ビジョナリーソリューションズ 代表の葉田です

 

まだまだ暑さが続く中、移動の際は本当に大変ですね。

もう、汗を拭うために、タオルを持ち歩くようになっております。

 

さて、よく経営相談の担当もさせていただいておりますが、

話が終わって、全体を振り返ると、

昔ながらのSWOT分析、競争戦略や成長戦略、3Cやマーケティングの4P等

定石と言われるフレームに則って、助言の展開をしていることが

わかります。

 

小規模企業の小さい事業所のところでも、これらの

定石は十分に当てはまります。

 

また、このようなフレームを使っていることはあえて申し上げませんが、

図に書いて説明するととてもよく説明できます。

 

ある程度、相談者の状況を整理し、見えない

現場を想像しながら、課題を紐解いていくと

どのパターンのフレームが良いのか見えてきます。

 

助言の最後には、行動してもらわないといけませんので、

相談者の特性は特につかむようにしております。

 

持ち上げタイプか、課題指摘タイプか、解答誘導タイプか

いろいろな特性の相談者にあったクロージングをしないと

いけませんので、ここが一番のポイントかもしれません。

 

ただ、これもまた、簡単な性格診断のフレームで考えながら

対応しております。

 

そうすると心に響くキーワードがとても言いやすくなります。

 

巷で定石やフレーム、型と言われているものは、本当に大切だと

思います。 今一度原点に戻ると良いかもしれません。

 

ビジョナリーソリューションズ

葉田 勉

 

■ビジョナリーソリューションズのサービスメニューはこちら

 


葉田勉Facebookはこちら 

 

 

葉田勉 オフィシャルブログの読者登録はこちら