VOVOのカレー日記

[新潟本店] 新潟市中央区本町9番町1344 マンション大西1F


Tel 025-224-9249 定休日火曜日


[学芸大学駅前店] 東京都目黒区鷹番2-21-8


Tel 03-3713-6334 定休日水曜日

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

カレーとクラフトビール

祐介です。

まだまだ暑いですね。
皆様美味しいビール飲んでいますか?

私もいつも帰宅後はとりあえずプシュッとやっております。

今回のブログは、先日の東京出張と茅ヶ崎のブルワリー見学へと行ってまいりましたので、その時の模様です。

向かった先は、Gold'nBubさん

地ビールを製造する「Barbaric works」のビールが飲めます。


ホップ一つにしても、一般的にビールだとペレットホップ(リーフホップを粉砕し、圧縮してタブレット状にしたもの)を使用する事が多いらしいのですが、こちらのブルワリーではリーフホップを使用するそうです。
↑左がリーフホップ


その違い↓
・まずリーフホップは入手困難な事。
(ペレットは入手し易い)
・そして鮮度がよくアロマ(香り)が良い事。
(ペレットはリーフホップに比べ劣る)
・保管状況も真空にする必要がある、良い状態をキープする=鮮度が命

1銘柄作るのに、1ヶ月掛かるそうです。
手間かかり過ぎですよね。

これだけこだわってますから様々なお店から予約が殺到し、製造している時には完売になってしまう事もあるのだとか。。

飲むと納得。
めちゃくちゃ美味しいですよ。
↑人気銘柄「N°5」


少し話を変えると、私達のカレーにも共通するものがあると感じました。
お米、素材、スパイス。
私達のVOVOで作るもの全てです。

それは雑に仕込みをすると、本来の味には大抵及ばない事、要するに全く違うものが出来てしまいます。


過去に私も恥ずかしながら何度も失敗をしてきました。
その度に丁寧に作る事の大切さを教わってきました。

お陰様で入社し4年が経ち、中目黒店で頑張ってる鈴木や自店のスタッフにもカレーについて教える立場になり、責任のある立場にもさせて頂いております。

当たり前ですが下手なことは出来ません。

これからも「Barbaric works」さんのビール同様、仕込みにも手間を惜しまずひたむきに頑張っていこうと思います。
スタッフも大事ですので、教育にも力が入りますね^ ^

今後「Barbaric works」さんのビールも導入出来るように動いてますので、楽しみにお待ちください^ ^

ブログも見させていただきましたが、本当に魅力的です。
↓↓↓

↑裕二さん
↑Barbaric works代表 安藤さん


Barbaric  worksのビールを作る裕二さん、VOVO学大店がオープンする前に同場所でyoogee'sを経営されていたオーナーさんです。

またBarbaric works代表の安藤さん、お忙しいところご説明ありがとうございました。

誇れるスタッフ

祐介です。

連日たくさんのお客様にご来店いただき、せっせとスタッフ一同頑張らせていただいております。
いつもありがとうございます!


忙しくても、変わらず丁寧に各カレーの仕込み、盛り付けまでの一連の流れを楽しく真剣にささていただいてますが、なんせ厨房暑い。。

過去のブログなどにも、散々暑いと嘆いてますが、本当に暑いです。。


厨房も暑いですが、いつまでも僕がプレイヤーとなっててもしょうがないので、古町店の誇れるスタッフのみんなに盛り付け指導を行っております。(情熱的に)
忙しい時ほど覚えるものはたくさんありますからね。


1人目は古町店、久しぶりの男性スタッフのタカヤ君。


会津から服飾系の学校に通う、僕の可愛い弟のような存在です。(ついこの間まで高校生)
コーヒー巡りやライブ観戦、バンドが趣味の爽やかイケメンです。


彼は本当にカレーが好きで、かなりのVOVO愛をもって働いてくれてます。
盛り付けを早い段階から始め、一ヶ月もしないうちに、もう綺麗に丁寧に盛り付けてくれている頼もしいスタッフです。


少々人見知りな一面もありますが、一言でも声掛けてあげて下さい^^


これからの時期、出店も増えてきますし彼にお店を任せる事もあるかと思いますが、どうか温かく見守って頂けると幸いですm(_ _)m


スタッフみんなの成長を実感しております^^

最高。

祐介です。
久々の投稿をさせていただくのですが、今回は缶詰やレトルトのお話をさせていただきます。
最後まで見ていただけると嬉しいです。



VOVOの10周年を記念して作ったバターチキンとビーフカレーの「缶詰」
あれから3年が経ち、ドライカレーと野菜カレーの「レトルト」の販売を開始致しました。



お店の4種類のカレーが全て揃いました。
最高に嬉しいです。





缶詰やレトルト、全ての仕込みはお店で行います。

お肉や具材のカットからラベルを貼って梱包まで全て手作業です。当然時間もかかります。



一見簡単に出来そうな缶詰やレトルトでも、一工夫が欠かせません。



缶詰やレトルトを作るうえでのコンセプトとして『お店の味をそのままに』という信念があります。



バターチキンカレーの心地よいトマトの酸味とまろやかなコク、プリッとした肉の弾力。
ビーフカレーの中毒性がある、あの辛味と旨味。
ドライカレーの食欲を掻き立てられるスパイスの香りとコーン・グリーンピースのプチっとした食感。
野菜カレーの優しい甘み。




全て手作業で、「そのままの味」って本当に難しいんです。
製造時はいつも勉強になります。
いつも通りにはいかない事もしばしばあります。



だからこそ商品にした時の嬉しさ、お客様に手にとってもらった時、美味しいの有難いお言葉。

やって良かった。
頑張れて良かった。

本当に感動の連続です。



もう一つ嬉しいことに、県外での取扱も始まりました。

・東京駅構内「日本百貨店」様
・高知県「スノーピーク」様

現在、この二箇所での販売が始まりました。

↑正面に堂々と置いてくださいました。
(日本百貨店様)



他にも最近では東北や関東、四国からのお電話でのご注文も頂くようになりました。

お手に取っていただきありがとうございます。
感謝しきれません。




お店で食べていただくお客様皆様へも、決して妥協せず今日も明日も美味しいカレーを作ろうと身が引き締まります。
作り手みんな同じ想いだと思います。




VOVOの価格設定も決してお手頃ではないかもしれませんが、このクオリティを実際に食べて頂いて実感してもらいたいんです。
お気に入りのお店にして欲しいんです。



商品、あるうちがチャンスです。
様々なシーンで是非。

宜しくお願い致します。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>