防水工事 株式会社プライド(総合防水工事業)  

防水工事 株式会社プライド(総合防水工事業)  

東京近郊の資産を雨水から守りたく、少しづつではあるが雨水対策面積を増やし、意匠性も変換!雨水防衛軍!!

防水工事・雨漏りの事ならお気軽にお問い合わせください

株式会社プライド


$株式会社プライド  PRIDE WATER PROOF CONSTRUCTION
$株式会社プライド  PRIDE WATER PROOF CONSTRUCTION
東京都府中市日新町3-9-1

TEL042-405-3101(代) 

FAX042-405-3102



テーマ:

基本、アルミ笠木って雨漏りしないって前提作ると思うのですし、現在の笠木施工を見てもこれは雨漏りしないなぁなんて現場をよく見ます。ところが一昔前や一部手摺の着いたものは気を付けなくてはならない場合もあります。

たとえば手摺付のタイプ。写真下も雨水の跡が残ってますが

 

支柱根回りから雨水が回ってます。

この現場は水かけ調査をしましたが手摺根はシーリングが補修され雨水は廻らない仕組みになってました。

ただ台風の時などに漏れるということでした。あまり笠木に吹き込みの雨が漏れるというときは疑い本当にそこなのか?

と思い調査しますが、今回は笠木付近に水を掛けたときに実際に雨漏りが出てしましました。

そこで一度笠木を撤去し様子を見ることに、基本的に防水紙一枚で笠木天端の防水は甘いと思いますし、ましてビスなどを打つとなると

工夫は必要です。また外壁に面材が無く防水紙だけの場合タッカーも打ち込む部位が間柱に限定されたりで、防水紙や防水テープについて

それなりに慎重に精査する必要があるかと思います。

 

数年経過し劣化した場合、このように繊維状になってしまうケースもあり、防水紙としての役目は果たせなくなることもしばしば

天端などは日照条件も考慮した施工が必要です。今回吹き込みのケースで通気層をつぶしていいかとの問いで潰してOKとのことで

取り急ぎ、防水テープを貼りこみました。プラスシーリングにて雨の進路も塞ぎました。

これがベストとは思いませんが、取り急ぎ雨漏りが無くなるように・・・・

 

 

 

会社も手彫り看板の廻り、花が綺麗に咲き春本番って感じです。

 

 


テーマ:

防水・ウレタンの見せ場は!

塗装の場合壁に施工するケースが多く、防水は床に施工する面積が多いのは当たり前と思いますが

やはり防水も箱状にして意味があるので、床から少し防水層は壁まで防水をする、そこが立上りです。

もちろん水を受けるという意味では、床や斜の部分、各所の天端が雨水を受けやすいのですが、もちろん箱にしたり、雨水を垂れ流す構造でも壁の一部に防水(立上り)が必要なのです。

 

ウレタン防水は液体状の物質が固まりゴムの膜を形成します。床に材料を撒いた場合でもある程度均一に撒けばセルフレべリングで平らな防水を創ることができます。また材料は逃げ場がないので床の場合、勾配なりに材料は少し進んでいきますが、ある程度の滞留しますので塗膜の厚みが形成されます。それでは立上がりは・・・・

 

変なお話ですが、よくウレタン塗膜の膜厚の大切さをおはなし、しますが壁に液体の材料を一度に塗布した場合ダレを発生させます。そこでだれだれのウレタン防水立上がりをお見受けしますが、これは材料をつけなくてはいけないという観点もあり、一度にネタをつけすぎるとこうなります。ただダレがいやで、膜を薄くつけるのは、最初は見た目は下地の綺麗さなりに見えるので見落としが出ることもあるのですが、長期間性能維持は無理ばかりか、切付け部の破断もあるため。これが一番ダメなんです。まだ見た目は悪いがダレている方がいいかもしれません。ただ均一の膜厚ではないので

本来はどうするのか?

 

実は昔はウレタン材の粘度を変えていたりしましたが、現在は立上り材料と床材料はわかれています。床は簡単に液体。立上がり材はというと、液体と固体の中間。この施工が割と難しく、均等にしたり、施工痕を残さなくするにはちょいと経験が必要かも........

さらに防水屋さんによっては立上りと平場の材料をミックスしてローラーで最大限の膜厚を造ることもあります

当社最若手経験浅いですがかなり立上がりの施工うまく、一度に膜をつけるとダレが出るので二回同じように施工を繰り返すのですが、これは一層目の段階、また2mmの最低膜厚はほしいところで

よくウレタン防水は補強布(メッシュ)というもので膜の補強をするのですが、このメッシュ目が消えていないと膜がきちんとつけてない防水層で、一層目でほぼメッシュの目は消えています。これは立上がり専用の材料のみで施工していますが、経験が浅いのに綺麗と褒めました。但し、お父さんも防水屋さんなのでいわば血統なのかもしれないくらい・・・

 

ということで、防水は立上がりの施工に注意して見てください。

ここに、防水屋の本気が現れますから・・・・・・

 

維持管理部部長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

今週来週にてGWまでに完了する中型工事が軒並みスタートです。

何とも、季節は良いですが、この時期の悩みは、桜のはなの散りで、近くに桜の木があれば、少しの風で特に塗膜防水は桜満開!!これは防水層に貼りつき取れなくて本当に難しい問題なんです。

ですから、この時期に始まる工事の近くに桜が無いことを確認しそこからのスタートです。

 

これは来週のスタート。

写真わかりずらいですが、ドレン端末シールてんこ盛りバイオランテープで仕上げ?

何とも・・・・(^_^;)

また難しいフラットバー、段差の処理無し部位や平場がシート端部になるので、平場のフラットバー

このような場合、特に金物ジョイントも危険ですが、縦に着けるフラットバーの金物や平場に着ける金物はいずれにせよ、端部シールは理解できますが、上下の関係性が無くなるので。左右になる訳で

端部シールを施工しても、金物の片側もシールで保険入れておかないと、少しの逆勾配などがあると危険と思います。つまり少し工夫しないとってことです。

 

 

 

当社、主任!パパになりました。おめでとう!!

【緊急企画:ブログ閲覧で防水工事をお考えの方!主任お父さん企画第一弾、工事費10%お値引実施!4月末まで!個人のお客様に限ります。詳しくはご連絡ください。】

 

 

簡単なシーリングでも色違いに戸惑いが・・・・そんな時に変成シリコンクリア ノンブリード

最近、依頼が少しですが増えてます。上記の写真も透明な材料で違和感ないでしょうというより、写真自体わかりずらい!!

でもそれだけ透明感があって、目立ちません。

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ