まねき猫ホスピタル院長 獣医師・石井万寿美 ペットのいる暮らし

まねき猫ホスピタル院長 獣医師・石井万寿美 ペットのいる暮らし

小動物臨床をしている獣医師です。書くことが好きで本も書いています。自分の勉強したことを伝えて、少しでも世の中に還元できれば、こんな嬉しいことはありません。

NEW !
テーマ:
↑オーガニックのこのようなココナツオイルをおすすめしいます。
 

このブログを読んで、食事療法をしてくれる飼い主さんが、増えているようです。

全部が手作り食でなくても、だんだんと慣れて、飼い主さんがもふもふちゃんの食べるものに、興味を持っていただくことは、嬉しいです。

 

今回のもふもふちゃんは、

 

保護団体様で乳腺のしこり切除し、高悪性でした。

歯もボロボロだったそうで、全抜歯しています。

 

 

1年前に引き取り、昨年12月と今年7月に再発し、それぞれ乳腺部分切除と

皮下腫瘍切除しました。

どちらも高悪性、管内浸潤、リンパ節転移ありです。

抗ガン剤はなしで、抗炎症剤だけです。

転移はなしです。

 

手術後からフードは辞めて、完全手作りにしました。

 

 

 

先生のブログに出ている野菜(歯がないのでみじん切りにしたものを蒸して)

低速ジューサーの人参ジュースを13-4

松の実・クコの実・梅真珠も砕いてあげています。

 

 

カボチャ・サツマイモ・納豆・豆腐・小豆・金時豆・大豆のお肉等

の割合を多くしてあげていますが、体重が減っていってしまいます。

 

 

動物性蛋白質はあげれないので、このまま痩せていくのが心配です。

 

 
私たちの病院では、がんの子は、ほぼ食事療法をしています。
 
がん治療が上手く行き出すと、植物性タンパク質だけを食べている食事療法をしていても痩せてくるもふもふちゃんはいなくなります。
 
●がんで食事療法をして痩せる理由
1、がんがまだ、活発
2、がんが、どこかで再発している
3、カロリーが足りない。
 
1、がんがまだ、活発
2、がんが、どこかで再発している
場合の子も痩せてきます。
がん治療を他方面からしましよう。
 
 
3、カロリーが足りない。
  ・サツマイモ
  ・カボチャ
  ・ココナツオイル
  ・アマニ油(人間で、大さじ2杯ぐらいなので、体重で換算してね)
  ・炎症反応が低い子は、小魚を与えても大丈夫です。
 
このようにして、体重減少を防ぎましよう。
それでも体重減少する子は
  ・アミノ酸サプリメント
  ・アミノ酸点滴
 
をしてあげてくださいね。
 
●飼い主さんのすること
*食事療法をして痩せてくるようなら、血液検査、尿検査を。
*ココナツオイルを与えて下痢をしない子は、ココナツオイルを与えてみる。
 
がんは代謝疾患なので
「木を見て森を見ずではなく、森を見ながら木も見てあげましようね。」
 
 

テーマ:

 

 

私たちのがんの治療方法が、少しは世間に浸透しています。

 

具体的な治療法

*丸山ワクチン

*食事療法

*ICG-lipo

*重曹療法

*サプリメント療法

*高濃度ビタミンC点滴

 

などをやっています。

獣医の基本的な治療法

*手術

*抗がん剤

*放射線治療

 

です。

私は、手術が出来る子は、やった方がいいと考えいます。他のふたつは積極的にするのは、いかがなものかな、と考えています。

 

といいますのは、がんは「全身疾患」です。

がんになった部分だけ悪いのではなく、あとの細胞が元気というのはありえないのです。

がんになると、全身が悪く、その中でもとくに悪い細胞ががんになっているのです。

 

 

このような知識を理解してくださって、

*がんのようなものが見つかった。

*病理検査中

 

このような状態で、治療に来られるので、意識の高い飼い主さんが増えたことが、嬉しいです。

 

いつも悔しく感じているのは、

*手術したのに転移した。

*抗がん剤をやって寛解したのに、再発した

 

などです。

がんは全身疾患だということを理解していただいていれば、再発や転移などがないのに、と思っています。

 

もふもふちゃんは、長寿になり、飼い主さんが科学的に正しい知識をいかに持っているかで、元気に長生き出来るかの分かれ目になるので、知識を常にバージョンアップしてくださいね。

 

私たちが、治療をしている過去にメラノーマになって寛解を迎えたもふもふちゃんは、この連休に飼い主さんと一緒に旅行に行かれています。

 

そのようなことをお聞きすると、本当にみなさんに、情報や体験を発信して本当によかったと思っています。

学問でがんを治す』ですね。

 

参考文献は以下です。

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

食事療法は、難しいですね。

もふもふちゃんに「好きなものを食べてもいいですよ」といえればいいのですが、がんの治療をしていると、なかなかそうわけにはいかないことがわかってきました。

 

臨床をしていて思うのですが、私たちの指導の下で食事療法をしているもふもふちゃんの「がんの治療効果」はいいのです。

 

以下のような質問をいただきました。

手作り食で、牛、豚、羊を避けていますが、鶏肉もよくないのでしょうか。
やはり「魚」はどうも食がすすみません。
ささみ、胸肉、レバー、砂肝など野菜と炊いてあげているのですが。。。

 

基本的な考え方

 

●がんの子

 カラダを酸性にさせない。

 その理由は、腫瘍微小循環で酸性にしておくと、がんが活発になり、転移するからです。

 

●がんではない子

 なるべくシニアになれば、植物性タンパク質か魚のタンパク質にする。

  魚は、子魚で頭、シッポ、内臓を与える。

 

このことを理解してもらい、自分のもふもふちゃんの場合は、どうな嗜好性があるか? で変わってきます。

 

がんでなくて、シニアでない子なら、鶏肉を与えても大丈夫です。

鶏肉をたくさんあげるとカラダが酸性に傾む子が多いので、気をつけてくださいね。

酸性にならないように、アルカリ性である野菜を多めにあげることですね。

 

このブログで書いている食事療法は、がんの子に対していることが多いです。

 

〇〇だけを与えていると、大丈夫というものはなく、その子にあったオーダーメイドの治療になります。

*血液検査

*尿検査

*体重

*ウンチの状態

 

を見ながら、専門医とよく相談することが大切ですね。

 

これは、私の経験です。

全ての獣医師が、そう考えているわけではないです。食事についてどう考えるかは、飼い主さんの判断になります。

 

 


テーマ:

猫さまは肉食で、ワンコさまも基本肉食なので

 

 

やはり飼い主さんは肉をあげたいという願いがあるわけです。以下にも書きました。

 

私は初診のときに、

「何を食べさせていますか?」と尋ねます。

*食事

*トリーツ

 

なども含めて、全てです。

*がん

*慢性腸炎(IBD)

*難治性皮膚病

 

食事療法をしないと治らないと考えているからです。

 

カラダは食べたもので出来ているのです。

 

肉を食べさせてあげたい人は、ジビエ料理というのは、いかがでしょうか?

 

ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(フランス語)で、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。

その昔フランスなどでは、ジビエを使った料理は自分の領地で狩猟ができるような、上流階級の貴族の口にしか入らないほど貴重なものでした。

 

自然の中で生活している天然の肉は

*脂肪が少ない
*栄養価も高い
*コーンなどを食べていない
 
などです。
イノシシの肉などもジビエ料理になりあすね。
 
イノシシ肉が使用されたドッグフードは、実はそんなに多くありません。
鹿肉と比べると少ないですが、探すとあるようです。
 
日本では11月15日~2月15日まで狩猟が解禁となるので、この時期にジビエのシーズンが始まります。この時期にジビエの食材を与えるのもいいですね。
 
家畜と違って安全面で問題があるところもあるので、農林水産省の指導に沿った、しっかりとした施設で製造されたものを選ぶようにしましょう。
 
肉を食べるということは、どのようなものを食べて育ったかも知ることです。
よろしくお願いいたします。
 
 

テーマ:

image

この夏は、猛暑で大阪で台風21号があり、街を歩いていると、屋根にブルーシートを覆っている家などや歪んだ看板などを目にします。

そんな夏も過ぎようとしています。

 

少し遅いのですが、夏季休暇をいただきます。

 

9月24日から30日です。

よろしくお願いいたします。

 

 

気分転換をして、さらなるバージョンアップをしてきます。

 

もふもふちゃんが、元気で快適な生活が出来るように、日々、勉強です。

 

ご理解の方、よろしくお願いいたします。