‟きもの”って奥が深い‼
  • 20Apr
    • 職人を支えるということの画像

      職人を支えるということ

      前回、マスクの製造・販売を始めたことをお知らせしましたが、マスクの製造には地元の縫い子さんに協力していただいています。彼女たちは学校で一通りの和裁を学んだ職人(プロ)です。和の衣さとうは地元の職人を使うことにこだわっていて、仕立てに関してはお客様に受けた依頼の殆どを彼女たちにお願いしています。ここ30年くらいで海外縫製が主流となり海外と日本を併用している呉服屋が殆どとなりました。安価に依頼できるというメリットはありますが、現地の経済状況の変動や製品の品質低下などのリスクも抱えています。現在、和裁師として活動する人が激減しているのはこういった背景もあるでしょう。きものには、日本人の『誠実さ』『真面目さ』『おもてなしの心』が現れているように思います。生地をおさえ縫う「しつけ」生地が傷まないよう施す「きせ」裾の膨らみを抑える「ぐし」こうしたきものにしか無い技術の数々は決して真似できるものではなく、文化の中で培ってきた日本の財産だと思います。話は戻りますが、当店のマスク作りには地元の縫い子さんを起用しています。いつこれまでのような生活に戻れるか分からない今、仕立ての依頼は殆ど無くなり不安な声も聞こえてきましたが、皆さん文句を言うことなくむしろ仕事があることに喜んで作業してくれています。マスクはリバーシブルになっていますが、両面キレイに仕上げるためにミシンをかける前に「しつけ」をしています。「しつけ」は裏返して仕上げた後に全てほどきます。製品になれば存在しない「しつけ」ですが有るのと無いのとでは仕上がりが全然違います。こうした手作業だからこそできる細かい作業を当たり前のようにやってしまう縫い子さんたち。和裁の技術が活きてるなぁと関心しかありません。きもの自体着る機会が減っているのも事実ですが日本の伝統衣装であるきものをこれからも残していくためにこの素晴らしい技術を残していくために、次世代へ引き継いでいくことが必要だと改めて思いました。こんな状況ですが、笑顔でいられることは幸せです。何箇所も「しつけ」をしています。これ最後に全て解いちゃいます。絶賛作成中です!きっと皆さまのお役に立てる商品となっておりますので応援よろしくお願い致します。∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞【マスクお値段】・柄マスク(男性/女性)     ¥2,200(税込)・ミニ(4才〜大人) ¥1,980(税込)・ミニミニ(1才〜4才) ¥1,760(税込)・さくら染めレースマスク   ¥2,750(税込)∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  • 17Apr
    • 可愛いだけじゃない、防菌効果で安心「竹布マスク」のご紹介の画像

      可愛いだけじゃない、防菌効果で安心「竹布マスク」のご紹介

      このたび新型コロナウイルスに罹患された皆さま感染拡大により生活に影響を受けられている皆さま心よりお見舞い申し上げます。幸い岩手県では感染者が出ていないということですが、安心して生活できるわけではありません。最低限の衣食住が求められる中呉服業界ももちろん煽りを受けているわけですが何かできることはないかということで繊維を扱っている強みを活かしてマスクの製造・販売をはじめました和の衣さとうでは、さくら染め商品の中に「竹しぐれ」という竹繊維でできたショールがあります。この【竹繊維】は、防菌・消臭・紫外線カットetc...多くの効果が確認されており、今注目されている繊維の一つです。竹繊維を身近にご利用いただき効果を実感していただくためにふきんとしても使える竹布マットをお配りしていたことがあったのですが、その竹布マットでマスクが作れないか?と試行錯誤し、製造販売に至りました竹布シートを芯に、両面使いが可能なリバーシブルマスクとなっております。立体型なので、口周りがマスクにくっつくことがありません。紐には伸縮性のある布を使用していて長さ調節ができるようにしているのでどんなお顔にもしっかりフィットし、長時間着けていても耳に負担がありません。柄は、カラフルなものから白いもの、サイズも大・中・小とご用意しております。何度洗ってもヘタらないのも竹布の特徴です。限定で、さくら染めレースハンカチ を使用したレースマスクも作製しました岩手県のローカル番組「5きげんテレビ」にてリポーターの高橋佳代子さんが出演時に着用して下さり、お陰様で、たくさんのお問い合わせ・ご注文をいただいております現在、フル稼働でマスク作りに勤しんでおります!県外の方にも(県外の方にこそ!)このマスクの存在を知っていただき、多くの方に着けていただけたら嬉しいなぁ〜と思っております!見た目も可愛い竹布マスクでマスク生活を楽しみましょう(音声をオフにしています)∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞【マスクお値段】・柄マスク(男性/女性)     ¥2,200(税込)・ミニ(4才〜大人) ¥1,980(税込)・ミニミニ(1才〜4才) ¥1,760(税込)・さくら染めレースマスク   ¥2,750(税込)∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞【Tシャツヤーンマニア】 タイダイ Tシャツヤーン T-SHIRT YARN ファブリックヤーン 手芸 ハンドメイド 糸 (パープル×オレンジ×グリーン)Amazon(アマゾン)1,249円

  • 03Mar
    • 桃の節句 雛祭りの画像

      桃の節句 雛祭り

      今日は「雛祭り(桃の節句)」ですね毎年3月3日に間に合わない雛飾りですが今年は間に合ったので雛祭りといったら「きりせんしょ」岩手の郷土料理なのだそうですね。ご来店の皆さまにお振舞い致します(数にかぎりがございます。)ぜひ足をお運びくださいませ

  • 17Feb
    • 和の衣さとう『新年会 2020』の画像

      和の衣さとう『新年会 2020』

      令和初の新年会気分も新たに、会場は「ジャポナイズ・リサージュ北上」にて開催しました。結婚式場ということもあり至る所に散りばめられたお花がとってもカワイイご参加いただいた皆さまには華やかなお着物でさらに会場に花を添えていただきました皆さんそれぞれの個性を活かした素敵なコーディネートですねそして!恒例の余興ではサプライズで何名かのお客様と会場のスタッフさんにもご参加いただき『おかめとひょっとこのおもしろ炭坑節』をご披露しました動画でお見せできないのが非常に残念ですが大爆笑・大盛り上がりでしたご参加いただいた皆さま本当にありがとうございましたたくさんのお客様に支えられ笑顔で新年を迎えることができたこと感謝申し上げます。                        今年も和の衣さとうらしく皆さんをお迎えしたいと思います。

  • 13Jan
    • 2020年成人式の画像

      2020年成人式

      今年は3人の成人ちゃんを送り出しました一生に一度の晴れ姿。輝いていますね〜大人への第一歩素敵な女性になってくださいさて、ママ振りが定着して数年今年は3人中2人がママ振りでしたお母さん世代のきものは質の良いものが多く、世代が変わっても何の遜色なく着られるものが多いですね。同じきものでも着る人が違うのでコーディネートを変えてあげるとなお素敵に生まれ変わります着る人が一番輝くコーディネイトを提案する和の衣さとうではこういった、お手持ちのおきもののコーディネートも行っております。必要に応じてベストな方法をお教えすることができますので、きもののことなら何でもご相談ください何より、きものを素敵に着る人が増えることが商売冥利に尽きるというものです

  • 10Dec
    • 【きものde探検隊】きものde忘年会2019の画像

      【きものde探検隊】きものde忘年会2019

      最近きもの着てないなぁきもの着たいなぁというわけで急遽、召集をかけました皆さん綺麗に着られてますね〜今回集まってくれたのは着付けの生徒さん。サッと着られるようになったのでカジュアルな装いで気負わず、洋食を食べにいこう!ということでタヴェルナ北上店さんへ出されたお料理を勢いよく食べきってしまい画像がありませんがどれも美味しくいただきましたともあれ2019年の締めくくりにきものが着られて良かったです来年も「きものde探検隊」いろんな企画を考えておりますのでたくさんの方にご参加いただけたら嬉しいです皆さま、良いお年をお迎えください

  • 27Aug
    • 【着付け教室】苑長講習会2019夏の画像

      【着付け教室】苑長講習会2019夏

      1年に一度の美千代苑長を迎えての講習会初等科の内容を中心に教えていただきました二重太鼓・一重太鼓・乙女太鼓・末広太鼓角出し・開き角出し・祝亀・れんげ(細帯結び)...約2時間の講習会でこれだけの結びを学べるんです!お集まりいただいた生徒さんも半ばパンクしそうになりながら真剣に講習を受けて下さいましたこれがいい刺激になってさらなるスキルアップを目指してもらえたら嬉しいです前半・後半と2回に渡る講習会でしたがとってもパワフルな美千代先生のおかげで最初から最後まで和気藹々と楽しく講習を終えることができましたまた来年お会いできるのを楽しみに精進したいと思います!前結びに興味のある方、受講を希望される方は、下記ホームページのお申し込みフォームからお気軽にご相談下さい。↓↓↓www.wanokoromo.com

  • 25Aug
    • 【乙女会】ゆかたdeひまわりの画像

      【乙女会】ゆかたdeひまわり

      暑ーい夏もようやく落ち着いてきた今日この頃みなさま、今年の夏はどう過ごされましたか乙女会では、遅めの夏休み行事といたしましてゆかたを着てお出かけしてきましたまずは、煙山ひまわりパーク直前の大雨が嘘のように私たちが滞在した30分間だけ太陽が出てくれましたヨ昨年のひまわりを見に行く会では私のリサーチ不足で…花が開く前…という痛恨の極みでしたが笑1年越しにリベンジが叶い嬉しさも一入(ひとしお)でしたそして、せっかく紫波まで来たので前から気になっていた材木町(盛岡)にある宮沢賢治ゆかりの地『高原社』に行ってきました高原社さんが営む喫茶店『可否館』はセンスの良いアンティーク家具とノスタルジックな雰囲気でタイムスリップしたような時間が止まっているような不思議な空間でしたアイスクリーム(550円)は想像を超えるボリュームでしたが甘さに飽きたらほろ苦コーヒーをかけてカフェオレに変身したアイスを2度楽しめますオススメです!宮沢賢治の詩が壁一面に建物・家具・置いている商品全てが洗練されていて芸術家たちが集った地というのが納得のステキ空間でしたこの他にもランチで花巻にあるazumane倉庫さんで美味しいパスタランチをいただいたり盛岡では、タピオカ専門店で人生初のタピオカドリンクをいただきました♪写真がないのは、あしからず【乙女会】 和の衣さとうが、きものの普及を目指し活動している「きものde探検隊」の派生グループで、主に若い世代のきもの愛好家たちの集まりです。 これに対して、「老止会(おとめかい)」も存在します。

  • 06Aug
    • 【さくら染め】ハンカチ体験染めの画像

      【さくら染め】ハンカチ体験染め

      淡交会岩手南青年部様の体験行事をサポートをさせていただきました今回は、地紋が美しいショールと無地ハンカチを染めました。ハンカチは、それぞれ図案を考えて結んだり縫ったりして、絞り柄を入れましたノープランで絞っていく方図案にそって細かく縫っていく方いろんなタイプに分かれますが、今回は全体的に繊細な細かい柄をデザインする方が多かったように思います。こういう時に性格が出ますよね熱暑の中エアコンの無い厨房での作業でしたがみなさん積極的に参加していただきました完成したハンカチを手に「ここをもっとこうすれば良かった〜」「想像とは違った柄になったけどステキ〜」「楽しかった〜」と、とても喜んでいただけましたショールも、もう少し涼しくなったら活躍しそうですね体験染めは、団体10名〜お申し込みいただけます。詳細は、かきホームページをご覧の上フォームからお問い合わせいただくか、直接お電話にてお問い合わせ下さい。http://www.wanokoromo.com/sakurazome.php

  • 20Jul
    • 【きものde探検隊】夕涼み会2019の画像

      【きものde探検隊】夕涼み会2019

      毎年恒例の『和の衣さとう夕涼み会』ゆかたで涼しげに、涼を求めて!はたまた冷たいビールを求めて!!30人弱のきもの愛好家が揃いました。ゆかたって、涼しげに見えますが正直、着替える時って汗だくなんですねそんな裏事情も感じさせない日本の風情に対する感覚や文化ってなんだかステキですよね。ゲームやくじ引き大会で、大いに盛り上がりました♪圧巻!楽しそ〜う年齢・性別に関係なくきものに興味があるきものが着てみたいそんなゆるーい感覚で参加できる和の衣さとう【きものde探検隊】もっと沢山の方に知っていただきたいし参加してもらいたいと希望に胸を膨らませております和に特化して、長年いろんなきものクエスチョンに対応して参りました。きものの事なら何でもご相談にのれますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

  • 07Jul
    • 【きものde探検隊】みちのくあじさいまつり2019in岩手県(一関市)の画像

      【きものde探検隊】みちのくあじさいまつり2019in岩手県(一関市)

      先日、「マツコの知らない世界」を観ていたところあじさい博士なる方が「日本一」のあじさいスポットを紹介していたのですがそれがなんと岩手にあるということで早速行ってまいりました!『みちのくあじさい園(岩手県一関)』番組では、マツコさんもその幻想的な世界を大絶賛していました。東京ドーム3つ分の広大な敷地に約400種のあじさいが見られる隠れた絶景スポットと紹介されていたのですがテレビ効果でしょうか・・・入り口手前で2キロの渋滞にはまります県外ナンバーも見受けられたので“映える”スポットとして人々が集まったのでしょう。・・・私たち然りなんと幻想的な世界でしょう✨色とりどりのあじさいが森の緑の中でキラキラしていて現実じゃないようなジブリの世界に迷い込んだような感想としては、「スニーカーなどの歩きやすい靴で行きましょう」です!広さはもちろん坂道も多いのでヒールを履いてきた人はやはり大変そうでした。私たちはカートを利用させていただいたのでスイスイ30分くらいで園内を1周できました。カートで入れない場所もあり写真をじっくり撮ることはできませんでしたが雰囲気を味わいたい方・足が不自由な方はらくらく進むことができるカートをお勧めします。(5人乗りで運転手のおじちゃんが所どころ     あじさいの解説をしてくれます。)私たちが訪れたのはカンカン照りの暖かい日でしたが少し雨が降っているくらいの方がより幻想的な世界観が味わえるのかなと思います。そして山の中なので真夏でも意外と涼しいです。羽織りものがあると安心かもしれません来年は、HP用の写真を撮影しに訪れたいと思います

  • 10Jun
    • 【お知らせ】ゆかた・うすもの展  開催中〜11日(火)まで!!の画像

      【お知らせ】ゆかた・うすもの展 開催中〜11日(火)まで!!

      こんにちはきものを着たことがない人は結構いるのかな〜という印象ですが、“ゆかた”はほとんどの人が着たことがあるかと思います。最近では、アパレルショップで販売されるほど人気ですねネットでも、「ゆかた」と検索すると信じられないほどヒットし価格もピンからキリまでさまざまです。まさに、ゆかた飽和状態の現代において「買って良かった」と思える商品に出会うのは至難の技だと感じております。ただ、業界に携わっている者として言えることは「安物買いはしないほうがいい」ということです。これは全てのお買い物に言えることなのですがとても重要なことです。私個人の見極め方法としてはその品物が「愛情をかけられているか」で判断します。作り手が心を込めて作ったものにはそれだけのこだわりがあり、物語があります。おのずと価格にも反映されるのは納得です。なんだかスピリチュアルな感じもしますがぜひ、その商品の後ろにある「物語」つまり「背景」に意識をしてショッピングを楽しんで欲しいと思います。さて、現在当店で開催中のゆかた・うすもの展は、愛情たっぷりのステキな製品が勢揃いゆかた選びにお困りの方も、そうでない方も!ぜひ足をお運びください小千谷ちぢみと絞りのゆかたは、ワンランク上のゆかたを楽しめます。トロピカル小物で気分を上げたい夏その他、きものに関するご相談やお問い合わせまた、気晴らしに遊びに着ていただけると嬉しいです!お待ちいたしております〜

  • 11May
    • 【きものde探検隊】天然記念物深山神社の藤を見に行こうin国見の画像

      【きものde探検隊】天然記念物深山神社の藤を見に行こうin国見

      国見にある、深山神社をご存知でしょうか。町の天然記念物にも指定されている藤の花の名所です。境内の裏手には、榧(かや)の大樹があるのですが、その大樹に巻きついた藤の蔓(つる)が木全体を覆うようにはり巡らされています。4月中旬〜5月中旬が見頃で、藤の花が咲き誇った姿は壮観です。樹齢500年余りの榧の木陰は藤の蔓と相まって神秘的な空間をつくりだしていました場所も、東北道国見ICから5分ほどの所にありドライブ旅行には良い観光スポットですぜひ皆さんも行ってみて下さい。ん?何か忘れている気が…国見バーガーを食べていない!つい藤の美しさに気を取られて食べはぐってしまいましたそこで、前から気になっていた前沢サービスエリアのタワー・オブ・マエサワに挑戦してきました♪なかなかのボリューム「#フォトジェ肉(ニック)」ですね〜!パティは「前沢牛」と「四元豚のメンチカツ」で味にもこだわっているところが食べ応え満点、味満点でした個性あふれるメンバーが集まり、とっても楽しいドライブでした〜

  • 02May
    • 謹んで令和のご挨拶を申し上げますの画像

      謹んで令和のご挨拶を申し上げます

      平成は30年間、格別のご愛顧を賜りました。改めて厚くお礼申し上げます。さて、令和のスタートは皆さんどのように過ごしたでしょうか?和の衣さとうは、“きものでビシッ”と令和の初日を迎えることができました節目に着るきもの良いですね〜。「令和」という綺麗な響きの時代が綺麗なもので溢れますように。社長と女将の仲睦まじいショット。いただきました〜生徒さんも駆けつけて下さいました

  • 20Apr
    • 【きものde探検隊】お花見in北上展勝地の画像

      【きものde探検隊】お花見in北上展勝地

      お花見、行ってきました。少しフライング気味の5分咲きでしたがとってもきれいでしたきものを着ていると「今日は何かあるんですか?」と聞かれることがあります。そういった質問には「お出掛けする時に、お気に入りの洋服を着るのと一緒です。」とお答えしております。きものを着ることは、特別な日もありますが着たい時に着ればいいそう思っております。きものを着て気分が上がる見られて気持ちがいいいろんな人がいると思います。なにより自分の時間の中にきものを着る時間があるということそんなステキな時間の過ごしかた大事にしたいなそう思います指!指!!昼ビールの飲み過ぎですよ〜カメラマン!最初は嫌がっていたライフジャケットも暖かい!と好評でした。とってもいい天気桜も緑も…きもの姿の私たちも輝いてます花よりソフトクリーム桜ソフトクリーム、美味でした。

  • 03Nov
    • 【乙女会】きものde武家屋敷in金ヶ崎の画像

      【乙女会】きものde武家屋敷in金ヶ崎

      前から気になっていた、金ヶ崎の歴史スポットに“きもの”を着て行ってきました…ほぼ初めましての4人。びみょ〜うな緊張感が画面を通して伝わります。笑北上市から車で30分。一見、岩手にはよくある田舎町のような町並みの中に、ポツポツとそれらしき建物が。とりあえず入ってみます。ちょうど秋のイベント期間だったようで、いたるお屋敷で工芸品やアート作品を個人で製作されている方たちのコーナーがありました。「ヘチマの釣り」なる、ちょっとシュールなゲーム。全力で楽しんでおります。この日は紅葉真っ盛りで、真っ赤なもみじがとても綺麗です。そして、きもの姿がこの町並みによく合う!きものを着ていった私たちは、道ゆく人に「ステキね」と声を掛けていただきましたランチは、伝統建築群の一角にある、「Ecru(エクリュ)」へ。人気のカレーは、サラッとしたルーにゴロゴロ野菜とお肉がたくさん入っていて、ボリューム満点なランチでした。同世代4人が集まると、なかなかディープなガールズトークに発展するものです一気に仲が深まりました。そして何より、空気感が同じ。ゆっくり時間が過ぎる感じが心地よかったです仕事柄、きものを着て出掛けることには慣れていますが、やはり気分は上がります。同世代できもので一緒に出掛けてくれる人がいると、もっと気分が上がります。岩手ではまだ、きものをファッションの1つとして着ている人は少ないのかな、と感じます。ちょっとずつ浸透していったらステキだな〜【乙女会】 和の衣さとうが、きものの普及を目指し活動している「きものde探検隊」の派生グループで、主に若い世代のきもの愛好家たちの集まりです。 これに対して、「老止会(おとめかい)」も存在します。

  • 01Oct
    • 【きものde探検隊】in金沢 〜21世紀美術館編〜の画像

      【きものde探検隊】in金沢 〜21世紀美術館編〜

      寒くなって参りましたね。金沢に行った時は暑かったな〜。とふと懐かしむほどに季節はすっかり秋。21世紀美術館に行った日は、暑さに加え週末だったので、沢山の人で賑わっていました。そんな中、どうしても見てみたかったレアンドロ•エルリッヒの「スイミング・プール」。人気スポットなだけあって、中も外もなかなかの人です。係員さんの誘導でプールに入ります。案の定ぎゅうぎゅうづめです。暑いです。しかし、太陽の光によって水面が投影さると、とても幻想的でフォトジェニックな世界が。一気に涼しい気分になりましたよ屋外には、「カラー・アクティヴィティ・ハウス」というカラフルな作品が。「やだ〜、すごく太って映る!!」と、異常な盛り上がりを見せるおばさんず。爆笑の渦が巻き起こります。すると、「太って見える壁だって。」と、周りの観光客が納得し始めます。違いますよ!!笑きっと作者の趣旨とは違う解釈ですが、なんだか楽しめたからまあ良しとしましょう屋外のいたるところにある「ドロップチェア」。ドロップチェアとおばさんず。何やら面白い構図に。全員が真顔で座っていたらもっと面白いな。と思いリクエストしましたが、どうしても笑わずにはいられないようです。笑い上戸なおばさんず。暑い中お付き合いいただき、ありがとう

  • 10Sep
    • 【きものde探検隊】古都金沢を満喫の画像

      【きものde探検隊】古都金沢を満喫

      先日、金沢に行って参りました。 2泊3日の旅は、よくもこんなに詰め込んだな〜!という非常に盛りだくさんなスケジュールで、走馬灯のように蘇る記憶が頭の中でカラフル渋滞を起こしております 金沢といったらまずこれ!今回飛行機で行ったため、本当は見られる予定ではなかったのですが、夕食をご馳走になった『卯辰』さんの送迎車のお兄さんにお願いして立ち寄ってもらいました♪この『卯辰』さん!本当に何を食べても美味しくて、苦手な酢の物が喉をスッと通って行きました。あの酢はなんだ!プライベートでまた行こうと思います。絶対に。 茶屋街で有名な、「ひがし茶屋街」では、ブライダルフォトを撮影中の新郎新婦さんに遭遇し、幸せのお裾分け頂きました映画のセットかと思うくらい昔の情緒そのままで、とにかくきものがよく似合う。近くにレンタル店もあり、きものを着た女の子たちもちらほら居ました。きものを着てぞろぞろと歩いていた私たちは、海外の観光客にやたらと声をかけられ、その度にちゃっかり写真に収めてもらっていました。 わたし的にいちばん楽しかったのが、『21世紀美術館』。現代アートと、きもののおばさま達。何やら面白い化学反応が起きそうな組み合わせにカメラを持つ手が唸ります。わたしの変な要求にも快く応えてくれた、おばさんずモデルたちのお陰で、新しいアート作品がいくつも生まれました。…おおシュール。 これは日本を代表する旅館『加賀屋』さん。吹き抜けには最上階まで続く加賀友禅。圧巻です。寝ている時間がもったいなーい!満喫しなくては。と思っていたのに、温泉に入ったらぐっすりでした。 この方は、九谷焼作家の北村隆さん。工房(アトリエ)は、お寺のようなテーマパークのような、ご本人のキャラも合間って、凄まじいパワースポットでした。そして、作品もさる事ながら、核心をついた書に胸を掴まれたのでした。(書の内容は、いつかお見せできればいいなと思います。)以上、ざっと金沢旅の報告となります。書き始めたら、これは全部の内容を1つにまとめようとおもったら大変な事になるぞ!と急きょ私の思い出ベストを書き綴りました。ここに載せられなかった楽しい思い出たちは、また後日紹介できればと思います

  • 30Nov
    • 鶴瓶落語会の画像

      鶴瓶落語会

      きものde落語会inさくらホール、鶴瓶の噺最高におもろかったで!!!

    • 2017白鳥の画像

      2017白鳥

      田んぼに白いものが・・・今年も白鳥が飛来しました !!!