勝者のフットワーク塾 オフィシャルブログ

オーストラリアでコーチに転身、元高校教師、中屋晋の思考の響き。
日々 テニスに真剣に向かい合っている人に送ります。
フットワークがわかるとテニスが変わる。
勝者のフットワーク塾の教え。出来ないことが出来るようになるテニススクール開講中。


テーマ:


2017年 11月11日、25日 ワンデーレッスン開催

あなたのフットワークを整えませんか。
シチュエーション別フットワークドリル・段階的指導

ワンデーレッスンとは…

・土曜日の昼間に2部制でテーマ別に実施。

・ご都合に合わせて、第1部だけでも、第2部だけでも受講可能。もちろん、連続受講も
可能です。連続受講の場合は、なんと、料金2,000円off!

・平日の受講が難しい方、丸1日集中して取り組みたい方、レギュラーレッスンの+α
としてご利用下さい。

◆2017年 11月ワンデーレッスン開催日程要項

◆11月11日(土)
第1部 午後13:00~15:00
第2部 午後15:00~17:00
テーマ:
第1部 ステップダウン(基本となるステップ・余裕のある短めのボール)
第2部 バックフット(後ろの脚で食い込まれても強く返球)

担当コーチ:広瀬コーチ
場所:スポートピア草加
http://www.sportopia.co.jp/sportopia/frame/guidetop.htm
開催決定日 11月2日(木)

定員:8名 最少催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)
1~8名:1面展開(コーチ1名)

◆11月25日(土)
第1部 午後13:00~15:00
第2部 午後15:00~17:00
テーマ:
第1部 フロントホップ(短いチャンスボールを打ち込む)
第2部 トランスホップ(肩口のボールを打ち込む)

担当コーチ:広瀬コーチ
場所:スポートピア草加
http://www.sportopia.co.jp/sportopia/frame/guidetop.htm
開催決定日 11月17日(金)

定員:8名 最少催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)
1~8名:1面展開(コーチ1名)

--------------------------------------------------------

料金:
1回 6,000円(1部もしくは2部のみ受講)
2回10,000円(1部と2部連続受講)
*回数券3回分15,000円(1年間有効・vfootクラブと舎人塾の会員対象)

申し込み開始日:10月15日(日)18:00よりお受けします。これ以前のお申し込みは無
効となりますので、ご了承ください。

【申込方法】以下のフォームよりお申し込み下さい。
PC/スマートフォン→
https://ssl.formman.com/form/pc/ttZDzHKXEoQP2lUZ/

携帯電話→
https://ssl.formman.com/form/i/ttZDzHKXEoQP2lUZ/

※2009年以前のモデルの携帯電話ではアクセスできない場合があります。その際にはin
fo@vfootwork.comへご連絡ください。

また、Webからのお申し込みができない場合も
info@vfootwork.com
へご連絡下さい。

※レッスン料は当日現金、もしくは回数券でのお支払いとなります。

※開催決定日以降にキャンセルされますと、キャンセル料が以下のように発生いたしま
すのでご注意下さい。
1部もしくは2部のみ受講の場合:6,000円
1部と2部連続受講の場合:10,000円
回数券をお持ちの方につきましてもキャンセル料は発生いたします。

※雨天で中止の場合は原則1時間前にメールにてご連絡いたします。
(遠方の方には個別対応いたします)

※当日何かございましたら担当コーチまで直接ご連絡下さい。



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「フォームは人によって違うのだから、同じことをみんなに当てはめるのは無理がある。」
 
これ至極ごもっともなご意見です。
 
しかし、もう一方の視点も気付いて欲しいところでです。
 
それは、技術には「基本」と「個性」があるということ。
 
プロから初心者まで通じ、共通する技術の基準を「基本」といいます。
 
ある意味Vfootworkの活動は、この「基本」を追究していると言えるかも知れません。
 
なので創設から10年一貫して、レベル分けせずレッスンをするスタイルを続けてこれたのだと思います。プロから初心者まで上達実感が得られる「基本」を、更にわかりやすく段階的指導にブレークダウンして伝えてきました。
 
例えば野球の松井選手とイチロー選手のフォームはそれぞれですが、「基本」は同じです。しかし、「個性」はというと、一見して違うことはわかります。
 
次のYoutubeの動画のプロの選手の気づきは、スイング軌道についての気づきのようです。
 

 

 
肘で巻き込む方法でスピンを掛けていたところをスイング軌道を改善して、よりパワフルなヘビースピンを実感したという動画です。
 
肘で巻き込む方法のスピンは、よくスピンの打てない人に1つの矯正法として教えることがあるようです。これは「基本」とは言えません。
なぜなら筋力のある人にだけに通用するフォームだからです。
 
肘を曲げる力で打球することは、続けるとでテニスエルボーに近づきます。肘を伸ばす力を利用して打球すれば何千球打ってもテニスエルボーにはなりません。
 
今回発売した新作DVD「Vfoot Lesson Plus Premium」には、このYoutubeの動画でも説明しているスイング軌道について、足捌きについて、その全てのテニス愛好家に通じる「基本」をわかりやくまとめ解説しました。

 

ご購入希望の方はこちら

http://shop.vfootwork.com/?pid=119612764

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

グループとチームの違いとは何でしょう。
もちろん、どちらも人の集まりではありますが。

  組織行動学では、グループとチームを次のように定義しています。


・グループ=各メンバーの成果の総和がグループ全体の成果となることを前提とした人々の集まり
・チ ー ム=各メンバーの成果の総和を超える成果をチーム全体で出すことを前提とした人々の集まり

 つまり、簡単に言うと「グループ」は1+1が2でいいが、「チーム」は1+1が2以上の成果を求められる集団ということです。

 例えば、学校内の各委員会、掃除当番、遠足の班などは、とくにかく構成員が自分の出来ることを確実に遂行することでいいわけです。
 これらは「グループ」の性質がメインとなる集まりということになります。

 一方、「チーム」の性質がメインの集団というと、文化祭を準備するクラスや球技大会や部活などの目的で集まった集団があります。
 この場合、構成員がお互いに出来ること出来ないことを補い合いながら、相乗効果で個々の能力の総和以上の成果が求められます。
 
 つまり、部活の場合は完全に「チーム」の範疇と言えるでしょう。当然いかにチーム力を最大化するかが大きなテーマにもなります。
 では、チームワークを機能させ、相乗効果を発揮させるためにはどうしたらよいのか。
 ポイントは2つです。
 (1)能力を認め合う関係を持つ
 一度出来上ったチームは簡単にメンバーを外せないのが現実である以上、出来るところを生かして結果に結びつける努力はしなくてはチーム力は高まりません。
 まず、個々のメンバーの強味を知り刺激を受け合うことが大切です。個性を隠し合うチームは刺激がなく相乗効果は期待できません。
 (2)補完し合う関係を持つ
 潜在能力も含め個々の能力を認め合えたら、次は個性に合わせて役割を決めることです。
それぞれの思い付きでただ助け合っていても、効率的に補完し合う関係にはなりません。

 お互いに認め合った能力に合わせて役割分担をし、組織としての弱点を補完、補強することが大切です。

 

 決して一方的に論破したり従わせたりでは、組織としての推進力の高まりは期待できません。

 チームワークを機能させるポイントを一言で言えば「相互信頼」をベースにして、目的を達成する関係を作るということと言えると思います。

 よく「自立」という言葉を誤解している人がいます。頼ったり頼られたりの関係を保てる人のことを「自立」した人といいます。
 頼らない人頼られない人は自立してる人は言えません。また、頼るだけ、頼られるだけの人も自立とは言えません。相互信頼のなかにいる人が唯一自立していると言えるのだと思います。

    「自立」と「孤立」は違うのです。

  まさに自立した人が集まった集団が強いチームを作るといえるのではないてしょうか。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 


10年間、Vfootworkという名のもとテニスコーチとしてテニスの技術と向き合って来たのですが、この間、意識を向けるポイントがいくつかの項目に集約できることを確認、検証してきました。

そして、以下、ここに整理してまとめてみましたので、参考までにご覧下さい。

①身体の状態としては、緩める、軸を立てる、肚を決める、この3つの状態を恒常的、安定的に保つこと。

速さを生むには、どこかが止まっていている必要があり、止まっているからその先端に速さが生まれる。

そして、その止まっている部分は、線であったり点であったりする。

②関節の機能としては、曲げる、伸ばす、捻るの3つ、関節の状態としては、形を保つ、脱力の2つを利用する。

曲げる、伸ばす、捻るの機能の発揮は筋力によるところが大きいので必要最小限の利用にとどめる。

形を保った関節、または脱力した関節をその前後の関節が筋力で動かすことになる。

③身体を動かす力としては、「不自然から自然」「不安定から安定」の必然を動作の流れになかに取り入れること。

動作の必然の利用が筋力以外でパワーとスピードを生む。

関節を折り込む、絞るなどで不自然を作り、自ら自然な状態に戻る力を利用する。

重心が移動する間に生じる不安定はやがて安定にたどり着く。その安定の直前に打球点を設定する。

④動きのもとは、円運動を基本として、直線はそれに付随するものと考える。

身体全体の回転、部分の回転、いずれにしても鋭い動きにするためには回転の軸、支点が安定する必要がある。

支点が安定すればその先端は円になる。

動きの形態として、円運動に移行する直線、円運動から派生する直線はあるが、動きのもとは円である。


技術の構成要素は様々ですが、仕組みの傾向はいくつかに絞られると思います。

筋力に頼らない動きを技術といい、筋力に頼る動きを力づくといいます。

是非、技術の追求でテニスの幅を広げて欲しいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


2017年 10月14日、28日 ワンデーレッスン開催

あなたのフットワークを整えませんか。
シチュエーション別フットワークドリル・段階的指導

ワンデーレッスンとは…

・土曜日の昼間に2部制でテーマ別に実施。

・ご都合に合わせて、第1部だけでも、第2部だけでも受講可能。もちろん、連続受講も
可能です。連続受講の場合は、なんと、料金2,000円off!

・平日の受講が難しい方、丸1日集中して取り組みたい方、レギュラーレッスンの+α
としてご利用下さい。

◆2017年 10月ワンデーレッスン開催日程要項

◆10月14日(土)
第1部    午後13:00~15:00
第2部    午後15:00~17:00
テーマ:
第1部    ワンフットピボット(肩口の高いボールに)
第2部    ラテラルトランスホップ(回り込んで逆クロスへアタック)

担当コーチ:広瀬コーチ
場所:南市川スポーツガーデン(センターハードコート前集合)
http://minamiichikawa.jp/index.html
開催決定日 10月6日(金)

定員:8名 最少催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)
1~8名:1面展開(コーチ1名)

◆10月28日(土)
第1部    午後13:00~15:00
第2部    午後15:00~17:00
テーマ:
第1部    スライス(膨らむ曲線のスイング)
第2部    ツーフットピボット(低く速いボールに)

担当コーチ:広瀬コーチ
場所:スポートピア草加
http://www.sportopia.co.jp/sportopia/frame/guidetop.htm
開催決定日 10月20日(金)

定員:8名 最少催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)
1~8名:1面展開(コーチ1名)

--------------------------------------------------------

料金:
1回 6,000円(1部もしくは2部のみ受講)
2回10,000円(1部と2部連続受講)
*回数券3回分15,000円(1年間有効・vfootクラブと舎人塾の会員対象)

【申込方法】以下のフォームよりお申し込み下さい。
PC/スマートフォン→
https://ssl.formman.com/form/pc/ttZDzHKXEoQP2lUZ/

携帯電話→
https://ssl.formman.com/form/i/ttZDzHKXEoQP2lUZ/

※2009年以前のモデルの携帯電話ではアクセスできない場合があります。その際にはin
fo@vfootwork.comへご連絡下さい。

また、Webからのお申し込みができない場合も
info@vfootwork.com
へご連絡下さい。

※レッスン料は当日現金、もしくは回数券でのお支払いとなります。

※開催決定日以降にキャンセルされますと、キャンセル料が以下のように発生いたしま
すのでご注意下さい。
1部もしくは2部のみ受講の場合:6,000円
1部と2部連続受講の場合:10,000円
回数券をお持ちの方につきましてもキャンセル料は発生いたします。

※雨天で中止の場合は原則1時間前にメールにてご連絡いたします。
(遠方の方には個別対応いたします)

※当日何かございましたら担当コーチまで直接ご連絡下さい。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

10周年記念特別レッスン  高輪テニスセンターにて

 

 

 

参加者の皆さんに10周年記念タオルをお配りました。

実はこのタオル、汗を拭く使い道以外に便利な使い方があるのです。

 

ヒントはこれ「0.914」なんですが、、

 

 

そして、会場を変えて10周年記念パーティーへ

 

 

過分な心遣いを頂きました。電報も頂いたり(涙)

 

 

会も終盤盛り上がり、参加の皆さんから暖かい言葉と渾身の芸を頂きました。

 

久々にお会いする方も元気な姿を見せてくれて、

穏やかな時間も確かにありました。

 

本当に皆さんのお蔭です。

 

この10年間、私自身は、自分が教えたいこと、出来て欲しいと願っていること、それらのことを真ん中に置いて皆さんと関わってきました。

その題材への価値観の共有が全てだったような気がします。

 

この後の3部で10年来の酩酊振り、長い夜は続いていきました(^^;)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年 9月9日,9月16日,9月30日 ワンデーレッスン開催

あなたのフットワークを整えませんか。
シチュエーション別フットワークドリル・段階的指導

ワンデーレッスンとは…

・土曜日の昼間に2部制でテーマ別に実施。

・ご都合に合わせて、第1部だけでも、第2部だけでも受講可能。もちろん、連続受講も
可能です。連続受講の場合は、なんと、料金2,000円off!

・平日の受講が難しい方、丸1日集中して取り組みたい方、レギュラーレッスンの+α
としてご利用下さい。

◆2017年 9月ワンデーレッスン開催日程要項

◆9月9日(土)
第1部    午後14:00~16:00
第2部    午後16:00~18:00
テーマ:
第1部    ボレー(膨らむ曲線のスイング)
第2部    バックフット (深いボールに)

担当コーチ:広瀬コーチ
場所:スポートピア草加
http://www.sportopia.co.jp/sportopia/frame/guidetop.htm
開催決定日 9月1日(金)

定員:8名 最少催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)
1~8名:1面展開(コーチ1名)

◆9月16日(土)
第1部    午後14:00~16:00
第2部    午後16:00~18:00
テーマ:
第1部    トランスホップ(肩口の弾むボールに)
第2部    サービス(リストワークでスピードアップ)

担当コーチ:広瀬コーチ
場所:スポートピア草加
http://www.sportopia.co.jp/sportopia/frame/guidetop.htm
開催決定日 9月8日(金)

定員:8名 最少催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)
1~8名:1面展開(コーチ1名)

◆9月30日(土)
第1部    午後14:00~16:00
第2部    午後16:00~18:00
テーマ:
第1部    パワームーブ(超ワイドなボールに)
第2部    ターンアラウンドラテラルホップ(回り込んでアタック)

担当コーチ:広瀬コーチ
場所:スポートピア草加
http://www.sportopia.co.jp/sportopia/frame/guidetop.htm
開催決定日 9月22日(金)

定員:8名 最少催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)
1~8名:1面展開(コーチ1名)

--------------------------------------------------------

料金:
1回 6,000円(1部もしくは2部のみ受講)
2回10,000円(1部と2部連続受講)
*回数券3回分15,000円(1年間有効・vfootクラブと舎人塾の会員対象)


【申込方法】以下のフォームよりお申し込み下さい。
PC/スマートフォン→
https://ssl.formman.com/form/pc/ttZDzHKXEoQP2lUZ/

携帯電話→
https://ssl.formman.com/form/i/ttZDzHKXEoQP2lUZ/

※2009年以前のモデルの携帯電話ではアクセスできない場合があります。その際にはin
fo@vfootwork.comへご連絡ください。

また、Webからのお申し込みができない場合も
info@vfootwork.com
へご連絡下さい。

※レッスン料は当日現金、もしくは回数券でのお支払いとなります。

※開催決定日以降にキャンセルされますと、キャンセル料が以下のように発生いたしま
すのでご注意下さい。
1部もしくは2部のみ受講の場合:6,000円
1部と2部連続受講の場合:10,000円
回数券をお持ちの方につきましてもキャンセル料は発生いたします。

※雨天で中止の場合は原則1時間前にメールにてご連絡いたします。
(遠方の方には個別対応いたします)

※当日何かございましたら担当コーチまで直接ご連絡下さい。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

たくさんの予約注文、ありがとうございます。

いよいよ今週金曜日8/25発売です。

 

 

https://ameblo.jp/vfootwork/entry-12289201397.html

 

 

 

 

お忘れでないですか?予約注文はこちらから

https://ameblo.jp/vfootwork/entry-12289201397.html

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 スポーツ選手にとって競争心は、モチベーションを上げる心理的要素です。
 しかし、競争心は心理面にもたらす効果はプラス面だけではありません。競争心は前向きな気持ちを支え、やる気を起こす半面で注意しなければいけない点もあります。
  それは、競争心が強すぎて本来の目的とすべき到達点を見失ってしまうこともあるということです。
 本来の目的とすべき到達点とは何か。それは、自己実現から得られる幸福感です。自分がどう変わったか、何が出来るようになったか。つまり、他人との比較ではなく、まず自分自身のなかに注目すべき点を見出し、追求することではないかと思うのです。
 他人との比較は、実は到達するための手段にしか過ぎません。最終的に自分がどう変わったかを到達目標として考えることが大切です。

  一般的に言って、競争心が強い人は、他人との比較に偏り過ぎて、自ら幸福度を不必要に下げてしまうことが多いです。
  よく「負けず嫌い」であることがスポーツ選手の条件みたいに言われますが、大切なことは、勝敗は達成すべきことのパターンの一つで、全てではないということの認識です。
 競争心の強い選手は、この点を注意すべきでしょう。達成とは他人との比較だけではないということ。勝敗を超えて自分がどうなりたいかの基準を持つことで、現実的にはより高い目標に近づきやすくなります。
  幸福度を他人との比較ではなく、自分の基準で考える習慣は高い水準の成果を得るために不可欠なものです。目の前の欲求だけではなく、遠くに見える目標を達成するためにどうすればいいのか。
  競争心との向き合い方もポイントですね。
 

 

右矢印2年ぶりの新作DVD「Vfoot Lesson Plus Premium」発売8/25

スピードと安定の両立を手にするために必要なイメージを収録!

  先行予約受付中 詳しくはこちら↓

http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12289201397.html

 

 

右矢印「テニス講義一線一文の会」9月参加者募集!

「仕組みの本質」では、対戦相手のタイプ別戦略をご紹介 

詳しくはこちら↓

http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12300146288.html

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「テニス講義一線一文の会」とは
 テニスの仕組みの肝心は、一つの線、一行の文章のなか、つまり「一線一文」のなかにあらわれてくるもの。
 なぜその文、その線を書かねばならなかったのか、そこに思いが至ればイメージの具現化にぐっと近づくことになろうかと思います。
 「一線一文」にヒントを得て目標とするテニスに近づこうという会です。
 

 昨年5月から「Vfootテニス明解セミナー」ということで座学でのテニスレッスンを行ってきました。

 7月から「テニス講義一線一文の会」と題して2期目が始まりました。
 90分の座学でのレッスンです。全6回を1期として2期目になります。
<全6回シリーズ>
1.心の本質
2.仕組みの本質 ←【今回はここ】
3.スイングの基本動作
4.ステップの基本動作
5.ボレー編
6.サーブ編
 
 今回は「仕組みの本質」というテーマです。
 今回の「仕組みの本質」では、対戦相手のタイプ別戦略をご紹介します。
 例えば
1.ひたすら緩いボールを返してくる相手
2.弾むスピンサーブを打ってくる相手
3.サーブの後必ずステイバックの相手
4.バックハンドが苦手な相手
5.自分がバックハンドが苦手な場合
6.厚いグリップの相手
7.リターンで縦ロブが多い相手
8.早いフラットサーブの相手
これらのパターンにどう対応するか、フットワークの選択も含め、解説をしていきたいと思います。

日程:9月15日(金) 19:00~20:30(18:45受付開始)
定員:20名
受講料:5,000円
会場:全水道会館
〒113-0033 東京都文京区本郷1-4-1
TEL : 03-3816-4196
・JR水道橋駅 東口 下車2分
・都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口1分
http://www.mizujoho.com/zensuido/access/tabid/82/Default.aspx

テーマ:「仕組みの本質」

【申込方法】以下のフォームよりお申し込み下さい。

PC/スマートフォン→https://ssl.formman.com/form/pc/3qrwB4WpGrjUgt3f/

携帯電話→https://ssl.formman.com/form/i/3qrwB4WpGrjUgt3f/

※2009年以前のモデルの携帯電話ではアクセスできない場合があります。その際にはinfo@vfootwork.comへご連絡ください。
また、Webからのお申し込みができない場合もinfo@vfootwork.comへご連絡下さい。

※受講料は当日現金でのお支払いとなります。
※お申込みいただいた方には、開催日一週間前にリマインドのメールを差し上げます。
万が一キャンセルされる場合には、セミナーの開催日の前々日までにホームページの「お問い合わせ」画面からご連絡下さい。
開催日前日からはキャンセル料【前日:50%、当日:100%】が発生しますのでご注意下さい。
ホームページはこちらから↓
http://vfootwork.com

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)