アカウント消されるのを覚悟で。

 

若いみなさん、選挙に行こう。でないと、潰されるよ。

 

沖縄にまた緊急事態宣言が出たらしい。これ、どういうことかわかる?

ちょっと考えたら子供でもわかるぞ。

 

 

コロナで重篤化しやすいのは誰だ?

 

正解は「年寄り」だ。日本では40代以下のコロナ死者はたったの3名。いずれももともと身体が弱かったらしい。普通の若者はまったく死んでいない。

 

で、

 

緊急事態宣言で困るのは誰だ?

緊急事態宣言を出されても困らないのは誰だ?

 

前者の答えは、現役世代、特に経営者だ。もうすでにいろんな企業が潰れ、失業者があふれ始めてる。秋にはおそろしい不況が来る。リーマンショックをはるかに超えるらしい。俺も秋以降遊べないと覚悟している。会社をリストラされる可能性もあるだろう。

 

後者の答えは、年金生活者だ。つまり老人だ。どんなに不景気になって企業がバタバタ倒れても、年金は減らない。しかも、運用益がなく基金が目減りしまくってるくせに、現役世代の掛け金を年金生活者に契約通りにしっかり配っている。

 

 

 

まとめよう。緊急事態宣言を出すということは、こういうことだ。

 

老人を守り、現役世代に痛い目に合わせるということだ。

 

 

なぜ政治家はこんな結論を出すのか?

 

答えは簡単だ。老人は選挙に行くからだ。老人に媚びないと政治家を続けられないからだ。

 

 

若いみなさん、自分を守るには、みんなが選挙に行き、政治家に「老人に媚びるだけでなく、若い人たちも守らないと政治家を続けることができない」と思わせるしかないよ。

 

自分たちを守るのは自分たちだよ。

5月30日の「競馬予想TV」でおもしろい議論があった。

 

血統評論家2名が真逆の主張をしてた。

 

亀谷氏は、

 

「コントレイルは『ディープ×アメリカの早い母系』なので、府中の直線の速い馬場が得意で、サリオスとの差は広がる」

 

と主張し、

 

栗山氏は

 

「コントレイルは母系が○号属でパワー型、サリオスは○号属なので軽い馬場が得意。逆転する」

 

と主張。

 

昨年もその考えで『ディープ×アメリカの早い母系』に絞ってダービーで大儲けをした亀谷氏有利かと思ったんだけど、はたして結果もその通りに。差は広がった。

 

さすがに、母系だけで馬場適性を判断するのは暴論じゃないかな。牡牝組み合わせたって、全兄弟で適性違うこともあるのに。よくいままで当ててきたね。

完全な終息はありえない。

 

なぜかというと、バカが数割いるから。

 

みんな2週間家にじっとしてれば、感染者と非感染者がはっきりして、感染者を隔離しておしまい、なんだけど、

 

「かかってもおかしくない」行動をした人が、(バカだから)それと知らずにスーパーやドラッグストアや100均に出歩いて立ち話して家族や接触者に広げまくっちゃう。

 

あるいは、ウイルスが一度通いの老人ホームに入るとおしまいね。老人は人恋しいからみんなと接触するので、潜伏期間中に全員と接触し、そしてその家族にも広げちゃう。

 

病院も一緒。待合室でみんなで移し合う。

 

これらがきっかけで、油断したところで普通の人たちにも蔓延する可能性があるし、少なくともバカからバカは簡単に移って拡大する。「近所の人だから」と平気で立ち話もする。

 

どっかにバカが一人いたら終息するわけがないんだ。

 

で、これからどうするかというと、ワクチンができるまで、診療所がオーバーフロー起こさない程度に粘りつつ、経済回すしかない。多少、普通の人が運悪くもらっちゃうのも仕方ないが、「1対多数」の感染拡大だけは避ける。

 

不幸なのは、この病気、肺炎を起こし、人工呼吸器などが必要ってこと。そんなに数ないんだよね。そんなに増産できるものでもないし。

 

医療機関がオーバーフロー起こす前にワクチンが開発できるか、日本の経済がそこまで持つのか、

 

ほんと、ギリギリの瀬戸際よね。