野蛮人

思ったことを書く。

それ以上でもそれ以下でもない。


テーマ:

東レ・パンパシフィック・オープンの準決勝


マリア・シャラポワ(ロシア) VS マルチナ・ヒンギス(スイス)


一方は現在の女子テニス界を象徴する存在。世界ランクは現在4位(2006/2/4)だが人気はおそらくNo.1。日本でもその名は広く知られている。今最も注目を浴びている女性アスリートの一人。


一方は、かつて「天才」の名を欲しいままにしたテニス界のスーパースター。世界の頂点に君臨するも、パワーテニスの台等、そして度重なる怪我。公の大会から姿を消していた元女王。



新旧女王対決とも言われた注目の一戦が日本の地で行われました。



正直、シャラポワ選手が勝つと思っていました。


ヒンギス選手には豊かな経験と確かな技術はあるが、それ以上に、長いブランクもまたある。

そして、シャラポワ選手のパワー、若さ、勢いがそれを上回ると思っていました。


しかし


試合展開は序盤はお互いサービスゲームをキープし続ける展開だったものの、第1セット終盤から試合の流れはマルチナ・ヒンギス選手が握り、それを最後まで離すことなく試合を運ぶ。


終わってみれば、6-3、6-1でのストレート勝ち。スコアだけを見れば圧勝とも言える完璧なゲーム運び。


女王復活


そんな印象を叩きつけられた試合でした。



全盛期の頃もそうでしたが、ヒンギス選手の読みがとにかく鋭い。

ヒンギス選手をよく見ているとわかるのですが、自分でボールを打ってから、相手がその球を返すであろう地点に予測を立てて、1,2歩動くわけなんですが、とにかくその動き・読みが正確。


大袈裟な表現かもしれませんが、まるでシャラポワ選手がヒンギス選手がいる方向にわざわざ打っているような・・・そんな印象すら受けさせるハイレベルな組み立て、そしてそれを実行できる確かなテクニック。


ラインギリギリを狙って振り回しつつ、ロブ、前に出てのボレーを織り交ぜた3次元の攻撃で終始シャラポワ選手のリズムを崩し、彼女の長所(=ストロークの力強さ)を消していたように思えます。


シャラポワ選手も、強力なフォアハンドで押してきたのですが、そのほとんどをヒンギス選手はしっかりと腰を落として、的確に返し続けていました。シャラポワ選手の第1サーブの確立があまり良くないことも響きました。



ヒンギス強し!!!


おそらくテレビを見ていた誰もがそう感じたと思います。




男子・女子ともにスイスの選手が頂点に立つ日も近いかもしれません。(男子の1位はしばらくはロジャー・フェデラー選手だと思うんで、ヒンギス選手が1位になるだけです。)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

真っ暗なはずの顕微鏡の画面に何かが見える(ような気がする)・・・幻覚が見えてきたwadakenです。コンバンワ・・・


久しぶりのテニスの話題


私はスカパーとかWowWowとかは契約していないわけで、テレビでテニス観戦=ウィンブルドンなんです。


まぁそれでもテニス自体に興味はあるわけで、つい先日もで開催されていた全豪も、インターネットで重箱の隅をいじくるように執拗にチェックしていたわけなんですが・・・


とりあえず一言


フェデラー強し!!!モレスモ選手おめでとう!


世界のテニス事情なんて興味ないっ!!て人のために説明しますと・・・


現在、男子シングルスの世界ランキングでは1位を独走している選手がいます。


そう、それが先の全豪で優勝した ロジャー・フェデラー選手です。


現在のランキング獲得ポイントは約7000

2位のラファエル・ナダル選手のポイントは約4000


単純なポイントの比較でも、いかにフェデラー選手の強さが際立っているかがわかります。



とにかく全てが強い!

サーブも強いし、リターンも上手い。バックもフォアも死角なし。ネットプレイも非凡であり、かといってラリーの応酬になってもレベル高し。集中力も凄まじく精神的にも強い・・・スーパーショットの連続だもんな


今回はノーシードの若手の伏兵マルコス・バグダディス選手(俺より若い・・・なんかショック)の活躍により、まさかの展開が期待されましたが・・・


結局、苦戦はしたものの結果を見ればフェデラー選手の逆転勝ち


これで3大大会にて3連覇中。次回の全仏を制覇すればグランドスラムの達成です。

全仏は苦手のクレーコートではありますが・・・


このチャンピオンならグランドスラムを見せてくれそうな気がします。


巷では女子テニスが脚光を浴びることが多い昨今ですが・・・男子テニスも面白いですよ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アメーバブログがメンテナンス中に100年を越す歴史を持つウィンブルドンには、また新たな1ページが加えられました。



女子の決勝のカードはヴィーナス・ウィリアムズ選手 対 リンゼイ・ダベンポート選手。こう言ってはなんですが、両者ともあまり好きではない選手なのですが(ちなみにお気に入りはエナン選手)、その実力はさすがファイナリストとしか言えません。特に、優勝したヴィーナス・ウィリアムズ選手はまさに復活の優勝だと思います。


ウィリアムズ選手に関しては、身体能力、特にパワーに注目がいきがちですが、私は、その最大の武器は強靭な精神力ではないかと思います。

この試合も、どちらかと言うと、ダブルフォルト、ストローク中での単純なミスなど、イージーなミスはヴィーナス・ウィリアムズ選手の方がはるかに多く、試合を通しても、先にブレイクを許し、劣勢な場面が多々ありました。しかし、最後まで諦めない姿勢、ボールへの執着心、そして己の実力により、何度も、自らの手で流れを引き寄せていたような気がします。

敗れたとはいえ、リンゼイ・ダベンポート選手も見事なテニスを見せてくれました。パワーを基調としながらも、相手の動きをよく見て、正確にコートの深い場所に打ってくるテニスは円熟味を感じさせました。いまだ日本人選手が到達しえない、世界ランキング1位の実力は伊達じゃありませんね。



一方、男子はロジャー・フェデラー選手のまさに圧巻ともいえる強さに尽きるのではないでしょうか・・・?

サーブ良し、リターン良し。スライス、ドロップショットを絡めたストロークでの攻めはまさに多彩で、バックハンド、フォアハンドともに隙がない。ネットプレーも非凡なものがあり、フットワークも軽快。加えて、驚異的な集中力! 正直、芝のコートで負けるイメージがまったく沸かない・・・一体どうすりゃ勝てるんだ・・?

圧倒的な強さで3連覇を達成しましたが、この先どこまで勝ち続けるのか想像がつきません。



雨が降って試合が中断するたびに削られてゆく睡眠時間・・・私にとってもウィンブルドンは過酷な戦いでした・・・いつかこの目でウィンブルドンの熱い戦いを観戦しに行きたいと思ってます。


ロジャー・フェデラー選手、ヴィーナス・ウィリアムズ選手 本当におめでとうございます。。。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ウィンブルドンの天候は気まぐれ。晴れたかと思えば雨がふり、その度に試合時間がずれてしまう。


テニスをよく知らない人からすれば

「屋根をつけて屋内コートにすればいいじゃん。」

との声が聞こえてきそうなものです。


しかし


気まぐれな天気、芝生のコート、独特の雰囲気、ets・・・それら全てを含んで、これがウィンブルドン


今日のウィンブルドンは雨で試合開始時間が順延、センターコートで2試合の予定が、センターコートと第1コートでほぼ同時刻に試合開始。現地で実際に観戦している人達にとってはアンラッキーな出来事、しかしこれも長いウィンブルドンの歴史の中では決して珍しいことではありません。


1996年のウィンブルドン、テニスファンならピンとくる方も多いかもしれません。当時、現役プレーヤーとして世界のランキング10位内をキープし続けていた日本が誇るトッププレイヤー伊達公子選手が、準決勝まで駒を進め、センターコートでぶつかった相手は、当時世界ランキング1位を誇り、女王として君臨し続けていたシェフティ・グラフ選手。試合はまさに熱戦で、第1セットをとられたものの、第2セットでは持ち前の粘りのテニスを発揮して取り返し、流れは完全に伊達公子選手に傾いたと誰もが思った瞬間―

雨によるサスペンデント そして第3セットは翌日に持ち越し 結果は3-6でグラフ選手の勝利


どれだけ多くの日本人テニスファンがが「雨さえ降らなければ・・・」と思ったのでしょう・・・でもそれが、それこそがウィンブルドン


ヴィーナス・ウィリアムズ選手 対 マリア・シャラポワ選手 パワーとパワー、それでいて高い技術の応酬


怪物対決(敢えて両者を怪物と呼ぼう・・・)の行方は如何に!??

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

記事を途中まで書いてたのに、システムエラーで考えに考えた文章が台無し・・・ちょっとテンション低めのわだけんです。

前回少し触れたとおり、今回はテニスの全英(ウィンブルドン)についてのお話です。


6月になり、今年もウィンブルドンの季節がやってまいりました。去年は杉山愛選手の大活躍で大いに盛り上がりましたが、きっと今年もテニス史に残る熱戦、激戦が繰り広げられるんでしょうね。考えただけでワクワクします。


そこでまことに勝手ながら私的な今大会の予想をしてみようかと思います。


男子はやはりウィンブルドン2連覇中のロジャー・フェデラー選手が本命だと思います。全仏では惜しくもラファエル・ナダル選手に敗れたものの、昨年、一昨年の圧巻ともいえるパフォーマンスを思い起こせば、やはり今年も優勝の最右翼なのは間違いないと思います。かつてのピート・サンプラス選手のように、芝のコートでは傑出した強さを誇る存在になるのではないかと思います。また、ビッグサーバーのアンディ・ロディック選手、近年ウインブルドンでは好成績を収めているセバスチャン・グロージャン選手にも注目です。


女子は下馬評では、現在WTA(世界ランキング)1位のリンゼイ・ダベンポート選手に、クズネツォアデメンティエワ選手をはじめとしたロシア勢を軸に展開されるとなっています。またメディアはマリア・シャラポワ選手をクローズアップするのではないかと思います。最も私は、密かに(といっても有名な選手ですが)今年の優勝はエナン・アーデン選手なのではないかと思っていますが・・・


最も、現在のテニスの世界は、実力者や優秀な若手が進出する群雄割拠な世界なので誰が優勝するかは始まって見なければわかりません。


とにかく今年もウィンブルドンから目が話せないことは確かのようですね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。