みなさん、こんにちはふふん

 

本日から12月にいよいよ突入しましたねsozai

あっというまに、今年も残すところ1ヵ月!

 

パフォーマンスレッスンで得た課題と向き合い、

日々成長していきましょうsei

 

本日ヴォイス東京校では

西尾先生の特別レッスンが行われていましたsss

 

 

 

 

 

西尾先生は楽曲制作にあたっての考え方や、作曲の仕方についてご指導なさり

この後、松田愛美さんのプリプロに向かわれました♪

 

 

さて、それでは本日もヴォイスライブ、

パフォーマンスレッスンの感想文をご紹介したいと思いますsei

 

まず今日ご紹介するのは、ブルーノ・ユウキくんですsss

 

 

 

 

会場に集まってくれた皆さん、ありがとうございました。

20分間のステージが、ロックンロールのように駆け足で過ぎてゆきました。

何一つ満足していませんが、笑っている一人ひとりの顔を見つけるたびに幸せになりました。

聴き手あっての音楽。観る人あってのエンターテイメント だということを、肌で感じました。

そして、足りないものだらけだということも、強く強く実感しました。

 

ステージから見た景色は光っていた。

 

光った景色をまた見ることができるよう、今日からまた、必死に生活していきます。

 

あー、楽しかった、悔しかった。

 

ブルーノ・ユウキくんは、パフォーマンスレッスンでも

毎回票数を多く獲得する生徒さんの一人で

今回のショーケースでは、約20分間のステージを演奏して頂きましたsayuアコギ♪

 

みなさん、ご存知の通り

いつもの楽しい圧倒的なパフォーマンスを披露されていましたaya

ブルーノ・ユウキくんの感想文からは

必死で音楽にしがみついて頑張っている、

だからこそ見える景色があるんだということを

ひしひしと実感してしまいますsozai

 

 

さて次は、今回初めてパフォーマンスレッスンにて

多くの票を獲得し、見事ヴォイスライブに選抜されました林田珠里亜さんですかおハート

 

 

 

 

2014年9期生 林田珠里亜さん

今回のパフォーマンスレッスンは今までで一番いい選曲が出来たと思いました。

自分に合う曲、合うジャンルを選ぶことの大切さを知りました。

今までは自分がこうなりたいと思う理想だったり、

自分に足りない部分を補いたいという思いで曲を選んでいました。

でもそれは自分の理想であって、自分ではなかったのかなと思います。

自分のルーツを明確にする、自分に合う音楽を見つけることの難しさも知りました。

今回のパフォーマンスではこの曲の世界観を出せるように

頭の中でストーリーが流れるように歌詞も細かく練習しました。

ただピアノがまだまだなので、もっと練習していきたいです。

どんな曲をやっても、自分のもの世界観を作れるようになりたいです。

 

 

圧倒的なパフォーマンスを魅せた林田さんsei

感想文からは、曲との向き合い方や

自身のルーツとも向き合うことができた様子がわかります。

努力を積み重ねたからこそ、感想文にもそれがにじみ出ていますねにこはーと

これからもその向上心や音楽への気持ちを大切に頑張っていきましょうねハート

 

 

みなさん、音楽との向き合い方はそれぞれだと思いますが

音楽へ対する思いを大切に、頑張っていきましょう!!金h肉