ヴォーカリストの最後の駆け込み寺-ヴォイストレーニングstudy-

ヴォーカリストの最後の駆け込み寺-ヴォイストレーニングstudy-

メガピクセルヴォイスを操る、声を楽器として使うJAZZボイスプレーヤー・荒井皆子による、ヴォイストレーニング上達blog  あらゆる声に対するお悩みを、一刀両断します。

【荒井皆子ヴォイストレーニングstudy】

href="http://araiminako-voicetraining.jimdo.com/


【荒井皆子 Official web site】

href="https://am-bmine.wixsite.com/araiminako"/



★【WEBレッスン】をスタートしました。上記サイトのお問い合わせページから、お問い合わせください。


こんにちは、JAZZヴォイス・プレーヤーの荒井皆子です。プロのJAZZヴォイス・プレーヤーとしての活動と並行して、40年にわたり、呼吸と身体の研究をしてきました。

プロやセミプロのヴォーカリスト、プロのヴォイストレーナーが、数多く、トレーニングに通われています。上手くなりたいのに、どうしていいかわからない・・・有名な先生に何人も習ったのに、一向にうまくならない。そんなあなたの、最後のお助けトレーナーです。必ず、どんな方でも上達させます。
声帯結節、声帯ポリープ、顎関節症、嗄声などの改善療法も対応します。

表面的な、画一的なヴォイストレーニングとは、まったく別物のレッスンを行います。歌うための楽器としての「身体」深い呼吸の出来る「身体」を徹底して作ります。なぜ、今までうまくいかなかったのか、理由が明確になり、行き先がクリアに見えてくるでしょう。

このブログでは、もっと伸び伸びと気持ちよく、自由に歌得るようになりたいと思っているあなた、声にお悩みのあなたに役立つ情報を、アップしていきたいと思います。普段のレッスンの様子なども、ご紹介して行けたらと思います。

究極の理想呼吸と、身体連動トレーニング、荒井皆子オリジナルの<バルーメソッド>。
ご興味のある方は、ぜひホームページを観てみてください。

【バルーンメソッド】

http://balloonmethod.konjiki.jp/



DVDは、上記のサイトでも、Amazonからもご購入になれます。
バルーンメソッドVol.1 インナーマッスルが目覚める究極エクササイズ [DVD]

私のレッスンは、声を出さないトレーニングが7割。

場合によっては、全く歌わない日もあったりします。爆  笑

 

そもそもボイストレーニングを習おうと思うという人のほとんどは、

歌がうまくなりたいけれど、緊張でのどを締めてしまって、硬い声になってしまう。

人前で何かパフォーマンスしたり表現したりするとものすごく緊張してしまうから、何とかしたい。

という人たちだと思います。

 

そう、とってもまじめな方が多いんです。

 

ほとんどのヴォイストレーニングは、発声練習でスケールを歌ったり、おなかをへこませて大声を出させたり、音程の練習をしたり、発音の練習をしたり、喉の使い方をこうしろとか、、姿勢をこうしろとか、そんなことが大半だと思います。

 

まじめで、神経と体をガチガチに固めた人が、こういった表面的な声や体の状態を整えるだけのトレーニングをしていくと、どんどんドツボにはまっていくのです。

 

気の毒なことに、トレーニングをすればするほど、スランプに陥ったり、固めた声をさらに固くしていってしまう人も少なくありません。

 

「声帯」は、のどぼとけの中にある小さな「筋肉」で、左右2つの筋肉が振動して声のもとを作っています。声帯自体は、男性だと17〜20ミリ。女性で12.5〜17ミリの長さの、とても小さな筋肉です。

 

こんな小さな筋肉のどの部分をどう動かしてどうしろと言っても、いきなりコントロールできる人はいません。そんな細かい身体感覚を持っている人は、皆無に近いのです。

ですから最初は、あまり喉に意識を集中しない方が良いのです。のどに意識を集中することで、かえって緊張がそこに生まれてしまいます。

 

小さな筋肉を高速に振動させたい訳ですから、声帯も声帯周辺も、極力力を抜いて緊張を外さなければなりません。声帯の上に何層も乗っている首の筋肉が、ガチガチだったら、声帯のコントロールもへったくれもありません。声帯を上に引き上げるだの、引き下げるだの、後ろ側を締めるだのといろんなことを言っている人がいますが、正直なところあまり意味がありません。

 

喉は、楽に振動しているのを感じている くらいよが良いでしょう。

 

 

私のトレーニングは、体全体の緊張を取っていく、そして精神の緊張を取っていくことを中心に進めます。

表面的に形や、使い方を、型通りにまねして、整えても、中身が付いて行っていなければ、あなたのハート、意識が自然に声に乗っていない歌は、誰にも届かないし、実際のところあなた自身も本当の歌の楽しさはわからないままだと思います。

 

歌うということは、頭のてっぺんからつま先まで、全身を使います。全身を楽器として使うのです。

 

ますは、ニュートラルな全身を作る。 (ただストレッチをやればいいってものではありません。そんなに単純ではありません。)

ニュートラルなメンタルを作る。

精神と肉体のつながりを、一体化させる。

 

これができた段階で、すでに自然な豊かな声が出来上がっています。ここから、いろいろなテクニックや細かな声帯の使い方などの知識が、多少は役に立ってきます。多少は。。。です。ニヤリ

 

 

先にも言いましたが、ヴォイストレーニングを習おうと思う人の大半が、まじめで緊張しやすい身体を固めている人が多いです。(というか、多くの日本人、現代人はそうだと思います。)

 

ですから、

 

ヴォイストレーニングで最も大切なことは

 

 

「脱力」に始まり、「脱力」に終わる

 

 

といっても過言ではありません。

ストレスの多い世の中で可過緊張の人が多いため、まずはリラックスや脱力をしてもらうのですが、
 

本当は「ニュートラル」な状態」を目指しているのだということは、頭に置いておかなければなりません。

緊張しすぎでも、緩みすぎでもない、張りのある柔らかなボールのような状態を目指します。

 

 

ですので、あまりにリラックスしすぎでだらだらしている人には、少しバシバシッと神経に緊張を入れてもらう場合もあります。目指しているのは、あくまでもニュートラルな状態だということですね。

 

人によって、やるべきことが、そのレベル、状態によって全く違います。全然正反対のことをやるという場合もありますので、本やネットだけで表面的なテクニックだけトレーニングしている人は、ご注意くださいね。

 

こころとからだの深部から、伸び伸びと自分自身をストレートに表現する心地よさと楽しさを、一人でも多くの人に感じてほしいなあと思っています。ニコニコキラキラ

 

 

 

下矢印今日もポチっとクリックよろしくお願いします!ラブラブニコニコ

 

人気ブログランキング

 

 

流れ星パーソナルレッスン

【荒井皆子ヴォイストレーニングstudy】

【BODYメンテナンスstudy】

【バルーンメソッド】

教室でのレッスンを、再開いたしました。世田谷教室・長野県飯田教室

オンラインレッスンも、引き続き受講をお受けしております。

 

 

ゆめみる宝石 荒井皆子これからのライブスケジュール

https://am-bmine.wixsite.com/araiminako/live-1

 

次回の荒井皆子LIVEは

12月5日(土) 大泉学園インエフ

【つきのひゃくし「宴」】  19:00-

荒井皆子(Voice) 山下渉(Guitar) 鈴木和哉(Dr)

感染症対策をして、ご来場をお待ちしています。

マスク着用の上、お越しください。

 

 

【バルーンメソッドVol.1】DVD好評発売中!

コロナウィルス予防に、肺機能を高めましょう。
「バルーンメソッド」で深い理想呼吸を手に入れよう!!

http://balloonmethod.konjiki.jp/bminelavelshop.html

 

 

 

 

パーソナル空気清浄機 ポータブル空気清浄機 携帯型 小型 滅菌 マイナスイオン 重力感知 スイッチ イオン発生 器 ミニ 300万マイナスイオン PM2.5、煙、花粉を取り除く静音 USB充電式

アマゾンジャパン合同会社

4,789円

 別のショップのリンクを追加・編集