こんにちはニコニコ


激戦で混戦の自民党総裁選も終わり、第100代総理大臣は岸田さんになりましたね。


総裁選の開票日の前日は自分が出場したコンクールの結果発表かというくらいドキドキが止まらなくなっておりました滝汗(こんなことは自分でも前代未聞)。


総裁選の結果を受けて、開票日の夜に自民党党員になるべく高市事務所に入党申し込みの旨をメールしたところ、3週間後に返信が!おねがい


さらっとご報告ですが今月末に日本に帰国予定なので、実家に届いているであろう申込書を送る予定ですニコニコキラキラ


また日が空いてしまいましたが実はドイツ語のゲーテインスティチュート(Goethe Institut)によるC1の試験を受けておりました。


C1は日本で言う独検1級のようなカテゴリーに属するようですが、ドイツではA1→A2→B1→B2→C1ときて最高峰はC2の試験まであります。


とりあえずはC1を取得したい!と思い立ち試験の2ヶ月ほど前に申し込みをし、少しずつですが家で勉強していました。


試験は読解から(これが一番苦手)始まりリスニング、作文、口頭試験と休憩を挟みながら5時間ほどで終了。


答案用紙類は全て回収されてしまったので答え合わせをする術もなかったのですが、時間配分の失敗や変な緊張も災いし、受けた後の感覚は〝これは落ちたかな・・・〟と思っていたので、受かっていたことに驚きましたお願い


ただ今回受けて改めて思ったことは、いつかC2を受けるためにはもっとドイツ語の本を読む必要があり、母国語の読解や文を構成するレベルも強化しないと課題の内容に追いつかないということですびっくり


何を今更、といわれてしまいそうですが、母国語も然り外国語も然り、本を読むって最強の勉強法だと思います。


子供がいて他の仕事もやってるとついつい手頃なケータイに癒しを求めてしまいますが、本を読む習慣、ブームをまた再来させたいものですおねがい音符





Läderach をいただきましたラブラブチョコレートの中で一番好きなメーカーです星




こんにちはニコニコ


8月は今までに無いペースでブログを頻繁に更新していたのですが、ここのところ忙しくなったと思いきや一気に3週間近く開いてしまいましたびっくり


次々と起こる日々の出来事を逐一ブログに書いていないと、タイミングを逃して何から書いて良いかまとまらず、逆に時間が掛かる気がいたしますキョロキョロ


さてさて、日々の出来事はまた書くとして、今は寝ても覚めても自民党総裁選挙の行方が気になって仕方がありません!!


ドイツも偶然に時期が重なり、16年続いたメルケル政権の次の首相を決める大事な選挙が26日に開票され、今回圧勝されると予測されていたSPD(ドイツ社会民主党)がギリギリで勝った・・・はずがドイツのややこしーい選挙規定のためまだひっくり返ることがあるかも?という手に汗握る状況滝汗



夫はテレビでドイツの選挙、私はYouTubeで日本の選挙についてを見ていてまさに家庭内も選挙の秋です日本ドイツ


それにしてもYouTubeで全ての討論会や演説をノーカットで見ることが出来るなんて、なんともありがたいことですお願い(前はノーカットで報道してくれるのはテレ東さんだけでしたが。)


討論や演説の場が公になればなるほど、公明正大

とは何か、単に総理になりたい人、日本の安全と発展をながって立候補している人の違いがだんだん見えるようになりました。


オカルト染みた響きに聞こえますが、今回の総裁選を機に多くの日本人が〝目覚めた〟と言っても過言ではないと思います。


ちなみに大手の南ドイツ新聞では9月7日付けで〝日本初の女性首相か?〟と高市さんのことが紹介されていました。


ドイツの主要メディアは偏った報道はなく、淡々と候補者の生い立ちや政策について書かれています。



そして誰を応援する云々以前に、政治家という職業は本当に体力勝負でもあるので皆さんよく連日のスケジュールをこなせられるなと驚きですびっくり



29日の開票が迫るにつれて激戦が続くのだと思いますが、多くの国民の真の声が届くことを祈るばかりです。

話は変わりこちらは先週土曜日のデュッセルドルフ市内


Diorの特設会場の後ろを緑の党の党首たちを乗せたバスが通ります。


ちょうど散歩に行った時には広場に演説会が行われていて、大勢の人が集まっていました。
(しかも結構びっくり

ドイツの選挙がどうなろうとあんまり気にならない反面、日本の選挙の行方は固唾を飲んで見守りますグー日本

こんにちはニコニコ


先日生徒さんママからお古の本をたくさん頂きました音符


こちらでは日本語の本はとても貴重なので嬉しいですおねがい

信じられないことに今年の9月11日でアメリカの同時多発テロ事件から20年になるんですね。

日本もドイツも今は選挙のことで盛り上がっていますが、特にこちらでは当時のテロ事件について様々なドキュメンタリー番組が放送されています。

そこで知ったのですが、当時飛行機をハイジャックして世界貿易センターに突っ込んだ犯人たちはドイツのハンブルクで生活して計画の準備をしていたというではありませんかアセアセ

ドイツは様々な宗教の人が暮らしているため、イスラム教やユダヤ教などに関していざこざや事件が起こるたび、日本は国民の大多数が仏教徒で良かったなと思うのです。


ちょうちょちょうちょちょうちょちょうちょちょうちょ


さて、以前からドイツでかかりつけ医がいた方が安心だなと思っていたのですが、遂に家の近くで予約が取れたので行ってみました。

問診票を書いてお医者さんに提出すると

「健康ですねー。でも破傷風とかの予防接種は過去10年間に打っていませんか?」

と聞かれました。思えば過去10年間に受けた予防接種なんて風疹やコロナワクチンくらいです。

子供の時に打っていても10年程で効果は切れるから打っておいた方が安心だよと言われたので、会ってすぐでしたがそのまま採血→予防接種を受けることにびっくり

破傷風だけでなくジフテリア、ポリオ、百日咳という4種混合ワクチンらしく、翌日は全く予期してなかった副作用に襲われましたチーン

腕の痛みに関してはコロナワクチンよりも酷くて、腕が上がらないという滝汗

それでも過去の人々が苦しんだ病気を未然に防げるというのは本当にありがたいことです。

しかし今年に入ってから4回も予防接種を受けるとは、健康ブーム(はてなマーク)到来みたいですキョロキョロ

こんにちはニコニコ


早くも9月に突入したかと思えば既に1週間が経とうとしているとは驚きです。


最近は娘も2歳になり、いよいよ人間らしくなってきたせいかとにかく相手をするのに疲労困憊・・・チーン


一人ではまだ遊べないし、かと言ってずっとテレビを見せるわけにもいかず、少しでも預けられる人や場所が近くにあれば良いのにと悶々と思う日々。


音楽活動をやっていく上で準備したいことが沢山あるのに、子供とずっといるとなかなか出来ないのが現状です。


そこで最近は本格的に幼稚園探しを始めたのですが、公立の幼稚園はまず満杯。


デュッセルドルフでは1つの空き席に900人の応募も殺到するいう激戦区なのですが、ここ隣町のビューデリヒもなかなか大変なようです。


家の近くにある行かせたいと思っていた公立の幼稚園も少なくとも1年待ちということで、私立の幼稚園を調べてみて知った衝撃の事実・・・


どこも最低月10万はするのですねキョロキョロ


とある私立幼稚園にも見学にも行ってみましたが、これだけ払う価値が果たしてあるのかと疑問しか浮かばなかったので辞めました。


ちなみにインターナショナル幼稚園は今すぐ入れますよーと言われましたが、月17万(食費別)笑い泣き笑い泣き笑い泣き


最終的に、来年4月から某日本の私立幼稚園に申し込みをし、週3回クラスに入園できることになりましたガーベラ


狙っている近所の公立幼稚園に入れるまでそちらにお世話になる予定です。


事前に見学などはしていませんが、バイオリンの日本人やハーフの生徒さん数人もそこに通っていたので、結構ポジティブな印象があり安心ですニコニコ


日本もドイツも、少子化が進むのには社会進出をし働く女性が増える一方で子供を預けにくい背景があるからなんだなと実感。


北欧の方は子供がいる世帯の幸福度が他の工業国より高いそうなのですが、やはり社会制度が充実しているからなのかもしれません。



さてさて、今日は3年ぶりに婦人科へ検診へ行き、どこも異常無しと言われ一安心星


検診に行くのは面倒なのですが、万が一何かあったときに後悔するのは自分とその家族なので、これからは定期的に行かなければ!!


それではバイオリンの訪問レッスンへ行ってきまーすルンルン

こんにちはニコニコ


もうすぐ9月ですね。こちらは毎日20度前後の気候のため、秋を通り越してそろそろ冬が到来かと勘違いしてしまいます。

週末にはカルテットの仕事で(Astoria String Quartet


とある教会で結婚式の演奏をしてきましたルンルン

会社としては8月は6回目の結婚式での依頼でしたが、私は産後さまざまな理由からずーっとお休みしていたので久々の機会。

今回はドイツ人の新郎が日本人の新婦さんにサプライズで演奏のプレゼントをしたいということで、希望曲のなかにはGReeeeNの「キセキ」も入っていましたびっくり

結婚式のサプライズで弦楽カルテットを予約するというのは実は多くて、新婦や新郎の両親だったり友達がこっそり計画を立てていることがあり、私たちも見つからないようにコソコソと会場入りし、待ち構えています爆笑

今回は教会式だったので、段取りを担う神父の方と1分ほどの軽い打ち合わせを済ませると、リハを軽くして今か今かと待機キョロキョロ

そして出席されてる皆さんがご起立され、メンデルスゾーンの結婚行進曲の演奏とともに新婦さんが入場して式が始まりました音符

それにしても結婚式って・・・良いものですね。

今回は特に日本の花嫁さんだったので、この大変な時代に日本からはるばるいらしたであろうご両親が感極まって涙してるのを見ると、こちらももらい泣きしてしまいそうになりましたえーん(いやかなり危なかった滝汗

そんな中式は進み、誓いの言葉や指輪交換のあいだに3曲を演奏し

ひまわりGReeeeN:キセキ
ひまわりエド・シーラン:Perfect 
ひまわりアラジンからホールニューワールド

パッヘルベルのカノンと共に新郎新婦の退場をもってカルテットの出番も終了しました。

場合によっては式の後にシャンパンでの立食パーティや披露宴での演奏もすることがありますが、今回は式のみということだったので皆んなで車に乗り込み帰宅車DASH!

ちなみにドイツの結婚式で演奏する場合、車が無いと辿り着けないお城や教会、ホテルレストランばかりで車がほぼ必須ですOK


そして次の日は久々にデュッセルドルフのオケ友達が家に来てくれてご飯を一緒に食べましたナイフとフォーク


夏休みはトルコにいたらしく、可愛いお土産までお願い


世界で暗いニュースが続く中、こんな恵まれた平和な生活が出来ることに感謝ですね。