拘るな!とどんなにお坊さんが説教しても、人間は、高等動物であるが故に、心にいろいろな「こだわり」を抱きます。
▽ 富・お金や物・・・一流ブランド商品・好きな食べ物
▽大きな名誉や権力・・・地位・役職・褒章
不断の享楽・・・遊び・ばくち・酒
何事にも拘らぬ、と誓いつつ、そうはやすやすと出来ないのが世の常、人の常!
ところが、このようなものは普通多くの人々が求め、何がしかの満足を得ることはできます。
しかし、富を得ても使い方に無教養を露呈して嘲笑(あざわら)われ、つねに無くなる不安と恐怖におののくのです。    また長年にわたる権力の座への強いこだわりから、次第に醜態(しゅうたい)(さら)して晩年を汚す愚を犯して闇夜に消える世の(はかな)さにひとり涙するのです。しかし、人間として持つべき望ましい真のこだわりとは、次のようなことでしょう。
  • 道徳的信念や使命感を抱くこと
  • 人徳や優れた教養・品格を身につけること
  • 精神および肉体の健康を求め、維持増進を図ること
  • 適性のある仕事とその自由自在の発揮を生き甲斐にすること
これらの気高い追求に上限はなく、(ひさ)しくこだわりを持ち続けることは社会への貢献であり、人生の妙味です。
「般若心経」にある「色即是空(しきそくぜくう)」の「(くう)」とは、
  かたよらないこころ
  こだわらないこころ   
  とらわれないこころ
  ひろく、ひろく、もっとひろく
  これが般若心経 空のこころなり
私は、写経の時、般若心経の後にこれを付け加えるのを好みます。何か自ら空中遊泳して気分が浮遊し、富裕層ならず浮遊層になった気分です。 
こだわり過ぎる人は嫌われます。
とはいっても、「自分にはこだわる人」でなければなりません。 
ならば、「人にこだわらず、自分にこだわれ」 
   かたよる、こだわる、とらわれる
                  ・・・・だから、嫌われる!