八日目の蟬の感想文(髙山 栞蓮さん) | 音楽塾ヴォイス東京校のブログ

音楽塾ヴォイス東京校のブログ

東京のミュージックスクール 音楽塾ヴォイス東京校のブログです! ヴォイス出身のアーティストの情報や、ヴォイスのレッスンの様子など、様々な情報をお届けします!


テーマ:
皆さん、こんにちは花sozai
 
寒い日が続いていますが、
いかがお過ごしでしょうかホッと一息
 
ヴォイス卒業生yuiさんは
ホワイトデー3月14日に2ndアルバム「スポットライト」のリリースを筆頭に
ツアーやフェス出演が続々と決定しているようです星
 
ぜひぜひ、チェックしてみてくださいね!かおsozai
 
 
今日は、2017年2期生の髙山 栞蓮さん
映画八日目の蟬の感想文を書いて頂いたので、
ご紹介いたします星

 

八日目の蟬誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、

その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説です赤い本

 

{07F43873-F3B5-4819-9FC7-16D3DCAD2261}

 

 

この作品を読んで、人それぞれの価値観や

普通というものの基準など色々なことを考えさせられました。

世の中で許されない罪でありながらも、そこに確かな愛は存在していて、

人が人を思う気持ちが形を変えて主人公から伝わる愛情を痛い程に感じました。

愛されていた側もいつかもっと年を重ねた時に幸せだったと思ってもらいたいと思いました。

相手を考える気持ちと自分の気持ちのどちらかをとるかで、葛藤は生まれるけれど、

その選択で人生が大きく変わってくるものなのだと思いました。

というのが第一章までの感想です。

角田さんの言葉の表現の仕方やフレーズの響き、

情景が次から次へと溢れるほど見えてくる文章がとても素敵だと思いました。

第二章にいくにつれて、誘拐された子供について深く書かれてあり、

その後の人生で辛いことが沢山あっても、

他人を責めてしまっても生きていかねばならないのだからと、

自分を変えようという勇姿にはとても感動しました。

 

話の中に出てくるエンジェルホームという宗教団体のような人達の言っていた、

「もし魂で人と出会えることができたなら、私たちの苦しみは、ほとんどが不必要だということになるよね、自分は女だ、自分は若くない、自分は醜い、そういう思い込みは全部いらない荷物だと思わない?手放してしまえば、うんと、軽くなるものだと思わないかな」

というフレーズの問に対して、一理あると思い、印象に残った一文でした。

 

この作品を通じて、

親から愛情を受けることを当たり前に思うのではなく

有り難いことであると再認識して、

今自分の好きな音楽ができている環境にも今まで以上に感謝していこうと思いました。

 
髙山さんは貸し出しDVDを積極的に利用している生徒さんの一人です星
髙山さんなりに愛という大きなテーマについて考え、
それぞれの登場人物の気持ちを読み取っていることが伝わります書く
これからもたくさんの作品に触れて、
自分自身の成長につなげていきましょうかおハート
 

 

 

 

音楽塾ヴォイス東京校スタッフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。