ベロコンハウス㈱のブログ

ベロコンハウス㈱のブログ

スタッフの紹介や日記、建設現場の紹介をしていきます。

※夕刻のF様邸

 

こんにちはーニコニコ

 

本日は、F様邸の一部をご紹介させて

頂きたいと思います。

F様邸と言えば、

営業のE先輩のお客様ですが、

 

E先輩と言えば、

ラーメン。

 

E先輩にとっては、

指宿のたけとら、

麵屋二郎から鹿児島北仏跳麺、

または、

桜島をまたいで鹿屋は札元町の

ねぎラーメン迄、

 

鹿児島はラーメンパラダイス、

 

ラーメン激戦区鹿児島!!

ラーメン列島鹿児島!!

ラーメンを食べている男の子のイラスト

ここ最近は、

ベロコンハウスの近くに出来た、

地獄のタンタン麺が気になっておられます、

スープは真っ赤ですよ!

 

地獄の坦々麺 天竜 下荒田店下矢印

https://goo.gl/maps/AzugDSD3jPpCcCY86

 

そのスープを飲み干してはいけない・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンは、2700のロングサイズキッチンビックリマーク

壁付けなので、大きいサイズでもピッタリフィット照れ

 

写真では分かりませんが、

まだ真っ白ですよ、この清潔感、

気持ちいいですよぉニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収納可能な、脱衣室の物干し具です。

 

 

このCFシートは石目調のホワイトでしょうか、

居室の床材は、ホワイトオークだと思います、

扉は漆喰ホワイトでしょうか。

白基調の配色で統一なさっています、

 

本当に綺麗、新築って感じです、

光が包み込む感じで、日曜の朝は最高ですね照れ

 

引越しが楽しみなのではないでしょうか。

もう一度撮影にお伺いさせて頂きます爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちはーニコニコ

暑い日が続いておりますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日暑中見舞いを出させて

頂きましたが、致命的な事に

気が付きました。

 

暑中見舞い申し上げます!

を一言入れ忘れていたんですね。

 

時期は完璧、

内容は、ただ、絵葉書になっていましたびっくりあせる

 

さて本日は、

完成が近いO様邸を少しご紹介させて

頂きたいと思います。

今の所、大方の完成が、8月26日頃を予定している

そうです。

外壁タイルはほぼ貼り終えていますね。

 

建築面積が限られていたそうですが、

頑丈そうな重厚感ある二階建てが

出来て居ます。

 

 

鉄筋コンクリート造は、

構造体の建築基準が、

そもそも他の構造と比較して、

高いと言う事が言われています。

 

構造体自体が重く、

津波や川の氾濫でも流されず残っている

映像を見ますが、

 

その分基準も厳しくなるようです。

 

1枚が約550㎏前後のコンクリートパネルを

組み立てて作られた耐久力のある構造です。

 

 

 

 

 

 

コンロはガスコンロ、

料理がお好きな方は、

やはりガス火力が欠かせないと言う方もおられますニコニコ

色がカッコイイですね色がおねがい

スペースを有効利用する為に、

L字型キッチンですびっくり

L字型キッチンは、総長さは案外大きいので、

部屋のすみ以外で配置をする時には、

逆に配置が難しくなる印象がありますが、

良い感じに収まっていますね。

アクセントで、色を変えてあります。

ここの真ん中にテレビが来るんでしょうか!

 

しっかしこの頑丈な躯体。

営業担当のYさん、一生懸命プランしておられ、

意識しておられなかったみたいですが、

 

結果的に生み出された、

このひときわ頑丈な躯体が気になります爆  笑

 

外壁は、

品質の安定したコンクリートパネル、

内部は木組みがされ木造。

 

コンクリートパネル工法だから出来る、

壁内空気層を逆に活用した断熱。

 

 

バルコニーの出入りには、

MBC展示場と同じようなフルオープンサッシが

採用されています。

完成が楽しみです爆  笑

 

こんにちはー爆  笑

 

暑いですねぇ。

先日、庭で亀を拾ったんですよ。

夕食を食べた後、庭をフラフラしていたら、

石みたいに、庭に居ました。

 

こんなトコに石あると、つまづくぞっと

思ったら、むにゅって動きましたよ。

ラッキーっと思って、拾ったんですが、

何で庭にカメが、

高い土地なので、居るはずが

無いのですが。

ニホンイシガメです。

 

こちらが、元々飼っていた、クサガメ。

臭いからクサガメらしいです。

毒腺から、臭いを発するのだとか。

取ってありますが、臭いです。

二匹とも、甲羅が17センチ程です。

この二匹、仲が悪いんですよ。

お陰で、

夜自宅に帰ってから、2つの水槽の水を

替えています。

2年も飼っているのに、何とかして逃げようと

するクサガメのたべぞう。

いい加減、顔を覚えてくれよ・・・・

 

野生のイシガメも、ブロックの隙間に入り込んだり、

水替えが大変になってきました。

 

最悪、在来種の

イシガメはリリースしても良いのですが、

クサガメは確か外来種の為、ダメです。

 

かわいいとか、

もう、そういったものはなく、

淡々と、逃げては戻し、水を替える、

水を替えないと、家族から、

臭いと苦情が来ます。

 

皆様、亀は、でかくなりますからね、

でかくなった時が、大変ですよチーン

 

元々、以前の会社の退職時にクサガメを

貰いました、イシガメが欲しいと言っていた

のにクサガメでした。

 

そして、それから2年後、庭でイシガメも

発見する事になるとは。

 

両方をゲットし、

大きさもほぼ同じ、

きっと、願い事とか、

何とかと言うのは、2年程遅れると言う

事なのだと思います。

 

粘り強く、待つことも大事だと言う事でしょうか。

 

最近、どこかで引き取って欲しいと思いつつ

も、こらえているのは、

亀の恩返しを期待しての事。

 

恩返しどころか、亀増えましたからねぇ。

まず、拾うなって話ですよねぇ爆  笑

 

                    by亀吉

 

 

 

 

こんにちはー爆  笑

 

先日車で走っていると、

どうやら入道雲が出ているようでした。

なんとなく、梅雨明けが近いのだなと言った

印象を受けましたキョロキョロ

 

車の温度計を見ると29°あります。

 

これから、信じられない程の暑さが

やって来るのでしょうねキョロキョロあせる

 

さて、本日ですが、

鉄筋コンクリート塔屋プランに

ついてです。

 

以前から度々塔屋プランの話が出て

おりますが、

 

塔屋プランに着目している理由は、

鉄筋コンクリートの強みである防水がしっかり

生かされる点にあります。

 

こちらは、

MBC展示場の様子です。

二階のバルコニーですが、

超絶大きいバルコニーですよねはてなマーク

 

築9年の展示場ですが、殆どメンテナンスは

行っておりません。

玉石を敷いてありますので、

そこに溜まった灰を取り除く程度は

年一回程度行っています。

 

通常の構造で塔屋や屋上やバルコニー

をするときには、

 

●透湿防水シート、

●FRP防水床、

●屋上立ち上がり壁はガルバリウム鋼板笠木等

●防腐処理済の木材使用

●FRPの下へ構造用合板2枚張り以上

 

このようになるかと思います。

しっかり防水も行うと思うのですが、

やはり、コンクリートと比較しますと、

FRPの劣化や、防水の切れは、

気になってしまうところです。

 

なお、

全てが防腐処理済の木材を使用してい

るとも限りません。

防腐処理と言っても、シロアリ等の防虫

処理を指す事が多いのではないでしょうか。

 

なお、構造用合板は普通の木だと思います。

 

 

例えばプールって、

鉄筋コンクリートですよね、

他の材料で作られる事って、

珍しいと思うのですよ。

 

やはり鉄筋コンクリートが、

防水性能と高い耐久性があるから

なんだと思います。

 

鉄筋コンクリート以外の構造で、

屋上の腰壁を作る時にも、

笠木等のコーキング部分が、

経年劣化で切れてしまえば、

水の表面張力による毛管現象で、

内部へ水が染み込む危険性も・・・・

 

本来、屋根の防水は、

かなり神経を使う部分だと思います。

なんせ、中に水が入って木が濡れると、

腐り易くなります。

 

もし構造体が腐食すれば、

当然建物は本来の性能を失って

いきますよね。

 

通常は、雨水が効率良く流れるように、

屋根は切妻・片流れ等、勾配にしますが、

屋上仕様はこれをフラットにする訳で

すから防水処理には、

なお一層神経を使わなきゃですプンプン

 

もし最悪、

屋根の排水が詰まって屋上がプール

みたいになった時、どうなんでしょうか。

 

実際ありました。

以前賃貸管理をしていたころ、

雨漏りの連絡を受け、雨の中鉄骨造店舗の

屋上へ上がりましたが、排水口が落ち葉等で

詰まり、深さ15㎝程のプールになっていました。

(カラスが色々屋上に持ち込んでいたようです)

 

屋上はFRP等で防水されていますが、

継ぎ目と言う継ぎ目に水圧も掛かる訳ですから、

 

長期間地震や風雨、

紫外線によるコーキング劣化に

耐え続けた建物には酷な事。

どこからともなく、雨漏りしていました。

 

勿論、塔屋プランはそもそも屋上へ上がって、

ゴミなども処分出来る事が前提ですが・・・・

 

ベロコンハウスは、

屋根は鉄筋コンクリートの一枚板で作られて

いますので、

元々プールと同じようなものですおねがいあせる

 

コンクリートは、防水・防湿性能がありますから、

建物の基礎は殆ど鉄筋コンクリートですよね。

(※平らに見えて、雨排水の為の水勾配があります)

 

屋上を利用する事を考えるなら、

鉄筋コンクリートが安心ではないでしょうかおねがい

 

そして、11トンのユンボが乗っても大丈夫な程、

鉄筋コンクリートは頑丈です。

 

他、FRPや、ガルバリウム鋼板に雨が落ち、

パタパタ音がすると言ったことも、鉄筋コンクリ-

トなら関係ありません。

 

雨や風ではビクともしないコンクリート

ですから、室内はとても静かです。

 

その他にも、

鹿児島市内の土地価格の高騰により、

購入できる土地の大きさが小さくなってきた

事で、3階建てを建築する時、

 

実は思わぬ問題として、

3階建ての荷重に耐える頑丈な基礎になると、

建築費用が思いのほか上がってしまう

等があります。

 

ベロコンハウスの塔屋プランであれば、

二階建てとさほど扱いが変わりません。

 

では、一つ塔屋プランを見てみましょう。

営業の簡易キャドで作成しておりますので、

形が分かる程度の画像になってしまいますが・・・

 

まずは外観です。

外観

外観

屋上

 

1F

2F

屋上

(※最近は、雨に濡れても大丈夫な家具があります)

 

こちら、土地は42.34坪、

建物は、

1F:49.94㎡(15.10坪)

2F:53.78㎡(16.20坪)

塔屋:5.76㎡(1.74坪)

延床面積33.04坪

建築面積16.20坪

といったプランが配置してあります。

屋上は、1m程の鉄筋腰壁で囲む予定で、

敷地が狭い分、庭のようにして使います。

 

MBC展示場のように屋上緑化しても良し、

人工芝で管理面を楽にしても良いでしょう。

 

このようなプランであれば、

駐車場も余裕で3台確保出来ます。

 

1階は寝室と子供部屋を配置し、

2階にリビングがあります。

2階リビングなのは、道路を歩く方の目線

より高く、気にならない事と、

リビングで調理したものを、

屋上へ持って上がりやすいようにです。

 

恐らく、光の取り込みでも、2階の方が

良いでしょう。

 

塔屋を設ける事で、外部に出る事無く、

屋上へ出る事が出来ます。

 

今後、町の中心部の土地での建築にも

お勧めで、

 

隣の建物が火事になった時の延焼被害

等も、耐火構造の鉄筋なら心強いです。

 

是非、屋上を庭の代わりにと言う発想の、

塔屋プランも検討して下さいね爆  笑

こんにちは~爆  笑

 

本日は、鹿児島は晴れですひまわり

暑くなりそうですねぇ。

 

さて、本日は、以前ベロコンハウスの

強さの秘密とありましたので、

ベロコンハウスの強さの秘密2

と言う事で、アピール回です笑い泣き

 

 

ベロコンハウスは、鉄筋コンクリート

住宅ですが、

鉄筋コンクリート造は、以前から

大規模公共施設や社屋、病院等に使用

されてきました。

 

また、

地震の時などの避難施設として、

公民館や、学校の体育館等が使用されてきました。

 

実は、

鉄筋コンクリート造は、

建築基準法上の基準を満たすだけでも、

構造計算は勿論、

そもそも厳しい基準が設定され

ています。

 

そして、シロアリ等にも強く、

建築後長く経っても劣化しにくい事から、

万一の時にも信頼性があります。

それは、法定耐用年数の長さでも分かります。

 

木造住宅であれば22年、

鉄骨造であれば、35年

鉄筋コンクリート造であれば、47年(以前は60年でした)

 

鉄筋コンクリートは、JIS規格で生コンの品質が

定められており、その基準をクリアしていますので、

性能と品質が安定しています。

 

耐火構造であり、

延焼にも強く、

台風にも抜群の耐風圧性を備えます。

 

鉄筋コンクリートは、

以上のような事から、

以前から、強いと言われてきたのだと思います。

そして、公共の避難所とされてきました。

 

ここからは、ベロコンハウスについてですが、

 

ベロコンハウスの強さの秘密としましては、

以下の事が思い当たります。

 

①直下率を以前から考慮してきたこと

②重量コンクリートパネルの強い外壁

③水分比率を抑え劣化を抑えたこと

 

この中でも、本日は直下率について

ですが、

直下率とは、

 

地震の時の横揺れと縦揺れの際の、

縦揺れ、地面から突き上げるような揺れに対し

ての強さの指標の一つですが、

一階と、二階の柱が、

ちゃんと上下で連動しておるんか?

何%連動しておるんか?

と言うものです。

 

ベロコンでは、

この壁がちゃんと一階、二階で連動して

いる事で、はじめて耐力壁となります。

鉄筋コンクリートでも、ここはしっかり

守られていて、更に安定した構造の強さを

持ちます。

黄色の部分に、柱が入っていると、

構造体への負担も軽減出来て、

有効に強度を出せるのですね爆  笑

 

しかし、

現行の建築基準法では、

この直下率迄は規定されていないそうですキョロキョロはてなマーク

 

以前、

「NHKスペシャル あなたの家が危ない 

熊本地震からの警告」

と言う番組で取り上げられていました。

 

建物は、どれだけ技術が進歩しても、

物理的な構造体である事は変わらず、

家電製品等とは違い、自重も重く、

長く過酷な状況に晒されます。

 

●紫外線

●地震

●台風

●火災

●豪雨

●土砂災害

 

そういった高い耐久性が要求される

構造体ですので、

やはり直下率が考慮されているかどう

かは気になりますねニコニコ

 

さて、

では、直下率は、

どのように守られているのか、

実際のプランで見てみましょう。

こちら、構想中の棟屋付き屋上庭プラン

です。

 

 

こちらのプラン、営業会議では、

直下率に凝りすぎて、

それだけで、あまり魅力が無かったようでした。

 

      うーん・・・・            えーと・・・

 

 

1F

2F

屋上

 

これは、ちょっと

実際は耐力壁が入りすぎなのですが、

耐力壁を着色すると、

 

赤い線は、縦方向の揺れに対応、

青い線は、横方向の揺れに対応、

そして、2階の耐力壁の下には、

必ず1階の耐力壁があります。

 

ベロコンハウスは、

独自の基準に基づいて、

ここをしっかり守っているから

こそ、安定した強さがあるのだと

思います爆  笑

 

鉄筋コンクリート造は、

高い強度の重量構造体だからこそ、

ごまかしの無いシンプルな構造体の

強さが必要だと思いますニコニコ