美々津の沖磯を目指してレッツらゴー♪

 

凪だと思いきや、沖に出ると結構波があるね。

 

美々津の沖磯で代表的なものは次の二つ。

 

一ツ神と七ツバエである。

 

uenoさんによれば、2つともに夜釣りのアジにはもってこいのポイントだが、

 

一ツ神は、大型のマダイやクロなどの実績も高いとのこと。

 

「一ツ神に行こい。(行こう)」

 

と、uenoさんは、一ツ神を船長に哀願。船長もとりあえず一ツ神に来てみた。

 

 

日向灘に悠々と浮かぶ一ツ神は東側が高ポイント。そこにはすでに2人の先客が。

 

あと2人乗るには問題ない人数。

 

ところが、足下はうねりによるサラシで真っ白。

 

「uenoさん、一晩中こんな感じだよ。」

 

と、船長。

 

アジ釣りは、凪の方が圧倒的に釣りやすいことを考えると、折角の一ツ神だが他を当たった方がよさそう。

 

「船長、七ツバエに行きましょう。」

 

「その方が、良い釣りができるよ。」

 

意を汲んで船長が、我々を七ツバエへと誘ってくれた。

 

 

灯台がある七ツバエ。こちらの方がうねりの影響が少ないようだ。

 

過去2回のここでの釣りで、2回ともアジ20匹の釣果。相性の良いこの磯で一晩中アジとの真剣勝負をしたいね。

 

船は、磯の近くでエンジンをスローに。

 

 

なんと言うことだ。灯台の一番のポイントの先端部分が空いているではないか。

 

難なくA級ポイントの先端をゲット。

 

これからの釣りへの期待で胸が張り裂けそうである。