★ 茶髭の熊のブログ (^(ェ)^)ゞ

★ 茶髭の熊のブログ (^(ェ)^)ゞ

★ 人畜無害、時に毒舌。 日常生活や趣味道楽 などを書いています。
★ 更新:【 第2木曜 】、他・随時更新。(2010年9月2日開設)  . 

◆ 2019年4月から、月1回の更新 (第2木曜)になりました。


参加中

 

むかしむかし ある国に、ケイスコ・ホンディーニというサッカー選手が居ったそうな。
この話は以前したが、今日はその話の続きだ。

 

ケイスコ・ホンディーニはナショナルチームのプレーヤーを引退した。
その後、国外のプロリーグでプレーした。
そして、サッカーがとても弱いカボチャ国で「実質的監督」をした。実質的というのは別に本当の監督が存在したからだ。これは彼が監督免許を待たないための方策だった。

このこと自体は、敢えて論評するにことでもなかろう。

 

しかし、その後、彼がとった行動には皆が驚いた。

 

世に名高い長靴国のトップリーグに自らを売り込んだ。
正確に言えば、「只でいいから俺を入れろ」といった。
もちろん、相手にはされない。

 

ケイスコ・ホンディーニは自分を客観的に見ることが出来ない。
併せて、他人を尊重しない。

 

ケイスコの要求を呑むチームなどあり得ないとはいえ、ただ働きが新人やベテランから枠を奪うことには想像もしないのだろう。

 

今後、彼が監督免許に挑戦し、段階的にサッカー指導者として歩むことはあるのだろうか、気になるところだ。

 

【 お断り 】
本日の記事は「パラレルワールド」の話ではあるものの、現実世界ではいかなる人物団体のモデルは存在しません。
もし、酷似することがあれば全くの偶然です。

 

*   *   *   *

 

ケイスコ・ホンディーニ~冒険の終焉   2018-06-21
https://ameblo.jp/utwkz/entry-12385317820.html

 

*   *   *   *

 

当ブログは 人気ブログランキング 毒舌日記部門に参加しております。
・ バナーをクリックしていただきますと幸いです。


*   *   *   *

 

本日は、間もなく最終回を迎える二つの地上波テレビドラマの雑感を述べたい。

 

◆監察医  朝顔

 

作品については横に置くとして、一つ驚愕したことがある。

 

主人公の女性の名前だ。
「万木 朝顔」という。

 

「 朝顔の  外に漏らすな  竿の露 」
いくつかの変型はあるものの、男性用小便器の上の壁に表示されていることがある。

 

朝顔とは男性用小便器のことだ。
これを女性の名前に付けることに、心底驚いた。

 

昨今のキラキラネームなど足元にも及ばぬ破壊力だ。


◆「ノーサイド・ゲーム」

 

作品については横に置くとして、一つ感心したことがある。

 

ラグビーの試合描写が出色の出来なのだ。

本物のゲームよりも遥かに面白い。

 

ラグビーにしろアメフトにしろ、動いたと思ったら敵味方が固まり、ゲームが止まる。
門外漢には、面白くなきこと甚だしい。

 

しかし、本作は違う。
まるで相談したか、脚本でもあるかのようにプレーが決まり、実に爽快だ。
もちろん、ドラマだから演出のとおり演技しているわけではある。

 

はっきり言って、我が国ではラグビー人気は無きに等しい。
本作の本物を超えた面白さが、間もなく本邦で初めて行われるラグビーワールドカップに寄与することを願いたい。

 

*   *   *   *

 

当ブログは ブログランキングに参加しております。
・ 人気ブログランキング ~ 毒舌日記部門
・ バナーをクリックしていただきますと幸いです。

 

*   *   *   *

 

毎年、8月の上旬ともなると、新聞やテレビなどで原爆を取り上げる。
その内容は横に置くが、一定の方向に偏ったものばかりなのが残念なところだ。

 

かつて、共産中国(チャイニーズベイジン)や北鮮(金氏朝鮮)が、我が国に対して核恫喝を言い放った。

日頃から駄法螺ばかり垂れ流すメディアは、これを無視した。
核兵器の悲惨さをこれでもかと流すのであれば、海外からの恫喝を厳しく取り上げないのはどういう了見なのか、不思議なところだ。

 

我が国は、世界で唯一の二度の核攻撃受難国だ。
そのため、世界のどこよりも核兵器保有の権利を非難される謂れはない。
以前、アメリカの核は悪い核で、共産国の核は良い核とした者達がいたが、その伝で云えば、日本の核こそ良い核だともいえる。

 

広島や長崎の人々の原爆の悲惨さの訴えに耳を傾け、一方的に殺戮されることを避けたいものだ。

 

核攻撃をさせないために核を持つという選択を、公正に扱うテレビや新聞が出てくることを望みたい。

 

「(対抗手段を持たない)過ちを繰り返してはいけない」のだ。

 

*   *   *   *

 

当ブログは ブログランキングに参加しております。
・ 人気ブログランキング ~ 毒舌日記部門
・ バナーをクリックしていただきますと幸いです。

 

*   *   *   *