虹の戦士からのメッセージ

虹の戦士からのメッセージ

~ 倖せになる方法 ~

 「運命」と「宿命」、似ていますが違います。


「命」を「出来事」と解釈したら、出来事を自分の意志でコントロールできることが「運命」です。

 

ですから、運命は自分の意志で変えることが可能な「出来事」だということです。

 

では、「宿命」はというと、出来事が決まっていて、自分の意志ではどうすることもできない、変えられない「出来事」が「宿命」です。


例えば、人間、男女、日本人、〇〇家に生まれた出来事は変えることが出来ません。
 

だから宿命です。

 

運命は変えられるが、宿命は変えられないということです。


変えられないのが宿命なら、過去は変えられないのですから、自分の過去も今現在の自分にとっては宿命と言えます。未来は運命、過去は宿命、とも言えるのです。


 人は、肉体(物質)、こころ(意識、感情)、だけではなく、魂(シナリオ)で出来ています。

 

魂の存在は見えないから無いと言われるなら、その人は心も見えないので、その人には心も無く、単なる物質の塊だと言えます。


魂は運命、宿命を超越した、今のあなたにふさわしいシナリオをもってあなたのボディに入ってきています。

 

魂の究極の目的は向上=調和です。


運命は、今あなた自身が思う、考える、自由意志です。あなたの過去の宿命は、あなた自身が選択した自由意志の結果です。


そして、魂はあなた自身の今生のシナリオで、究極の宿命であって、自由意志では変えることのできない通過点と言えます。


テレビドラマの水戸黄門で、最後に印籠を見せて、悪代官、悪町人は必ず裁かれるという筋はドラマ水戸黄門の宿命であるのです。

 

つまり我々一人一人が地球を舞台にしたドラマの配役であり、魂のシナリオは生まれる時に神様(脚本家、監督)からいただいてきた今生のシナリオと思い、素直に実行すれば必ず幸せになると思えば良いのです。

 

他人を羨んだり嫉妬していたら幸せになれません。


また、魂はウォークインといって、あなたの意識(思考、潜在意識)が変わった時に、人生のステージでのシナリオ(役回り)が入れ替わることがあります。


小説映画『クリスマス・キャロル』のスクルージのように。

 

変えられない宿命のはずですが、あなた自身の自由意志で変えることが可能な運命を変えることで、魂の究極の目的である調和へ、自身で近づけることが可能なのです。


倖せになる方法は、自分自身の考え方次第だということです。


あなたの未来が健やかで明るいことを思いながら。

 

また、次回

 

 

 

 

 アドボケイツという言葉を見たり聞いたりしたことがありますか?


その前に、アフィリエイターとアンバサダーという言葉をご存じでしょうか?


アフィリエイターとは、アフィリエイト広告※(成果報酬型のインターネット広告)を自分のサイトやブログ、SNSなどで紹介し、そこから商品が売れたときに支払われる成果報酬を広告主から得ている人のことです。

 

アンバサダーとは直訳すると「大使」という意味になりますが、マーケティングにおいては「自社のブランドに対して強い興味関心を持ち、口コミなどの情報配信を積極的に行ってくれる、企業から任命されたユーザー」のことを表します。

 

ここで重要なのは「企業から任命された人」であることで、何らかの報酬を伴う場合もあります。


アンバサダーとインフルエンサーは双方ともに情報発信力を活用し、企業・ブランド・商品の存在を人々へ伝える部分では同じと言って良いでしょう。 


一方、アドボケイツは日本語に直訳すると「擁護者・支持者」という意味ですが、マーケティングの領域では「自社のブランド・商品を熱狂的に支持して使い、自ら口コミを行ってくれるユーザー」を指す言葉です。

 

「そのブランド・商品を熱狂的に支持してくれるユーザー」で、無報酬であっても積極的に自ら企業のブランディングへ関わってくれます。


彼らの多くは「自分の好きなブランド・商品を育てる」「体験談やブランディングに直接関わることができる」ということ自体に意義を感じているため、活動そのものに対して心からの喜びを覚え意欲的です。

 

コロナ禍の今、感染症対策として体にとって最も重要なことは免疫力を高めておくことです。

 

その為には腸内環境を整え、睡眠、水分、規則正しい生活習慣の実践です。

 

夜更かししていませんか?

 

22時以降のテレビは録画して早起きして見れば五分の三くらいの時間で見れますよ。

 

朝からは見たくないという方は、そのテレビ(ドラマ、情報など)は、恐らく自分の今世の人生で見る必要のないものなのでしょう。


焦点がずれそうですが、私にとっての今回のアドボケイツは、鼻喉洗浄器です。


ウイルス、細菌、花粉などは、鼻喉の粘膜に付いて細胞内に取り込まれ発症します。

 

免疫力次第ですが、コロナウイルスは粘膜に付いて約3時間、インフルエンザウイルスだと約30分で細胞内に侵入すると言われています。

 

そんな時に役に立つのがサイナス・リンスという洗浄器です。

 

私もPH調整塩に「つるぼ」を適量溶かして朝・昼・晩・寝る前と一日に何回も洗浄しています。

 

とても気持ちよく寝付きも良く、翌朝すっきり目覚めています。

 

アドボケイツ(推し活)でした。


あなたの未来が健やかで明るいことを思いながら。また、次回

 

 

 

 

 

 

 

 私たちは自分の人生を自分で考えて自分の意志で生きていると思っています。


それを間違っているとは言いませんが、よほど自分の軸を持って生きていない限り、

 

多くの人は、いつの間にか誰か(テレビ等のマスメディア)に誘導された人生を送っているものです。


 近年、ネット検索をしていて思うのですが、

 

大衆ではなく個人のアイデンティティをいつの間にかAIに支配されているように感じませんか?

 

AIはディープラーニング(深層機械学習)をもって、

 

いつの間にか私たちの深層心理に入り込み、

 

私たちを「誘導している」、私たちは「誘導されている」状態だということを、私たちは知らないということです。

 

例えば、200年ほど前の日本は、「お殿様の言う通り」であり、明治時代になって、

 

末は博士か大臣か|と言われたように、偉くなることで人衆(まつわる人たち)を誘導してきたと思われます。

 

家庭では昔、お母さんがお父さんを尊ぶことで威厳を持たせ、家庭を誘導し、まとめていました。

 

いろんな形の誘導例はいくらでもありますが、諸外国だって教皇、皇帝、王様、権力など似たり寄ったりです。


誘導支配構造は武力や権威が武器という力になり、やがてお金という利権が生まれ、現在の資本主義社会へと変遷があるのです。

 

途中、理想を掲げた共産主義社会が生まれましたが、煩悩のある人間は、理想を保ち続けることは出来ないようです。


 中国が社会主義市場経済を推進して発展しても、人は一度自由というアイデンティティを手にしたら、

 

誘導、縛るような共産主義一党独裁社会制度を受け入れません。


そこで登場するのが煩悩のある人間ではなく、魂のないAIという機械です。


内閣府も2050年達成に向けてムーンショット計画を掲げています。


歴史の流れは新しい支配構造を生もうとしています。それを実現実行するのは人間です。


それを近年ではディープステートやイルミナティなどと言われる「影の政府」「秘密結社」と言います。


 2045年をシンギュラリティー、AIが人類の知能を超える転換点(技術的特異点)だと予測されています。

 

しかし、魂のない世界は明らかに次元が違います。恐らく人類にはコントロールドラマという、

 

次元を超えるための試験があり、その試験に合格した人のみが、上の次元に移行することが出来るのではないかと予測しています。

 

一緒に次なる次元に行きませんか?


宇宙は調和で満たされています。

 

肉体を持った凡人では絶対調和を叶えることは出来ません。

 

だから究極の自意識を、謙虚で素直でいることが重要です。


あなたの未来が健やかで明るいことを思いながら。

 

また、次回

 

 

 

 

 

 人には「お金」と「空気」と「太陽」は、平等に与えられているって知ってますか?

 

「空気」と「太陽」はわかるけど「お金」は平等だとは考えられない!という人がいると思います。

 

宝くじの高額当選者を追跡調査した統計があるそうですが、高額当選者の多くが、あまり倖せな人生を送っていないようです。


人には「分」という器があって、器以上の大金が入ってくると、お金のエネルギーに負けてしまうようです。

 

だから私は宝くじを買いません。

 

 道端に一円玉が落ちていたら、あなたは拾いますか?
 

以前の私は、何も買えない一円玉なんか拾いませんでした。もう何十年も前の話です。

 

ある人が「蛇口をひねって出てくる水だったら一円で一升瓶で50本買えるよ」と教えてくれました。

 

それを聞いた私は、一円って結構凄い価値があるんだ!と、強い印象を持った思いが残っています。

 

今は道端に一円玉を見つけたら必ず拾います。

 

そんな私のお金の器は小さいのかもしれませんね。


 人の器はお金だけではありません。

 

倖せにも不幸にも器があります。


あなたは他人と接していて、どんな時に人の器の大きさを感じますか?


例えば、すぐ怒る人と接したとき、「この人は器が小さい人だな」と思われますよね?

 

短気で自己中心的な人は器が小さい人だと思います。

 

また、子育て中、子供をつい大声で怒鳴ってしまい、後でなぜあんなにカッとなってしまったのだろう…相手は小さな子供なのに…など、自分の都合に合わないが為に怒ってしまった自分の器の小ささに反省しきりになりますよね。

 

しかし、そんな時こそが自分の心の器を大きくするチャンスなのです。

 

怒った事実は変えられませんが、反省をしている親の事を子供は大好きです。

 

ですから「子供のお陰で人としての器が大きくなった」と子供さんに感謝すればよいのです。

 

また、子供も何回も何回も怒られる試練を乗り越えており、親子共々成長しているのです。


 では倖せな人の器ってどんな器だと思いますか?


幸という字に“人”が付いた“倖”は、一人ではありません。

 

誰かが傍にいてくれる倖せです。

 

宇宙は二元、調和で成り立っています。

 

これを前提に考えれば倖せな人の器は、常に調和を意識し、倖せになる方法を考え続けているかどうかです。

 

あなたは常に倖せになる方法を考え続けていますか?

あなたの未来が健やかで明るいことを思いながら。

 

また、次回

 

 

 

 

 スポーツの専門家はスポーツ競技なら何でも詳しいと思いますか?


現役選手なら基礎体力や体幹などは一般の人より立派だと思います。

 

しかし、スポーツの種類によっては全くの素人です。

 

野球、ゴルフ、フェンシング、剣道など、全て棒状の道具を使用しますが、全く違うスポーツです。


音楽の専門家ならピアノ、ギター、サックス等あらゆる楽器を弾きこなせると思いますか?

 

専門家なら、素人よりは多少音を上手に奏でることが出来るかもしれませんが、多くの音楽の専門家は得意とする楽器以外は下手かもしれません。

 

料理の専門家なら日本料理、フランス料理、中華料理、イタリアン等料理は何でも上手に作ることが出来ると思いますか?


料理の専門家ですからどの料理でもある程度はできるかもしれませんが、私は、例えばイタリア料理店で本格的な和食を食べたいとは思いませんね。


 各専門家は、スポーツ選手なら基礎体力や体幹、音楽家なら音符を読めて絶対音感までは無くても少なくとも音痴ではない、料理人でしたら食材を刻むことや香辛料の使い方、火加減などは素人より詳しいかもしれません。


そして、もう一つ、専門家という言葉に多くの人が勘違いしている分野があります。


それは医療分野です。


何をするにも絶対に必須条件である健康(身体)の医療分野の専門家です。


医療に関しては医大、歯科大、薬大、各種医療系専門学校で人体の生理学、薬理学、応急手当等は全般的に学んできていると思います。


だからと言って医療の専門家は身体について何でも知っているのでしょうか?


皆さん、熱や痛み、火傷、怪我などの症状の処置の仕方は学んできています。


医師はコロナという感染症の症状に対して、処置のスキルを備えていると思いますが、ほとんどの医療専門家はウイルス、mRNAワクチンについては専門外だということを、多くの皆さんが勘違いされていると思われます。 


 何をするにも健康な身体と精神なくしては幸せを得ることはできません。


自分で考えてください。

 

不幸を体験して倖せがいかなるものかを知ることがあります。


兎に角、今の時代ネットを活用することで、誰もがスポーツ、音楽、料理などの専門家レベルまで近づくことが可能になってきています。

 

ましてや、身体の一部や、コロナ、mRNAワクチンについても、ネットなどの情報を通して医療の専門家以上に詳しく知ることが可能な時代です。目を開けて情報をゲットしていただきたいです。


 あなたの未来が健やかで明るいことを思いながら。また、次回

 

 

 明けましておめでとうございます。


コロナ禍に入り時代の常識が極端にそれも急速に移り変わろうとしています。

 

このような状態に、心・意識・感情が晒されると、人は平常心を失い、パニクってしまいがちです。

 

それを平常心で受け止めるには、宇宙と自然の根本原理を知っておくことが重要です。

 

時代や常識は変化しても根本原理は変わりません。


●宇宙は二元で出来ており調和を保っています。


 右と左、陰と陽、明と暗、善と悪などのように、必ず相反する状態があって調和されています。

 

どちらか片方だけでは存在できないということです。


●自然は三位一体で調和されています。


 自然はある程度克服できますが、基本的に自然は謙虚に受け入れるものです。

 

 地震、台風、災害が起こった時、被害の状態で、これは人災だと騒ぐことがありますが、地震や台風そ
 のものに対して文句を言う人はいません。

 

 自然とは、究極的には受け入れざるを得ないものなのです。


では自然をどのような方法で捉えたらいいと思われますか?


おなかの中の赤ちゃんの腸の中は無菌状態です。

 

赤ちゃんは産まれる時にお母さんの産道や膣を舐めながら産まれてきます。

 

やがて一年もたてばお母さんから受け継いだ微生物菌の層が腸内フローラという状態になります。

 

その時の菌の割合が、善玉菌2、日和見菌7、悪玉菌1、の割合です。

 

腸内フローラは自然が織りなした腸内細菌叢なのです。

 

自然は2元ではなく三位一体で調和が保たれているということです。


菌の関係性について言えば、善玉菌は優勢菌、悪玉菌は劣勢菌、日和見菌は自分で考えることをしない、優勢菌の言う通りの日和見な菌(人)だと考えたらいいでしょう。

 

では、時代の常識や変化とどのような関係性なのでしょうか。

 

明と暗で説明すると、宇宙は数千年の単位で夜の時代と昼の時代があり、コロナ禍の今は夜明け前寸前の時代です。

 

夜の灯りはお月様です。夜は暗く足元しか見えません。

 

日和見な人は自分で考えませんので、お月様(テレビ)のいう通りに従う人です。

 

多くの人は日和見菌のような存在なので、時代は夜が明け初め、陽が差し、周り(情報)が見え始めていることに気づいていないようです。

 

いつまでもお月様(テレビ等のマスメディア)に頼っていてはいけません。自分で見て、自分で考えましょう!

 

宇宙も自然も調和で満たされています。私たちは、この「宇宙に存在」し、私たちは「自然の一部」です。

 

私たちの人生のシナリオも調和で満たされており、必ず幸せになるシナリオをもらって生まれてきていることを信じてください。


あなたの未来が健やかで明るいことを思いながら。また、次回

 

 

 

 

 何気なく日常を過ごしていると、すべてが当たり前という毎日を過ごしがちです。
 

子育てに追われる毎日だと、気が付けばあっという間に10年ぐらい過ぎています。
 

勿論、子供は成長していますが、幼稚園、小学校、PTA、家を建てたらご近所付きあいと、なんやかんやで時はあっという間に過ぎているものです。


 仕事に一生懸命に取り組むことは善いことです。

 

しかし、仕事に追われる状態が続くと、いつの間にか結婚はしたものの、家庭や子育てを疎かにしていて、我が家には自分の居場所がない、という自分の立場に気づかず、熟年離婚などという結果が待っていたりもします。

 

もし、あなたが似たような人生を送ってきたのであれば、何に憑りつかれてそのような人生を過ごしてきてしまったのかを考え直してみませんか?


 資本主義経済の世の中で、毎日を忙しく過ごしていると、過去にとらわれた常識や、目先の欲望を叶えようとする、拝金主義的な生き方になってしまいます。


コロナ禍に入って、日常が変わったという人も多いと思います。変化はチャンスです。

 

例えば、リモートワークになって月に一日も出勤する必要がなくなったけれど、仲間と親しくお茶をする時間が無くなり、かえって忙しくなったという人がいるそうです。

 

それでは変化をチャンスに変えたとは言えません。


そんな人は思い切って田舎に引越しをして、家庭菜園や趣味を増やし、ワーケーションすることも一つの考え方です。


 多くの人は、コロナ後の時代をコロナ前の時代の続きだと思っているようです。


歴史はあるとき、短い期間で一変するときがあります。

 

約80年続いた戦国時代は、最後の関ヶ原の戦いから約15年で平和な江戸時代が始まり、約260年続きました。

 

しかし、黒船来航から約7年間の明治維新期間を経て、江戸幕府から明治新政府へと引き継がれました。


今回はテクノロジーの進歩により地球的規模で時代が変わりそうです。

 

恐らく、想像を超える変化が訪れるはずです。

 

では、どのように考えたらいいのでしょうか?


過去の知識、常識を極力記憶から外すことこそが重要です。


つまり、現状の流れに沿うと人は確実にAIロボット化していきます。

 

別の言い方だと人工頭脳化します。

 

VR・AR・MRの世界です。(内閣府・ムーンショット計画)

 

人間らしく生きたいのであれば、自然知能の世界です。


あなたはどちらの世界で生きていきたいですか?


あなたの未来が健やかで明るいことを思いながら。

 

また、次回

 

 日和見菌ってどんな存在だかご存じですか?簡単に言えば「自分がない」存在だと言えます。
 

 出産直後の赤ちゃんの腸の中は無菌です。
 

赤ちゃんはお母さんの産道を通ってくるときに、膣などを舐めながら産まれてきます。

 

その時にお母さんからもらってくる菌がベースとなって、赤ちゃんの腸の中に居つき、約一年がかりで腸内フローラという腸内細菌叢が完成します。


大まかに腸内環境の理想は、善玉菌2、日和見菌7、悪玉菌1の割合で存在しています。

 

その中で7割を占める日和見菌の存在が、体の健康状態や精神(身)状態を左右します。

 

しかし、その重要な働きをする日和見菌は、優勢な2割を占めている菌の指示通りに動くだけで、自分で考える力がありません。


もし腸内環境が悪玉菌2(優勢)になったら、体調は途端に崩れて病気になります。


このように日和見菌は自分で考える力を持たずに生きていますので、2割の優勢菌が善玉菌なのか悪玉菌なのかの見極めもできないのです。


 腸内の自然環境に住む微生物を人間に置き換えたらどうでしょうか。

 

人間も、地球自然環境の中で生きていますので、見方によっては腸内環境と相似形だと言えます。

 

コロナ禍の時代をこのような視点で見てみると、あなたは善玉人、日和見人、悪玉人、のどれに当たるでしょうか?

 

医療に関しては、ほとんどの人が日和見人の存在ではないでしょうか?

 

すると日和見人であるあなたは何を信じていると思いますか?

 

 もしかしたら、一方的に流されてくるマスメディア(テレビ等)の情報ではないでしょうか?

 

広告主がいるテレビ局ではスポンサーに都合の悪い情報は流しません。

 

公共放送だって内閣府が掲げているムーンショット計画に沿った情報を流していますので、ムーンショット計画がいかなる計画なのかを知ろうとしない日和見な人には、流されてくる情報を見極めることができないのです。


 コロナ現象は、明らかにコロナ前の時代を瓦解すると私は考えています。


もしかするとコロナ後の時代は、コロナ前の世界とは全く、真逆といえるような世界になっているかもしれないです。

 

こんなに変化に富んだ時代はめったにありません。

 

インターネットの時代ですから、リアルタイムであらゆる方向から情報を集めることが可能です。


自分で考えることが可能な、自由な生き方を謳歌するために、一緒にコロナ禍を愉しみませんか!


 あなたの未来が健やかで明るいことを思いながら。また、次回

 

 

 コロナ禍の今、ウィズコロナなどと言われていますが、コロナ禍は必ず終息します。

 

しかし、コロナ禍の混乱はもうしばらく続くような気がします。
 

混乱に対しては、各々適時対応するしかありません!


各々置かれた立場が違うのですから、他人に解答を求めても意味がありません。
 

恐らく、誰から解答を得られても、あなたはきっと「そんなはずはない!」と受け入れられないでしょう。

 

多くの人は自分に都合の良い解答しか受け入れたくないからです。

 

だから、もしかしたら自分にとって都合の悪い解答こそがコロナ禍の混乱や窮地をやり過ごす一番の方法なのかも知れません。


 ところであなた自身、コロナ禍の今、いったいどのような思考でいたら良いと思われますか?

 

それは、兎に角、目の前に起こる現象に対してはじっくり考え抜くことです。

 

そして、全てにおいてプラス思考でいることです!


それには考え抜く情報が必要です。情報に偏りがあってはいけません!


人は都合の良い、耳心地の良い情報は特段意識しなくても耳や目に入ってきます。


例えば、気になっている車があるときに、運転中、やたらとその気になっている車が目に飛び込んできたりします。

 

人はどうしても興味関心があることにしか心が動かないものです。


コロナ禍の今は、明治維新の時のような変化、つまり、日本という国体が幕藩体制から明治新政府に変わったときのような現象が、国民一人一人に起こりかねない時代なのかもしれないのです。もしかしたらその時よりも激しいかもしれません。


 芸能やスポーツの情報ばかりでなく、世界情勢、経済、新型コロナや、体に直接入れる遺伝子組み換えmRNAワクチンについても、もっと詳しく情報に関心をもって過ごしませんか?


私は仕事柄もありますが、コロナ禍に入って、ウイルスやmRNAワクチン関係について、かなり詳しく調べ知ることとなりました。


推測するに、もしかしたら一年後くらいから、否が応でも関心を持たざるを得ない状況になるかもしれません。

 

決して脅すわけではなく、何もなければそれでよしなのです。


せめて身体的にプラス思考でいられるためには、一日3回以上ガジュツを飲んで、常にインターフェロンを細胞に誘導し、腸内環境を守る食事に気を使い、日ごろから免疫力を高めておくことが第一です。


あなたの未来が健やかで明るいことを思いながら。

 

また、次回

 

 

 

 もしあなたが神様だったら、一人一人の人生のシナリオを書き渡すことができます。

 

テレビドラマや映画の脚本家のようなものです。


例えば、水戸黄門というドラマがあれば、善人ばかりいてもちっとも面白くないと思いませんか?

 

悪代官や強欲商人がいて、その悪人を懲らしめる助さん格さんがいて、最後に印籠と共に裁く黄門様がいるからドラマが面白いのではないでしょうか?

 


現実世界で私たち一人一人は役者だと思ってください。

 

ステージは地球です。


あなたの役回りは善人それとも悪人?あなたが地球ドラマに出演したくてしたくてしょうがない役者なら、どんな役柄でもありがたく受けるのではないでしょうか。


約百年という人生ドラマを、演じている自分に意識を持ち続けていると、善人やお金持ちの役を幸せと思えるかもしれません。

 

しかし出演前の自分に意識を戻せば、悪役や貧乏人の役でさえ幸せ、役をもらえただけで幸せ、を感じるのではないでしょうか。


 魂は自分がもらってきたシナリオをすべて知って(読んで)生まれてきています。
 

必ず幸せになることを魂レベルでは知って生まれてきているのです。
 

人生に、良いも悪いも、ねばならないもありません。偶然もありません。

 

ただシナリオは多少の幅というか、あなたの今の考え方次第で不幸を選択することもできるというだけのことです。


 すべては過去にあった出来事の結果が、今という現実を作るようにできています。


過去の出来事を変えることはできませんが、今を変えることで未来を変えることは可能です。

 

あなたがもし、今の自分は幸せではないと思っているのなら、過去にとらわれることなく、今の思考を変えることから始めればよいのです。


数年後にコロナ禍が過ぎ去り、コロナ後の時代を迎える時には、人口減をはじめ、AIを駆使したテクノロジーの進歩、地球上の支配構造の変化から、世界の人々の意識が大きく変化しているかもしれません。

 

詳しくは内閣府のホームページからご自分でムーンショット計画を検索してみてください。


恐らく、「夜明け前が一番暗い」というイギリスのことわざがあるように、コロナ禍の今から数年が夜明け前なのかもしれません。


因みに「夜明け前が一番暗い」の意味は、どん底の後には必ずいいことがあるというたとえです。

 

日が昇る直前に一番暗い時間があるということから。と書いてありました。


あなたの未来が健やかで明るいことを思いながら。また、次回