「わずか数秒」で充電可能な電池が開発される!~ストレス解消と電気自動車の普及の追い風になるか?~ | モトPのありのままの幸せ~♪
2018年05月14日 12時14分53秒

「わずか数秒」で充電可能な電池が開発される!~ストレス解消と電気自動車の普及の追い風になるか?~

テーマ:テクノロジー
皆さん ラブラブ こんちゃ~ 音譜

画期的な電池 が開発されたようです。

スマートホンなどの普段持ち歩く端末機などは、年々機能が複雑化し、消費電力量がどんどん増えています。

たとえ、充電の容量が大きく高性能な電池を開発しても、機能の多様化・複雑化に伴って、増え続ける電力量を補うだけで、ほぼ20年前と変わらず、ほぼ毎日充電が必要な状況ですよね~。

“なんだかなぁ・・・” と 思っている人も多いと思います。むっ

だから 充電量も大幅にアップしているでしょうから、たとえ充電スピードをアップする技術が開発されても、結局昔と同じ時間をかけて充電している・・・感じでしょうか。ショック!

これらの現状を打破するかもしれない、高速充電の電池 が開発されたのです。

なんと “わずか数秒” で済むのだとか。 叫び

合格 すごいですね~。クラッカー

それは、どのような電池なのでしょうか。はてなマーク

以下 ダウン 良かったら その事について記した記事を良かったら 一緒に見て 目 みましょう。 では どうぞ~ パー


●「わずか数秒」で充電可能な電池が開発される
Block copolymer derived 3-D interpenetrating ultifunctional gyroidal nanohybrids for electrical energy storage:5月英語版配信)
[source:ROYAL SOCIETY OF CHEMISTRY GigaZiNE



 スマートフォンなどのバッテリーを充電するとき、フル充電まで何時間もかかってしまうものですが、数秒でフル充電可能にする電池をコーネル大学のウルリッヒ・ウィーズナー教授の研究チームが開発しました。

研究チームが開発した電池の仕組みは以下の画像の構造となっています。電池内に負極(灰色)と正極(青色)を構成する自己集合性の3次元らせん構造の物質を置き、その間に非導電のセパレーター(緑)を配置します。この構造を作ることで、各電極に存在する数千ものナノスケールの細孔を使用して、エネルギーの充電と送達が行えるようになるとのこと。




負極には炭素の薄膜を使用しており、40ナノメートル台の細孔が数千個存在しているそうです。研究チームは、これらの細孔を絶縁性でかつイオンを通すことができる10ナノメートルのセパレータで覆うことで穴のない層を作り上げました。この細孔が残ってしまうと、スマートフォンなどのデバイスで火災が発生する原因になるため、「穴をふさぐことは重要な要素である」と研究チームは述べています。

また、電池の正極部分は電子を受け入れることができ、電気を通さない物質である硫黄が使用されています。研究チームによると、硫黄はセパレータのみで細孔を全て埋めることができない量を使用しているとのこと。そこで、残りの部分は、ポリエチレンジオキシチオフェン(PEDOT)として知られる導電性ポリマーを使って細孔を埋めています。

ウィズナー氏は「電池の構造をナノスケールに縮小したことで電力密度を大幅に高めることが可能となり、従来の電池よりも、はるかに短時間でエネルギーを取り出すことができます」と語っており、大きな利点があることを強調していますまた、ウィズナー氏はナノスケールの利点がデバイスの充電時間にもあるとして「ほんの数秒、おそらくもっと早く充電することが可能です」と述べています。 



いかがでしょうか。はてなマーク

技術的なことはちょっと難しくてわかりづらいですが、 ポイント&究極の結論は、 “わずか数秒”  というところでしょう。クラッカー

これまでも、電池に関しては何度か記事を書かせて頂きましたが、この技術は、もしかすると社会を一変させてしまうかもしれないと感じますね。

とにかく 電池切れと充電にはストレスを感じたりします。

端末の充電に日々気を使う生活が、大きなストレス となっておられる方も多いかもしれませんね(笑)。

もし 朝、充電することを忘れていたら・・・ “ぞっ 叫び ” とする方もいらっしゃるのではないでしょうか(笑)。 

充電が必要な場面・・・モバイル端末機に限らないです。

これから、いよいよ 電気自動車の波 が押し寄せようとしていますが、充電問題は大きいです。ビックリマーク

ガソリンスタンドは5分もあれば、補給が済みますが、電気スタンドでは高速充電ができるとは言っても、最低30分 はかかりますからね。 むっ

個人的には、たとえ一回の充電での運行距離が伸びたとしても、充電時間が長すぎてまだ電気自動車は買いたくないです。むっ

集合住宅にお住まいの方であれば、尚更でしょう。 電気自動車の普及など想定していません駐車場で電源を使うことなど、ほぼ不可能・・。 

いつも 「充電時間がガソリンスタンド並の時間になればねぇ・・・」と思ったりしますが、もしかすると、上記の記事の電池の充電システムが、この問題を解決するかもしれません。

とは言え、携帯端末と自動車に搭載される電池の容量は全く違うし、解決しなければならな技術的な課題も多いでしょうから、電気自動車は、簡単には 『数秒で充電』 とはいかないかもしれませんが・・・。

しかし、それでも電気自動車が普及するための、のどのつっかえがとれて、一気に交通革命をもたらすかもしれませんね。あせる

いずれは そうなるのでしょうが、ついに、その時が始まろうとしているのかもしれません。 ひらめき電球 合格

待ちに待った ビックリマーク って感じでしょうか。

もう少し我慢して、楽しみに待つとしましょうか。音譜

皆様は どのようにお感じになりますでしょうか。はてなマーク

皆様、今日もご覧頂きありがとうございました。
今日も、充電技術が進歩し、低予算でストレスを感じない生活を可能とするために、ステップアップする一日となりますように。愛を込めて 
 ラブラブ

welcome-Elohim(モトP)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス