『高堂巓古 Officia Blog』



 ※                                                      ※




   太阿をゆだねる茶人。世界各地で文化的ゲリラを行いながら、外遊している。各国に大アルカナ22枚のタロットカードに沿った人材を秘密裡に配置。自身は熱量注入を表す『愚者~Le Mat~』の役割を担い、残り21ある生命体の進化(時おり、破壊)を助長している。


 


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
Wed, November 22, 2017

高堂テンコ盛り その二

テーマ:庭球四十八手

                運をあげる基本的な方法のひとつに古来より「遠くへ足を運ぶ」というのがある。方位学を基にするのもよいかもしれないけれども、内觀がたしかな人であればご自身の脚感覚に任せられたほうがよいかとおもう。

                しかしよく人が集まるなとおもう場所のひとつに茶室『臨川』がある。大徳寺の雪底老師が人が集まるようにと名付けられたこの場所における人の集い方はおもしろい。利休が産んだカネワリに基づいた茶室空間のなせる技なのだろうか。

 

             過日は前日に引退された女子プロレスラーの吉田万里子さんとメリッサ選手がおふたりで試合の激しさを物語る生傷が癒えぬまま茶室にいらしていた。稽古後、万里子さんと大先生のお話を伺う流れとなったのだが、私が「空(くう)以前というものはあったのですか」と訊ねると、大先生が「ある」とこたえられたのがきっかけであった。

                9のまえには8がある

                8のまえには7がある

                7のまえには6がある

                6のまえには5がある

                5のまえには4がある

                4のまえには3がある

                3のまえには静寂の2があり

                2のまえにははじまりの1あり

                1のまえには空がある

                では、空のまえは?

とおもった次第だ。いずれにせよ、初期の数の要は3で、それははじまりの1と静寂の2の和合から成るというのは、現実世界で動く際の秘儀に近いのかもしれない。

                ちなみに万里子さんは幽体離脱の方法を訊いていた。おそらく人の集い以前に靈の集いがあるに違いない。

 
▼▽▼ 高堂ノ横顔 ▽▼▽
1クリックがご縁のはじまりあしあと
✳ Social Net Working ✳
   Instagram その1(海外茶道編)
   Instagram その2(海外書道編)
   Instagram その3(プライベート編)
   facebook公式ページはこちら
   Twitter(空で読んだほんのすすめ)
   
✳ Recruitment ✳
   吉田晋彩茶道教室 弟子募集
   野尻泰煌書道教室 弟子募集(入門審査あり)
   橋姫会員要項(入会審査あり)
   ※ご興味ある方はメールをお送りください。
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>