下記の記事を見て、昨日、モスのグリーンバーガーを食べる計画を立てました。

 

私の地域のモスバーガーの店舗はほぼすべて、グリーンバーガーを販売しておらず、未だグリーンバーガーを食べていません。

 

下記の記事から、グリーンバーガーが終売することを知り、1時間ぐらいかかるグリーンバーガー販売店に行こうと考え、昨日、その店舗に電話したところ「本日からメニューがリニューアルされました。」と。

 

「グリーンバーガーはグリーンバーガー<テリヤキ>に変わりました。」

 

え~、1日違いで、食べられない!! ( ;∀;)

 

モスのお客様相談室に電話させていただいたところ、「前回のグリーンバーガーは600店舗からスタートしました。

今回のグリーンバーガー<テリヤキ>はほぼ全店舗でスタートしています。」と。

 

ということは私の住む市内のモスバーガーにもあるかもしれないということで、市内のモスバーガーに電話したところ「あります!!」

ということで、買ってきました。

 

かわいいイラスト

 

 


 

久ぶりのバーガーにテンションは上がりっぱなしです。

 

ただ、そのまま食べても美味しいですが、下記の記事にもありますように

「パキッテ」というソースで量の調整ができるのですが、別に入っているため、

今回、食べ終わってから、存在を知りました。

 

しっかりと確認するべきでした。

 

 

メルマガの申込はこちら

ヴェジ・ギャングプランクのヴィーガンレポート

 

ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

ヴィーガンランキング

家族が持ち帰ったガパオライスのトッピング?でガパオライスを作りました。

 

単に、ご飯にかけただけですが・・・(;^_^A

 

>タイ料理「ガパオライス」の「ガパオ」とは、バジルの一種で

あるホーリーバジルのことを指します。ガパオライスとは、
日本語でバジル炒めごはんのことです。タイではとても一般的な
料理で家庭でもよく作られており、タイの国民食といっても
過言ではないでしょう。

 

ガパオライスとは?材料や作り方についても解説!

 


ここのサイトには、

基本材料には豚ひき肉や赤パプリカ、バジル、卵などが使われ、

ナンプラーや砂糖などで味付けします。

 

とありますが、家族がもらってきたものは動物性のものを一切使っていないとのこと。

(本当か??)

 

 

実は、ガパオライスは初めてです。

 

と言いますか、ガパオライスという名前のものを知るのも初めてでした。

 

味は、やはり、タイって感じですね。

私としては満足範囲のおいしさでした。

 

量があったので、3日ぐらい連夜いただきました。

 

途中、昆布だし等をかけて、和風も楽しみました。

そういえば、国会の食堂でも「ガパオライス」ありましたね。

 

 

メルマガの申込はこちら

ヴェジ・ギャングプランクのヴィーガンレポート

 

ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

ヴィーガンランキング

地方活性化に「ヴィーガン」というキーワードを使われたことは、かつてもありました。

ただし、それは間接的な意味でした。

例えば、「この特産物は、ヴィーガンでも良いんじゃないの?」のような感じです。

この場合の主は「特産物」であってヴィーガンが最初にくることはありませんでした。

地方の野菜のブランディングでも「オーガニック」や「自然農法」があっても「ヴィーガン」はもちろん、「ベジタリアン」も出てきませんでした。

しかし、今回のお話は地方初の「ヴィーガン」を柱にした地方活性化です。
 

 

そして、あのジェトロも推進しています。

https://bit.ly/3B7rFG8

 

私もこんな仕事をしたいと思っています。

 

 

メルマガの申込はこちら

ヴェジ・ギャングプランクのヴィーガンレポート

 

ただいま、下記のランキングに参加しております。応援クリックよろしくお願いします。<(_ _)>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

ヴィーガンランキング