ニホンノミライを知りたくて
  • 13Jan
    • ややや・・野党!:野党の党首って今だぁれ? ①社民党

      社民党の党首を選ぶ選挙に立候補者が0という事態が起こっているそうです社民党首選、立候補者なし 26日に再告示へ(産経新聞)政治家の方々ってみんな学級委員長タイプだと思っていたので(失礼)こんなことってあるんだ~とビックリしてしまいましたとはいえ、選挙もまともに行っていないワタクシその理由を実は「野党がグチャグチャしててよくわからないから」なんて偉そうに言ってたりします。ですので!今回は週末スペシャル?として、現在どのくらいの政党が野党としてアクティブで、どんな人がその党首なのかちょっと調べてみることにしました。トップバッターは、記事でも紹介した社会民主党の党首、吉田忠智さん。Twitter:https://twitter.com/tadatomoyoshida大分県ご出身、2016年に落選してしまい現在は非議員のまま党首を担っていらっしゃいます。選挙では名前の「ただとも」とソフトバンクのただともキャンペーンを模した選挙でも話題になったことも現在国会議員でないことから不出馬を表明していらっしゃるようですが、他に適任者がいないのではないかと。。伝統ある政党ですが、議席数が少ないことも今回の立候補者ゼロに繋がっているのかもしれません。。1月26日に再び告示されるとのこと、どうなるのでしょうか 「野党」論: 何のためにあるのか (ちくま新書) Amazon

      25
      テーマ:
  • 11Jan
    • 「強い抗議」って? 近隣の国々とのこと

      安倍首相が、平昌オリンピックの開会式に出席しない方向だそうです。首相 「平昌」開会式欠席へ (産経新聞記事)表向きは通常国会のためとしているそうですが、2015年の日韓合意に関する新方針を韓国より突きつけられた事に関する「抗議」の意との報道がされています。一方で尖閣諸島には中国海軍の潜水艦が…日中関係修復に冷や水=潜水艦入域、政府が抗議(時事通信)ここでも政府は「強い抗議」。北朝鮮問題も含め、ここ最近の日本政府は近隣諸国に抗議をしてばかりこの「抗議」の効き目って本当にあるのかしら?って思うのは私だけでしょうか・・こんなに近くの国々と、こんなに心が遠くになるなんて。出口の無い歴史の怖さと、この残念な状況をどうにかしてくれるヒーローの登場を願わずにはいられません。新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)Amazon東アジア動乱 地政学が明かす日本の役割 (角川oneテーマ21)Amazon

      3
      テーマ:
    • #TimesUp ゴールデングローブ賞とセクハラ問題

      今年のゴールデングローブ賞のレッドカーペットに性的暴力への抗議と連携を示すため黒いドレスで女優たちが出席したことが話題になりました。一方フランスではカトリーヌ・ドヌーブさんら100人の女優さんたちが行き過ぎの傾向にあるこの運動に「男性が女性を口説くのは犯罪ではない」と声明を出したそうです。実にフランス的!確かに線引きは難しいですよね。BBCニュース記事日本でもはあちゅうさんが実名で証言したことが昨年末話題になりました。被害者は女性に限らず(男らしさの押し付けも立派なセクハラです)日本の職場でも様々な形で存在しています。残念ながら海外ほどのムーブメントは日本では期待できませんが、自分の行為も含めて誰かが不快になっていないか振り返るきっかけにしたいです。部長、その恋愛はセクハラです! (集英社新書)Amazon

      テーマ:
  • 10Jan
    • 原発ゼロ法案に、福島の今を思ふ

      小泉・細川元首相が揃って22日からの通常国会に今稼働している原発を即時停止し自然エネルギーを推進することを議員立法として提出されるよう与野党に幅広く協力を求める方針を明らかにしたそうです。時事通信の紹介記事実現について困難なことは分かっているが国民が注目しムーブメントが起きるきっかけになる狙いがあるそう。震災で原発の問題が世界中に広まってからはや7年近くも経つんですね忘れた訳ではないけど、最近どうなっているのか考えなくなっている自分にちょっと反省しました。。" border="0" style="max-width:95px;vertical-align:middle;margin:0;" data-img="affiliate" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51sItiIsG-L._SL160_.jpg">すごい廃炉 福島第1原発・工事秘録<2011~17年>Amazon東電原発裁判――福島原発事故の責任を問う (岩波新書)Amazon福島第一原発廃炉図鑑Amazon

      1
      テーマ:
  • 08Jan
    • 祝・成人 20歳→18歳へ?

      今日は生憎の雨でしたが、街にはちらほらフワフワしたファーをつけた振袖姿の女性たちの姿。私の時は・・・なんて懐かしい気持ちに、、ずいぶん前ですけどね昨日の朝日新聞の一面には「18歳成人式」にまつわる記事が紹介されていました。要点的には「成人式」にフォーカスしていて(成人式の実施会場や呉服業界の心配など)少しずれていましたが、今月22日から開催の通常国会で成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案が提出されるそうです。・・まだされていなかったんですね朝日新聞:1月7日 「18歳成人式 何月に?」https://www.asahi.com/articles/DA3S13302833.html2007年の「国民投票法」で投票年齢が18歳以上に設定されたことにより、スタートしたと言われるこの議論。選挙権をはじめローンや民事訴訟を起こす権利も持てたり様々なことを18歳から成人として扱われる是非については意見が分かれているようです。個人的は20歳になる前に、大人になること、政治へ参加することなどあまりしっかり教えてもらえた気がしなかったので、18歳だからダメだなどは思いません。20歳でも30歳でも大人になれていない人も沢山いるので・・・18歳に引き下げられることに期待するとしたら、まだ学齢期なので、学校等でしっかり「大人になる準備」をする体制を整えて成人を迎えることができたら、少しは社会が変わるのかなって思います。ちなみに、お酒やたばこについては当てはまらないそうですが、これで失敗する人が実に多いので「正しい飲みにケーション講座」の必修化を強く推奨します。私も受けなきゃ 漫画 君たちはどう生きるか Amazon

      テーマ:
  • 07Jan
    • 安倍総理の年頭記者会見をチェックしてみる

      初めの記事で何を書こうか考えていたのですが、まずは国のトップである安倍総理の年頭記者会見について注目してみることにしました。ニュースでちらほら見かけましたが、全体は報道されないので2018年何に注目すべきかヒントになるかも知れません。首相官邸HPでの全文紹介がされています https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2018/0104kaiken.html官邸FacebookとYouTUBEで生配信されていたんですね。※余談ですが1/4よりInstagramも始めたそうです。SNSチームが積極的ですね。https://www.instagram.com/kantei/大きく3つの課題について、●対北朝鮮対策。防衛力の強化と国際社会との連携する。●少子高齢化問題。今月召集する通常国会は「働き方改革国会」とし多様な働き方を可能とすることで、「一億総活躍」の社会を実現を。●戌年の今年こそ、憲法改正に向けた国民的な議論を一層深めていく。国防や憲法改正についてはもう少し詳しく見ていきたいですが、身近なところでは「働き方改革」の行方も気になるところです。通常国会は1月22日から、NHKで放送されているのはチラッと見たことがあるのですが、ちゃんと見たことないので今年はチェックしてみたいと思います。

      テーマ:
    • はじめまして

      はじめまして、この度初めてブログを開設しましたmiraiと申します。このブログは、ごくごく普通のアラフォー独身会社員の私が、無謀にも日本のミライについて考えてみたいと思い開設した個人ブログです。私は大学時代政治学を専攻していたのですが、社会に出て日々の生活に追われているうちに、新聞もろくにチェックせず、ニュースも芸能情報ばかり見てしまったり・・・あげく選挙もパスしてしまうようていたらく。。そんな私がどうして政治コラム(コラムとまで言えないですが)を始めようと思ったかというと、昨年私たちのすぐそばにまで迫ったある危機がきっかけになりました。それは、北朝鮮のミサイル問題です。いつものように目覚めた朝、大地震が起きたときと同様、各TV局が一斉に北朝鮮から日本海へと発射されたミサイルについて報道していました。その緊迫した雰囲気、何が起こっているのか分からない恐怖は忘れることができません。でも、私がもっと驚いたのは発射されたその日、職場でも話題になりましたが、「落ちたらどうせ死ぬから、心配しても仕方ない」という人があまりにも多かったことです。私は祖父母が戦争体験者で何度も戦時中の話を聞いて育ってきたせいか、戦争が起こるかもしれない事態が怖く、身を守る方法のCMを見ても本当にそんなことで身が守れるのか心配で仕方ないのに・・・この話題に触れるのも野暮な雰囲気が職場でも、友だちとの間でも漂っていたのです。一方で普段は私自身も政治や経済のニュースはなんだか難しく、話していても楽しくないので避けてきました。このブログでは、そんな自分への反省もこめて、普段避けたくなるような話題や政治のことを書いてみたいと思います。私の考えや思想を書く場ではなく、なるべくフェアに色々な分かりやすい情報をご紹介できればと思います。よろしくお願いいたします。にほんブログ村

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス