本「The complete Beatles」感想文(安藤 優希さん) | 音楽塾ヴォイス東京校のブログ

音楽塾ヴォイス東京校のブログ

東京のミュージックスクール 音楽塾ヴォイス東京校のブログです! ヴォイス出身のアーティストの情報や、ヴォイスのレッスンの様子など、様々な情報をお届けします!


テーマ:

みなさん、こんにちはsss

 

東京は昨日の台風が去り、

少しずつ晴れてきましたねたいよう

寒暖差に気を付けて、今日も一日お過ごしくださいかお

 

音楽塾ヴォイスでは、貸し出し図書を行っています!sei

本日は、本の感想文を提出して頂いたので、ご紹介したいと思います勉強

 

「The  complete  Beatles 」 2010年度3期生 安藤優希さん

 

私はこの本を読み終えてから、いかに自分がThe Beatlesをはじめとする偉大なアーティスト達の

カバーのレパートリーが少ないかを実感し、恥ずかしく思いました。

それと同時にあのThe Beatlesでさえも今の私達がやっているようにいいと思う曲、好きな曲を

とことんカバーして成長してきたのだから、

今、自分がやるべきことはもっとスピードを上げてカバーの勉強をしていくことだと改めて実感しました。

本の内容はレコーディングスタジオでの出来事やポールマッカートニーのインタビューが時系列で記載されていて、

時代の流れもわかり、Beatlesを今までより深く知ることが出来ました。

本物のアーティストは名曲をたくさん自分の中で消化し、

今の自分に満足せず挑戦し続けるからこそ、

新しい可能性を導き出せるんだなということを再確認できました!

 

あの有名なThe Beatlesでさえ

沢山の曲をカバーして成長してきたということで

いかにカバーをして学ぶことが大切かがわかりますね!かお

 

安藤さん、貴重な感想文ありがとうございましたはあと

 

貸し出しを利用したい方、是非お気軽に事務局まで声を掛けてくださいねニコニコ

みなさんも頑張っていきましょう日の丸はーと

音楽塾ヴォイス東京校スタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス