症し、死者は5万5500人に上るという。 
(c)AFP 


こんな感じです。

もはや人間が判断するより、AIに判断させた方が信頼できる・・・という状況になってきている・・・

すごいですね~。 叫び

これは驚きですが、認めざるを得ませんね。

というか、これは時代の流れでしょう。

これは、今のところ一部の病気に限った話かもしれません。

でも、理屈から言えば、過去のデータをしっかり記憶させることができれば、どんな病気に対しても、人間以上の正確性をもって確実な診断ができる・・・ ビックリマーク ということになりますね。あせる

もちろん、上の記事 アップ での “95%の正答率” は100件中5件は間違いがある・・・ ということ。 

つまり、外す場合も結構あるわけですから、まだまだ改善の余地はある・・・感じでしょうか。あせる

人の命に関わる話ですから、100%の正答率では無い限り、最後は人間が確認作業をする必要があるでしょう。

また、過去のデータにはない特異なケースが出てきたら、AIの正答率も当てにならないかもしれませんね。 あせる

・・・とは言え、医療現場へのAIの導入は、医療事故を減らすためにも、これこそ 時代のニーズ になっていくはず・・・。

更に、この惑星は、医療現場だけではなく、他の分野においても全自動化に向けて、AIの技術革新が加速している のを肌で感じますね。 叫び

全自動化にはAI技術は欠かせませんから、その恩恵を肌で感じることが増えていくなら、今後ますます “不可欠な技術” として位置づけられるでしょう。ニコニコ

素晴らしいことです。クラッカー

しかし、一方でAIの導入には分野によっては、否定的な意見もまだあります。 AIは、映画のように人間を支配するのではないか・・・ 分からないでもないです。 

だからこそ、人類が生存し続けるために決して忘れてはならないこと・・それは人類の福祉の向上を目指す平和目的に限ること・・・ になりそうです。

具体的には、戦争の道具には決して使ってはならない・・・ ということ。
これが危惧される点だということを忘れてはならないですね。あせる

従って、私たちは、厳しく監視していかなければならないでしょう。

このような技術の導入によって、人類は大きな岐路に立たされている意識・・・ 私たちは常に持地続けておく必要がありそうです。

もし戦争の道具として使うなら、人類はすぐに自己破滅するでしょう。

逆に 福祉の向上のために使うとき、社会は、ますます豊かになり、病気が克服され、その結果幸福度が上がり、大いに繁栄する ことでしょう。

科学技術の進歩は、裏を返せば人類全体の知性が試されている・・・ということ でもありますね。あせる

皆様は、どのようにお感じになりますでしょうか。はてなマーク

皆様、今日もご覧頂きありがとうございました。
今日も、AI技術の進歩によって、日常の生活がまた一歩快適性を向上させる一日となりますように。愛を込めて
  ドキドキ

welcome-Elohim(モトP)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス