4才児が昨日

ベランダを掃除しました

 

実は掃除したのは

ベランダではなく

象の背中だったようです

 

で 今日はお部屋で

象を洗っているところを

描いてくれました

 

象は組によって水色だったり

 

グレーだったり

 

とりあえず象を描いています

 

長い鼻なんかが何となくわかる感じ?

 

出来上がりはこんな感じになりました

いかにも4才児の絵です

象の背中に登るのに

梯子がかかっています

背中には子ども達がワンサカ (^_-)-☆

手に持ってる赤いのは何かな?

長い鼻もわかります

描く人間は発展途上です

頭から手足が直接出ています

頭手頭足(とうしゅとうそく)の絵と言います

 

こちらの絵には手足が頭から出ている人と

胴体のある人が混在しています

いきなり変わるのではなく

子どもの発達状態で徐々に変化してゆきます

でも 手にはやっぱり雑巾を持っています

ただし ピカピカになるように

黄色で表現しています

一人一人の発達にあわせて

自分の力で描くことが

時間の経過とともに実力になってゆきます

 

だから 周囲と比較する必要もなければ

上手い下手を論じる必要もありません

 

でも 子どもが子どもらしく描いていることに

意義があるのです