美容を哲学してみる

テーマ:

こんにちばんわ

原です。

 

今回から美容という物を

哲学してみようと思います。

 

美容というより

美についてになるかと

 

まず哲学とはいったい何のか

というところ

 

 

"哲学とは何かを考える事。

恋とはいったい何のか?

よい社会とは何なのか?

これら問いに対しての

本質

それを導き

共通理解として

答えをだすことである"


 

まあなんと無謀なことをw

 

ただ今の美容界

いや美容界に限らず

抽象的なものが多く

人々の価値観が違い過ぎて

 

言う側も言われる側も

混乱する場面が多々ある。

定義という物を

しっかりと作っておけば

こういった混乱は

少なると思います。

 

これは美容のブログなので

美容について僕が考察し

僕なりの見解で

様々な美容の言葉を

僕なりに定義していこうかと

思います。

 

 

哲学というと

難しい言葉や

引用などイメージしがちですが

なるべく

というより

僕自身そんなに

頭がいいわけではないので

なるべく簡潔に

そして

本質

というものを

考えていければと思います。

 

今、頭に浮かんでいるのは

 

似合うとは何か?

美しいとは何か?

可愛いとは何か?

 

この3つです。

 

 

たかが3つですが

これを定義するだけでも

多分何か月もかかる事でしょう。

 

想像しただけでも

吐き気がしてきますが

男ならやると決めたことは

やるんです。

 

 

ちなみに今の考えて方☝は

ジェンダーと言います。

 

"ジェンダーとは

社会的、文化的、歴史的に

人間が後天的に作り上げた

性差の事をいう

byバドラー"

 

男とはこうである

女とはこうである

といった考え方ですね。

 

主に女性差別として使われたようですが

 

 

 

話がそれましたが

 

 

最後まで頑張って

書き上げられたらなと思います。

 

 

途中で飽きない様にしたいですね。

 

 

美しいを哲学してみる,

 

長い前置きがやっとおわりまして

ここからが哲学のお時間です。
 
まず初めに美しいとは何なのか?
 
これを考えていきたいと思います。
 
 
ここでは美しい=綺麗なものの事
 
で話を進めていきます。
 
※注意  画像などはあまり使いません。文字が大半です。
 
 
まずは美容と離れて考えていきます。
 
美しいもの
そういわれると何を想像しますか?
 
少し想像してみてください
貴方にとって美しい物とは何か?
 
 
僕が想像したのは鮮やかにオレンジに染まる
サンセットビーチ
 
ハワイで見た光景が美しいと感じたので
これが浮かんできました。
 
 
なぜこれを美しいと感じたのか?
 
次回はここを哲学していこうかと
思います。
 (疲れた)
 

ちなみにこの
哲学(なぜなのか?という考え方)
という意味は
形而上学(メタフィジカ)
の同義語として扱われいるそうです。
この考え方はアリストテレスという人が
考えた
紀元前に唱えられた考え方
ヤバいwww
 
 
では
 
また