Waitaha Japan公式サイト



雑誌アネモネより抜粋☆長老のインタビュー記事です


アネモネ

http://biomagazine.co.jp/anemone.php



■石の時代から水の時代への幕開け

 2009年8月15日、ニュージーランドの
聖地「ワイママク」でワイタハ族が中心とな
り、1万3000年ぶりとも言われるセレモニーが
行われました。
 ワイタハ族のシャーマンであり、部族の
リーダーでもあるテ・ポロハウ長老は、その
セレモニーの意義を静かに話し始めました。
「私たち部族に伝わる預言によれば、 2009
年の8月15日は、新たな時代の幕開けの日で
した。この日をもって、それまでの『石の時代』
が終わり、新たな『水の時代』が幕を開けた
のです」。
 ニュージーランドの先住民族というとマオ
リ族が有名ですが、実はマオリ族以前に先住
していたのがワイタハ族。ワイタハとは「偉
大なる水の時代の人々」を意味する言葉です。
 一説には、ワイタハの人々が地球にやって
来た時期が1万3000年前とも言われてい
ます。人口約2万人ほどの小さな部族ですが、
世界最古の先住民として「古いにしえの聖なる
教え」を今日まで保持しているのです。

 テ・ポロハウ長老は、ワイタハ族のルーツに
ついてこう語りました。
ワイタハ族はシリウスに起源を持ち、そし
てイルカ族にルーツを持っています。地球へ
は、ムー(レムリア)の時代にやって来ました。
その後エジプト、シリアへと渡り、最終的に
神々によって、水の豊富な島であるアオテア
ロア(ニュージーランド)へと導かれたのです。
 預言によれば、“2009年8月15日には
シリウスのアルファ、ベータ、ガンマの三つ
の星が光り輝く”とありました。ワイタハ族
はこの日を境に開かれた部族となり、時代の
変化を大勢とともに体験していくと、言われ
ていたのです。

 実際にこの日は、三つの星がきれいに輝き、
シリウスに起源を持つ100名ほどの人々
が世界中から『ワイママク』に集まりました。
ワイママクは特別な場所で、太古の昔にシリ
ウスから人々を乗せてやって来た宇宙船が着
陸し、その着陸痕であるクレーターがある場
所です。残念ながら、今は樹木が生い茂って
いるため、それを確認することはできません
が……」。

■内側に祈りDNAの記憶にアクセスする

 シリウスから携えた叡智──。これがワイ
タハ族のDNAに刻まれたエッセンスであり、
「その叡智をDNAから蘇えらせる時が今なのだ」
とテ・ポロハウ長老は言います。
現在は『水の時代』です。それは、古代の平
和な時代の記憶を取り戻すべき時代、という
意味なのです」。

 テ・ポロハウ長老によれば、シリウスに
ルーツを持つ人種はワイタハ族だけではない
と言います。日本人、イタリア人、ドイツ人
などの多くも、シリウスにルーツを持つこと
が、古い石版に記されたリストや言い伝えな
どに残っているそうです。ちなみに、シリウ
スからやって来た人々の特徴のひとつが、「洞
窟文化を持っていること」なのだそう。
「私たちの祈りの場であり、教えの場という
のは、洞窟を利用して作っています。なぜ洞
窟を利用するかというと、大地のクリスタル
を活用するためです。クリスタルはDNA
に刻まれた未知なる力を加速させてくれるパ
ワーを持っています。

 これは同時に、クリスタルという自然のパ
ワーとひとつになることでもあります。クリ
スタルはテープレコーダーみたいなもので、
その中に古代の叡智をたくさん蓄積していま
す。クリスタルを使ってDNAを加速させ
ると、私たちの心身、魂、意識のすべてをよ
り覚醒させることができるのです。
 アセンションとは、私たちがDNAや体
内の水などに保持しているすべての記憶を覚
醒させ、それを大いに活用してこれからの時
代を生きることに他ならない、と私は考えて
います。世界中の多くの人たちの中に、レム
リアやアトランティスに生きていた時代の記
憶が、遺伝子の中に脈々と受け継がれていま
す。その古代の記憶にアクセスして、呼び覚
ましていくことが、新しい時代を生きるうえ
で大切なのです」。

 では、どんな方法で遺伝子の記憶にアクセ
スをしたらいいのでしょう? テ・ポロハウ
長老は、こんなアドバイスをしてくれました。
「古代の記憶を呼び覚ます方法のひとつに、
『祈り』があります。自分の内側に祈ることで、
記憶を取り戻すのです。
 例えば、汚染された水が人々の祈りによっ
て、きれいになっていくことがあります。体
の中でも、同じことが起こるのです。祈りに
よって体内の水分が活性化され、水の記憶や
体内のDNAを覚醒させてくれます。これ
によって健康にもなるでしょう。
 すべてのものは、宇宙の法則で生まれ変わ
ることができます。古代より母なる大地から
与えられたその水は、輪廻の中で水が気化さ
れて、それが雲になり、雨となってまた大地
に帰っていく。すべての水が、その循環の中
で叡智を記憶していくのです」。

 母なる大地、父なる天、そして人間の体に
流れるすべての水が、循環の中で繋がり合い
古き教えの記憶を蓄積し合っている。その教
えを活かして生きることが、アセンションへ
と向かう「水の時代」の生き方なのだと……

■イルカが教えてくれた部族の安住の地

「水と平和の番人にして運び手」。これが
長い旅路を生き抜いたワイタハ族に宿命づけ
られた使命なのだと、テ・ポロハウ長老は
言います。
「水は母なる地球を潤し、人体を構成する重
要な自然界の存在です。私たち人類は、水を
はじめとする自然界のすべての生命、存在へ
の敬意を持たなければいけません。そして争
いのない平和な社会を、今、世界が目指すべ
きです」。
 ワイタハ族が「水の番人」と呼ばれるゆえ
んは、長老の名前にもしっかりと刻まれてい
ます。テ・ポロハウ・ルカ・テ・コラコという
名前の「ルカ」は、日本語の「イルカ」にも近
い響きですが、まさに「イルカ」を意味する
のだとか。

私の家系はルカ族、つまりイルカ族です
シリウスから最初にやって来た時は、イルカ
の体を持っていました。その後、人間へと形
を変えました。
 意識を使ったテレパシックな方法でイルカ
とコミュニケーションをする際には、満月の
日を中心にその前後の6日間、計12日間を
使います。多くの人がすでにご存知のように
イルカは叡智を宿した存在であり、様々なア
ドバイスをくれる貴重な存在なのです。
 かなり太古の時代には、主に祖先の女性が
イルカとコミュニケーションを取っていま
した。まだ火山活動などが活発だったその時
代、安住の地を見つけるのは難しかったので
す。そのような時、イルカによってビジョン
を与えてもらい、部族が住むべき場所などを
示してもらいました。ワイタハ族は、その情
報に基づいて様々な場所を転々としてきたの
です」。

■ドラゴン・ロードと
  マジック・ドラゴン・スクール

 テ・ポロハウ長老は「ドラゴン・ケア・テイ
カー(カキアキ)」つまり、「龍の世話人」で
もあります。
ドラゴンというのは神の化身です。私たち
人間は、誰もが『ドラゴン・ロード』(龍の道)
を歩まなければいけないのです。
 ドラゴン・ロードとは、人生において重要
な“魂の歩むべき道筋”のこと。しかし、人々
の人生には、ドラゴン・ロードを見失ってし
まうような様々なワナが仕掛けられています
ワナは自分自身が選択し、用意するものもあ
れば、外的な要因によって仕掛けられる場合
もあります。

そのため、人々が人生の様々な事柄に恐れ
を感じたり、無意味な事柄に固執したりせ
ずに、安全にドラゴン・ロードを歩めるよう、
ドラゴンにお願いをするのが私の務めです。
 ドラゴンは必要な情報を神から授かってく
る存在です。そうした情報を管理することも、
ドラゴン・ケア・テイカーの重要な使命のひ
とつなのです」。

 イルカやドラゴンたちとも「あうん」の呼
吸でいつでも会話ができると、テ・ポロハウ
長老は笑って答えます。なぜ、そんなことが
できるのかと尋ねると、「マジック・ドラゴ
ン・スクールで学んだから」とのこと。
「私は4万年の歴史を持つ、マジック・ドラ
ゴン・スクールの最後の生徒なのです。この
スクールでは、自然界のあらゆるものとコ
ミュニケーションする方法を学ぶのです。
 例えば森に入ると、木や鳥に話しかけたり、
精霊に話しかけたりします。この学校の先
生となる人間は、こうした能力を有するだけ
でなく、愛に満ちた存在でないといけません。
もし、少しでも怒りのエネルギーなどがある
と、能力が発揮できなくなるからです。
 現代はあらゆる面で物質主義が支配して
しまい、この学校に参加する資格者がいなく
なってしまいました。同時に、こうした見え
ざる教えを必要とする人もいなくなっていき
ました」。

■ヒーリングには山やイルカのパワーを使う

 ワイタハ族は、ヒーリングや古代芸術、メ
ディスン(薬草)にも精通していました。
「ヒーリングには様々な手法があります。私
たちの伝統技法のひとつに『水のセレモニー』
があります。セレモニーとはお祝いでもあり、
ヒーリングでもあります。
 例えば誰かを対象に行う時には、まず、そ
の人の周りに集まっている様々な記憶を利用
して、許可を得てから内的な魂へと働きかけ
ます。その際には、音を使うこともあります。
体が病気の場合は、許しを得たうえで、患部
にある記憶の奥にあるものに触れながらセレ
モニー(ヒーリング)をします。
 多くの人と共にセレモニーをすることも
大切です。思いをひとつにすることによって、
よりパワフルになります。以前、160人ほ
ど集まってセレモニーをした時のことです。
肉体に痛みのある方が何人もいましたが、共
鳴現象が起こり、セレモニーが終わる頃には、
たくさんの人の痛みがなくなったり、痛みが
軽減しました」。

 テ・ポロハウ長老によれば、意識をちょっ
と使っただけで、瞬時にヒーリング現象を起
こすこともよくあるそうです。
「私のところには日々、多くの人が心身の不
調を訴えに来ますが、電話をもらった後、私
の家に着くまでに元気になっているという現
象もよく起こります。これは患者と私が互い
に意識を向け合った瞬間に、癒しが起こると
いう現象です。
 古代からワイタハにも、レイキのような
ヒーリングスタイルが伝わっています。私た
ちの場合は、山のパワーからヒーリングエネ
ルギーをもらっています。ワイタハ族には、
山で修行をしている山伏みたいな人たちがい
ました。山のパワーをもらってヒーリングを
施したり、岩から岩を飛ぶようにして渡る術
を身につけていたのです」。
 ヒーリングの際に、独自の言葉や音を使う
のもワイタハ族の特長です。通常ワイタハ

の人々は、英語とマオリ語を使って人々とコ
ミュニケーションを取っています。しかし、
聖なる教えやヒーリングを行う際の言葉には、
ワイタハ語を使うのです。
「ワイタハ語は日常的には使われていません。
しかし、祈りや叡智を示す言葉、ヒーリン
グの際に使う神聖な言葉として残っていま
す。自然界の木々や動植物などにヒーリン
グを施す時にも、ワイタハ語を使います。ま
た、動植物へのヒーリングの場合、人間に
行う時と同様に『音』を変えるのです」。
「音」を変えるテクニックは、イルカとのコ
ミュニケーションの中で彼らから教わり、イ
ルカが使うような周波数帯の音を使用するこ
ともあるそうです。

■命を輝かせる叡智を世界中に伝えたい

 ワイタハ族はこれまで表立った活動は避け
てきました。というのも、先住民族ではある
もののキリスト教徒ではないため、キリスト
教国家のニュージーランドでは、様々な苦渋
と迫害の歴史があるからです。
「1989年に当時の首相ジェフリー・パー
マー氏が許可をしてくれるまで、私たちは自
分たちの部族の教えを伝えることも、ヒーリ
ングを行うことも許されませんでした」。
 また、過去に先住民部族同志の闘争など
もあり、ひっそりと目立たぬようにするこ
とが、ワイタハの人たちが伝統の叡智を守
りながら平和裏に生活をする、唯一の方法
だったのです。しかし、「水の時代」が幕を
開けた今、預言に後押しをされるかのよう
に、部族に伝来している様々な叡智「聖なる
教え」を世界中の人々とシェアする活動を開

始したそうです。長老は言います。
「私たちは特定の宗教を持ちませんが、信仰
はあります。それは『命の輝きを大切にする』
と言う信仰です。
 自然界にあるもの、神の創造物すべての中
に『命の輝き』を見ます。人間は、特に神の
創造物の中でもひときわ輝いた『命の輝き』
を持っています。それだけに、人類は他のす
べての生命の輝きに対してケアする責任があ
るのです。人間は、地球の自然とすべての生
命のケア・テイカー(守護者)にならなけれ
ばなりません。目覚める時は今なのです。
 私たちの細胞一つひとつには、遺伝され残
されてきたものがあり、水には記憶がありま
す。海や川の水にも、そして私たちの体内の
水にも、記憶があります。取り戻すべき喜び
や、幸せ、平和のみならず、水の中にあるす
べての記憶へとアクセスして、古代の記憶を
呼び覚ます時なのです。
 この地球に住む人類の集合意識も、水に多
いに影響を与えます。そのため、私たちが調
和の中で平和に生きていくことが、水の時代
では特に重要なのです」。
 シリウスにルーツを持ち、まだまだ多くの
叡智を秘めているワイタハ族。彼らの叡智が、
預言通りに世界に開かれたこと─それは「水
の時代」の到来の確かな証拠であり、私たち
が平和に生きるための貴重なギフトなのです。