別ブログ(Penucraftプヌークラフト)にバリ記事載せた事から、

 

知らなかった美味しそうなワルンの記事を発見したのでリブログしますおんぷ

 

次回、行きたいなぁ~~~うへ

 

紹介して下さった バリ島❤citrine anting-anting さんに感感謝バリニーズ

バリで食べる ~makan di Bali~

テーマ:

 

さて、今回は今年の旅のトピックスではなくて、

 

バリでのご飯について書いてみたいと思います。

 

食事。

 

 

私が、インドネシア料理に初めて触れたのは、大昔えへへ…

 

今はなき六本木の名店 「ブンガワンソロ」 というお店でした。

 

 

あの頃はいろんな国の料理のランチをあちこちに食べに行ってて、

 

そんな中でも、インドネシア料理の「ブンガワンソロ」と

 

インドカレーの「モティ」や「サムラート」は、ランチ仲間のお気に入りちびハート

 

エスニック料理のランチが安かったっていうのもあったけど、

 

やっぱり美味しかったうまっ・・・っていうのが、通った一番の理由!

 

 

 

 

そのブンガワンソロで初めてナシチャンプルを食べて

 

「なんて美味しいのぉ~ハート」となり、

 

以来現在に至るまで、私のナシチャンプル愛は変わらぬまま。

 

 

食事から知ったインドネシアという国

 

そのすぐ後に実際にジャワ島やバリ島に行くようになって、

 

気付いたら20年を超えてましたOMG

 

 

インドネシアバリ島でも日本日本でも

 

ナシチャンプルやラワール、ナシゴレン、ミーゴレン、肉も魚も

 

忘れちゃった物も含めて、かなりの数や種類食べてきてると思うのだけど、

 

現在、

 

渡航の際に「食べたいなぁ~sei」って頭に浮かぶのは、数店だけ。

 

そのいくつかをここで書いてみたいと思います。

 

 

まずは、クタ

 

絶対に外せないのが、

 

ナイトマーケット(パサールセンゴールクタ)の

「Depot UMUM」

 

ここには、息子と渡航し出した頃(10年くらい前?)からず~~~~~~っと来てます。

息子と来る前は、デンパサールのクレネンとかにも頑張って行っていたのだけど、

最近はここ一筋ジャ〜ン

 

今も、最低1回は必ず来ます。

ここは、インドネシア料理っていうよりも中華ですよね。

 

数年前までこのUMUMには

 

店の奥のテーブルに座って睨みをきかせ、ニコリともしない迫力の看板イブがいました。

 

最後に会った時「お腹が痛いんだよね~」ってイブが言ってて、

 

「気をつけてね・・来年もまた来るからね」って言ったのに、

 

それが最後でもう会えませんでしたうっ・・・泣き

 

そのイブが亡くなり、今は娘さんがやっています。

 

ここのナシゴレンとエビ料理、カンクンが大好きで今年も行ったけど、

 

いつもいる接客担当の優しいイブがいなくて別のイブがいて、

 

味もちょっと変わってましたウーン・・・

 

娘さんは変わらずいて、笑顔で迎えてくれました。

 

確か娘さんのご主人が作っていたように思ってたけど、

 

もしかしたら変わっちゃったのかな・・・・汗

 

メニューも新しくしてたし(値段も上がった・・それでも十分安いけど)

 

 

次回行って、味が戻ってなかったらもう行かないかもウワーン!ガーン・・・・

 

 

お次は、

「Kunti」

 

クタコーナー近くにあった1号店が変なマッサージ屋(ファンの方がいたらスミマセン)

 

になっちゃった(2年前だった?)のを知った時は、しばし道で呆然~~~~涙!うーっ泣く

 

「クタのバカヤロ~~~~怒り!!!」

 

ってクタ滞在はもう止めようと本気で思ったくらいパステルラビ(怒り)

 

でも、少し離れた場所に2号店があるのを知り(スミニャックに3号店もある)

 

今は、「KUNTI2」に行ってます。

 

ここの寿司セットは、世界一(大袈裟?)だと思ってます本気

 

高くて美味しいのは当たり前だけど、ここは本当に良心的な価格設定。

なのに美味しい~~~ちびハート

 

私は、バリに行く友人には全員にここを強力プッシュしてて、

行った人は皆「旨かった~おんぷ」って言ってくれます。

 

サンセット見て、ゆっくり歩いてここに来てビール飲むのがホント好き~~。

 

ニクマットとか好きなナシプダス(所謂ナシチャン)屋さんもあるのだけど、

クタで毎回わざわざ行くのは今はこの2つだけ。

 

 

バリニーズバリニーズ

 

 

お次はウブド

 

こちらも、有名なパッセダンとか好きなナシアヤム屋もあるけど、

 

毎回必ず食べるのは、

 

プリアタンのサテカンビン屋「ワルン ムスリム(通称)」

 

「あっ!と言う間に4万になっちゃって・・・gakuri*」って、

 

地元のパも嘆いてた(サテ、ナシ、グレのセットで4万)けど、

 

ウブド界隈に数軒あるカンビン屋さんの中でもここが一番美味しいらしい

 

ここのサテとグレをブンクスして、部屋で食べる時の喜びよ~~満足

 

 

あとウブドだと宿編でも書いたけど、超有名な

 

「影武者」と「D'Waroeng」I♡you

 

影武者は1995年がお初。

 

まだ、ここのオーナーさんがウブドの小冊子(極楽通信)を出してた頃

(懐かしぃぃ~~~)

 

在住者さん、ウブドリピーターさん達が一度は必ず訪れる名店ですよねきらきら

 

D'Waroengは、昨年初めて行ってイブとお料理にフォーリンラブ比呂

 

どちらも何を食べても美味しいし、お値段も良心的で安定感があるお店。

 

 

蓮

 

番外編として

 

私がバリで一番美味しいミーゴレンだと思ってるのが、

 

バティックのグルの所で働いてる

 

シスカ(バリ人)の作るミーゴレン

 

どこのホテルやレストラン、ワルンで食べるのよりも断然美味しい~BAGUS

 

シスカに会うたびに「ミーゴレン、ミーゴレンミーゴレン」って言ってるし、

 

他の人にも、

 

「シスカのミーゴレンミーゴレンは多分バリで一番美味しいよねバグース

 

って言って呆れられてます顔文字

 

インスタント麺なんですけどね・・・・チーン

 

 

いろいろ書いてきたけど、最後にこれを。

 

実は、私がバリで食べた物の中で一番美味しかったハートのが、

 

サヌールでおばあちゃんが売ってた

Nasi Jinggo(ご飯、ちょっとの鶏肉、ちょっとのミー)

 

 

タナロットに行く道の途中でやっぱりおばあちゃんが売ってた

Kerepon(伝統的なお菓子)

 

共にかなり前(7年くらい前)に食べたのだけど、

 

NasiJinggoは驚愕の3000RPで、Kereponは1000RPでした。

 

これが本当に美味しくって美味しくって、バリ飯の奥深さを再認識させられました亜友未

 

やっぱ、おふくろの味には敵わないんですかね・・・どこの国もじーん

 

 

 

長々書いちゃってスミマセン謝る でした~

(食べ物話には力が入る汗

 

好みがはっきりしてて、何食べても美味しいと感じるわけではない上に、

 

他のブロガーさん達が褒めてる店でガッカリした事も多々あるので、

 

食べ物こそ相性だと思ってる偏屈者宇宙人

 

そんな私を 笑顔笑顔 にしてくれるご飯作ってくれてる人達に、

 

また、会いに行きたいなぁ~~~祈る

 

 

いつも本当に御馳走様です感感謝

TerimaKasih

 

 

 

 

さて、南部海側から中部のウブドへ移動車

 

 

ウブドのお宿は、これも今回お初の

 

Loka Pala Villa 

↑clickでWEBへ

 

偶然、FBで見つけて連絡を取り、

 

日本人奥様とのやり取りだった事もあり、すんなりと予約完了~おんぷ

 

ウブドは、日本人奥様宿が結構あるけど、

 

どこも気配りや施設の備品等もきめ細やかで、居心地良い宿が多いですよね。

 

 

このLoka PalaさんもVillaの素敵さは勿論なのだけど、

 

立地が当に私の求めているど真ん中ズッキューンばんざいばんざい

 

 

ウブドなので、海はないけど(当たり前)

 

ニュークニンの大通りから通称カエルsei通り(私と息子でしか通じない?)を

 

ちょっと入ったトコにあるので、この周辺で全てがこと足りますうれすぃー

 

 

後ほど「私が好きなバリ飯」で書こうと思ってるネタなのだけど、

 

野菜小鉢料理が豊富で誰もが知る日本食の「影武者」や

 

全てが美味しい「D'waroeng」に徒歩3~4分で行け、

 

欧米人ナルシストが集うヨガバーンに辟易したヨガ人(はい、私もその1人)

 

が集うヨガ道場(スタジオとは呼びたくない)にもすぐっトコトコ

 

昨年大好きになったモンキーフォレスト脇の小道をジャランジャランすれば

 

JLモンキーフォレストまでもなんとか徒歩圏内(ただ私はスッゴク歩くの平気なタイプ)

 

なので両替や買い物も出来るし。

 

私にとって本当にBAGUSなお宿でしたBAGUS

 

 

今回私達が宿泊した「TUMJUNG」 

写真で見てもやっぱ素敵~~~ハート

 

生活感たっぷりでスミマセン顔文字

ベッドの前にゴザが敷いてあって、その上にテーブルとおざぶ

収納もたっぷり

写真では見にくいけど、ドレッサーもあります

奥がトイレとバスルーム

広~~~いです!

 

 

蚊帳つきウフ

この部屋はダブルベッド

思春期息子が嫌~な顔してました><;

 

 

テラスも広々~やったー

そのテラスからの眺め

いつもツインを希望する私が

何故嫌がる息子を説き伏せてダブルにしたかというと、この眺望のせい。

 

向いのツインのお部屋↓(確かHIMAWARI)

お部屋自体はほとんど変わらないのだけど、

眺望が全然違うんです。

ガラス越しにお隣のお家が見えてますよね・・・・・

 

 

大きな冷蔵庫がある、広いキッチンは長期滞在者には嬉しい

 

 

朝食も美味しかったです。

インドネシアンよりも、こういう洋式を頼むのがロカパラでは正解かも。

ミーゴレンをお願いした日もあったのだけど、私には今一つだったので。

 

 

プール小さ目だけど、あるとないでは大違いウキウキ

 

 

日本人奥様の宿ですが、私達がいた間は、宿泊者は欧米(英語圏)の人達だけでした。

 

今回は、時期的(8月下旬)なものなのか、

 

空港以外では日本人にほとんど会わなかったなぁ・・・・

 

 

蓮

 

 

立地は最高、機能的で美しいヴィラ、良心的なお値段、プールあり、朝食も美味しく、

 

お湯もたっぷり熱いの出るし、エアコンもガンガンききます!

 

おまけにランドリーも超お安いバグース (これが大事!!)

 

 

もう、完璧と言ってしまおうじゃないかぁ~~~~っ!!! 嬉しい

 

ただ、トッケーや虫はいますゲッコー

それも当たり前ですが、念のため

 

 

今後も何度もリピしたいお宿です~~~Terima kasih.

 

 

今後、TegalSariやAlamJiwaとかみたいに

 

予約困難宿になってしまいそうで、ちょっと不安も感じますが・・・顔文字