PARISから遠く離れていても…

PARISから遠く離れていても…

わが心の故郷であるパリを廻って触発される数々の思い。
文学、美術、映画など芸術についてのエッセイを中心に

ふらんすへ行きたしと思えどもふらんすはあまりに遠し


せめては新しき背広をきて気ままなる旅にいでてみん…


(萩原朔太郎純情小曲集より)


現代はその気になれば、誰でも気軽に自由に飛行機に乗って海外へ旅立つことができる時代だ。


フランスやパリについて書かれた本や雑誌はたくさんあるし、SNSなどで最新情報だって簡単に手に入れることもできる。


あなたが今話題のファッション、グルメ、スポット、etc…などをお望みなら、残念ながらココをご訪問いただいても無駄に終わるかもしれない。


でも、もしあなたがフランスパリの匂い、空気、風、そして肌触りなどを味わいたければ、それに出会うことはできるかもしれない。


パリの魅力は時代や時間の枠を越えて存在する不変的なものなのだ。




ようこそ、このブログへ!!




ひとときの時間をあなたと共有できることを願って…。

 

 

以前からずっと憧れていたこのタペストリー。

絵付けタイルで何とかその雰囲気を

表現できないかと思っていたが…

 

<視覚>

画像が粗いためこの大きさで雰囲気を感じてもらえれば…

―今回は黄色のの部分を拡大することに―

 

油絵具と違い自由に混色不可能なせいもあり

どうしてもバックの赤が出せずに諦めていた。

その後しばらくして混色可能な絵の具が登場し

 

予定より2ケ月展示が繰り下げになったこともあり

この機会に挑戦してみようと思いたった。

4枚で一組の絵。

チャンスは一回のみ。

焼成して成功するかは神頼みお願い

 

 

さて

 

―焼成前の絵付けの終わった段階―

 

     

全体に靄がかかったような淡い色調

 

かなりの時間を要し

一期一会という言葉がピッタリの

2度と同じものを創れと言われても

たぶん無理だと思う。

 

これが焼成後にどのようになるのか!?

 

 

ダウン

 ダウン  

ダウン

 

ジャーン

あれっはてなマーク

  

てへぺろこちらで残りの部分をご想像下さい。

 

 

もう少し大きく拡大すると

 

残りの3枚は少しだけ手直しして再焼成中炎

 

″どうか上手くいきますように!!

 

 

赤薔薇  赤薔薇  赤薔薇

 

メモ案内ハガキはまだ先になりそうなので

日時だけお知らせしておきます。

 

10/29(金)~11/3(水)

“meee”Gallery Tokyo(東京都中野区)

「AZULの世界」(仮タイトル)

 

 

 

 

お願い

“ポチ”っとよろしくお願いします

 下矢印  

 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村