2019年 10月5日 土曜日の活動報告 | 南相馬市ボランティア活動センター

南相馬市ボランティア活動センター

東日本大震災の被災地「福島県南相馬市」で、災害復興支援ボランティア活動をしています。
がれき撤去・側溝の泥出し・草刈り・庭木の伐採・被災家屋の清掃などの作業に参加して下さるボランティア参加者を募集しています。
活動資金のご寄付や支援物資も募集しています。

 


テーマ:
 

2019年10月05日 土曜日の活動報告

◆ 個人参加   男性   2 名     女性  1 名     計   3 名

◆ 団体参加   男性 18 名     女性 19 名     計  37 名

     参加総数   男性 20名      女性 20名     計 40 名

※参加者は以下の方です、有難うございました。(順不同・敬称略)

◆個人

岩井克巳(仙台市)安斎武嗣・石山乃里子(東京都)

◆団体

 福ALTs(福島県) 9名 リーダー  ジョーンズ・サラ  

 トウキョウデボランティア(東京都) 22名 リーダー  北隅重雄

 東京鉄鋼工業協同組合青年部(東京都) 6名 リーダー  岩井隆英

 

活動件数 4件  (継続3 件、完了1 件)

・ イグネ及び雑木の伐採  1件(継続)

・ 敷地内の草刈り  3件(完了1 件 継続2 件)

 

 【 松本センター長の今日の所感・呟き 】

 こんばんは、お疲れ様です。

今日今日と、少し汗ばむ陽気、40人の方がボランティア活動、ご苦労様でした。

暖冬!地球温暖化!

考えると、 空恐ろしい事です。何十年も前から降雪が不規則になったように思います。最近では、極地の温暖化のニュースが報じられますが、温暖化の影響は極地に住む生物の生存を脅かしているようです。

東北地方は温かい! 東北地方に長く住んでみると、まさに実感です。極地の生物を絶滅から救うためにも、自分も二酸化炭素排出削減を心がけたいと思う。

きょうも有難うございました。

  

10名位までの団体の受け入れを再開しました。まずは電話でご確認ください。(2019720日)

当センターは、毎週(祝日も含めて)月・火・水曜日をお休みとさせて頂いております。

 

 NPO法人災害復興支援ボランティアネット理事長
  南相馬市ボランティア活動センター    センター長 松本 光雄