10月からの出来事

テーマ:
こんにちは、ドイツはここ最近一段と冷え込んできました。
10月からはオーケストラの仕事が急激に忙しくなり、風邪にならないギリギリをさまよっておりました😌

一番のオペラの目玉だったのはワーグナーの「神々の黄昏の黄昏」、ニーベルングの指環の最終章です。



大作とだけあってこのためのリハーサルがかなり集中しており、リハの後は魂が吸い取られたかのようにヘトヘトになりました。

1度通すだけでも

第一幕が2時間
休憩
第2幕が1時間
休憩
第3幕が1時間15分

なので6時間近く掛かります。
素晴らしい音楽だけど、ここまで長く無くても…と思うのですが、それこそがワーグナーオペラの真髄ともいうのでしょうか。

そんなシリアスなプログラムとはうって変わって、月末にはハリーポッターの音楽を書いたジョン・ウィリアムズの作品をトークを交えての演奏会がありました。



トンハレはコンサートホールとなる前は元々プラネタリウムだったこともあり、天井にはまだ数々の星座が残っています。


照明が醸し出すとても神秘的な空間でした。


アクセントカルテットの仕事では、Søstrene Grene(ソストレーネグレーネ)の新しくオープンした店舗で演奏してきました。

まずはミュンスター。こちらは大聖堂です↓


同じノルトライン・ヴェストファーレン州にいながら1度も行ったことのない街でした。

街の中心地にあるドームから徒歩5分にあるショッピングモールの中にソストレーネグレーネがオープン



写真の右側にも写っているように、お店の外にも長蛇の列が出来ていて、それが朝から晩まで途絶えることがありませんでした。
(まるでAppleの新作でも出た時みたい…)

そしてドレスデンでもお店がオープンしたのですが遠すぎるのもあり私は参加せず、

先日、デュッセルドルフから1時間ほどのところにあるボーフムで演奏してきました。
こちらも買い物客で賑わい、入店規制が掛かっていました。




クラシックからポップスまで、様々なジャンルで演奏しました。近い将来ジブリ音楽もレパートリーに入れたいなと思っています。

10月はもう一つ大きな作業がありました。ドイツへ来て初めての、過去4年分の確定申告。噂には聞いていましたが、これがものすごく時間の掛かるものなんですね😵


今の時代はメールに膨大なデータが保存されているので、自分でも忘れていた領収書が大量に残っていたことに助けられました。

11月は新しいオペラやバレエの公演が始まるので、これまたあっという間に終わってしまうんだろうな。
皆さまも風邪には気を付けて下さいね😊

みなさんこんにちはー!

ただ今定期演奏会のリハーサル真っ最中です。ゲストコンダクターのマリオ・ヴェンツァーコの下、ホルストの「惑星」がメインで、明日から3回公演が控えています。

先月末はドイツ連邦銀行の直属の大学であるハーヘンブルク城で、卒業授与式での演奏の仕事があり、アクセントカルテットのメンバーとフランクフルトの近くまで行ってきました。


こちらがお城の外観


アクセントカルテットがドイツ連邦銀行の専属演奏家となっているため、年に2回、大学の卒業証書授与式にて演奏することになっています。
本番中の写真は残念ながらまだサイトなどにも載っていないのですが。
控え室があまりに豪華で、おもわず写真を撮ってしまいました。



式の始まり、中間、終わりに4曲を演奏し、最後に演奏したのが大人気のポップミュージックで盛り上がり、式は無事終了。 



ちなみに数日前から、ホームページに加え、YouTubeでも音楽を配信しております。
クラシック音楽だけでなく、ポップミュージックも沢山アップする予定です。

アクセントカルテット、YouTube動画はこちらから↓


「Por una cabeza」は日本の演奏会で名古屋でも東浦町でも演奏させていただいた、思い入れのあるです。

そしてこちらは


ライオンキングでもおなじみの曲ですね。

この記事のタイトルにもある、お願いなのですが、まだまだ新しいサイトなので、もし「イイね」「チャンネル登録」をして頂けると、とても嬉しいです。応援宜しくお願いします。


さてさて、話は変わりますが

9月初めの定期演奏会が降り版だったこともあり、南ドイツに旅行へ行ってきました。
日本でだいぶハードに動いていたので、休養も兼ねて、森や川といった自然の多いところに滞在しました。その名も

「シュヴァルツヴァルト」

この、なんというかすごくドイツ語っぽい響きは、日本語で「黒い森」。
バーデン・ヴュルテンベルク州にある森林で、冬だと一面雪に覆われ、スキー客で賑わうそうです。
行った時はまだ9月初めといえど、10度以下にもなり、かなり冷え込んでいました。

車を走らせティティ湖というところでボートに乗ったり




ここは今や観光客向けにツアーがあったり、娯楽施設が建てられたり開発が進んでいますが、一昔前は静かな一帯だったそうです。

他は肌寒い中森を散歩したり


初めて、鹿のロースを食したり



美味しい食事と空気に、心身ともにとてもリラックスできました。

その後はシュトラウスのオペラ、「アラベラ」とワーグナーの「神々の黄昏」の譜読みに追われることになったのです。。

オペラで一番難しいのって、やっぱりリヒャルト・シュトラウスだと思う今日このごろです。

それではまた♪

夏の思い出

テーマ:
こんにちは。

1ヶ月あった日本滞在ですが、あれよあれよと言う間に時は過ぎ、気付けばもうドイツに帰ってきていました。

遡ること7月中旬、オーケストラも6週間の夏休みが始まり、最初の2週間は夫が講師として教えている講習会にお供してきました。


場所はフランクフルトやダルムシュタットの近くにある、ツヴィンゲンベルクという村で、ワイン畑が1面に広がっている素敵な所でした。
オープニングコンサート後に教授陣たちと。


日本の受講生とかも沢山来ていたので、通訳したり、バドミントンしたり、久々に気楽に過ごした一時でした。
講習会から帰ると次の日には日本へ出発。

今回はちょっと安かった、デュッセルドルフ→ヘルシンキ→成田→セントレアという乗り換え多いルートで来ましたが、結果20時間近い旅行にヘトヘトになりました。

第3週目にはコンサートのため、カルテットのチェリストがドイツから到着。
3人で練習をしたり、大須や熱田イオン、民衆的な居酒屋などに連れていきました。
こんな観光とも言えない近場巡りですが、日本が初めてだったこともあり、全てが興味深いようで、喜んでくれました。

その二日後にビオリストも到着する予定だったのですが、そこでハプニングが、、ゲッソリ

アテネからモスクワ、韓国経由で中部国際空港に着くはずが、モスクワでアエロフロートによって勝手に航空券がキャンセルされてしまうという事件が発生。

その結果、上海経由で飛ぶことになり、30時間も掛けて中部国際空港に到着することになってしまいました。
その上スーツケースが上海の空港から日本に運ばれることは無く、完全に紛失。。。

とりあえずその日は遅かったので休み、次の日からようやく4人でコンサートの練習を始めました。
といってもコンサートはもう次の日に迫っていました。
ビオリストのコンサート衣装は、失われたスーツケースの中。
ということで、合わせが終わると4人でイオンに駆け込み、ビオリストのコンサート衣装(上はシャツから下は靴まで)を探し回ることにバイキンくん

そんなドタバタ劇がありながらも、迎えたコンサート当日。
演奏会場の東浦町のこのはな館に到着すると、ガラス張りの窓から見える於大公園の緑の中に、200席を超える席が用意されていました。


町主催のコンサートということで、広報にも載せていただいたきました。



前半はハルフォルゼンのパッサカリアのデュオ、モーツァルトのアイネクライネナハトムジークという古典派のメロディから、後半はロマン派、タンゴまでという構成。

お客さんの反応を見ていると、最初から難しいコアな曲まで、様々な表情で真剣に聴かれていて、とても良い雰囲気での演奏会になりました。

こちらの東浦町の神谷町長のブログにも載っています。

↓↓

演奏後、会場の外を見てみると竹の灯篭が並んでおり、幻想的な空間がありました。




ちなみに別の日に、東浦町と大府市合同の花火大会があったのですが、今まで見たことない程の大迫力の花火を見ることが出来ました。

文化面からも垣間見る町の発展ぶりが著しくて、帰る度に驚かされ嬉しくなります。


そして次の日はお馴染みのon musicさん主催での5rでのコンサート。
こちらはメンデルスゾーン、シューベルトを、「愛と死」というコンセプトのもと全楽章を演奏しました。


コンサート会場にはおなじみの方々もいらっしゃり、アットホームな雰囲気の中、演奏者の集中力とエネルギーがぶつかり合う演奏会でした。

↓今回も練習場所を快く貸してくださった、大橋さんと一緒に。


日本滞在のメインはこんな感じで、色々と美味しい和食やかき氷を食べるだけ食べて、また一段と立派な体格になってしまいました…。
ちょっと気を付けて元に戻れるよう頑張ります。

次回はコンサート以外のことを書こうと思います。それではニコニコ