まねき猫ホスピタル院長 獣医師・石井万寿美 ペットのいる暮らし

まねき猫ホスピタル院長 獣医師・石井万寿美 ペットのいる暮らし

小動物臨床をしている獣医師です。書くことが好きで本も書いています。自分の勉強したことを伝えて、少しでも世の中に還元できれば、こんな嬉しいことはありません。

image

↑眼窩 鼻腔内リンパ腫が5年以上寛解していちごちゃん

 

手術や放射線治療をしても再発した、転移したと来院されるもふもふちゃんが、数多くいます。

 

がんは「炎症」反応だと思っている私たちにとっては、なるべく早く来ていただきたいと思っています。

 

上記の場合だと大火事になっていることが多く、なかなか火消しができないのです。

 

がんは自分の細胞が異常に増えた結果です。

そのため、体を変えないとよくないのです。

・尿のpHが7.5から8

.・CRPが正常

・SAAが正常

・好中球/リンパ球の比が、2から3

 

 

これになっていて、食欲があれば寛解します。

そのために

・食事療法

・丸山ワクチン

・有機ゲルマニウム

・重曹療法

・高濃度ビタミンンC点滴

・低分子フコイダン

・チャーガ

・ミサトール

・フルボ酸

・珪素

などを行い、炎症をとります。

 

放射線治療や手術をしたので、再発、転移させないようにしてあげてほしいです。

私たちの動物病院を受診される場合は、なるばく早く来院していただきたいです。

 

 

 

待合室には、額に傷を負い目の周りを腫らした高齢の池田さん(仮名)と奥さんが座っていました。池田さんは、急いで動物病院に駆けつけたようで、手にはまだ血のあとがありました。

筆者はミニチュアダックスフンドのテルくん(仮名)を池田さのんところに連れていきました。なぜ、このような傷を負った飼い主が、診察室にいたのかを説明しましょう。

 

【高齢飼い主】犬を抱えて転倒し頭から出血し救急車に 見知らぬ人の善意で救われた犬の命(石井万寿美) - エキスパート - Yahoo!ニュース

image

↑眼窩 鼻腔内リンパ腫が5年以上寛解していちごちゃん

 

先日、他院で肝臓がんで「何もすることがない」と言われてたと、来院されました。

 

数件の動物病院を回られているようでした。

確かに手術はできないかもしれません。しかし、放置しておくと、黄だんや肝性脳炎になる可能性があります。

このようなことになると、

・食欲不振

・けいれん

 

などの症状を起こす可能性が高いです。

 

そこで以下のような治療ができます。

・高濃度ビタミンンC点滴

・丸山ワクチン

・有機ゲルマニウム(アサイゲルマニウム)内服・噴霧

・低分子フコイダン

・アルテスネイト

・食事療法

・重曹療法

・フルボ酸

 

などです。

体に炎症が起こっているので、まずは抗炎症の治療をしていくことが大切です。

それで症状が緩和されて、時間をかけて寛解されることもあります。

 

このような治療があることが広まるといいですね。

 

 

 

 

私たちの動物病院では、がんの子を多く診察しています。

 

抗がん剤作用のある薬をつかっているのに、なかなか効かないという子もいます。その場合は、以下のようにします。

・尿のpHをアルカリ性にする

・高濃度ビタミンンC点滴

 

それと、デドックスをしています。

・竹炭の内服(リンが含まれていますので、かかりつけの獣医師と相談してからつかってください)

・EM-Xの内服

 

 

多くの病気は、「不足」か「過剰」によって起こります。
「不足」は栄養素などのミネラルも不足している子が多いです。

 

「過剰」は重金属、食品添加物、農薬、薬などの過剰であることが多いです。

 

がん治療は、デドックスも一緒にしないと寛解をしない子もいます。入れるばかりではなく、過剰なものを排泄する治療をしてもらいましょう。

以下のものは、かかりつけの獣医師と相談してくださいね。

 

 

 

 

私たちの動物病院で、チワワの子が発作を起こしていましたが、有機ゲルマニウムを飲むとほとんど出なくなりました。

その子は、毎日、起こしていたのですが、数えるほどしか発作を起こさなくなったことを以前、書きました。

 

それ以外にも、連日、発作を起こしていた子が、有機ゲルマニウム(アサイゲルマニウム)を飲むと、ほぼ出なくなったそうです。

 

どちらも、高齢で麻酔をかけるのが嫌なので、画像診断はされていません。なぜ、発作を起こすのか原因はわかっていませんが、有機ゲルマニウムが発作を減らず効果があります。

 

発作で悩まれている方、有機ゲルマニウムを飲むという方法もあることを知っておくといいですね。