ラテン!ラテン!ラテン!

渋谷からラテンアメリカ映画を発信!!


テーマ:
本日の「グッド・ハーブ」CINEMA AMIGO上映に
お越し下さったみなさま、ありがとうございました!

お客様との距離が近いっていいなあ、と実感。
全く脈略なく話してしまいましたが、あとでご質問
たくさんいただいたので、嬉しかったです。

DVD、できるだけ早く出せるように働きまっす!

初めて行ったCINEMA AMIGOは、天井が高くて、スクリーンも
大きく、とてもすてきな空間でした。

映画のあとは、honey & herbのめぐみさんが
どっさりと用意して下さったオーガニックで新鮮なハーブの数々。

$ラテン!ラテン!ラテン!-ハーブ

ぜいたくに好きなハーブを選んで入れて、お湯を
注いで、じっくりむらすと、ふわ~~~んと
優しい香りがしてきます。市販のレモングラスは、
ちと苦手だったのが、あら、不思議。こんなに美味しいなんて!

そして、草文化研究家、矢谷左知子さんの「和ハーブランチ」
ラテン!ラテン!ラテン!-ランチ
もう、帰りたくな~い、と思うほど、身体が喜んでました!
とっても良い気持ちで、奥にあるサンルームでシエスタしたくなりました。

なんて贅沢な時間。
オーナーの長島源さんを初め、めぐみさんや佐知子さん、
はたまた、観に来て下さった皆様との出会いに感謝。

CINEMA AMIGO、週末の1日に、ぜひ一度、みなさまも。

(余りの気持ちよさに電車の中で、つい眠りこけて
気がつきゃ羽田空港!!おいおい。
新逗子駅から羽田直通があるんだもんなあ~)

さて、これから有楽町でのセルバンテス文化センター
通訳コース打ち上げへ。
場所は、生徒さんが選んでくれた、これまたメキシカン!



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2012年初のブログ。みなさま、いかがお過ごしですか?

年明けから、寒くて引きこもり状態だったとともに、
去年から引き続いている仕事やモロモロがあったので、
「冬眠中」の札をかかげて、ネットから、ちと
距離をおいておりました。内省したかったというのが
本心ですが、そのことについては、おいおい書くことに。

冬眠中に、1年に渡って書いて来たNHKスペイン語講座のテキスト
「テレビでスペイン語」のコラム「日本で観よう!スペイン語映画」の
最終原稿のゲラを返し、セルバンテス文化センター通訳中級コースも
無事に終了し、そして、今日!ついにK'sシネマでのアルゼンチン映画、
瞳は静かに」の上映が終わりました。

12/10から始まった上映、ここまでロングランしていただき、
K'sシネマのIさん、Sさんの関西人お二人に感謝!!!

先月末終了した梅田ガーデンシネマもM支配人の采配で、
良いお時間いただき、数多くのお客様に観ていただきました!

ああ、もう、感謝してもし足りない!
この後は、3月3日からの神戸アートビレッジセンターでの
上映まで、小休止。

今日は、ひとり打ち上げでもしたいほど、
自分の中で、いろんなことに区切りがついたので、
や~っとブログを書くことに…。

これから、おいおい冬眠中に考えたことも少しずつ
書いていこうと思います。

が、まずは、明日に迫った、これ!

グッドハーブ初日イベント
「グッドハーブ」×比嘉 世津子×honey&herb×矢谷左知子 

逗子のシアターレストラン
CINEMA AMIGOで「グッド・ハーブ」の上映が開始!
ということで、トークに伺います。

気になっていたシアターレストランで
上映していただけるのは嬉しい限り。

CINEMA AMIGOという名前からして、ラテンな仲間!と
今回、初めて伺うことにしました。

たどり着けるのかどうか不安なので
(極度の方向音痴!)朝、早く出て、
逗子までの小さな旅を楽みたいわ、と
今からワクワク。とはいえ、今日は、
朝5時から仕事だったので、早寝して備えねば。

映画だけではなく、メキシコの魅力や
ラテンアメリカ映画の面白さをお伝えできれば、と
思いますので、ご近所の方は、ぜひ!



う~ん、しかし、昨年末に行った「映画、言いたい放題」忘年会の
顛末も書かずに、冬眠入りしてしまった私。

なぜか女性ばかりで、年齢も職種もさまざま、
互いに初対面なのに、ほんっと、
言いたい放題で、楽しい集いでした!

映画だけではなく、3/11以降に自分の中で
何が変わったか、とか、とても深い話ができました。
お店の雰囲気と共に、少人数なのが良かったと
思いますが、1本の映画を通して、集まれるってすばらしい、と
実感したので、ただいま、なっちゃんと新年会を企画中!

詳細は、明日、発表します~。(←ほんまやな!)
もっちろん、会場は、前回と同じ新宿「かくれが」
お楽しみに!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
あらら、アップしたと思っていたら…。が=ん。

10月15日(土)、つまり昨日から「ルイーサ」が、
10月22日(土)から「グッド・ハーブ」が
それぞれ1週間限定で、上映されております。

渋谷アップリンクXにて。

1回上映だけですが、見逃した方は、ぜひ!!

10/15-10/21
「ルイーサ」11:15~

10/22-10/28
「グッド・ハーブ」10:45~


唯一、HPを更新できるソフトウエアが入った
コンピューターが、ぶっ壊れたため、
更新できず、こちらでお知らせすることに!

とほほ。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
山形国際ドキュメンタリー映画祭に行っていて
戻って来たら、何やらお仕事山積み(当たり前か)

今日、受賞作品発表だった気がするので
それは後で書くとして、最終日は、
「永遠のハバナ」のペレス監督とともに
カナダ大使館主催のパーティに行ってしまい、
ヘロヘロで、「香味庵」に行けなかった!

大阪からわざわざ来て下さったTさん、
ごめんなさい!あとでメールしますよ~。
メキシコでたくさん映画観て来てくださいましね。

で、行っている間に始まっておりますた。

「グッド・ハーブ」
名古屋シネマテーク
フォーラム仙台

仙台は1日2回上映ですが、1週間限定なので、
もう今週の金曜日で終了!!
みなさま、お早めに、ぜひ。

名古屋は1日1回上映の2週間です。
こちらも、ぜひぜひ!



ラテン!ラテン!ラテン!-hierbas2
ラテン!ラテン!ラテン!-hierbas3
ラテン!ラテン!ラテン!-hierbas1
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、9月9日(土)から2週間、神戸アートビレッジセンターで
上映です~。

ただいま、新幹線の中。
なんだかちょっとした旅行気分でうれしいにゃ。

これから初回前のちょっとしたご挨拶に向かいます。

1日2回上映ですが、1週目と2週目で、
時間が変わるので、時間をチェックしてくださいね~。

タイムテーブルはこちら

10月は名古屋シネマテーク、フォーラム仙台、京都シネマと
つづきますよ~ん。

あ、シネマート六本木でも、1日1回、上映中です。
こちらも週末と平日の時間が違うので、
こちらでチェック~っ



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
(シネマート新宿での上映も、明日から3週目に突入。
9時間睡眠ののち、生き返ったこともあって、
今日は、配給裏話なんぞ。)


これを書いたのが、1週間ちょっと前。
いま、4週目に入っています。
なんだか色々書き過ぎて、途中で終わっては
また、書くを繰り返しているので、これからは、
書いたところからアップしていくようにしよーと
思っています。

今日は、15:35ぐらいからTokyo FMのシナプスという
番組に出て、電話でちらっと「グッド・ハーブ」のご紹介を
させていただきました!!
ありがとうございました。

そして、私なら気づかなかった映画の中のメキシコ雑貨を
ブログに書いてくださった下北沢のお店、
Nifu Nifaさん。


ふとチラシとポスターを置かせていただきにいって、
にゃんと、San Judasのキーホルダーやらグアダルペの聖母のロウソクやら
買ってしまいました!!!う~ん、なんかまた行くと
買ってしまいそうだわ。下北沢なのに、ゆ~ったりした
メキシコの時間が流れているようなお店です。
自ら買付けにいって、普通の雑貨店ではめずらしい
テピートのSanta Muerteが並んでいます。

映画の中に、サパティスタのポスターが貼ってあったとは!
と、さすが目のつけどころが違う!と感心した次第。

さて、ここからが1週間書き続けている内容です。

パンフを担当してくれたみぽりんが、
「パンフ裏話」を書いてくれたので、こちらも
裏話書いちゃおう~っと思った次第。

ちょこっとした裏話と3.11からの想いは
パンフの最後の編集後記(?)
「バクチは続くよ、どこまでも2」に
書いたのですが、誌面の都合上、書けなかったこともあるので。

スペイン語映画だけを配給しようと思って、
始めたこの仕事、1本目の「永遠のハバナ」が
キューバ映画だったこともあって、
しばらく、キューバクラシック(日本未公開の作品)を
何とかやりたい、とキューバ映画祭を2度も
やってしまいました。

その間にも、映画祭やマーケットなどで
メキシコ映画は必ず、すべて観るようにしていた。
なぜかというと、「ひとつの卵」でも書いたように、
私の人生の救世主は、メキシコとメキシコの人々。

あの生き方、死生観に感謝しながら今がある、
みたいなものなので、メキシコ映画をずっと
やりたい!と思っていたのです。

でも、観てみると、貧困と麻薬と国境越えが大きな
テーマで、また、これが売れたりするもんで、
前にも書いたけどNarco Cineという
麻薬組織やその周辺を物語るジャンルまでできてしまったほど。

大半のメキシコ人は、そんなことに巻き込まれず
独自の生き方を貫いているのに、と思っていた
ところで出会ったのが「グッド・ハーブ」だったわけです。

難航した買付け交渉の結果、お値段が思ったより
高くなってしまったもので、今回は宣伝もひとりで
やることに。ひえ~~~っ。

その後に、あの3月11日がやってきて、
「本当に夏は来るのだろうか」と
原発事故と余震の中で落ち着かない日々。

4月は、ほとんど仕事にならず。
被災したり大切な人を失った友人たちがいたので、
自分にできることを、細々やっていた感じ。

今でも落ち着かないのは同じだけど、
この映画と真剣に向かい合い始めてから、
根本的な生と死について考える時間が
持てるようになったのが大きな収穫でした。

何だか覚悟ができた、という感じ。
そこから、百万馬力(古いなあ、言い方が)で
宣伝を行ったのですが、今回、最も不思議に思ったのが、
「薬草を研究していたにもかかわらず
認知症になるのですね」と言われたこと。

え~~~~~っ!

認知症にならないようにできる薬草があれば、
もうとっくにどこかの製薬会社が特許をとって
予防薬にしてるよぉ、と思わず叫びそうになりやした。

2日目のトークでにもありましたが、
今、何に効くのか分からないけれども、先住民の
人々が治療につかっている薬草(つまり、科学的裏付けは
まだ、ないやつ)を製薬会社が調べて、
科学的な「発見」をした、といって特許とってる、と。

先進国はみな「発見」するんですな。もとから
そこにあった大陸やら島やら人々やら薬草を。

おっと、話がそれちまった。

メキシコの薬草については、パンフで、みぽりんが
Salud y conciencia (健康と自覚)のことを
書いてくれているので、ぜひ!!

そんなこんなで、当初、ここまで難しとは!と
余りにも驚きが大きかったのですが、公開してから、
みなさまの感想をいただいて、初めて、
おお、伝わる人には伝わってる!と確信できました。

あとお話が悲しい,と言われる方もいるのですが
(おそらく若い方だと思います)数十年たって、
いつか、どこかで思い出していただけるかも、と
思っています。

グッド・ハーブのツイッターでの感想
COCO 


実際に介護されている方や母娘で一緒に観られた方から
お葉書やお手紙をいただき、嬉しい限り!!

初日にパンフを買ってくださって、ハガキを下さった方、
ちょっと凹んでいたときだったので、あの美しいハガキに
励まされました。ありがとうございました。

こういう映画は、日本では作られないだろうと
思い切って配給したので、フィードバックが
いろいろ楽しく、この映画の感想には、感想を書いた人とその母や
父や近親者との関係が大きく反映されるのだなあ、と
いうことがとてもよく分かりました。

こんな出会いがあるからこそ、なにものにも代え難い
経験ができるのだなあ、と作品と劇場、そして
観客のみなさまに感謝です。

行かれた方は、ぜひ、パンフで監督インタビューを。
娘であり母である監督が、やっと振り返れるようになった
母との関係(やはり40代でアルツハイマー型認知症を発症)を
もとに作られた映画です。

シネマート新宿には、評論家の方々のレビューもはっているので
お時間ありましたら、ぜひ、読んでみて下さいね~!

8月20日から梅田ガーデンシネマで上映開始!
その後、神戸アートビレッジセンター、名古屋シネマテーク、
京都シネマとまわって行きます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
シネマート新宿で上映中の「グッド・ハーブ」
明日から、微妙に時間が変わります。
(平日はお仕事終わってから観られるように
19:00にしていただきやした!)

土、日 11:00, 13:25, 15:50, 18:15 

平日 11:00, 13:25, 15:50, 19:00  

みなさま、お早めに、ぜひ!

現在、発売中の週刊新潮もね。
自分で言いたくてもどう表現してよいのか
分からなかったことが、白井さんの映画評には、
ズバリ書かれていますので~。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっと曇り空の今日、嬉しいことが2つ!

本日発売の週刊新潮に映画評論家、白井佳夫さんの
「グッド・ハーブ」評が、大枠で掲載されました。

素直にうれしい…。ぜひ、読んでみて下さいね。

そして、初日、ふと観に来て下さった
お客様からハガキが届いてた。

パンフも買ってくださって、毎回書いている
編集後記「バクチは続くよ、どこまでも2」を
読んで下さったらしく、

「7本目以降も楽しみにしているので、
どうかラテン映画の配給を続けて下さい」と。

朝から泣きました~ん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

みなさまの支えていただきながら
何とかやっていけている配給です。
本当にありがとうございます!

こうなったら、(ぱ~~っと宣伝して、さっと終わる)
今の映画業界の逆をいくべく、
じわじわ静かに上映していきます。

取り急ぎ、今の気持ちを文章に。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
すべてが後手にまわっております、今のわたくし。
何だかこのまま眠り続けたいと思うほどなのですが、
それは気候のせいなのか、はたまた、今の状況に
対する閉塞感や無力感からくるものなのか。

ま、どちらにせよ、疲れたら寝る、これしか
ないよなあ、と思いながら、その昔、
高校時代にバレーボールをしていたときに
「お前にもうちょっと強い精神力があれば、
立派な選手になれるのになあ」とつぶやかれた
ことを思い出しました。

そう、わたくし、体力より精神力がない。
極限までいかない。いけない。

だからマラソンで倒れ込むまで走る人をみると、
「すごいなあ」と尊敬するほかありません。

小学校の徒競走の時も、1着になったことがない!
(自慢することか?)

いや、私は一所懸命、走っているのですよ。
でも、周りから見たら「顔が笑ってる」らしく、
「もっと、真面目に走らんかい!」と
親にも先生にも、よく怒られました。
(一度、写真に撮られたこともありますが、
ほんとに笑顔でした。とほほ)

あくまでボ~っとマイペースは、
半世紀たった今でも同じで、
「それでよく、やっていけるよなねえ」
と言われたりもしてきました。

「ひとつの卵」の話と同様、
誰かに助けていただいて、何とかやって来られたので、
ラテンアメリカの人々や日本のラテン系の人々との
出会いがなかったら、ものすごく生きにくかっただろうと
思います。

で、その人生の前半部を語ってしまったのが、
TFMの「ドリーム・ハート」という番組。

毎週、日曜日の22:30からで、今回も、
折角の映画の公開だから、出て話せば?と
東ちづるさんにお誘いいただき、馳せ参じました。

「いつものように関西弁でいいよね」と、
思い切りユルい感じで話し始めたのですが、
ちづるさんのツッコミにのってしまい、
あれよ、あれよ、と言う間に時間がすぎて、
それでも、終わらず、ついに2回放送に
なってしまいました!!

1回目は、24日(日)に放送されましたが、
にゃんと、これがポッドキャストで聴けるのですなあ。

いやはや、これまで公共の電波では
一度も話したことがなかった
「メキシコからの国境越え」の話をしちまって、
多分、編集で切られるよねえ、と思っていたら、
そのまんま、入ってた!!

ですので、お時間ある方は、ぜひ。
そこでも、「ひとつの卵」と同じように
助けてくれたメキシコ人家族がいたのです。

映画の紹介をするために、話を思い切り、
はしょったのですが、終わらず、来週、と
いうことになりました。

7月31日(日)22:30からは、
「グッド・ハーブ」の話ですん。

TOKYO FM 「ドリーム・ハート」
ここにポッドキャストもあります。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨夜は眠りました、10時間!(寝過ぎやろっ)

7月24日(日)シネマート新宿でのトークショー、
急遽の開催にも関わらず、たくさんの方に
お越しいただき、ありがとうございました!

なんせ330席の劇場なのに、時間が決まったのが
7月19日、という、んとに、無謀な企画に
協力してくださった、東ちづるさんと
東京大学教授の野谷先生に、感謝!!!

東さんは、出演ラジオだけでなく、文化放送で
突撃宣伝も。文化放送には、足を向けては
寝られまへん。

昨日のトークを聴いてから観た方、
観てから聴いた方から、メールやツイート
いただきまして、無理にでもやってよかった、と
思いました。

野谷先生のメキシコ文化の解説、とくに
建築や色彩、そこに共存する植物との関係が
面白かった、という声が多々あり。

日本だと、おしゃれだけど、無機質なインテリアに
なりがちなプランター植物も、メキシコでは、
「生きてるぜ!ここで」みたいな存在感を
醸し出しています。
それは、映画の中のダリアのマンションの
ベランダの植物をみてもそうですが、
ララの庭は、もう繁殖しているって感じですから。

あの庭は、実は監督の自宅の庭で、そこに
存在する植物たちは、監督とミュージシャンに
インタビューをしてくれたみぽりんの
「名代☆日々是メキシコ」で、
パンフの裏話として、紹介されていますので、ぜひ!

東ちづるさんの娘から母への観点もドキっと新鮮でした。
認知症になった母が、ぽろっと漏らす秘密に、
実は、母の人生を何も知らなかった不安のほうが、
母を失うかもしれない不安より大きかったんじゃないか、と。

母と娘って、中々正面きって向かい合えないと
思うのですが、東さんはお母さんを誘って
(というか説得して)2人でカウンセリングにまで
行った経緯の持ち主。

「触らぬ神にたたりなし」と思っている自分から
考えると、そんなこと怖くてできましぇん、なのですが、
その後の、東さんとお母さんの関係は、端からみていても
うらやましいぐらいに本音でつきあえてる。

メキシコって、母と娘が何でも言い合って、
もっとケンカしたりするのか、と思ってた、と
東さんは、言ってましたが、いやはや、母娘の間で中々、
本音が言えないのは、万国共通かも。

ハーブに関しては、トークのときに、初めて
昔は、父がセンブリを煎じて飲んでたし、怪我やヤケド
したときのために、鉢植えのアロエもあったよなあ、と
思い出した次第。

これもパンフにみぽりんが書いてくれたように
メキシコには薬草市場があるほどで、
まさにそのまんまのハーブ(草)が売られていますが、
野谷先生がおっしゃるには、ブラジルのアマゾン
流域などでは、群生している野生の薬草が
米国資本に採取されて、特許をとって、医薬品に
用いていられているとのこと。

それで現地の人々が、そこにはえている薬草を
採れなくなっていることも聞いて、う~ん、と
唸ってしまった次第です。

日本でもセンブリは、もう売ってないのかしら?
と、なぜかセンブリに思いを馳せる私。

調べてみたら、にゃんと、今やセンブリは
医薬品に指定されたので、薬局でしか買えないのだ!
ひえ~~っ。

と、ひとり驚いていた私ですが、トークの様子は、
取材にきてくださった「ミニシアターに行こう!」に
掲載される予定ですので、お楽しみに。

告知で汗を流させてしまった
東ちづるさんの公式ブログ

先ほどの正面切って、お母さんと向かいあった経緯が
書かれた本
“私”はなぜカウンセリングを受けたのか―「いい人、やめた!」母と娘の挑戦/東 ちづる

¥1,470
Amazon.co.jp

私のガハハ度合いも第二章にのっている
らいふ/東 ちづる

¥1,260
Amazon.co.jp


野谷先生とのトークです~
エドムンド・デスノエス『低開発の記憶』(白水社)刊行記念
映画『低開発の記憶』上映+トークショー


低開発の記憶/エドムンド デスノエス

¥2,100
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。